FC2ブログ
アクセスランキング

エロ過ぎる先輩の奥さんに誘惑されてSEXした体験談 1

エロ過ぎる先輩の奥さんに誘惑されて寝取りSEXを体験してしまいました。

それから、数回の不倫、情事のアダルトな関係を持ってしまい、その時の事は今でもズリネタになっています。

今までの人生で一番エロい体験なので事の流れとその時の興奮は結構明確に覚えていますが、細かな言葉等々は興奮しすぎて定かじゃないところもありますので、臨場感に欠ける部分もあるかと思いますがご了承ください。

先輩夫婦はと私達夫婦は家が近いこともあり、時々一緒に当時はまっていたビリヤードをしたり、一緒に飲んだりする仲で、先輩の奥さんと私達夫婦は当時30代半ばの同じ歳で、先輩の奥さんはスレンダーな身体で里田まいが30過ぎになって色っぽくなった感じの魅力的な若妻って感じでした。


数年前の夏が近づいてきた日、先輩が東北地方に長期出張している時に、先輩から電話がかかってきて、
『家の寝室のテレビが壊れて、リビングのテレビと入れ替えたいんだけど、重くて由美(奥さん)独りじゃ出来ないから、明日にでも手伝ってあげてよ?』
と言われ、別に用事もなかったので二つ返事で家に行くことになりました。


翌日、仕事を終わらせて奥さんに電話をすると、由美さんは明るく
『森君(私)ごめんね、力仕事お願いして。待ってるね』
と言ってくれ、私は色っぽい由美さんに会えるのを普通に楽しみにしながら由美さんの待つ家に向かいました。

ドアホンを鳴らすと、
『森君いらっしゃ~い^^ ごめんね変なお願いして! ありがとね。』
と由美さんがドアを開けて迎えてくれました。





玄関を入り、由美さんの格好を見てびっくりです。

ちょっと髪がぬれて、石鹸の香りをさせて、いわゆるピタTにタイトなミニデニムで明らかにノーブラで乳首のポッチがはっきりと判りました。
乳首の色まで透けている感じで、思わずガン見してしまいました。

由美さんは
『上がって!上がって!』
と私をリビングに案内し、
『このテレビを2階の寝室に上げて、2階のテレビをとりあえずココに下ろしたいんだよね』
と説明していますが、背中から見てもブラの線は無く、ノーブラだと確信すると、振り向いた由美さんの乳首についつい目がいってしまいます。

テレビを持つと、由美さんが
『じゃあそれこっちに・・・』
と言いながら、階段を上がって行きます。

短い急な階段なので、先に上がっていく由美さんのミニスカートの奥が覗けることを期待しながら、後ろからついて行きました。

上を見ると期待以上のモノが目に入ってきました。
一瞬しか見えませんでしたが、明らかにお尻がはっきりと見えました。
本来Tバックに包まれているはずのお尻の肌がはっきりと見えたんです。

私は
『ノーブラの上にノーパン??』
とこれからの展開に思わずテレビを落としそうになるぐらいドキドキしました。

2階に上がると、想像以上にデカいブラウン管のテレビがありました。
これを降ろすのかと思うと勃起状態だった愚息もちょっと大人しくなってしまいましたが、とりあえずテレビを床に置いて配線を二人で外し始めると、愚息はまたもや臨戦態勢になりました。

何故かと言うと、由美さんがこっちを向いてしゃがんで配線をはずしている姿を見ると、ミニがずれあがってスカートの奥が丸見えになっていたからです。
残念ながらノーパンではありませんでしたが、時折体勢を変える際にちょっと足が開くので、奥の奥まではっきりと見え、他人妻のエロい格好に痛いぐらいにフル勃起していました。

私は、結構雑に配線してある事を良いことに
『ごちゃごちゃになるとわかんなくなるから・・・』
と言ってあえてゆっくりと一本づつ配線をはずしていきました。

白いTバックはま●こにぴったり張り付き、動くたびによじれて、お尻に食い込んでいく感じがして、そのまま押し倒してしまいたい願望と戦いながら、配線をはずしていました。

結構ガン見していたので、由美さんに気付かれるかもとも思いつつ、そのときはそのときだと開き直り、食い込んだま●この部分に愛液が染み出して濡れている様に見えて(実際はそんなに明るくないのでそんな気がしていただけですが・・・)、無言で配線を外していました。

おそらくほんの5分程で至福の時が終わり、いよいよデカいテレビを下の階に降ろす事になり、なんとかほとんど独りで汗だくになりながらテレビを降ろしましたが、あまりの重さに臨戦態勢だった愚息は再度休戦状態になり、コーヒーを入れてくれるという由美さんを1階に残し、2階に上がってテレビの設置をすることになりました。

2階の寝室の隣の部屋にテレビが置いてあったので、取りに行くとそこは着替え部屋で、床に置いてあるテレビを取ろうとしてふと横を見ると、ローチェストの上にたたんだブラとTバックが置いてありました。

ついついTバックを手にとって見ると、ちょうどま●このあたる部分が愛液で濡れて光っていました。
匂いを嗅ぐと石鹸の様な匂いと女の匂いが混ざった、男にはたまらない匂いでした。

Tバックに夢中になっているわけにもいかなかったので、名残惜しさを感じながらもテレビの設置を始めました。

DVDレコーダ、ビデオ、ゲーム機、ケーブルTVのSTBと色々とAV機器がありましたが、それぞれつないで由美さんが上がってくるのを待ってました。(途中またTバックの匂いを嗅ぎにいったりしましたが・・・^^;)

程なく階段を上る足音が聞こえてきたので、配線の確認をしているフリをしながら待っていると由美さんが
『ちょっと休憩すればぁ』
と言ってテーブルにコーヒーを置き、ベッドに腰掛けて待ってます。

私はもう既に終わってましたが、
『はい、終了~~』
と今作業が終わった感じでテーブルを向いてコーヒーに手を伸ばしました。
テーブル越しに由美さんを見ると、ミニの股間の三角地帯が目の前にあるのでどうしても目がそこに釘付けになってしまいます。

ベッドに浅く腰掛けた由美さんの股間は先ほどとは違いよじれたりはしないもののスカートの奥に光が差し込みレースの模様まではっきりと見える程で、しばらく由美さんの股間を堪能しながら取り留めの無い会話を続けていました。

コーヒーも飲み終わり会話に集中できず、途切れ途切れの会話で間がもたなくなってきたので、私が
『じゃあ、そろそろ接続確認しようかな! リモコンは??』
と言うと、由美さんはベッドに腰掛けたままのヘッドボードに置いてあるリモコンを身体をひねって取って渡してくれますが、身体をひねる度に片方の腰が浮きTバックが食い込んだお尻が目の前に見えます。

紐TバックいわゆるGストリングスのTバックなので、菊の御門の皺まで見えて、お尻を両手で広げて舐めまわす気持ちでガン見していました。

全部のリモコンを受け取ると接続確認を始めました。
テレビの電源を入れ、接続したAV機器の電源を入れて入力切替して各チャンネルの説明をして、何の気なしにビデオの再生ボタンを押した時でした。

テレビにはパンティをはいた股間部分が画面いっぱいにアップで映りました。
パンティの中で指が動いてクリトリスを弄っていて、パンティは愛液でびしょびしょで股間で動いている指が透けて見えています。
明らかに先輩夫婦のプライベートビデオでした。

由美さんが慌てた様子で、あたふたしている感じが伝わってきましたが、私は画面から目を離す事が出来ず、
『由美さん、こんなエロビデオ見てんだぁ。エロいなぁ!』
と言いながら愚息は即臨戦態勢になってしまいました。

由美さんは先輩が見てたエロビデオと言い訳しながら、ビデオのリモコンを取り上げようとベッドを降りて私に飛び掛るように抱きついてきました。

私がすんなり渡して再生を止めるはずもなく、抱きついている由美さんを抱きしめて動き封じて再生を続けます。
偶然ですが抱きしめた手が由美さんのおっぱいをつかむ体制になり、やわらかいおっぱいの感触を味わいながら由美さんのオナニービデオを見ていました。

画面では、股間のアップからだんだん引きの画面になりおっぱいをもみながらま●こに指を出し入れしている由美さんの姿が映っています。

私は、由美さんとヤレると確信し、おっぱいをつかんだ指に少しずつ力を入れてゆっくりと揉みながら由美さんに言いました。
『由美さんやらしいね、本気のオナニーじゃん』

とたんに由美さんの抵抗する力が抜け黙ってしまいました。
私は、腕の中で固まっている由美さんに
『由美さんのおっぱいってすぐわかったよ、ノーブラのおっぱいずっと見てたから・・・』
と耳元でささやきながら、由美さんの柔らかいおっぱいを揉んでいました。

画面は更に引いて、由美さんがカメラ目線で乳首をつまんで引っ張っているシーンになっています。

私は体制を入れ替えて由美さんを自分の前に座らせ画面を向かせ後ろから抱きしめる様な体制になり
『由美さん、こんな風に乳首触るんだぁ』
と言って、画面と同じようにTシャツの上から固く尖った乳首をつまんで捻りあげます。

私は由美さんに言葉攻めをはじめます。
『エロいなぁ、由美さんこんなビデオ撮らせて』
『ほら、乳首がこんなに固くなってる』
『先輩がいないから疼いてるんでしょ』
私の手は既にTシャツの中に入り直接由美さんのおっぱいを揉んでいます。

由美さんは力が抜け私に完全にもたれて無言で画面を見ています。
乳首を捻り上げる様に強くつまむと
『あっ・・・くっ・・・』
っと声をあげますが全く抵抗する素振りはありませんでした。

私は由美さんがドMだと確信し
『あんなエロい格好して・・・誘ってたんでしょ』
『先輩がいないから疼いてこんな風に独りでオナってたんでしょ』
と言葉攻めをしながらミニからむき出しになった太ももに手を伸ばします。

画面の由美さんがパンティを脱いで足を大きく開き、ついにマン毛とま●こが見えました。
私の心の声が聞こえたかの様に、大きく開いた足の間にズームしていきます。
マン毛もま●こも愛液でどろどろの状態で、出し入れする指は濡れて光っていました。
時折足を突っ張らせて腰を浮かせると、アナルまで愛液がたれ濡れていやらしくひくついていました。

私はミニの裾に手を伸ばし、少しずつスカートをめくって太股からまんこのほうに指を這わせていきます。

『由美さん、あんな風にびしょびしょになってるんでしょ』
『ピンクの綺麗おまんこが濡れて光って・・・やらしいなぁ』
『触って欲しいんでしょ』
と言ってTバックのおまんこの部分に手を伸ばすと、
由美さんが
『いやっ・・・だめぇぇ・・』
と手を押さますが、形だけの抵抗で全く力は入っていませんでした。

由美さんのまんこはTバックの上からでもはっきりとわかるぐらい濡れていてヌルヌルでした。

『こんなに濡らして・・・ホントは触って欲しいんでしょ』
『自分のオナニービデオ見ながらこんなに濡らして』

私はTバックからはみ出した大陰唇の部分を指でなぞるようにじらすように触っていると、由美さんの腰が私の指を追いかけるように動いています。
Tバックの脇から画面と同じようにぐしょぐしょのま●こに指を入れようとしましたが、体勢が悪く動かしづらかったので、由美さんを私の片方の足を跨いで座らせ横から抱えるように抱きながら、ミニを完全にまくってしまいました。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事

⇒職場の女性とエッチしたい!と思ったことはありませんか? by カメキチ






エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人妻・熟女 | 【2017-06-21(Wed) 21:10:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*