FC2ブログ
アクセスランキング

唾液でべとべとになった、仲良しの友達4人との乱交体験 1

その仲の良い4人で飲むことになり場所は比呂さんのアパートでと決定しました。

比呂さんのアパートは築20年ぐらいで表は鉄筋だったのですが、中は畳にボットン便所と昭和のニオイが残っている感じでした。

みんなで買出しに行き部屋に入りました。

12月だったので寒くみんなでコタツに入りました。

僕の隣は友美、比呂さんの隣に藍と言う位置関係でした。


みんなでカクテルドリンクを飲み、ワイワイしているとだんだん酔いが回ってきたのか、みんなハイになってきました。

友美が口にポッキーを咥え僕の方を向きました。

僕は何のことかわからずキョトンとしてました。

すると友美が「そっちから食べて」と言ったので、言われるとうり食べ始めました。

徐々に友美の唇が近づいてきます。

僕はドキドキしながら少しづつ食べました。

怖くなり最後は目をつぶってしまいました。

その時唇に柔らかい感触がしました。

ほんの短い時間でしたがたしかに触れたのです。

僕にとって初めてのキスでした。のこりの2人が冷やかしました。




「今キスしたやろ」「え、何初めてなん」

僕は恥ずかしそうに「そうだよ」と答えました。

「じゃあ俺達もやるか」

そう言うと比呂と藍もポッキーゲームを始めました。

2人の唇は完全にくっ付いており何処からどう見てもキスでした。

二人はだんだんエスカレートし、ついにはディープキスをし始めたのだ。

すると友美が○○君(オイラの名前)にも本当のキスを教えてあげようかなと言いました。

すると友美は消毒と笑いながら言い、お酒を飲んだのです。

「目をつぶって」僕は言われるとうりつぶりました。

ドキドキ最高潮になりました。

突然、口の中で何かが動いた。何が起こったのか一瞬わからなかった。

友美の舌が入ってきて動いていたのです。

かなり酒臭かったのですが、そんなことはどうでも良かった。

友美の舌が僕の口の中を縦横無尽に暴れまくる。

初めての感覚にかなりビックリしました。

友美はキスを終え「どうだった?」

僕はテレながら「すごいね」と答えました。

そうやってキスを繰り返しているうちに自然と2対2に別れました。

僕はもちろん友美です。コタツだったので対面になり寝そべりました。

お互い寝そべると当然、向こうの様子はわかりません。

僕らの様子も向こうのカップルにはわかりません。

向こうの方からチュチュチュチュと言う音が聞こえて来ました。

僕は「凄いな」と言った後キスをしました。初めて自分の方からしました。

友美の唇に吸い付き舌を動かしました。

しかし初めてのせいか上手く舌を使えません。

すると友美が「こうよ」と言い舌を動かし始めた。

友美の舌の動きは凄く、舌と舌が絡み合い、歯、歯茎などあらゆるところを舐めていった。

口元、口の中はお互いの唾液でベロベロでした。

キスを終えた後も、口と口が糸で繋がっていました。

その事に僕は驚きました。本当に繋がるんだな~と

その後、唾液の交換やお酒を口移しで飲ませたり色々やりました。

友美のコーチのおかげもあり、どんどん上達していったような気がします。

はっきり言ってキスに狂いました。

しばらくして友美が僕の手をとり自分の胸に導いてくれた。

「どうはじめてでしょ」

僕は「うん」恥ずかしそうに言った。

柔らかい友美の胸を服越しとはいえ初めて揉んだ。

「そうじゃないよ、こうだよ」とやさしく揉み方を教えてくれた。

突然、比呂と藍が買出しに行くと言い出した。

「留守番よろしくね」

二人は出て行った。二人で何をするつもりだと思いながらも僕はぼくで楽しもうと思った。

二人きりになり僕はあるお願いをしてみた。

それはパンツを見せてと言うことだ。

ぼくは一度も生パンを見たことがなかったのだ。

友美は「いいよ」とOKしてくれた。

友美は茶色のロングスカートとをゆっくりとめくりはじめた。

友美の細く透き通った足が見え、おいしそうな太ももが目の前に見えてきた。

そしてついにパンツが姿を現した。色はなんと黒だった。

「黒なの?」

「たまにはそう言う日もあるの」とあまり意味のない会話をした。

友美は恥ずかしかったみたいで、すぐにスカートを元に戻した。

それから5分ぐらいして2人が帰ってきた。

その後も二手に分かれて行動した。

僕はもっと過激な事をしたく

「チークタイムです」と訳のわからない事を言い電気を消した。

「なんだそれ」そう言いながらも誰も電気をつけようとしなかった。

真っ暗な部屋のなかチュチュチュと音が響く。

「すごいね」と友美と言いながら、僕もやりたかった事を行動に移すことにした。

友美の手を僕の股間に導いた。そして直接触らせる事にした。

僕はコタツのなかでズボンのボタンとチャックをはずした。

完璧に反り返ったチンポが出現した。友美に触らせる事にした。

「凄い硬くなってる」と驚いていた。

そして僕はオッパイを揉んだりキスをしたりして楽しんだ。

そしてついに本題に入る事にした。

チンポを扱いて欲しいということだ。

友美は「どうしたらいい?」

ぼくは上下に擦ることを指示した。

友美が擦り始めた。だんだん気持ち良くなって行く。

その時だった

比呂が「コタツが揺れてんぞ、お前ら変な事してんじゃないか」

と笑いながら言った。

やべと思った僕は「もう、いいよ」と止めさせた。

「なんでもないよ」と誤魔化した。

そして今までどうりキスとぺッティングだけを楽しんだ。

夜も10時ぐらいになり終電があるからそろそろ帰ると友美が言い出し、宴は終わりを迎えた。

しかし僕はこのとき友美なら、上手くやればセクースできるのではと思った。

そして今までどうりキスとぺッティングだけを楽しんだ。

僕は考えた。とりあえず二人きりにならなければ話は始まらない。

友美に相談したい事があると言い家に来るように仕向けた。

(今となってはそれが何だったのか思い出せない)

<続く>

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


友達 | 【2017-09-21(Thu) 21:10:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*