FC2ブログ
アクセスランキング

同じ部署の人妻との不倫体験談

彼女は私の在籍する総務課の女性、普段もさりげなく言葉を交わし普段の日常を過ごし、彼女と昼食がたまたま一緒になったのがきっかけです。

彼女から以外な言葉が出た
『以外と柔軟性のある方なので、意外でした』
「え!?僕が堅く見えるかな」
『普段は、何かデスクに向いている時は声を掛けずらい感じに見えましたので』
彼女と二人きりになるのが初めてでした。

それからは彼女が時折コーヒーを入れてきてくれた、社内の他の女性はそんな彼女に視線を向ける私に怪しい関係と彼女に話しを向けたそうで、彼女は笑って否定したそうだ。
私とたまたま昼食が一緒になった時のことを話したそうで、彼女との関係を怪しまれることは避けられた。

彼女にメールを送った、彼女もアドレスも教えてもらい、夜の約束もできた。
『いいんですか、私とレストランでなんて』
「悪かったかな?」
『いいえ、光栄です』

彼女が食事をしながら、私の顔を見ていた、ワインを飲みながらの言わばディナーで、私はそのとき、心の中でこの後彼女とベッドに入ることが出来ればと思っていた。

そして食事の後、彼女と席をたちレジを済ませた時でした。




『あの、お部屋のリザーブはしてあるのですか』

彼女が小さい声だった。

「え!・・・英理子君・・いいのかい?」

ちいさくうなずいた。

フロントにいき、部屋をとり、彼女とエレベーターに乗った
時間的にはまだ9時前、彼女が私と腕を組んでいた。

『あの、私後から一緒に入りますので、先にシャワーをしていてください』

私がシャワーを始めると、彼女が入ってきた、色白の綺麗な肌に女性らしい膨らみ張りのあるオッパイ、ウエストはくびれヘアーは手入れをしているのか、薄めで綺麗にカールをしていた。

彼女の裸を前にして、愚息が目覚めてしまった。彼女もそれを見ていたが、彼女と立ったまま抱き合いディープキスになり、後ろに回りオッパイを揉みながらうなじにキスをして彼女が可愛い声を上げた。

ベッドで抱き合い、オッパイも吸わせてもらった、オマンコも開いて吸い付かせてもらった。

『あーっ・・・そんな・・・あーだめー・・・』

いい香りのオマンコだ、人妻の柔らかい肌に濡れるオマンコは最高で、私は我慢できず彼女に重なり突き上げた

『あーっすごいー・・・あっあっあっ・・・・いいー・・
・もっと・・・・すごい・・・』
「英理子君いい締めだ」
『英理子って読んで』
「英理子・・・英理子いいオマンコだよ・・・」
『もっと欲しいの・・・もっと・・あなた・・いいーわー
・・・あっあっ・・・あなた・・・もっと・・・』
「英理子出していいかい」
『あなた出して・・・・いっぱいちょうだい・・・・・
あなた・・・・あー出てる・・・・・あなた・・・いくわーー・・・』

彼女の上に重なり、彼女のオマンコが締まっていた。名器に思った、私のモノが彼女の中で締め付けられる感じになっていた。

『あー私・・・恥ずかしいわー』
「可愛いよ恵理子、名器なんだね、私のが英理子の中で包まれているよ」

彼女が下からしがみつかれ、口を求められ吸い合い、彼女に重なっていた。

その夜、泊まるわけにも行かず、終電前に彼女をホームで見送り、私は単身住まいの部屋に帰った。

彼女との関係は密かな不倫関係になり、社内でもごく普通にして怪しまれることがないように注意をしてる。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


職場・取引先など | 【2017-10-02(Mon) 00:30:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*