FC2ブログ
アクセスランキング

感じないふりをして性感治療を続けてもらいました【エロ体験談】

25歳の私は彼とのセックスで悩んでいます。
もっともっと敏感な体になって彼に喜んでもらいたいと思って、
ある日、ネットで調べた不感症専門クリニックに診察を受けに行きました。

「先生、不感症で困っています」
(ほんとは充分感じるんですけど、もっともっと感じるように開発されたいんです・・・)

「性に関して、恐怖感や、嫌悪感、罪悪感がなければ、肉体の開発で感じることができるようになると思われます。性感の開発治療を受けますか?」

「どんなことをするんですか?」
「乳首やクリトリス、膣内を、指や器具でマッサージして、感度を開発します」

下半身に何もつけず内診台に上がる。
足を開かされ固定され、性器の診察。先生の指がクリトリスを剥く。
陰部を指でなぞられ、乾いていることを確認される。

前をはだけ、乳首のマッサージ。
オイルローションのようなものを塗り、先生が両方の乳首を軽く撫でると、柔らかな乳首がぷっくりと立ちあがる。

(うううん・・・)下腹部が熱くなってくる。
いちごのように赤く勃起した乳首になったころには、下半身もとろとろにあふれてしまった。




「膣を診ますよ」
うるみに指が浅く入り、愛液の量を確かめられたあと、きれいに拭かれて乾かされる。

「乳首の感度は問題ないですね」
「はい・・・」

「陰核が小さめなので、少し吸引し、開発します」

花びらをしっかり左右に開かれ、開口器のような器具で固定される。
(広げられて、恥ずかしい・・・)

剥き出しのクリトリスにローションをたらし、クリキャップをはめられる。
(あっ・・・あああ)
スイッチが入り、機械でクリトリスを吸引される。
(はううううう~)

「痛くないですか?」
「はい・・・」
「いま、気持ちよい感じはありますか?」
「い、いいえ・・・」
「開発されると、気持ちよくなれますからね」

真空状態で吸引され、クリトリスがどんどん勃起して敏感になってしまう。
(恥ずかしい・・・いっちゃいそう・・・)


吸引を終え、クリキャップが外される。
血流がよくなり肥大したクリトリスにローションが垂らされる。

「陰核のマッサージをします」
先生が、指でローションを広げていく。
(くううう・・・)


「痛くないように、そっとやりますからね」
クリトリスの先端を、触れるか触れないかの軽いタッチでくるくる撫でる。
(あんあんあんあん・・・すごい・・・気持ちいい・・・)

「気持ちよい感じですか?」
「す、少し・・・気持ちいいです」

先生は、二本の指でクリトリスをはさむようにし、包皮の上から、上下にしごく。
ときどき、クリトリスの先端と根元に指をのせてこすり上げる。
(あ・・・だめ・・・いきそう・・・はあああ・・・でもいっちゃダメ・・・)

肥大クリトリスとその周りをくまなくシステマティックにマッサージされ、はじけそうなくらい勃起してしまう。
声が出そうになるのを必死で我慢する。

「自宅でも、こうやってよくマッサージしてください。だんだん感度がよくなりますよ」

開いた花びらも充血してふくらみきっている。
「だいぶ性感がいいようですよ。いきそうですか?」
「いえ、いかないですぅ・・・っ」
「次はたぶんいかせてあげられますよ」

先生は、クリトリスのマッサージを中断し、膣内の開発に取りかかった。
愛液とローションでぬるぬるの膣口を、指でなでてほぐされる。
気持ちよすぎて、クリトリスがさらにぱんぱんに膨らんでくるのがわかる。

先が折れ曲がった細めのバイブを、角度をつけてそっと挿入される。
(んんんんんっ!!) 
オマンコの中で、Gスポットをさぐるように、バイブをゆっくり動かされる。

「変な感じのところや、気持ちいいところがあったら、言ってください」
「あ・・・・・そこ、そこです・・・」
「ここですね?」

Gスポットの部分にぴたりと押し当てられたバイブに、弱くスイッチが入る。
快感に身体をそらしそうになるが、感じないふりをする。

先生は、数分のあいだGスポットにバイブを当てたあと、バイブをまわしたり、ゆっくり出し入れして、膣内をくまなく開発していく。
最後にGスポットにもどり、振動をMAXにして、バイブを固定されてしまう。
(はあああああ・・・いい・・・いっちゃいそう・・・)

「膣内の開発は、このように中からしかできません。しばらくマッサージを続けます」
「はい・・・・」

「このままで、陰核のマッサージをします。さっきは指でしたが、器具を使ってみます」

ローターにスイッチが入り、勃起しているクリトリスが、高速の微振動で責められる。

「今日は、これでいくまでマッサージしましょう。痛かったら言ってください」
(あああ~っ・・・もうだめ・・・いきそう・・・)

先生が、ローターを外す。
(はあ、はあ、はあ、・・・)

Gスポットもバイブで振動を受け続けている。
(お〇っこが、もれそう・・・)

先生がまた、クリトリスにローターをそっと押し付ける。

「くううううっ!!」
一気に昇りつめながら、尿道口からも潮がほとばしってしまった。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2017-10-23(Mon) 00:30:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*