FC2ブログ
アクセスランキング

職場の地味な人妻と不倫した結果→裁判沙汰に…1

最後に釣り宣言とか柄じゃねえし、引っ張る文章力もないんで最初に言っとく。

「これはネタとして読んでくれ」

いや、別に読まんでもいいけどな。マジ下らん話だし。

それにしても主婦って、なんですぐ股開くんだろうね。
うちの職場、単純事務は全部で十何人かいる主婦パートに任せてるんよ。
昔は腰掛けOL花盛りだったそうだが、今じゃ20代~40代の奥様軍団がウヨウヨだ。

そんな職場に配属されて2年。辞めた人も入れたら7人に食われた。
「食った」じゃなくて「食われた」なのは、全部向こうがアプローチしてきたから。

たまにある職場の飲み会じゃ、奥さんたち、俺の腿や尻にお触りしてくるわ
「酔った~」とか言ってオッパイ押し付けてくるわ、これどこの熟女店?状態だ。

ん?何この俺モテる的な妄想自慢野郎?キモいしウザいわボケカス!だと?

いや、落ち着いてよく考えろ。
相手はレースクイーンでもモデルでも、百歩譲って可愛い女子〇生でもねえんだぞ。
石投げたら当たる普通のオバさんに迫られて自慢になるか?
同年代や年下もいるから「オバさん」と言っちゃ失礼だが、俺の感覚じゃそうだわ。

もちろん、女のネットワークの怖さは百も承知だ。俺も昔は痛い目に遭ったし。





うちの会社、社員とパートじゃ身分保障の度合いに天と地ほどの差があって、本気で喧嘩したらパート10人より社員1人の方が圧倒的に強い。これが格差社会。
それでも彼女らから白い目で見られたら仕事がやりづらくなるわけで、食うにしろ食われるにしろ、それなりに気は使わにゃならん。

観察すると、主婦軍団にもナンバー1(組長)とナンバー2(若頭)がいるんよ。
組長は40代で落合信子似の人間拡声器。若頭は30代で若槻千夏似の仕切り魔。
敵に回すと面倒だが、逆に言えば手なずけりゃ大概の話は押さえ込める。


そこで出張や帰省のたび他の人と違う土産を買って、こっそり渡したり、
組合経由で仕入れた社幹部の裏話を洒落になる範囲でこっそり教えたり。
物と情報で媚び媚びしたら「うい奴よのぉ」と、かわいがられるようになった。
まあ、チンコも使ったけどなww熟女その辺の話は別の機会に。

そんな職場に来た新入りパート主婦がサユリさんだった。

俺より少しお姉様の31歳。正直「うわっ、地味ぃ~」ってのが第一印象か。
やや小柄で中肉。今どきの主婦じゃ珍しい黒髪なのが目を引くくらいで、化粧も薄めだし服も野暮ったいつうか、今風の対極にいる感じだったな。

そのサユリさん、人繰りの都合で俺の補助役になっちまったわけよ。
まあ俺は基本、自分で全部やっちゃうタイプなんで新入りでも構わないんだが、始めてみたら彼女、すっげーマジメでちゃんとしてるのね。これは大当たり。

当たりついでに、よく見たら結構な美人だった。
目鼻の造りが小さめで化粧も控えめだから華はないんだが、すっげー整ってる。
それに、体型が出る服を着ないから目立たんが、実はじつはナイスバディーっぽい。

それ以上に人柄が良いんよね。常に笑顔を絶やさず、ちゃんと気遣いしてくれる。
なもんで、こっちも柄にもなく優しさ全開で、仕事を教えたりフォローしたりした。
日ごろ付け届けしてる組長と若頭にも、上手く溶け込めるようお願いしたしな。
おかげで2日目には、仕事の合間や昼飯時に楽しく会話できる間柄になったわ。


サユリさんが来て2週間くらいして、職場の飲み会があったんよ。
彼女の歓迎会も兼ねてだが、職場の連中にすりゃ名目なんてどーでもいいしww
いつも通りにオバさん軍団のセクハラ攻撃を笑顔でかわしながら、
せっかくなんでサユリさんと色々と普段話せないことも話してみたわけだ。

彼女、結婚7年目で、40手前の旦那と長女(保育園児)の3人暮らし。
結婚後、子供が小さいし旦那の許可も下りず、なかなか仕事できなかったんだが、旦那がリストラで契約社員に降格して、パートに出ざるを得なくなった。
うちの業界も厳しいけど、まだまだ景気は悪いんだね。

「仕事は楽しいです。松田さん(←俺ね)も親切だし」

笑顔でそう言われちゃ、こっちもデレるわな。と思ったら彼女の携帯に着信。
サユリさんはすぐに出て「はい、もうすぐ終わります」なんて話してたが、
切った後で「主人です。なるべく早く帰れって…」と、少し寂しそうに言った。

家で何かあったんかな、と思ったらそうじゃなくて、単に旦那が奥さんを外で飲ませたくないらしい。もしかして束縛大好き男か?
その時は「へえ、愛されてるんスね~」と当たり障りないこと言っといた。

それ以来、サユリさんとは私生活のこともよく話すようになった。

職場は大部屋だが基本2人で作業するし、週に2~3度は一緒に昼飯に行く。
彼女、子供の話題だと楽しそうなのに、旦那の話になると少し表情を曇らせるんよ。
夫婦仲が悪いわけでもなさそうなのに、何でかな…と思ってたら、
そのうちポツリポツリと家庭の事情なんてのを話してくれるようになった。


やっぱり旦那、かなりの束縛好きつうか、やたら嫉妬深いらしい。
サユリさんは女子校→女子大育ちで、男の知り合いはもともと少なかったが、女友達との付き合いも旦那が嫌がるんで、結婚後はほとんど遊びにも行けない。
その分「俺が愛情を注ぐ!」ってつもりらしいが、愛情表現が全て自分本位なんだと。

夫婦の会話はほぼ一方的に旦那が喋って、サユリさんは聞くだけ。
何を買うとか、どこへ行くとかも、奥さんがどう受け止めるか考えず旦那が決めて、
「お前のためにしてやった。こんなにお前を愛してるんだぞ!」と満足するわけだ。

子供に対しても同じで、気が向いたら寝てる子を起こしてでも遊ぶけど、自分の趣味(オタク系)に没頭してる時は、子供が熱を出しても放ったらかし。
気が向いた時に「高い高い~」するのが愛情表現だと信じて疑わないそうだ。
まあ、自己申告だしホントの所は分からんが、少なくとも彼女はそう思ってた。

う~ん、独身の俺にゃ他人様の夫婦生活をとやかく言えねえけどさ、
こーゆー旦那って結構「俺って愛妻家で子煩悩」とか思い込んでるんだろうなー。
てか世の中の自称「愛妻家」とか自称「子煩悩」のオトーサンたちって、本人が気付かないだけで、この手のが意外と多いのかもしれん。

ホントは奥さんの妊娠中や子供に手がかかる時期に家事・育児を分担する方が、よっぽど愛妻家なんだろうけどさ。そりゃ、サユリさんも不満が溜まるわ。
だけど実家に旦那のことを愚痴るのは憚られるし、友達とは連絡しづらいし…

「悪いなって思いますが、こうやって家のことでも何でも話せるのが楽しくて」

筋金入りの無責任男の俺も、優しい笑顔でこう言われちゃ聞くしかねえわな。
俺、口が上手いとはよく言われるけど、聞き上手の素養もあったりしてww
ともあれ、こうしてサユリさんとの距離は徐々に縮まってきたわけよ。


ここまで前振り。長すぎるって?

サユリさんが来て3カ月くらいか。職場の送別会名目でまた飲み会があった。
あいにく俺、その日は仕事が溜まってて職場に缶詰状態だったんだが、送られる主賓が俺も世話になった人なんで、途中ほんの少しだけ顔出したんよ。

会場の居酒屋に行ったら、ほとんど全員出来上がってた。お前ら早えーよ。
またまたオバさん軍団のセクハラ攻撃をかわして、まずは駆けつけ3杯。
チーフと主賓に挨拶だけして仕事に戻ろうと、さっさと店を出たわけだ。

すると「松田さん、お帰りですか?ご一緒します」とサユリさんが追っかけてきた。
また旦那から「早く帰れ」コールがあって、1次会の途中で帰ることにしたそうだ。
会社と微妙に方角は違うんだが、どうせだし駅まで送ることにしたんよ。

繁華街から駅に向かって、ほろ酔いのサユリさんと並んで歩く。

「いつも愚痴聞いてもらってすみません。でも、本当にあれで救われてます」
「いいっスよ~。独身者だから聞くしかできなくて、こっちこそ恐縮っス」

う~ん、我ながらアホ丸出しの受け答えだな。まあ、実際アホだしいいか。
途中、大きな公園を通って近道。「こっちから行きましょ」と手を引いたら、素直についてきたんで、そのまま手を繋いで夜の公園を散歩した。

「一度、時間考えずに飲んでみたいですね♪」
「いいっスね~。俺でいいなら、いつでも相手しちゃいますよ~」
「嬉しい。でも、そんなことしたら主人に殺されちゃうわ」

笑いながらも少し悲しげなサユリさん。少し元気づけにゃな…と柄にもなく考えた。

「毎日頑張ってんだから、たまにご褒美で羽伸ばしても罰は当たらないっしょ?」
「職場でお話しして、こうやって一緒に歩いて、これで十分ご褒美ですよ」
「じゃ、ご褒美ついでに…」

ちょうど照明から離れて暗くなった所だったんで、サッと肩に手を回してキス。
サユリさんは少し驚いた様子だったけど、嫌がる感じじゃなかったんで、ディープに移行して、抱き締めたまま2~3分くらい舌を絡めてみた。

あんまり酔ってなかったんだが、なんつうか勢いでしちまった。すんません。
でもサユリさん、最初は体を硬くしてたけど、そのうち応えてくれるようになった。
ラスト1分くらいは彼女の方から抱き締めて、唇を押し付けてきたんだよな。
終わってから少しポーッとして、我に返って慌てて家路に就く姿が可愛かったわ。


翌日、俺はいつも通り「ウィーッス」な感じだったが、サユリさん目合わせねえしww
仕事中も何かやりにくそう、つうか俺の側に居づらそうな感じだったな。
さすがに調子乗りすぎたか。これってもしかしてセクハラ?とか考えた。俺ビビり。
もしかしてもクソもなく、社員の方が立場強いんだから立派なセクハラなんだがな。

こんな雰囲気で午後も仕事するわけにはいかねえよな、と思った俺、昼休憩が終わる直前、大部屋脇のミーティング室に連れ込んで謝った。俺って素直。

「昨日はすんません。キレイだったもんで…つい調子に乗っちまいました」
「いえ、私も酔ってましたし…」

てかサユリさん、妙に顔が赤いんスけど。あんた女子〇学生?

「嫌われるのは仕方ないんで、今の企画が終わるまで俺の担当続けてくれます?
それ終わったら別の人の補助役になれるよう、俺からチーフに話してみますんで」

これは保身目的。担当替えを約束したら、セクハラとか騒がれないんじゃねえかと。

「いえ!そんな、嫌うなんて…。できたらこのまま松田さんの担当で…。
松田さんが嫌でしたら替えられても仕方ないんですが」

何この展開?サユリさん必死なんですけど。ま、とりあえずセクハラは大丈夫そう。

「俺は是非、サユリさんに続けてほしいんスけど…いいんスか?」
「はいっ!よろしくお願いします」

ここで調子に乗るのが俺のアホな所だよな。後ろ手にミーティング室の鍵をかけると、柔らかな体を抱き締めて、またディープキス。1分くらいだったけどな。
サユリさん、少しビックリしたみたいだが、今度は最初から積極的に応えてくれた。

「今日はシラフだから、酒の言い訳はなしっスよ」
「はい♪」うわ、サユリさん耳まで真っ赤だし。

後で聞いたらサユリさん、前夜は家族への罪悪感でずっと泣いてたそうだ。
悪いことしたな~とは思ったが、酔ってキスするくらいで泣くって、どんだけ純情よ?
てか、次の日にまた俺とキスしてるんだから世話ねえけどなww

ともあれ、ここまで来たら口説くしかねえな、と腹を括ったわけだ。
抱き締めたらサユリさん、マジ美味しそうなボディーだし、こりゃ賞味しねえとな。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][清楚な人妻][ディープキス][社内不倫]
関連記事

⇒職場の女性とエッチしたい!と思ったことはありませんか? by カメキチ






エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

職場・取引先など | 【2017-03-03(Fri) 20:10:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*