FC2ブログ
アクセスランキング

膣の奥の硬めの部分に切っ先をぶつけ…【エロ体験談】

ブラジャーのカップを下げると、あの形の良い豊満な胸が「バルンッ!」とはじけたように飛び出る。
するとたまってる峰子は乳首を吸っただけでもう「ああん」と尋常じゃない感じ方。

そのままバックでパンツ越しの膣口に亀頭をあてると、パンツごと膣内に入っていく。

亀頭が全部入ったところで、いったんペニスを抜き、パンツをずらし膣内挿入。
ペニスが深く峰子の膣の奥深くまで滑り込んだ瞬間、峰子は軽く仰け反り叫んだ。
その瞬間に峰子を愛し過ぎる俺はもう射精寸前。


(そんな勿体無いことしてたまるかよ!)

そこで細木和子や野村サチヨの顔を思い浮かべ、興奮度のボルテージを下げる。

(よし、これでちょうどいいぞ、これでしばらく峰子を楽しめる)

おいらは浅めの突きを繰り返しては、切なげなその表情を楽しむ。
峰子の顔に、情欲の色が濃くなっていく。




「もっと、もっと・・・」

(わかったよ、峰子、・・・よし・・・)

それを見たおいらは、硬く反り返った男根を根元まで一気に突き挿す。

「あう~~~んっ!」

突然の衝撃に、峰子の声が途端に跳ね上がる。
二度三度とは続けない。
声音に切なさが滲んでくる。
ざらざらとした感触が、チンポに微かに伝わってくる。
この辺りが、峰子のGスポット(Mスポット)だろうか。

そう見当をつけ、短いストロークでチンポを前後させる。
短いあえぎ声が、半開きの口元から漏れる。
なんて可愛いんだ、峰子って女は。
Gスポットをカリで掻き、もどかしい様子が見えたら、一気に奥まで突き入れる。
その繰り返し。

「あっ、ぁあん・・・あぁん・・・あぐっ!」

おいらは、胸板を峰子の乳房に押し付けてはいるものの、体重は両ひじで支えている。
浅く浅くを続けて、いきなり深くねじ込む。
その動きに、峰子の体が次第にシンクロしてくるのがわかる。
峰子のよがり声は徐々に大きくなってゆく。
快感が峰子を襲っているのだ。

だが、それを奔放に表現すること、更には自分から積極的に求めることが、一流芸能人としての振る舞いに慣れたあなたには、きっと難しいのだろう。
それでも、峰子が感じてくれているのは確かだ。
その事実が、何より嬉しい。
浅瀬でもどかしさを募らせておき、一気に奥まで貫く。
そのインターバルを少しずつ狭めてゆく。

エビ反る女体。
絶頂の波は、先ほどより更に大きい。
性感の高揚を感じ取り、おいらはチンポを続けざまに突き刺す。
容赦なく根元まで。

「ぁああぁん!!!いくっいくいくいくいぐっいぐっ!!!!」

峰子の声は、もはや叫びに近い。
峰子はみけんにしわを寄せ、苦しさに耐えているかのような表情で、頂上へと駆け上ってゆく。

「あううっ!また・・・あっ!ああっ!」

おいらは峰子の膣の奥の硬めの部分に切っ先をぶつけ、そのまま動きを止める。
強い締めつけが襲って来た。
さっきよりも、膣全体のうねり方がよほど激しい。

別の生き物という表現は、峰子の膣にこそ相応しい。
肉壁全体が、不規則に形を変えながら絡みついてくる。
おいらの数少ない経験からしても、こんな名器は珍しいとわかる。
一度でもこの肉壷の感触を体験した男は、峰子を絶対に離したくなくなるに違いない。
アクメを貪る峰子の表情は、妖しい淫らさを湛えながらも、実に美しい。

これほど男を虜にする肉体を持っているなんて。
峰子の膣はヒクヒクとチンポにまとわりついてくる。
俺も限界に近づき射精体勢に入る峰子に俺の子を孕ませたい。
頭の中はそれでいっぱいになる。

そして、膣内に種汁を大量に放出した。
数億の精子たちがいっせいに峰子の卵子に向かって泳ぎ始めた。
俺は一滴も膣口から精子を垂らしたくなかったので、膣口を上向にしながらペニスを抜いた。
膣口にタンポンを差込み、瞬間接着剤とバンドエイドで抜けないようにした。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2017-09-23(Sat) 00:30:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*