FC2ブログ
アクセスランキング

意地で結婚しなかった俺【体験談】

俺は奥手で初体験は大学3年の時、21才だった。
相手は46才独身で、国家公務員のキャリアだった。

あるワークショップで出会い討議した。彼女は頭が切れてとても敵わなかった。負けたくなくて、彼女の部屋にお邪魔して議論を重ねるうち、体も重ねるようになった。

熟女だったが初めて知る女性の体にのめりこんだ。彼女にとっては、いい若いツバメだ。

就職してすぐ、同期の小春という女の子と仲良くなった。ちょっと可愛いかなくらいの外見だが気持ちの優しい娘だった。

一度女を知ったので臆することがなかった。小春は高卒なので4つ下だ。なんとなく良い雰囲気になったのでドライブに誘った。小春は喜んでくれた。
週末毎デートする仲になった。

初デートから2ヶ月、ドライブの途中で思い切ってホテルに誘った。

「俺、君が好きだ。君が欲しくてたまらない。」
「あの、それってSEXしたいって意味ですか?」
「だめかな?」
「だめじゃないんだけど…」

多少強引かと思ったが国道沿いのホテルに入った。キスをした。そういえば小春とキスしたのこれが初めてだった。キスもしてないのにホテルはまずかったかな。

女は知っていても恋愛は不慣れだった。シャワーはそれぞれ浴びた。小春は着痩せするタイプらしく、意外とグラマーで、また、ちゃんとくびれもあって19才にしては色っぽいプロポーションだった。




キャリア女性に仕込まれたオーラルを小春に試す。体を硬くしながらも感じてくれているようで濡れてきた。

「そろそろ入れていいかな?」
「あ、あ…の…わたし…」
「え?どうかした?」
「わたし…SEXしたことなくてその…キスもSEXも初めてなんです…」

なんだか嬉しかった。俺も処女は初めてだった。ゆっくり入れた。

「いたたっ…」
「大丈夫かい?」

小春は目を閉じてゆっくり頷いた。小春のファーストキスとヴァージンを同時にもらった。感激した。


その後、小春とは週1,2回体を重ねたが、お互い実家なのでホテル代が月2万円以上かかる。それならと付き合って1年の記念に安いアパートを借りた。古い六畳一間のワンルームで月2万3千円だ。

それからは二人のSEXは倍以上のペースになった。週末は一日2,3回のときもあった。小春もすっかりSEXに慣れて楽しむようになったが、古いアパートなので声が気になった。小春も遠慮なく感じるようになると声が大きくなる。キスして声を防ぐが、騎乗位のときは…。俺達は近所にどう見られているのか気になった。


俺達は3年付き合いプロポーズした。双方の両親に結婚の意志を伝えたが大反対されてしまった。俺も小春も一人っ子だった。しかし、一人っ子は俺達のせいではないと主張し、やっと両家そろって話し合いをしたが、俺の母親が、
「息子は大卒、そちらは高卒。釣り合わない。」
と発言し、一巻の終わり。俺達は会うことを許されなくなった。

駆け落ちしようにも仕事があるし、二人で話し合い、結局別れることになった。アパートを引き払う前に最後のSEXをした。今でも忘れられない哀しい交わりだった。

俺は小春が忘れられず、その後は恋人は出来ずに30才を迎えた。あれ以来、父親は何も言わないが母親は口癖のように、
「誰か良い人いないの?早く孫の顔を見せて安心させて頂戴。」
という。

俺の良い人を受け入れなかったのは誰だ!俺は、自分の親でなかったらこの女とは付き合えない。見合いも勧められたがお断りだ。

やがて小春も結婚した。もう、俺は一生一人で良いと思った。
32才のとき母親に無理やり見合いさせられた。

27才の物静かなお嬢さんだったが、二人きりにさせられたとき、俺に結婚の意志はなく、無理に見合いさせられていることと小春との顛末を告げた。男側から断られると体裁悪いだろうから、お嬢さんの方から断ってくれるようにお願いした。

母親は、
「お前がしっかりしないから断られるんだ。」
と俺を罵った。父親は察していたようで何も言わなかった。
翌年、母、半年後に父と相次いで亡くなった。俺は33才で独りぼっちになった。


翌年、34才の5月のある暑い日、スーパーマーケットの駐車場でバッテリー上がりで困っていた若葉マークの若い女の子を助けた。俺は急いでいた(刺身を購入。暑い車内に放置状態。早く帰宅してチルド室に入れないと悲惨なことに・・・)のでそそくさと立ち去った。

その後、その女性と意外なところで再会した。他部署の新人職員だった。彼女は智美ちゃんという名前でこの春高校を出たばかりの18才、丸顔にショートカットの幼顔だから、夜出歩るこうものなら間違いなく補導されるだろう。

食堂で俺を見つけて、
「あの時はありがとうございました。とても助かりました。」
「ああ、ちゃんとバッテリー交換したかい?」
「はい。あの後すぐしました。○さんの車は、何かすごいですよね。今度乗せてください。」

俺はチューンドカーに乗っている。結婚する気がないから給料は使い放題だ。外見はあまり派手ではなく4ドアだが、エンジンをかけると普通じゃない音がする。

智美ちゃん、社交辞令かと思ったら何度も「乗せて」というので、帰りに乗せて送って行ったらちょくちょく乗るようになった。今時、こんな乗り心地の悪い車に乗りたがる若い娘も珍しい。

智美ちゃんは可愛いので人気者だが、他所の部署の俺に一番懐いていて、俺は若い連中から嫌われそうなので、
「こんなおっさんとじゃなくて、もっと若い男の子と遊んだら?」
「みんな個性がなくてつまらないんです。」

いくら可愛くても16才も年下の智美ちゃんに手を出す気にはなれない。結婚してなんていわれたらエライ事だ。見た目だけなら下手すりゃ親子だ。何を言われるか分からない。

ところが、そのエライ事になりそうだ。翌年の2月、智美ちゃんに本命チョコをもらった。スーパーマーケットの駐車場での出会いから今までの思いが綴られていた。生まれて初めて告られた女の子は16才年下とは…

小春は2年前に出産を期に仕事を辞めた。それ以来合っていない。さすがにもう未練はないが、だからと言って智美ちゃんと付き合うには勇気が要る。俺は、土曜日に智美ちゃんをドライブに誘った。

「智美ちゃん。君の気持ちは嬉しいけど、年の差16才は戸惑うよね?」
「今日で15才差です。」
「えっ、今日誕生日なの?ごめん、知らなかった。プレゼント買ってあげるよ。何がいい?」
「…○さん…欲しい…」

11年前、小春をホテルに誘ったことを思い出す。今は、俺が誘われている。智美ちゃんはとにかく可愛い。昔からモテモテだったろう。こんな美少女とやれるならこんな嬉しい事はない。

でも、智美ちゃんは可愛いだけでなく、控え目で素直な(引っ込み思案でバカ正直ともいえるが…)いい娘なのだ。遊びというわけにはいかないだろう。(リストカットでもされたら…)

「智美ちゃん。自分の言ってること分かってる?もっと自分を大事にしなさい。」
「でも、もうお付き合いしてだいぶ経ちます。そろそろかなと思って…」

お付き合い?智美ちゃんは俺と付き合っているつもりだったのか!!週に2,3回帰る時間が一緒の時は乗せて帰ってた。月に1回くらい、休みの日にドライブしたいって言われて出かけたことはある。そういう時はいつも夕食をご馳走してから送り届けていたが…なるほど、嫌いな異性にはしない行為だ。

智美ちゃん、潤んだ目で俺を見ている。カワイイ。理性が崩れた。

「智美ちゃん。本気?本当にいいのかい?」
「私のこと好きですか?」
「こんな可愛い娘、好きに決まってるだろっ!おっさんだから我慢してたの!」
「我慢しないでください。」

俺は、郊外のインターチェンジ近くのホテルに智美ちゃんを連れ込んだ。

「うわー。何だかエッチっぽいです。」
「そういう事をするところだからなあ。止める?」
「止めません。キスしてください。」

いつも控え目なのに、今日は積極的だ。智美ちゃんと唇を重ねる。智美ちゃん、ミルクのようなにおいがする。まだ子供だ。

「お風呂はいろっ!」

俺の手を取って浴室に向かった。本当に今日はどうしちゃったんだ?

「一緒に入るの恥ずかしくないのかい?」
「だって、さっきお互い好きだって分かったし、遅かれ早かれ裸ンぼになるんだから一緒でしょ。」

なるほど。筋は通っている。19才の誕生日、智美ちゃんの裸身はほとんど少女だった。アソコの毛も薄い。小春のようなセクシーさはなかった。俺は、物凄く悪いことをしている気分だった。智美ちゃんは、俺の勃起したモノを丁寧に洗ってくれた。

「これ、入るかなあ。」智美ちゃんを抱きかかえてベッドへ移動した。クンニしようとしてまた驚いた。縦筋一本。本当に19才か?俺は捕まるんじゃないか?クンニを続けると可愛く反応する。クリを転がせば悶える。かなり濡れている。

「智美ちゃん。入れてもいい?」
「はい。初めてなので、優しくお願いします。」

可愛いから高校時代に経験済みかなとも思ったが、処女だった。

「んんっ。んーはあ。」
「痛い?大丈夫かい?」
「はい。痛いけど大丈夫です。ううっつつつー。」

小春よりきついと思う。小春はこんなに血は出なかった。智美ちゃんは見た目が幼いので、更に痛々しかった。智美ちゃんも小春と同じで、ファーストキスとヴァージンを同時にもらった。

女性はSEXすると変わるというが、智美ちゃん、いや、智美も例外でない。職場でも、部署は違えど会えば俺にはやたらスキンシップが多い。俺は開き直って堂々としていたので、二人は怪しいと噂が立っていた。

智美ファンには申し訳ないが、小春の時と違い俺は一人住まいになっていたので、智美と親密度を増すのに時間はかからなかった。

俺も35才になりまた智美と16才差となった。この頃には、二人はデキてると噂されていた。一年過ぎた頃には、智美もかなりSEXに積極的になり、智美から求めることも珍しくなくなっていた。あの喘ぎ方や乱れ方は、職場での幼く可愛い智美からは想像できないであろう。見るのは俺だけの特権だ。

俺も36才、智美も成人式を迎えた。智美ファンもすっかり諦めがついて次のアイドルに夢中だ。もっとも、俺は影でロ○コンオヤジと揶揄されている事は知っている。

俺は智美にプロポーズした。嬉しい嬉しいと大泣きされた。ご両親への挨拶はトラウマがあるからガッチガチに緊張した。

智美は、弟がいるから大丈夫と言っていたが、智美の母親は俺と9才しか違わない。父親とは14才違いだ。でも、反対されなかった。俺達は、年齢差が15才の3月に結婚した。皆に犯罪だといわれた。

今、俺は38才。妻智美は22才で10月には出産予定だ。親に孫の顔は見せられなかったが後悔はない。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2017-09-19(Tue) 22:10:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*