FC2ブログ
アクセスランキング

親類の法事で一年ぶりに会った不倫体質の独身女【体験談】

親類の一周忌の法事に行った。
喪主は私より8歳下の独身の一人娘、咲子。
葬儀以来一年ぶりに会った。

田舎の更に農村部でのこと、寺の大広間で飲む。
田舎は時間ギリギリまで解散とならない。

唯一町場からの参加の私は車なので飲まずに付き合い、同じく飲まない咲子と話していた。
不倫をしていたが、男が奥さんと別れる話を始めたので別れたという話だった。

片づけを手伝い、咲子を送っていくとお茶を飲んで行けと言うので自宅に上がる。お母さんは入院中。

「結婚したら?」
「うん、でもしばらく男はいらないな」

「女盛りだし寄ってくる奴はいるだろ?」
咲子は勤めに出ていて男の多い職場だった。
「いるけど、どれもパッとしないんだよね」

「そうなんだ・・」
「せいさんならいいんだけどな、結婚してるしなあ・・」





「二十数年遅かったな・・」
「じゃ、彼女は!?」
「とりあえず彼が出来るまでせいさんの彼女になるよ」

「それじゃまた不倫だろ・・」
「いいよ、せいさんの都合のいい時に来てくれれば・・一人暮らしみたいなもんだし・・」

「マジ?」
「私じゃいや?」

「いや、咲子はいい女だと思ってるよ」
「じゃ、いいじゃん」

そう言うと咲子は隣に来て身体を寄せてきた。
「父さんの葬儀の時にさ、色々励ましてくれた時からいいなと思ってたんだ」
「ちょうど付き合ってた男とも潮時で別れたところだったし」

咲子が下から見上げ見つめてくる。
「いいのか?」
頷いて顔を寄せてきた咲子にキスをした。
濃厚な慣れたキスだった。
「茶の間じゃなんだし、部屋に行こう」

咲子の部屋で喪服の着物を脱がしながらキスをする。
咲子もオレの服を脱がしていく。
パンツを下げるとひざまずきナニをしゃぶり始めた。
まったりとした舐め方で上手かった。

脱がせてみると身体は締まっていて、手ごろな大きさに胸と濃い陰毛、そこはすでに中が濡れていた。

どこを触っても呻きながら反応し、素直に感じていた。
クリが大き目で指でしていると間もなくイッた。

更に舐め始めると咲子は
「ねえ、もう入れよ・・入れて・・ねえ、入れて」
とせがむので生で入れた。

どの体位でも感じるらしく、入れてる間中喘ぎ続ける。
後から聞いたら二回くらいイってたそうだ。

そろそろ限界でピッチを速めると
「出そう?」
「ああ、そろそろ限界・・」

「いいよ、出して・・」
「どこに?」

「好きなとこでいいよ・・」
「中はまずいしな・・・」

「じゃ顔・・顔に出して・・かけて・・好きなの・・」

ご希望に応えて抜くと、顔の上でしごいて出した。
飛ばないのでどろっとした精子が鼻や目にかかる。
咲子はかけられ、呻きながらそのままでいた。
そして指でかき集めて口に入れ飲み込んだ。

「Mなんだ・・わたし・・」
「そうなの?」

「うん、言葉責めとか拘束されたりとかお尻叩かれたりとか・・」
「それじゃ次回からそうしような」

「うん、して・・いつ来てもいいからね、呼び出しても行くから・・」
「好きなんだな、エッチ・・」

「うん、大好き・・一年ぶりで思い出しちゃったから責任取ってまたすぐ来てね・・」
「頑張ります・・」

まあ、お互いのニーズが合ってるので続いてます。
会えばすぐ始まるので楽でいいですね・・
不倫体質の咲子です。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][不倫][ディープキス][クンニ][フェラチオ][生挿入][絶頂][顔射][セックス]
関連記事





エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

不倫・浮気 | 【2017-04-06(Thu) 13:10:03】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*