FC2ブログ
アクセスランキング

田舎から出てきた女子大生をバイトに雇い処女をいただいた体験談

私は小さな医療機器のメンテナンスを営んでる経営者です。

横浜で大きな医療関係の展示会があり、出店したので、バイトの女性を求めていました。

たまたま、夏休みの女子大生が応募してきました。

20歳になったばかりで、色白で控えめな女性で、秋田から都内の大学に入り大学の寮にいるそうで、いっぺんに気に入り採用しました。


展示中はよく気がついて助かりました。

夏休み中はどこかに行くのかと聞いたところ

「どこにも行きません」と言うので、

「よければ夏休みの間、うちでこのままバイトを続けてもらいたい」と話したら、「お願いします」言って翌日からオフイスに来ました。


会社には社員が私の他に男性が2名で得意先のメンテナンスをして、私と彼女だけで、昼食は彼女を連れて近くのファミレスや、レストランで済ませてました。

食事をしながら、親ものことや、彼はいるのとか聞くと、

3人兄妹の末娘で男性とは無縁だったようで、甘えん坊のように見受けられ、世間知らずで夕食に誘うと喜んでついてきて、カラオケに誘うと初めてのようで珍しがっていました。





2日後に夕食を港の見えるホテルのレストランに誘い、ワインを勧め、その後ホテルのバーでカクテルを勧め、口当たりが良いのか3杯飲むと酔いが回ったのか私の方に寄りかかっていました。

バーから出て「酔ったようだけど、寮に帰れるかな、

または、このホテルに泊まる?」と聞くと

「もう、帰りたくない、このホテルに泊まってみたいです」

というので、携帯でダブルベットの部屋を予約して、フロントでキーをもらって部屋に入りました。


部屋に入ると窓のカーテンを開けて港の夜景を眺めて

「とても綺麗」と呟き、私が彼女の後ろから軽く肩を抱いて

「少しは酔いは覚めたかな」と囁くと

「まだ頭がぼーとしてます」と答え、私の胸に寄りかかるので、私は彼女を抱きしめてブラウスの上から彼女の胸を両手で包み込み、弾力のある胸を抱えると、彼女は私のされるままになっており、

私は彼女の白いうなじに舌を這わせながら、ブラウスのボタンを外し、薄いピンク色のブラジャーを上にずり上げて盛り上がっている乳房を手のひらに包み込み、

こつぶの乳首を指先に挟んで揉むと彼女は体を反らしながら

「アアアーいけないわ、離して」と呟きましたが

あまり抵抗をしないので、ゆっくり愛撫を楽しんでいると彼女は

「アアーウウウー」と声を漏らし腰が崩れそうなので、私は彼女を抱えたまま、ベットの端に腰掛け、彼女に口づけをすると口半開きにしてるので、舌を入れて彼女の舌に絡ませました。

口づけを交わしながら彼女の膝に足を絡ませ、膝の間に足を割り込ませて、ストキングの上から彼女の腿の内側を撫ぜながら付け根に指を潜らせて陰部に触れると、

下着が湿っているのが判り、割れ目に沿ってしばらく指先を動かしながら彼女を見ると口を半開きにして目を硬くつぶり、何か堪えている様子でした。

私は彼女を仰向けにさせたまま、彼女の横に寝て、彼女の左手を握って彼女の首の後ろに廻し、スカートのホックを外し、お腹のところから彼女の下着の中に手を差し込むと彼女は

「いや、いや、駄目です、やめて」と叫ぶのを、私はそれには構わず手を差し込んで、陰部に指先が触れると彼女は

「アアー」と声をあげ体を動かそうとしてましたが私に抑え、陰部はヌレヌレになっていました。

陰毛は上のところに柔らかい毛が少しあるだけで、盛り上がってる割れ目に小粒のクリトリスが指先に触れ、

私は彼女の膝の間に私の両膝を割り込ませて彼女の足を開かせ、膣の入口を指先で愛撫して溢れ出るおつゆを指先にすくい、クリトリになすりつけて愛撫を繰り返ししていると彼女は

「ウウウ-」と声をあげ体を反らすと果てたようでした。

ボーっとしてる彼女のスカートトパンスト、下着を一緒にずり下げて脱がしてしまい、白い肌に愛らしい陰部を眺め、彼女の股間に顔を埋めて亜ふ出て愛液で光っている割れ目を舌ですくい上げると彼女が

「ああーいあやいや、やめて」と言って鳴き声を上げてましたが、クリトリスを舌の先で甚振られ「ハーハー」息を荒くしてました。

片手で乳房を揉み、、片手の指先で膣の入り口を浅く出し入れし、溢れ出るおつゆをすすっていると彼女は再び

「ウウウ-」と声を漏らし体を硬直させて果てたようでした。


ぐったりしている彼女を眺めると白いモチ肌で、大きなお椀を伏せたような乳房にピンク色の乳首で、縊れたウエスト、張りのあるヒップ、淡い陰毛が割れ目の上に少しだけはえており、盛り上がった割れ目で隠されていました。

両足をそーと広げて割れ目を広げるとピンク色に充血し、白っぽいクリトリスが見え膣の入り口がうごめいていました。

私は犯したい衝動でしたが、あまりにも愛らしい陰部なので、ゆかたをかけてやり、洗面所で指を洗い、勃起してるのを扱いて射精はせずに、部屋に戻ると彼女は起きていて身づくろいをしていました。

彼女は私の傍に来ると私の胸に顔を埋めて

「はずかしい」と呟くので、顔を上げさせて口づけをするとそれにこたえ、舌を絡めて来ました。

彼女の腰をなでながら腰を引きつけて勃起したモノを彼女の陰部に押しつけてグリグリすると彼女は腰を捩っていました。

私は「お風呂に入ろうか」と言うと彼女は浴室に行ってお湯を入れてました。

並んでベットの端に腰掛けっ彼女の方を抱いて

「気持よかった」と聞くと彼女は顔を赤くして

「悪い手」と言って私の手を軽くたたき握ってきました。

浴槽にお湯が入り私に勧めるので「一緒に入ろう」と誘うと

彼女はうつむき加減で肯くので私が浴槽につかっていると、彼女は体を縮めて入ってきました。

浴槽の中で彼女の後ろから抱くようにして勃起しているペニスを彼女の手をつかんで握らせました。

彼女は「恥ずかしい、大きい」と呟くので

「手を動かして私のもよくして」と耳元で囁くと、ぎこちなく手を動かしていました。

彼女のおっぱいを愛撫しながら

「形が良くて弾力のあるいいおっぱいだね」と囁いてやり、

「腰のくびれがたまないなー」と呟くと

「恥ずかしい」と呟くので、陰部に手をやり

「可愛いオマンコだよ」と囁くと

「そんなこと」と言いながら立ちあがって浴槽から出ようとするのを、後ろから抱きしめて手を前に廻して胸と陰部を愛撫すると、すでにヌメヌメ愛液が溢れていました。



彼女に壁に両手を突かせてかごませ、割れ目にそそりっているペニスを後ろからなすりつけ入口に浅く入れるようにしては外し、ペニスの先でクリトリスを擦り、割れ目に擦りつけ、浅く入れては外すのを繰り返ししてると彼女は腰をよじらせるので、

私は浅く出し入れをしながら彼女の腰を引きつけて奥にいれると彼女は「いたい、いたい」と言うので

そのまま彼女を抱きしめ浴槽に体を沈め、彼女のうなじに舌を這わせ、胸を揉んだりし、少しづつ腰を動かすと彼女は痛みが薄らいだようなので、腰を動かし浴槽に私が寝そべって、彼女を跨がせて下から突き上げてやりました。

彼女は「ハアー、ハー」と息を荒くして突かれるのを堪えていました。

体を起こし前のようにさせて後ろから突き上げ、抜くと血液が愛液に混ざってペニスに絡みついてました。

前を向かせて、彼女の方足を抱えて挿入してピストンを繰り返し、逝きそうになったので抜いて、浴槽の中に射精しました。

浴槽のお湯を流し、部屋に戻り、彼女は私の渡したバスタオルを私と同じように体に巻いてベットに上がると、私の上にかぶさって泣くので「どうしたの?」と囁くと

彼女は顔を横に振り「ただ泣きたかっただけです」と答えてくれました。

体を寄せ合ったまましばらくして彼女の白い肌の乳房や乳首に舌を這わせ、くびれたウエストや腿の内側にして舌を這わせながら足を開かせ陰部を眺めると愛液が溢れ出下に伝わるので舌で舐めあげ、

クリトリスを舌の先を硬くして突いたり唇で噛むようにしながら膣な中に中指を少しづつ入れ中をまさぐり上側のザラザラを指先で擦りあげ、手を返して指を奥深く入れてスポットをこねると

彼女は腰を捩りながら「あうんあうん」と声をあげ、おつゆを溢れだすのをすすりあげ、挿入していろいろ体位を変えて彼女をせめました。

朝がきて、目を覚ました彼女とまた愛し合い、処女から一夜にして快感を覚えさせた優越感に内心微笑みました。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事





エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

職場・取引先など | 【2017-05-20(Sat) 22:10:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*