FC2ブログ
アクセスランキング

嫁に嘘をつき寝取らせたことを公開しています 1

私は47才妻45才で、子供2人のごく普通の家庭です。

妻とは3カ月に1度ぐらいですが、なんとか夫婦の営みは途切れることなく続いています。

正確にいえば続いてましたという過去形になりますが。

今から思えば妻はもっとしたかったのかもしれません。

もう今となっては後戻りできないことですが・・・



妻を他の男性に抱かせてみたい願望はあるものの、どうしても言いだせない私は、ある寝取られサイトに募集をかけ、49才の大場さんという男性と知り合いました。

見かけは真面目なサラリーマンという感じで、背も高く腹も出ていない体型で好感が持てる感じでした。

大場さんも妻の写真を見て、ぜひお付き合いをしたいとのことで話を進めていきました。

妻を寝取っていただくまでの計画を綿密に打ち合わせし、大場さんは私の会社の重要な取引先の人という設定にしました。




まず最初の出会いです。

3人で出会うこととしたのですが、偶然の出会いがいいとのことである休みの日の昼に、私は妻を外食しようといって連れだしました。

特に珍しいことでもないし、妻も食事の準備をしなくていいので喜んで付いてきました。

そこである繁華街のスポットで予め打ち合わせの通り、偶然にも大場さんとバッタリ出会うこととなり、せっかくだから3人で食事をすることとしました。

最初の出会いでの目的は、大場さんは私にとって大切な取引先の人であるということを妻に意識をさせることでした。

それは、いずれ妻が身体の関係を迫られたときに、無碍に断れなくするためです。

私は食事中も終始大場さんに対して敬語を使い、大場さんは上からの目線で私に接してもらいました。

この作戦は後々見事に効力を発揮することとなりました。

まったくいきなりの3人での食事会でしたが、妻はやや戸惑い緊張しつつも私と大場さんの会話に耳を傾けつつ、大場さんへも適度に愛想よくしてくれました。

出会った時に軽く紹介しただけだったのですが、私と大場さんの雰囲気で2人の力関係を察知したようでした。

「あ~あ、疲れたわ。

あの人、あなたの仕事で関係のある人なんだね」

「うん、せっかくの休みにすまなかったな。

大切な取引先の人だから、誘われたら断るわけにもいかないしね。

玲子がうまく振舞ってくれて助かったよ」

「そう? あんなのでよかったのかな。

でも気さくで感じのいい人だったから話しやすかったわ。

仕事もできそうな人ね」

妻は大場さんに対して良い印象を持ったようでした。

「あの人は今部長だけと、来年あたりは取締役に昇進するって噂だよ。

俺もあの人と懇意にしてもらってるからこそ、会社の中でもいい立場にいられるようなものだよ」

やや大げさにも思えるほど、私は大場さんを持ち上げました。

第1段階の出会いは予想以上によい出だしとなりました。

妻と大場さんが顔見知りとなったことから、次は2人だけの場を設定する第2段階へと移行します。

大場さんとの昼食があった2週間後ぐらいのことです。

私は妻がパートの休みの日に合わせて、1泊の出張が入ったことにしました。

もちろんこれは嘘で、隣市のビジネスホテルに泊まっていたのです。

昼前に私はいささか慌てた調子で妻の携帯へ連絡を取りました。

「玲子か、今どこにいるんだ?」

「なによ、そんなに慌てて。

家にいるけどどうしたの?」

「大場部長に渡す書類を家に忘れてしまったんだよ。

今日中に渡さないといけないんだけど、俺は今日帰れないから、悪いけど大場部長に届けてくれないか?」

私は会社のネーム入りの封筒を家の書斎にわざと置いていたのです。

「ええっ、そうなの。

わかったわ。

昼からでもいいのかしら。」

「大場部長の携帯は・・・・・・・・・だ。

連絡を取って渡すようにしてくれよ。

大場部長には家内に持って行かせると伝えておくから。

それと、お前からも大場部長に丁重に謝っておいてくれ」

やや手の込んだやり方でしたが、大場さんの携帯番号を自然と伝えることができ、大場さんと連絡を取ることで妻の携帯番号も大場さんが知ることとなりました。

そして、妻は夕方に大場さんに無事に書類を渡しました。

夕方にしたのは、わざわざ書類を持ってきてくれたお礼として、大場さんが妻を食事に誘うことにしていたからです。

妻はこちらの計画通りに、大場さんと食事をすることとなりました。

妻と予定通り食事をすることとなったと大場さんから連絡があり、私は妻にメールを送りました。

『どうだった?大場部長には渡せたのか?』すると10分程度してから、妻が返信してきました。

『は~い、間違いなく渡しましたよ。

大場さん、助かりますって喜んでくださいました。

頑張って持って行ったんだから、前から買いたかった服買っちゃうよ、いいでしょ?』『了解! ありがとう』そんなやり取りだったのですが、大場さんと食事をすることについては、妻は一言も言わなかったのです。

私は妻から来たメールを大場さんに転送しました。

すぐに大場さんから返信がありました。

『なるほど、これはいいことですね。

奥さん、私との食事をご主人には内緒にしておられるのですね。

これからどんどん奥さんに秘密を作らせて追い込んでいきますよ。

今、奥さんと料亭に入ったばかりです。

また連絡します』大場さんは高級料亭に妻を連れていったようでした。

私は1人ビジネスホテルで大場さんからの報告を待ちました。

私は悶々と、そしてドキドキしながら大場さんからの連絡を待ちました。

大場さんは今日は妻に指一本触れるつもりはないと言われてましたが、それでもやはりドキドキするものです。

妻が私以外の男性と2人きりで食事をしているのです。

どんな話をしているのか、こんなことならボイスレコーダーでも渡しておけばよかったと思いました。

大場さんからメールを頂いてから3時間近く経とうとした時でした。

ようやく、メールが来たのです。

『お待たせしました。

たった今奥さんと別れたばかりです。

お時間がよろしければ、お会いして報告しますよ』私は即座に大場さんに連絡を取り、直接話を聞くことにしました。

待ち合わせ場所の居酒屋に現れた大場さんは、すでに酒を飲んでおられる感じでした。

「いい時間を奥さんと共有できましたよ。

着々と奥さんをものにできる時が近づいている感じです」

大場さんは上機嫌でした。

約束通り妻に触れることは一切なかったようで、お互いの家族のことや仕事のことなどを話して、信頼関係を増していったようでした。

大場さんは最初の打ち合わせ通り、奥さんと死別されて1人暮らしであること(実際は大場さんは単身赴任です)、食事や洗濯などどうしてもいいかげんになってしまうことなどを話すと、妻が『私でよければお手伝いさせていただきます』と言ったようです。

『そのお気持ちだけありがたく頂きます、またよろしければ食事をご一緒しましょう』大場さんはやんわりと妻の好意に応えられたようですが、打ち合わせた通りに事が進んでいくので、私は少し恐ろしいぐらいでした。

「ここまできたら一気に・・・ですか」

私は大場さんの顔を覗き込みながら言いました。

「いえいえ、もう少し奥さんと食事をしたり買い物をしたりして、信頼関係を強いものにしていきます。

奥さんは私に対して良い印象をもっていますが、少し親しくなったからといって、すくに身体の関係を迫るようなヘタなことはしませんよ。

じっくり時間をかけて、十分に身体が熟成したところに、今まで経験したことのないセックスを味わってもらいます。

奥さんは私なしではいられない身体になると思いますが、いいですね?」

自信に充ち溢れた大場さんの言い方は、私がたじたじとなるぐらいでした。

大場さんなしではいられなくなってしまう・・・どちらかといえば堅い妻がそんなことになるのか、その時は半信半疑でした。

「ところでご主人、ひとつお願いしてもいいですか。

ご協力いただきたいことがあるのですが」

「はぁ、なんでしょうか?」

「私がOKするまでは、今後奥さんとのセックスは控えていただきのです」

「ああっ、そんなことなら、今でも数カ月に1度ぐらいですから、全然問題ないです。

別に妻にも怪しまれないでしょうから」

「じゃあ、約束ですよ。

必ず実行してください」

「・・・はい」

私は大場さんに完全に主導権を握られてしまったのです。

最初に打ち合わせをした時、自分は寝取られマゾであること、もしうまくいけば妻を性処理奴○にしてしまってほしいと話しましたが、大場さんは自分の思い通りにしようとしているようでした。

この時にある程度歯止めをかけるべきでしたが、私は早く妻を寝取られたい一心だったのです。

「言われたとおりにはしますが、それはどういう意味があるのですか?」

私は薄々わかっていましたが、大場さんがどういう返答をするか聞きたくなりました。

「もちろん、奥さんを禁欲状態にさせておくことが目的です。

私が見たところでは、奥さんは相手次第でかなりのセックス好きに変貌すると思いますよ」

「どうしてそんなことがわかるのですか?」

大場さんはニンマリとしながら言いました。

「まあ、あくまで私の勘ですけどね。

奥さんのようなタイプの女性とは何人もお付き合いしましたから。

ちょっと大人しくて控え目な感じですけど、こういうタイプには身体の中に本人も気づいていない淫靡なM性が潜んでいることが多いですよ。

それを開花させてやれば、淫乱な雌と化していく・・・そして、開花させてくれた男性の言いなりになっていきます。

従順な性奴○として」

自ら百戦錬磨であることを誇示するような言い方でしたが、私はにわかには信じられませんでした。

「大場さんは今まで何人の女性とお付き合いされてきたのですか?」

「う~ん、数えたことないですが、50人は下らないと思います」

羨ましいような、それでいて嘘だろうと思うような話でした。

「大場さんは確かに真面目で爽やかそうなイメージはありますが、女性をものにされるのはそれだけではないのでしょうね。

セックスの時は何か変わったことをされているのですか、道具を使うとか・・・」

すると大場さんは大笑いしながら言いました。

「あっははっ・・・何も使いませんよ。

私のこの生身の身体、これだけですよ。

道具ってバイブとか玩具ですか?あんなものいらないですよ。

まあ、下半身は人並み以上はあるとは思いますが・・・見てみますか?」

私はゲッと思いましたが、そんなに女性をものにしているものを見たいという衝動に駆られました。

「いいのですか、見せてもらって」

「いいですよ、いずれ時間の問題で奥さんが虜になるものでしょうから。

まあここではなんですから、ご自宅のPCにでも画像を送っておきますよ。

ごゆっくりご覧ください」

大場さんは自分の言いたいことだけ言うと、もう用はないとばかりに帰っていきました。

嘘の出張から戻った私を妻はいつも通り出迎えてくれました。

子供たちはもう夕食を済ませたのか、2人とも自分の部屋に戻っていたため妻と2人での食事でしたが、当たり障りのない話題ばかりだったので、私から大場さんの話を振ってみました。

「そうだ、大場部長からお礼の電話をいただいたよ。

奥さんまで使わせて申し訳なかったって」

妻の一瞬動揺したような仕草を私は見逃しませんでした。

内緒で食事を共にしたことを大場さんが言ったのではと思ったのでしょう。

「あっ、そうなの・・・」

それだけでしたが、明らかに私が次に何を言うのか構えている感じでした。

「お礼にまた一緒に食事でもって言われてたよ」

「へーっ、いいわね。

でも書類を渡しただけでお礼されても逆に気を使うわね」

妻はホッとしたのかやや安堵した表情で言うと、すぐに話題を子供のことに変えてきました。

食事をしたことぐらい隠す必要はないと思いましたが、妻は大場さんをかなり意識しているような感じでした。

<続く>

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


寝取り・寝取られ | 【2017-10-05(Thu) 21:10:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*