FC2ブログ
アクセスランキング

快感の地獄でした【エロ体験談】

私にわ大学で知り合った男A、B、C、Dがいました。

ある日皆で話しててエロいはなしになって…

んじゃラブホいく?ってことになって行きました。

部屋に行くとなんとSMの部屋でした。

C『SMとかめっちゃ良いじゃん。』とノリノリ。BDも同様にノリノリでした。皆興奮したらしく、部屋をキョロキョロしていました。

Bがなにかを発見したらしくF(私)を呼びました。

そこへ行くとベッドに押し倒されてベッドの四隅に付いている手錠をつけられ動けなくなりました。

F『えっちょ、まって』

D『まぁまぁ、どうせ興奮してるんでしょ』

そして目隠しをしてきました。

C『この姿エロッ』

A『やる?』

といって一気に服を脱がされました。





D『Fちょう美乳。乳首ピンクだし』

目隠しされてるのでだれかわかりませんが、胸を触ってきました。

そして乳首をコロコロ転がしてきます。

私『んふっ…あ…』

『何?今の声?感じてんの?』

『動けないのに感じてるなんてFわエロいなぁ~』

『乳首ビンビンにたってるよ?』

などと言われ興奮がヤバい状態に…

『んひゃ…あぁ…はぁん…』

どうしても声が漏れてしまいます。

『そろそろしたわどうかな?濡れてきたんじゃない?触ってみようか』

『ひゃぁ』

マンコをなぞるようにして触ってきました。

『にち…』

濡れてる音がします。

『うわ…F感じすぎ』

カチャカチャ

足の手錠だけはずされまんぐり返しのような格好になりました。

『嫌ッ恥ずかしいよぉ…』

『顔真っ赤にして下わべちゃべちゃだよ?』

『ぬぷぷ…』

誰かが指を入れてきました。

『いやぁんッあぁぁぁ』

『うわ…中も濡れすぎ』

『くちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅ』

指を上下左右とマンコをかき回してきます。『はぁやぁん…やめ、あッあぁぁぁ』

『F感じすぎw汁垂れてきてるよ』

『んぁ、言わないで…』

そしてクリトリスも一緒に触ってきて頭がおかしくなりそうでした。

『あッあぁあッあッあぁ━━………』

体をびくびくさせていってしまいました。

『あ━あ、ついにいっちゃったね』

でもやめてくれません。

手まんわますます速くなります。

『なかが膨れてきたよ、もぅちょっとだね』

私わなにがもぅちょっとなのかわかりませんでした。

『ほらほらほらほら!もっと感じろ!』

手まんがさらにさらに激しくなります。

『いやッだめッはっはぁッあッあッあッあッあッんや…ああぁぁぁぁぁぁ━━…』

『ピシャー』

『ついに出たね。潮吹きするなんてやらしいマンコだな~』

『はぁはぁ…』

人生初めての潮吹きでした。


手の手錠をはずされ目隠しわしたままでたたされどこかえつれていかれました。

『ここ座って』
と言われマンコを手で誰かに広げられながら腰をゆっくり下ろしていきました。
すると

『ぬぷぬぷッ…』

『あッはぁん』

それわバイブ付きのSM椅子だったのです。

そしてまた手錠で手と足をくくられました。

『お願い…目隠しだけでもとってぇ…』

『しかたね━なw』
といってとってもらいました。

すると前に大きな鏡かあったのです。

その回りを男4人が囲んでいました。

『どう?自分の姿みて』

『いや…はずかし…』

『バイブ動かしてみようか』

ヴィィィンヴィィィン
バイブが膣をかき回してきます。

『いやぁいや…ひあ…ああんあぁぁ━…』

『お━気持ちよさそw』

『おねが…い…とめ、ぁぁッて…』

『だ━めw』

『しばらくそのままにしてよっか』

『あッはぁんやぁあっあッあッあッんん…あひゃんはあ…あッあッあッ…んひゃ』

しばらく放置され1人で喘いでいました。

それわもぅ快感の地獄でした。

鏡に映る自分をみてさらに興奮して頭が真っ白になってきて、

『ひぁ…いく…ん…』

『あッあッあッあぁぁぁぁ━……』

いってしまいました。

でもバイブわ止まりません。

『いや…あッあッあッだめ…も』

『お?いっちゃった?下のお口がぐちゃぐちゃだよ?』

『F汁垂れすぎ』

『んふぅぁ…みな…いで…あッん…』

『そろそろやる?』

『そだなw』

『んじゃ俺先。』

『F行くぞ』
と、椅子からはずされ立たされましたが足がフラフラで座り込んでしまいました。

するとBがしかたね━なwと言ってお姫様抱っこでベッドまで運んでくれました。

その間も私わハァハァいいまくりであそこがヒクヒクしていました。

『お~とろとろw入れるよ?』

ぬぷぷ…

まずわ正常位でいれてきます。

『んはぁ…おっきい…よぉ…』

『すげえだろ?俺のチンコ動かすよ』

ぬぷぬぷぬぷぬぷクチャクチャ。

『ひぁぁんあッあッあッあッあッあッあッあッあッ…』

『感じてる?』

『う…ん…はぁん…』

そして次わばっくで攻めてきます。

『あッあッあッ…奥…んあ』

『ひぁいく…』

『俺も』

『あッあッあッあッああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ━………ッッ…』

一緒にいきました。

この調子でいろいろな体位をやり朝を迎えました。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事





エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

いろいろなシチュエーション | 【2017-05-13(Sat) 00:30:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*