FC2ブログ
アクセスランキング

売れていないC級グラドルとホテルで朝までセックスした体験談

友人の経営する居酒屋であるイベントのチケットを無理やり買わされたのがきっかけになろうとは、この時は思いもしなかったが…。

俺は嫁に相談もせず会社を辞めた。


ギャンブルで大穴を的中し約2年分の年収をGET!

会社の先行きも不透明だった。だから辞めた。

暇だった俺はデイトレに熱中し、そこそこの成果があった。

そんな不安定な俺に愛想をつかしたと嫁が出て行った時だった…

人数合わせで行ったつもりのイベント自体は可もなく不可もなくと言った所だった。

しかしその出演者のひとり、あすかとは何度となく眼が合った。

あすかはC級のグラビアやイメージDVDなんかに出演していた。

それと趣味の延長程度のライブ活動。

実際この時まで彼女の名前すら聞いた事すらなかった。

あすかの顔は俺の好みじゃないが体つきは凄くエロかった。




イベント終了後、グッズの手売りの時、俺のところへあすかはやってきて

「何度か眼が合いましたよね^^」

とグッズを買って欲しそうにした。

俺は「お勧めのものがあったら買うよ」と言うと

「これとこれ」と2つを差し出した。

「サインぐらいサービスしてよ」と言いOKを出した。

その時、俺は鞄から財布を落としてしまった。

長財布が開き中身が露になる。

この時俺の財布には100万位は入っていた。

あすかは拾いながら「スッゴーイ」と声を上げた。

俺はあすかのセクシーな衣装の胸元へ代金を挟み込んだ。

あすかは「お釣りとってくるね」と言い一旦奥へ入り、戻ってくるとお釣りの札に紙切れを挟み込んだ。

購入したDVDにサインとキスマークをつけてもらい会場を後にした。

釣銭に挟み込まれた紙切れには、

「打ち上げ終了11時予定 11時半ごろにTELしてネ。」

の言葉と電話番号が記されていた。

俺は友人たちと居酒屋で飲みながら時間を気にしていた。

11時過ぎになり俺は居酒屋を出た。疲れたから帰るといって…

俺が電話をすると1コールするかしないかで彼女は電話に出た。

俺の名前なんかを聞いた後、

「○○ホテルに今日泊まってるの。今から一緒に飲みませんか?」

と誘ってきた。

もちろん断る術はない。

俺はタクシーを拾いホテルに向かった。

ホテルに着く寸前にもう一度電話をした。

あすかはすでにラウンジに居ると言った。

ラウンジで見たあすかは衣装ではないものの露出の激しい男心を掻き立てるには十分だった。

そこでしばらく飲んでいると、

「売れてないから厳しいんだよね。朝までOKだけどどう? それと他の人にばれると具合悪いから他の部屋が必要だけど…」

とあすかが誘ってきた。

俺が「幾ら?」と言うとあすかはピースサインを作った。

俺は頷き、ボーイを呼び部屋を手配した。

部屋に着くと「キスマークとか傷はダメ。それとゴム付きだけど良い?」と確認し

「写真とかは具合が悪いから」と言い、俺の携帯を取り上げた。

この時にお金を払った。

シャワーを一緒に浴び舌を絡ませあう。

あすかに促されベッドに戻る。

彼女は結構小柄だったので、お姫様抱っこをしてみた。

想像以上に軽い。今まで抱いたどの女よりも軽かった。

かなり際どい撮影やポーズの為か人工的なパイパンには興奮した。

「私がしてあげるからそのままにしてて…」

とあすかが言うので横になった。

枕営業をしているからかあすかは風俗嬢のように攻める。

俺の乳首を舌で刺激しながら手で息子を扱く。

大きくなったところで自ら口に含み、勃起度が上がると自ら用意してあったゴムを装着しそのまま挿入。

激しい腰使いに俺は早くも射精感が込み上がる。

「朝まで何回でもいいよ」の声に溜まらず一回戦目終了。

暫し休憩し第二回戦突入。今度は俺が攻めた。

あすかは首筋と背中、そして中が感じるようだった。

「商品」に傷がつかないようにそっと優しい愛撫には体の反応が良い。

逆に強く揉んだり吸ったりすると嫌がった。

小さめのクリと拡がりの少ない襞、それと中の締めつけ感は最高に気持ちよかった。

まして生でできればもっと凄かったに違いない。

結局2回戦目で終了し、朝まで眠り朝にもう一度愛し合った。

そして、次回この地方に来た時に再会しようと指切りをして別れた。

「来月、そっちに行くよ」と今日の昼にあすかからメールが来た。

堪らなくなり書いてしまいました。

下手な文でスマン。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2017-10-02(Mon) 12:10:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*