FC2ブログ
アクセスランキング

妻の肉体【SEX体験談】

大学1年生、初体験同士、恥ずかしさと緊張の中、性器を交えた女の子の未成熟な裸身、次第に性感を芽生えさせ淫らに変貌していった女の子の喘ぐ顔、忘れられません。

異性の体に興味津々の二人は、男と女が素っ裸で織り成す神秘的な性の交合に付きまとう快感に夢中になり、時間を惜しむように何百回と交わった4年間の大学生活で少しずつ色付き、型崩れしていった彼女の女性器、今でもはっきりと覚えています。

そんな私も今年で結婚14周年を迎えようとしています。
40歳同士の夫婦ですが、私は6月生まれ、妻は2月生まれなので、妻が1学年上になります。

妻は女優の「中山 忍」さんに似た清楚系美人で、特に若い頃は髪型などは彼女を意識していましたのでソックリでした。
ムッチリ系でハリのある若々しい笑顔の妻に恋した私は、妻は2~3歳年下だと思っていました。

妻が1学年上で早生まれ同い年の25歳同士と知っても、私にはもう妻しか見えていませんでした。

妻は美人なだけに当然既に性体験もある大人の女性で、ベッドでの所作も心得ており、透き通るような白いムッチリ素肌を私に捧げてくれました。

25歳の美人に処女を見込んではおりませんでしたが、それでもなお、あまりに清楚な妻なので、それほど多くの男性を知ることはないだろうと勝手に思い込んでいました。




しかし、男性器の手馴れた扱い方、女性器の色付きと型崩れ具合から察するに、妻は思いのほか恋多き女性だったのではないかと思われました。

それは、私に初めて抱かれた夜、クンニに腰を震わせ、深く妖しい吐息で悶え、男性器の抽送に快感を堪え切れずに喘ぎ、私に抱きついて乱れて、私の背中に爪痕を残したことからも想像に容易いものでした。

性の快感を知り尽くしていた25歳の妻には、私にした事と同様に、唇を重ね、舌を絡め、腕に抱かれ、股を開き、男性器を受け入れ、本気で体を捧げた男性が何人かいたのです。

その男達は、妻の肉体の全てを知っていることでしょう。
どうすると妻が悦ぶのか、絶頂を迎えるとき妻がどういう反応をするのか、妻がそのとき腰をガクガクさせながら見せた恍惚の表情と妻の呻き声をその男性達は覚えていると思います。

事を終えて、愛液だらけでポッカリ穴が開いた赤らんだ女性器を思い出している男性もいるかもしれません。
それは、私が元カノの全てを覚えていることと同じことなのです。

私が妻に降り注いだ愛情を浴びて次第に私を本気で愛してくれるようになった妻は、結婚前であるにもかかわらず、私の精液を子宮で受け止めて、そのとき私に抱かれて初めて絶頂に達しました。

グッタリと横たわる妻の女性器から流れ出た私の精液を見て、過去、何人の男性が、何本の男性器が、かくも美しい妻の女性器に精液を解き放ったのか、想像して心を痛めました。

きっと、私と違う何種類かの遺伝子を持った精液が妻の女性器を流れ落ちた事でしょう。

もっと思えば、妻の初めての男性は、私が全く知り得ない、名実共に清楚な生娘だった妻の肉体を知っているのです。

その男は、初めて受け入れた男性器による破瓜の痛みに健気に耐えた妻の様子を見ているのです。

その男は、まだ幼さの残る妻の初々しくまだ硬かったであろう乳房を玩び、まだ狭かった妻の女性器で快楽に満たされていったのです。

その男は、やがて妻が痛みを乗り越えて、快楽に溺れていった過程を知っているのです。

私が元カノの瑞々しい肉体を思い出して物思いに耽るくらいですから、妻の元彼達だって若かりし頃の妻のムチムチした肉体を思い出しているに違いありません。

もしかしたら、妻も若かりし頃に抱かれた元彼達の男性器の感触を思い出しながら私に抱かれているかもしれません。

そんなふうに思うと、悔しさと嫉妬の中に、妙な興奮が湧き上がって、いつもより激しく妻を揺さぶってしまうのです。

あなたは、愛する妻の肉体を知る男達を思って興奮したりしませんか?

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2017-10-29(Sun) 12:10:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*