FC2ブログ
アクセスランキング

Gスポットとクリの同時責めは、いつも全身がとろけるように痺れます

金曜日の夜、彼の誕生日にラブホテルに行きました。
恥ずかしかったけど、彼にバスルームですっかり剃毛されてしまいました。

そして、用意された薄いパンティをはくと、くっきり出ている「オマンコのすじ」をパンティの上から、何度もなぞられました。

それからパンティを脱がされ、ベッドに仰向けになりました。
感覚を敏感にするために目隠しをされます。

ぴったり閉じた足の、太ももの辺りをロープで結えて開けないようにし、腰枕を入れられ、前を突き出すようにさせられました。
彼が、閉じた足の間に見えているすじを下から軽く舐め上げます。

「・・・パイパンだと、割れ目の始まりがよくわかるね」
指でそっと割れ目を開いたり、また閉じたりします。

割れ目の線上を、何度も軽く舐められ・・・
小さなクリトリスは、おまんこの下の、さらにフードに包まれた奥にそっと眠っていますが・・・
彼が、割れ目からちょっとだけ舌の先をこじ入れ、フードの上から舌で軽くクリを探ります。

「あんんっ!! ・・・もっと・・・」
「もっと、なに」
「指で開いて・・・・・」
「だめ・・・今日は、割れ目を見て楽しむんだから・・・」




また、割れ目の表面だけをそっと舐めます・・・そしてときどき、舌の先をちょこっとこじ入れ・・・

「ア~ン・・・・」
自分から足を開きたいけど、縛られています。

柔らかな刺激を受け続け、フードの下のクリトリスは少しずつ、固くなっています。
すごく気持ちいいけどじれったい・・・
彼が太ももに巻いたロープをはずし、少しだけ足を開かせました。

「・・・ちゃんと閉じていた割れ目が、すこし開いた・・・貝みたいだ・・・」
そう言って、開きかけた割れ目をまた舐め上げてきます。
勃起し始めたクリトリスは、先端だけがツンと出ている状態ですが、そのまま軽く舐められます。
じらさないで、クリを剥いて舐めてぇ・・・

腰を突き出してねだりますが、彼はわざと、ゆるく開いた割れ目をそのまま舐めています。

「このまま、広げないでじらし責め」
「あーん・・・」
「すこしずつ、足を開いてあげるからね。クリが、だんだん顔を出してくるよ」
そう言って、90度くらいまで、また少し足を開かせました。



「割れ目がまた開いたぞ・・・おまんこ全体が充血してぱんぱんじゃないか・・・それに奥はぬるぬるだ」
指でなぞられ、蜜のあふれる膣口に浅く入れられました。

「あああんん・・・もっと・・・もっと・・・」
じらし舐めと、浅いだけの指挿入の責めを受けたあと、足を大きく開かせられました。

「ああ、もうクリトリスが満開になってるよ」
彼が膣に指をゆっくり押し込んで、Gスポットを押し上げました。

「あああーっ、そこ、気持ちいいの・・・っ」
「ここかい・・・」
イきそうで、ひくひくします。
挿入した指でGスポットを愛撫しながら、もう一方の手で、クリトリスの根元を皮ごとつままれました。

「あんんーっ!!」
「こんなに大きくて敏感になったクリを、しゃぶってあげたらどんなかな?」

皮を押し下げながらクリの根元を優しくもまれ、さらにクリが肥大化してきます・・・
根元を押さえて剥き出しにしたクリトリスを、彼がようやく口に含み、ちゅうっと吸い上げながら、舌先でころがしました。

「きゃああんっ!!! 」

激しい快感に背をのけぞらせると、腰枕に乗った恥ずかしい部分がさらにはじけるように突き出され、彼にクリトリスをいっそう責めらてしまいます・・・・

「・・・あああ、・・・・イきそう、イきそう・・・」
彼が口を離して、
「すぐイったらダメだ、ゆっくり、深く、イってごらん・・・」
と言ってGスポットの刺激を弱め、クリトリスを舌に乗せてソフトに左右にころがします。

「気持ちいい・・・たまらない・・・」

Gスポットとクリの同時責めは、いつも身体全体がとろけるようにしびれ、イっているような感じになります。
自分の指で乳首をつまみ、愛撫しました。

「くうっ、うっ、うっ・・・!」

膣中や性器全体がひくひくと痙攣し、何度もイきそうになりながら、だんだん登りつめていきます。

「もう全身がピンク色だよ・・・イきたいかい・・・」

返事も出来ずあえいでいると、指で固定したクリトリスを彼の舌がとらえ、ゆっくりしたリズムで上下に愛撫をはじめました。

あっ、あっ・・・・いく、いく・・・・いく・・・・・
達してからも、何度もくる絶頂の波の中で、彼が太いペニスを押し込んできました。
強く抜き差しされながら、そのまま何度もイき続けました。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2017-10-01(Sun) 12:10:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*