FC2ブログ
アクセスランキング

昼間は乱交パーティーで7発、夜は主人と…【人妻体験談】

私は、37歳の専業主婦です。子供が二人(二人とも女の子)いて平凡ですが幸せに暮らしています。

見た目だって女優の水野真紀に似ていて自分でいうのもなんですが、美人だと思っています。

よく言われるのが「上品な顔をしてセックス好き」まさにその通りです。
同い年の主人とは週に2~3回セックスしますが、それじゃあ物足りません。本当は毎日セツクスしたいのに・・・。

でも疲れて帰ってくる主人に毎日セックスをおねだりするのはちょっとかわいそう。なので、この間は久しぶりに乱交パーティーへ行ってきました。

私、他の人がセックスしている中で、自分もセックスしてそれを見られるのが大好き。この日常とかけ離れたセックスが堪らなくイイのです。

一人目のお相手はいかにもスケベそうなオジさま。荒々しくキスをされ、カットソーをはぎ取られ、おっぱいが丸出しに。Eカップと大き目だけど少したれ気味。乳輪が大きくて子供を産んでいるせいか、黒っぽく肥大しています。でも男性陣はこのおっぱいに興奮するみたい。

ちなみに今回は人妻限定の乱交パーティーです。主人とは4日前にセックスしたきりなので、もうシたくて、シたくて。

オジさまには大きく口を開けて乳輪から口に含み強めに吸ってくれました。「あっ、あ~ん」思わず声が出ちゃう。おっぱいは舐められるの大好き。




しこたま吸い舐めしてもらい、おまんこもたっぷり舐めてもらいました。クリちゃんを舐められながらおっぱいも揉んだりいじられたり。あっという間にイッちゃいました。

たくさんフェラチオしてあげて「もう我慢できないの。おまんこに入れて~」とおねだり。足を思い切り広げられ、おちんちんを突っ込んでもらいました。

「あーん。いいっ。おっきくって固いわ。最高!」
ズコバコ突かれていい気持ち。おまんこにおちんちんが出たり入ったりするのがよく見えます。

隣を見ると、他のパーティーでも何度かあったことのあるサエコちゃん(見た目がタレントのサエコちゃんに似ているから勝手にそう呼んでます)も、おまんこの真っ最中。片足を高く持ち上げられて結合部が丸見え。意外とキレイなサーモンピンクのおまんこにおちんちんが入っています。

「もうダメっ。イクっ」
サエコちゃんが叫ぶと
「俺もイクよ。おまんこの中に出していいだろう」
「だめよ。私には主人がいるのよ」

私は「サエコちゃん、中に出してもらったほうがいいわよ。おまんこの中に出してもらうと本当にめちゃくちゃ気持ちいいから。本来セックスとはそういうものよ」私は、そう言い、自分も腰を振りながら絶頂がくるのが分かりました。

「ああん、イク、イクっ。」
「どこに出す?」
「もちろん、おまんこの中よ。なるべく奥の方に出して」
「ああっもうだめっ。早くっ。おまんこに白いのうんとうんとかけてっ」
「本当に中出しが好きだな。よしっ。たくさんマンコにかけてやるぞ」
「ああっ」

私がイクと同時に子宮口の入り口にドバドバッとザーメンがかけられました。私は大満足。

サエコちゃんに
「見て。サエコちゃん。おまんこの中にこんなにたくさん出してもらっちゃった」と言って二本の指でおまんこを開くとタラタラーっと精子が出てきました。

興奮したオジさまは、「よし。もう一丁」と言ってもう一回私の足を広げるとおちんちんを突っ込んできました。二回戦目のスタートです。

「ああんっ、二回目なのに固いっ。またすぐイッちゃうわ」
それを見て興奮したサエコちゃん、「私にも中出しして」と男性にかわいくおねだり。

男性はバックでサエコちゃんのおまんこに挿入し、3回もザーメンを放出しました。その後も私は、イケメンや素敵なオジ様と繰り返しセツクスをし、合計七発もしました。気持ちよかった~。

ほかの人のセックスも見たけど、大体みんな中出しなのね。だって中出しってほんと気持ちイイもの。私は満足して帰路につきました。

家に帰りシャワーを浴びて一通り家事を済ませ、深夜に主人が帰宅。なんとなく罪悪感。だから罪悪感を払しょくするために、私からセックスを誘うことに。(いつもだいたい私がセックスを誘うんだけどね)

色っぽいショーツを1枚だけ着けて、上半身は裸。おっぱい丸出し。主人に「ねえ、しようよ」とおねだり。主人はかなり疲れているのか「今日はちょっと疲れてるんだよな」私はおっぱいパンチを主人の顔に浴びせながら口元へ乳首を持っていきます。

「だーめよー。今日はたっぷりセックスするの」
やっと主人もその気になったらしくおっぱいを吸い揉みし始めました。そしてパンティをはぎ取りクンニ開始。

「ああんっ」
昼間、色んな男に精子を注がれたおまんこを主人が舐めているのを見て興奮も倍増。シックスナインの体勢を取りながら、おまんこはビショビショ。

「ああっ、いいっ」
我慢できず私は主人の上に乗りまたがりました。主人のおちんちんは大きいので大好き。上になり、好きなように腰を使いました。我慢できずつい「おまんこ、おまんこ、気持ちいいっ」と声が出てしまいました。

主人は、私が「おまんこ」と言ったり、女性上位の体位をとることをあまり好みません。ですが、今日はあまり気にしていないようでした。

私は「もうだめ。イクわっ」と言うと「俺もイキそうだ。イクときは正常位で」と言ったので下になり、主人の肩に足を乗せてのフィニッシュでした。ドバドバッとザーメンをおまんこにかけまくってもらいイイ気持ち。

おまんこからあふれ出てくる精子を見て興奮した主人は「もう一回いいかな」と言って再度挿入。

「あっ、いいっ。いいわっ。またすぐイキそう」
私はすぐにポルチオイキが出来るので、もう絶頂を迎えそう・・・。主人と同時にイキました。

終わった後、後始末をして就寝。
「ああ。気持ち良かった」昼間いろんな男の人に抱かれて、夜は主人とセックス・・・。毎日でもしたいな。こうなったらやっぱり出会い系かな。セックスフレンド欲しいな。それとも逆ナン??夢は広がります。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻・熟女 | 【2017-09-20(Wed) 15:10:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*