FC2ブログ
アクセスランキング

恥ずかしいんですけどエッチが大好きなんです 2【人妻体験談】

主人の友人、佐々木に抱かれた夜の翌日。
「佐々木がもう一泊する」とメールが来た金曜日です。

あの日キーを打ちながら興奮してしまって、投稿を済ませた後ベッドで凄いオナニーをしました。
あのでっかいチンポをもう一度味わえると思っただけでトロケそうでした。
一人で何度も逝った後、シャワーを浴びて、やっとの事で夕食の準備が出来た夕方、全裸の上にあのワンピースを着ました。

7時頃、玄関を開けて二人が帰宅した様子だったので主人のリクエストどうりのピチピチのマリンボーダー柄のミニワンピースのウエストをたくし上げて、わざとスカート丈を短くして出迎えました。
思い出すと今でもトロっと濡れます。

「ホーッ」と私を見つめた二人は靴を脱ぐなり、なんと迫って来たんです。
175cmの主人と185cmの佐々木に、152cmの私。
立ったまま、壁に押しつけられ、二人は私の口を奪い合うように両側から激しいキスをしました。

嘘みたいでした。  
嘘みたいな快感でした。
何度も何度も順番に右を向いて、左を向いて舌を絡め二人とキスをしました。

「ハァハァ・・!嘘・・うそだー!やめてー」という私を両側から抱きかかえ、ワンピースを首元までまくり上げて全裸同然の体を撫でたり触られたりして、片方ずつ胸を揉まれました。




「何これパパ!急に!ああ、恥ずかしい、ダメ・・・ダメだって」と抵抗するふりをしながら、快感で崩れ落ちそうな私を支えた二人は両方の乳首を一つずつ、同時に貪るようにチュパチュパ吸いました。

スーハ―!スーハ―!という二人の荒い鼻息とそれぞれ違う舌使い。
これほんと最高でした。
黒目が内側に寄ってしまうような感覚で、とろけそうでした。

「ヤダ!もう・・ダメ・・パパ!・・ヤダ!いい!気持ちいいよー!」って思わず叫んでしまったんです。
二人の大きな手で、ぐっしょり濡れた私のおマンコは好き放題にされました。
前からはおマンコ、後ろからの手はお尻や肛門を責め立てました。

強烈なキスをされ、乳首を吸われ、うなじや耳を舐められながら佐々木に激しく手マンされた私が逝くのに時間はかかりませんでした。

「パパ!ゴメン・・優子もう・・・逝くよ・・ア・・・イク、イクーッ」って大声を出しました。

グッタリ座り込んだ私を置いて二人はリビングへ入って行きました。
でも、好き勝手にされたショックよりも望み以上の事をされたという女の悦びの方が勝っていました。
昨晩の佐々木とのセックスを三人が共有していたなら、こういう流れも「有り」なんだと納得しました。

数分後、身なりを整えリビングに行くと、ビールを継ぎ合って飲んでいました。

「もー、二人共!いきなり何よ、ひどい!」って言ってみても
「あらら?でも、気持ちいいとか、逝くとか言ってなかったか?」と
言い返せない言葉に、仕方なく切り替えて話を振りました。

「今晩も泊まるのはいいけど、佐々木さん、奥様とか大丈夫なんですか?」
「なんだよ、そのよそよそしい言い方!佐々木君でいいよ・・な?」

「はいはい、じゃ、佐々木君、仕事なにしてるの?奥さんいないの?」と
軽いノリに変えて、徐々になごんだ空気になってきました。

昨夜は自分達の昔話ばかりだったので
聞けなかったプライベートな話を聞きました。

5年前に離婚した佐々木は個人で電気工事の仕事をしていると言い、最近は仕事も減り時間的な余裕はたっぷりなんだ、と私の目を見て笑う顔にキュンとしました。

食事中は昨晩して欲しかった「嫁さん可愛い、うらやましい」系の話や
私があのグループの誰それに似てるとか・・・
どう見ても35歳にしか見えないとか・・
そしてお酒が進むと肉の付き方と締まったウェストや足首がエロい!
丸いオッパイもケツもたまらん!とか。

「もう、やめてよ!」「ヤダ!そんな事普通言わないわよね」
つい先ほどの玄関での異常な快感を思い出しながら、二人の卑猥な視線とセクハラ言葉にあそこがキュンキュンしました。

佐々木が仕事上がりの汗を流すと言ってシャワーに行った時、久しぶりに主人と二人っきり。
やっぱり。
抱きついてキスの嵐です。

「堪らなくて会社のトイレで二回も抜いた」
「俺の横で好きにして欲しいと言ってあった」
「ベッドでは照れやコンプレックスで固まっていた、でも自分で抜いた」
「俺と違う、とか、大きいとか、凄いとか・・・・本当にたまらなかった」
「良かったか?優子!佐々木のデカいだろ?
 イクイクって・・・さっきも玄関で!・・あーたまらん!」

昨夜の謎も解けて、こんなにハアハア興奮してくれる主人にホッとしたっていうか一安心でした。
バレー部時代から知る佐々木の人柄とあれの大きさ。
離婚してひとり暮らしという噂を聞いてからは「私を抱かせる男」として決め、二度三度酒に誘って写真を見せて説得したんだそうです。

二人であんなに何度も妄想セックスをした同じベッドの上で本当にメチャメチャに狂わされている妻を見ながら・・・
どんなに感じて興奮しただろうと思うと、私までジュンと濡れてしまいます。

たまらず、ズボンを下ろしてソファに座った主人の竿を咥えました。
考えてはいけない事なのに、そこそこの大きさだと思っていた主人の物と佐々木の物の大きさの違いは歴然でした。

大きさなんて全く関係ないって言い切っていたのに
「パパ、昨日ごめんね・・・でもね・・大きいのって・・・・たまらないわ
凄いの・・・ほんとに気持ちいいの・・佐々木君の・・・
ごめんねパパ・・・・・でも好きだから、愛してるから・・」って言うと
「優子!たまらん!もっと言ってくれ!頼む!
デカいチンポの方がいいって、俺よりいいって言ってくれ!」って
凄い勃起しながら頼むんです。

そして私の望んだ展開どうりシャワーを済ませたパンツ一枚の佐々木が首にタオルを掛けてリビングに戻ってきました。
主人はワンピースを引き上げて白くて丸いお尻をむき出しにしました。

「パパ、恥ずかしい!・・ヤダ・・明るいし!」
と言いながら見られている自分に濡れ濡れでした。
四つん這いのお尻を突き出した時、そこに佐々木の息を感じました。
佐々木の舌でお尻や肛門やおマンコを舐められてたっぷり濡れます。

両手がお尻を割って大きな亀頭がズッポリ入ってきます。
「おお!このケツ、たまらん!」
親指が食い込むように広げているお尻の中心には、むき出しになった肛門も丸見えでしょう。
ため息が出る位、堪らなく気持ちいいんです。

「パパ!やっぱり凄いの!大きい!ああ・・ダメ・・ゆっくり!」

「優子・・凄いわ・・たまらん・・もっと正直に言ってみ!」

照れもコンプレックスも吹き飛んだような主人は私の顔や出入りする佐々木の竿を見ながらハアハアして自分でゆっくり扱いていました。

遅く早く変化をつけた佐々木のじらすような動きで段々広がった穴に大きな竿が深く納まっていくのがわかるんです。

「佐々木君!うわ!・・・これ・・・あ・・・最高」
「パパ・・ごめんね・・・いっぱい入ってるの!奥に当たるの!
 こんなの初めて・・ああ・・メチャメチャ気持ちいい!
こっちがいい!アアーッ!これ好きーッ!
 大きいの・・太いの!・・ほんとパパと全然違うよ!」
本当の事を聞きたがっている主人にプレゼントです。

「ああ!このチンポ最高!突いて!奥まで突いて佐々木君!」って
言いながら主人と目が合います。
主人は逝きかけていました。
膣の中の佐々木の竿も逝く前兆なのか大きく膨らみ始めていました。

主人のものを咥えて舌を絡め始めた時、腹筋がピクピク動いて口の中にはドクドクと主人のものが同時に膣の奥には佐々木の熱いものが、強烈なフィニッシュで打ち込まれる竿から注がれたんです。
私も気絶する位真っ白になって、逝きました。


後片付けと入浴を済ませ、一人寝室で待つと昨日からの疲れでウトウトしてしまっていた12時頃誰かに抱きしめられました。

「旦那様、お風呂に入ったところだよ」
佐々木との初めての二人っきりのセックスは本能がむき出しのものでした。
獣みたいに体中を舐め回し、乳首も唾液でベチョベチョになりました。
私からも積極的に69の体位になって、おマンコや肛門を舐められながらしゃぶりたくてたまらなかった竿を喉の奥まで呑みこんで、逝きそうになりました。

大きいのってほんとにイヤラシイんです。
佐々木の顔におマンコをこすり付けたり立ちバックで突かれて「佐々木君!佐々木君!」と何度も叫ぶと
「優子!可愛いよ、優子!」って言ってくれる佐々木と心から繋がって行くみたいでした。

大きく足を広げた正上位で最高潮のころ主人の気配に気が付きました。
間接照明を頼りにビデオ撮影をしていました。
少し驚きましたが、下半身の歯止めはかかりません。
佐々木も最後の激しさで突き入れてドクドクと射精を始めました。

「パパ!もう逝きそうなの・・逝ってもいい?
ゴメン・・又逝くよ!・・優子逝く!」
レンズに向かって叫んだ私の画像は主人の最高のオカズになるのは間違いないでしょう。

シャワーに行った佐々木はそのまま娘の部屋に行きました。
私のおマンコから垂れ落ちる精子をティッシュで拭きとりながら
「うわ、凄い、いっぱい出てくる。なんだこれ、たまらん」って言う主人は、私のゆるくなってしまったおマンコに増々興奮してバックから入れてあっという間に逝きました。

<続く>

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻・熟女 | 【2017-09-08(Fri) 22:10:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*