FC2ブログ
アクセスランキング

精子がなくなるほど若妻に中出しした体験談

仲良くなった若妻との体験です。
1ヶ月間メールしていたんですが、思うように時間が合わずやっとの思いで面会する事ができました。

今まで直接会った事は無かったのですがメールでは下ネタも多く話していてお互い溜まっていたこともあり、テレホンセックスまではしていました。

いつかラブホへ行こうと約束していたので、待ち合わせ当日はご飯を食べてそのままホテルへ。部屋に入ると、少し緊張気味。お風呂に入る事になり、お湯が溜まるまでフェラしてもらう事に。

経験が少ないと言ってはいましたが、少しぎこちない方が興奮します。カリの部分を徹底的に舐めさせた後、茎を舌先で丁寧になぞらせます。

タマ袋も吸わせ、最後に口の中でピストン運動。頭を両手で押さえ、「歯を立てるなよ」と警告。

そんな事を10分も続けていると彼女もつかれたのか「お風呂に入っていいですか?」と休憩を要望しました。全身を洗ってもらってそのままフェラ。結構長い時間咥えさせ、パイズリまでさせました。

お風呂で彼女の身体をしっかり堪能し、ベッドへ移動しました。私も結構溜まっていたので、ベッドに移ると騎乗位で挿入。

「え…、ゴムは?」といわれたが、ディープキスでごまかした。いきなりだったので、それほど濡れてなかった彼女は痛そうでしたが、濡れていないアソコの摩擦も新鮮で、気持ちよかったし何より、彼女の表情が痛気持ちよさを表していました。





自分の欲のままにピストンを続け、疲れた頃に愛撫を始めました。大き目の胸は「感じにくい」と言っていましたが、嘘だったみたいです。大きく、激しく揉んであげるとかすかに声を上げ「ん、、、あっ」と喘いでました。

入れたままだった結合部は、ピストンを激しくしたり緩めたりして彼女の反応を楽しみました。

徐々にアソコの滑りがよくなり、濡れてきているのがわかります。それならと、彼女の上体を起こし脚を大きく広げ下からガンガン突き上げながらクリトリスを指で刺激します。

「イキそう」と言ったらそこで寸止め。それを5、6回以上繰り返して楽しんでいると狂ったように「お願い!イかせて!」と自分で腰を使い始めました。

それでもイク寸前で腰を押さえ、イかせません。
「もう、お願い!イキたいの!」と大声で叫び、キスをしてきました。

本当はもっと楽しみたかったのですが、俺も我慢できないくらいだったので「イ、イク!」と言ってさらに激しく突き上げました。
「あ、ダメ、イク!やっとイける!」と彼女も腰を上下させます。


最後は、胸を揉みながら彼女の中に射精。

「なんか、お腹が熱いよ…」と言ってビクビクしています。
イッた後、アソコは敏感になっていたのですがあえて抜かずに合体したままにしていました。

ですが、彼女は胸を自分で揉みながら腰を動かします。そんな姿に興奮し、2回目を始めました。

彼女が腰を振る度に、一発目のザーメンが彼女のマ○コから溢れてきます。先ほどの寸止めのせいか、彼女はすぐにイッてしまいました。

下から突き上げ彼女が3回イッタところで、かなり疲れた様子。最後は正常位で腰を激しく振る度に彼女の体が震えます。大きい胸が揺れるのを興奮しながら楽しみました。

そして、頭元にあったバイブを使ってオナニーを命じましたが、自分でバイブを使ったことがないらしく、最初は手伝ってあげました。

彼女は、自分の気持ちいいところにバイブを当て、オナニーを見せてくれました。喘ぐ彼女を見て興奮した俺は、彼女の口元にチンコを持っていったんですが何も言わずに舐め始めました。

その間でもオナニーはやめません。ずっとオナニーをし続けるので、バイブを取り上げ股を開き勃起したチンコを押し込みました。

「やっぱりチンコいいッ…」と言ってチンコの根元をシコシコし始めました。先っぽは彼女のマンコに締め付けられ、根元は手コキで刺激されます。結合部は、精液と愛液でヌメヌメ状態です。


そしてここから、彼女のクリトリスに先ほどのバイブを当て「ダメ!やめて!壊れる!」と絶叫したところで中出し。

イキすぎたせいか、チンコがひりひりしましたが3回中出ししたのは初めてでした。

長時間のフェラ、そして3回の中出しで一週間くらいは性欲処理しなくてよさそうな感じがしましたが、彼女が「3日後、予定空いてるけど会う?」と誘ってきたので3日後に再開することができ、その日に精子が無くなるほど彼女に射精を繰り返しました。

彼女とは休日都合が会う日(旦那が帰ってくるまでの時間)にホテルへ通ってます。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事

⇒職場の女性とエッチしたい!と思ったことはありませんか? by カメキチ






エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

ネットでの出会い | 【2017-05-27(Sat) 22:10:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*