FC2ブログ
アクセスランキング

お嬢様で有名な僕の大事な彼女が先輩にイカされた…4【寝取られ】

もうヒロは今日は何回イッたのか分かりません。
僕にはヒロが今日だけの演技で先輩と恋人になっているとは思えませんでした。

先輩「ヒロ、まだまだだぞ、ヒロ、愛してるよ、結婚しような」

ヒロ「あん、ああああ、ヒロも愛してる、あああん、ああ、結婚したい、すごい好き、あああああ」

先輩「幹夫より好きか?」

ヒロ「はいぃぃぃ、幹夫より好きぃぃ、愛してる、あああああ、すごい気持ちイイ、あああ、すごい」

先輩「ヒロ、生理前か?」

ヒロ「あああん、あああ、ハァハァ、どうしてですか?あああああ、はい、たぶん、ハァハァ、もうすぐきます」

先輩「じゃあ、中に出すよ、いいな、恋人だろ?」

ヒロ「ええ!ああん、ああ、そんな、無理です、危ないです、あああん、ダメ」

先輩「ヒロ、さっき結婚するって言っただろ、本気で愛してんだよ俺は!だから出すぞ」

ヒロ「でも、ああん、ダメです、いやああ、無理です、ああああ、あああ」

先輩「ああああ、ヤバい出る、あああ、ヒロ、愛してる、結婚しような、いいか?」




ヒロ「ああああん、ヒロも好きです、ああああん、結婚したい、ああああああ、すごい気持ちイイ」

先輩「あああ、ヤバい、出る、あああ、ヒロ、俺の子供産めよ、いいか、中に出すぞ、ああああ」

ヒロ「あああああ、すごい、ああ、気持ちイイ、先輩の子供欲しい、あああ、産みたい、あああああああ」

先輩「もうダメ、出る、イクぞおおおおお、またヤラせろよ、ヒロ、イクうううう」

ヒロ「あああああ、ヒロもイク、イク、またしたい、先輩ともっとしたい、ああああ、イクううううううう」

二人は同時にイッて、ヒロは信じられない事に、中出しを許しました。
もう完全に二人は恋人に見えました。
その後に先輩が、「ヒロ、しゃぶれよ」と言っていて、ヒロはフェラで掃除をさせられてるみたいでした。

でも、僕が本当にショックだったのは、この後でした・・・。

ヒロは一生懸命お掃除フェラをしているみたいです。
いつの間にか、ヒロと先輩の距離は縮まり、時々笑い声も混じるようになっていました。
そして先輩はヒロを口説きはじめました。

先輩「ヒロ、マジで俺の女になれよ、幹夫なんかもういいだろ?」

ヒロ「それは・・・えー、無理ですよ・・・幹夫の事好きだし・・・」

先輩「何言ってんだよ、俺とヒロは体の相性バッチリだろ?」

ヒロ「そんな・・・体だけじゃないですか・・・気持ちのが大事じゃ無いですか・・・」

先輩「じゃあお前コレなんだよ?まだビッチョビチョじゃん、ほら!また欲しいだろ?」

ヒロ「あああん、ああ、ダメです、あああ、そんな、違います、ああああん、やだぁ」

先輩「ヒロ、もう立って来ちゃったよ、どうする?今度本気の恋人同士って事でセックスするか?」

ヒロ「ああん、すごい、さっきよりおっきくなってる、ハァハァ、ダメですよ、恋人は、ああああん」

先輩「あああ、ヒロ、入っちゃうよ、コレ入ったら恋人決定だぞ、ほら、もう入っちゃうよ、どうする?」

ヒロ「あああん、ダメ、ダメですう、やめてええ、入れちゃダメ、ああああん、いやああ、また生っ」

先輩「なんだよ、ダメって言ってっけど全然逃げねーじゃん、もう入るよ、どうする?もうイイだろ?」

ヒロ「ダメ、先輩、もうダメ、あああああん、あああ」

先輩「ああ、先っぽだけ入っちゃったよ、どうする?まだ止めれるよ、どうすんの?」

ヒロ「もうダメ、先輩、もうダメ、欲しい、入れて、もう入れてええええ、お願い」

先輩「じゃあヒロは俺の女だな?好きか?幹夫と別れるか?」

ヒロ「先輩もう無理、入れて、先輩好き、すごい好き、幹夫と別れるから入れてえええ、ああん、お願い」

先輩「よおおし、今日から毎日犯してやるよ、嬉しいだろ?あああ、入れるぞ」

ヒロ「嬉しいい、ああああん、ああああ、すごい、おっきいぃぃぃ、すごい気持ちイイ、あああん、あああああああ、毎日してぇぇぇ、犯してええええええ」

先輩「幹夫の事は忘れろよ、いいか、俺のチンポ専用の女だからな!」

ヒロ「はいいい、忘れる、あああん、もう忘れてる、あああ、すっごい、イイ、あああ、気持ちイイ、先輩の物だから、先輩専用だから、ああああ、あああああん、犯してえええええ」

ヒロは完全に落ちました。
あの遊び人の先輩の女になってしまいました・・・。

すると、先輩がヒロを抱え上げたような感じがしました。
駅弁しながら歩いているような感じでした。
そしてビックリした事に、先輩の部屋のドアが開いて、駅弁をしたまま僕が入る所まで近付いて来たんです。

先輩「おうっ!幹夫!そう言う事だから、この女は俺がもらったわ!」

ヒロ「えっ、きゃああああ!なんで、なんでいるの?何時から?どうして?」

僕「・・・」

先輩「こいつずーーーと聞いてたんだよ、ヒロ、もう全部聞いてたから安心しろ、別れるってよ!」

ヒロ「ひどい、いやあああ、なんで、あああん、止めて、先輩、もう止めて、ひどい、あああん」

僕は何も喋れませんでした。
ただ二人を泣きながら見ていました。
ヒロはさすがに僕の前では抵抗があったみたいで、必死で止める様に先輩に言っていましたが、先輩は関係ない感じで、ヒロをバックにさせて、僕に見せつける様に激しく腰を振っていました。

ヒロは、止めさせようとしていたが、バックで突かれると動けなくなってしまい、ただ喘いでいるだけだった。

先輩「幹夫、お前の元カノのマンコ気持ちイイわ、マジで、巨乳だしよ、最高だよ」

ヒロ「いやあああ、ダメ、言わないでよ、ああん、あああ、ダメ」

先輩「幹夫!お前ヒロをイカせてないんだって?ダメだろ、こいつ簡単にイクんだから、な?ヒロ、何回イッた?」

ヒロ「ダメ、もうやだぁ、ああああん、あああん、ひどいよ、ああああ」

先輩「じゃあ幹夫に見せてやるか?こいつバック好きだからなー」

ヒロ「ああああああん、やだ、止めて、お願い、あああああん、あん、ダメ、やだぁぁああああ、幹夫見ないで、あああああん、違うの、ああああああ、ダメ、もうダメ、いやああああ、ゴメンなさい、ごめんなさい、あああん、イク、もうイクうううううううううううう」

ヒロはあっさり目の前でイッてしまいました。

僕は呆然と何も言えないまま二人を見ていました。
ただ、アソコは痛いぐらい立っていました。

先輩「幹夫わりーな、このマンコ今日から俺が使うからさー」

ヒロ「ああん、ああん、いやあ、先輩、もう言わないでぇぇぇ、ああん、ああああ」

先輩「ヒロ、お前さっきから嫌がってる割には自分からケツ振ってんじゃねーかよ、淫乱女!」

ヒロ「いやあ、違うもん、そんな事ないもん、あああん、あん、あっ、あっ」

先輩「おらぁ、幹夫の前で言えよ、どっちのチンポが好きなんだよ、ほら!」

ヒロ「あああん、ハァハァ、ダメえええ、言えない、許して、ああん、あっ、うっ、うぐっ」

先輩「言えねーなら止めるぞ、もう入れねーぞ」

ヒロ「えっ、やぁ、そんな、ああん、ああああ、あっ、あっ、ダメ、やだぁぁ、ああああん」

先輩「どっちだよ!」

ヒロ「あああん、ああ、先輩ですぅぅ、ああああん、先輩のですぅぅう、ああああん、ごめんなさい、幹夫、ごめんね」

先輩「俺のチンポの何がいいんだよ?ハッキリ言えよ!」

ヒロ「ああああん、すごいのぉぉぉ、おっきいの、すごいおっきいから、あああああん、気持ちイイ、ごめんね、幹夫ごめんね、先輩のおっきいの、あああん、ああん、気持ちイイ、また、またイッちゃう、イク、イクううううううううう」

ヒロはまたイッてしまいました。
はっきりと「チンポがデカイから先輩が好きだ」と言っていました。
人生最大のショックでした・・・。

それから先輩とヒロは、これでもか!って言うぐらい色々な体位でヤリまくっていました。
さすがに、ヒロが僕の肩に手を突いて、先輩に立ちバックをされてる時は、これが現実なのか分からなくなる感じでした。
ただ目の前で、ヒロの巨乳が異常に揺れていたのだけ覚えています。

先輩「ヒロ、俺もそろそろ出すぞ」

ヒロ「うん、いいよ、出して、いっぱい出して」

先輩「また、中に出すぞ、いいか、イクぞ」

ヒロ「きて、また出して、いっぱい中に出して、あああん、ああ、妊娠しちゃう、あああん、ああああああ」

先輩「俺の子供欲しいだろ?イクぞ、出るぞ、あああああああ」

ヒロ「出して、欲しい、先輩の子供欲しい、ああああああ、すごい、イイ、あああああああ、イク、イクううううううう」

ヒロは目の前で先輩に中出しされていました。
先輩の裏スジから精子が送り込まれているのが良く分かりました・・・。
しばらく二人は濃厚なキスをしていて、先輩がチンポを抜くと、ヒロは無言でお掃除フェラをしていました。

そして先輩が「幹夫もう帰れよ」と言ったので、ガクガクしている膝を押さえながら、立ち上がりました。
最後に、フェラをしているヒロが悲しそうな顔で僕を見ていました。
ヒロに一旦フェラを止めさせて、先輩が拘束を解きました。

僕は玄関を出たんですが、立てなくなってしまい、先輩の家の外でしばらくしゃがみ込んでいました。

すると部屋の中から「またするの、ああああん、ああん、ダメ、やだぁ、すごいよ、もう固いよ」とヒロの楽しそうな声が聞こえて来ました。

それからヒロとは連絡を取りませんでしたが、1年位して、友達の話で、ヒロは妊娠しておろしたのを切っ掛けに先輩に捨てられたらしいです。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


寝取り・寝取られ | 【2017-10-22(Sun) 00:30:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*