FC2ブログ
アクセスランキング

彼女と同じ寮住まいの女先輩にセックスを見せつけて…1【体験談】

当時付き合ってた彼女が化粧品会社に勤めてた頃、寮に入ってました。
寮と言っても普通のマンションを借り上げていた寮でした。

その寮には彼女の他に1人入っていました。
彼女の先輩でした。
彼女(優子、25歳)、先輩(30歳)、私(守、27歳)でした。

その寮はリビングを囲んで部屋があり、それぞれの部屋が自分の部屋。
リビングは共有スペース的な感じでした。

寮は男子禁制だったのですが、普通のマンションということもあり、管理者もおらず、私の出入りも特に問題はありませんでした。
昔から結構男の出入りはあったようです。

先輩自身からも「過去に寮生の彼氏が来る事はよくあった」と聞きました。
何度か行くうちに、先輩にお土産を持っていったり、ご飯に誘ったりと、先輩も私もお互い気兼ねする事もなくなるまでになりました。


寮にはエアコンがリビングにしか無く、それぞれの部屋は夏の暑い日には自分の部屋の引き戸を開けて冷気を呼びこんでいました。
普段、部屋でのエッチは当然先輩がいない時にしていました。

ある夏の夜、リビングで3人でお酒を飲みました。
早々に先輩が酔っ払い、眠いと言って自分の部屋で寝てしまいました。
私達も部屋に戻りました。
引き戸は暑いので半分ほど開けてました。
先輩の部屋は閉まっていました。





彼女にマッサージをする事が習慣だった私はうつ伏せになった彼女に跨り、いつものようにマッサージをしました。

すると、いつものマッサージのはずなのに、お酒が入っているせいか彼女の身体がビクンビクン反応します。
それを見て私もムラムラ来てしまい、ついには性感っぽく愛撫に入ってしまいました。

彼女「駄目だよ守・・・先輩いるし・・・あん」

優子は拒否ってますが身体に力が入っていません。
それどころか股間はじんわり湿気を帯びていました。

俺「大丈夫だよ。結構飲んでたし、100%熟睡だよ」

彼女「あん・・・せめて電気消して><」

電気のスイッチは入口の近くにあり、盛り上がってきたのに面倒だなぁと思いましたが消しに行きました。

すると、先輩の部屋の扉が開いてるのが見えました。
暑かったんだろうなぁと思い、スイッチに手をかけて消そうとした時・・・。

(え?!)

先輩がリビングのソファーに寝ているのが見えました。
その瞬間、私は、(覗かれたい!見せたい!)という気持ちになってしまいました。

部屋の電気は一つだけ消し、優子の元に戻りました。
ローボードの上にある鏡の角度を変え、入口が見えるようにもしておきました。

タオルを優子の顔に掛け、「声出しちゃ駄目だよ」と言いながら徐々に全裸にしていきました。
優子は声を我慢しながら悶えています。
その姿と、もしかしてこれから覗かれるかもしれない異常なシチュに私のモノは早くもビンビンでした。

横目で鏡を見ると・・・見てます!覗かれてます!!

私はまだ服を着てます。
大きくなったモノを先輩に見られる事に興奮してる自分がいます。
この感覚は初めてでした。
恥ずかしいやらなにやらで・・・。

私はビンビンに勃起したモノを先輩に見せつけるようにパンツを脱ぎました。
69の形をとり、先輩に優子がしゃぶる私のモノがよく見えるような体勢をとりました。
鏡の角度が合わずその時の先輩は見えませんでしたが、私は見られてると思うと興奮し、すぐに発射寸前になってしまいました。

俺「やべえ、出そう」

すると優子はくるっと180度向きを変え、私のモノを先輩に見られてるとも知らずに、自らモノを握り、腰を落としました。
優子は私に覆いかぶさるような体勢になりました。
結合部は丸見えなはずです。

その体勢で優子は腰を上下に振ります。
グチュグチュいやらしい音も聞こえます。
優子は必死に声を我慢してるようです。
でもあそこから聞こえる音は部屋に響いています。

俺「いやらしい音、先輩に聞こえちゃうよ優子」

彼女「いやぁぁぁ・・・」

優子の動きがゆっくりになりました。
しかし余裕を見せているつもりの私が限界でした。
ゆっくりになったと同時に私が下から突き上げました。

彼女「ヒッ!いやあんあんあんあん」

ついに優子の口からいつもの声が出てしまいました。

彼女「あっあっあ~ん守、先輩寝てるよね・・・あん」

俺「大丈夫だよ。熟睡熟睡」

彼女「だって・・・あん、優子イキそう・・・あん・・・なの」

俺「いいよ、一緒にね」

彼女「ああああああああああああ・・・イクうううううう」

そう言うと身体をビクンビクンとさせながら優子はイッてしまいました。
私もモノを優子から抜くと、先輩が鏡に映る位置を確認して、優子の口に持っていき射精しました。

鏡に映る先輩は、左手を服の下から胸へ、右手を股間に・・・。
よく見えなかったんですが恐らくパンツの中へ入れて弄ってたようです。
表情はたまに目を瞑り、口が半開き・・・。
私が優子の口にモノを持っていった時は口と目を大きく見開き見入っているようでした。

その後はいつの間にか先輩もいなくなり、優子も「マジで先輩に聞こえてたらどうしよう」とか言いながら満足そうでした。
私も異常なシチュエーションに興奮し、優子にも、「なんか今日多いね」って言われるくらい出ました。


あの日以来、先輩にまた見られたい欲望で悶々としていました。
でも優子の手前、行動には移せずにいました。
当然、優子がいる時にしか寮には行かないので、そんなチャンスはあるはずもなく・・・。

しかし、チャンスが訪れました。
優子が3泊4日の研修に行くとの事。
まあそれを聞いても最初は別にピン!とは来なかったのですが、研修初日(土曜日)の日中、優子からメールがあり、忘れ物を持って来て欲しいとの事。
日曜の午前10時以降なら先輩も居ないのでよろしく・・・と。

しかし私は日曜日の午後一に用事がある事を告げ、今日の夜取りに行って明日の朝届けたい事を伝えました。
ついては先輩にも連絡入れとくようにとお願いしました。

実は私、優子には仕事と言ってましたが本当は休みで、優子には『仕事終わって寮に着くのは21時位かな』とメールしました。
先輩もそのぐらいだと返信がありました。

私はスーツに着替え出かけました。
向かう電車の中では色んな妄想が頭を駆け巡りました。

どうやって見せようか?
先日の事を言おうか?
エッチまで行っちゃうのか?
もう股間はビンビンでした。

ここで他の方の投稿を見て、スペックが大事なのかな?と思い少々脱線。

私:27歳、177cm、75kg、商社勤務、顔は照英チックで細マッチョ系、ちんこは細いが少々長め。
優子:162cm、B84(C)-W58-H86、顔は相武紗季系(あくまで“系”!)。
先輩:スタイルは優子と同じくらいかちょっと細い、胸はA~Bカップ、顔は職業柄か化粧映えする奇麗系、半年前に別れて以来彼氏無し、若干ロリ気味の私の好みとは正反対の杉本彩系?いや岡本夏生かな?

こんな感じです。
想像に当てはめていただければ・・・^^


そしてマンションの前に到着。
ピンポン押すが応答なし。
そりゃそうさ、時間はまだ20時。
気を落ち着かせるためにちょっと近辺をしばらく散策。
マンション近くに戻ってくると先輩発見。
いつもは私服で通勤なのに今日はスーツ姿。
ちょっとムラっときました。
後で聞いたら遅れそうなので仕事着のままで帰って来たそうな。

手ぶらもなんなんで、私はコンビニでビールを買ってマンションへ行きました。
カギを開けてもらい寮に入れてもらいました。
タイトスカートの後ろ姿と透けブラに早くもムクムク!

「これどうぞ~冷えてるから今のうちに~」とビールを渡しました。

先輩「ありがとう。大変だね守君。優子ちょっとおっちょこちょいなところあるよね~」

俺「そうなんすよ~」

とか喋りながら私は優子の部屋へ行き忘れ物を見つけました。
すると・・・。

先輩「守君も飲まない?こんなに飲めないし^^」

(釣れたぁ~~~)と思いました。

俺「でも、俺汗だくで。臭いっすよ」

先輩「私も汗だくぅ~。そうだよね、何かすっきりしたいね。シャワー浴びてから飲まない?」

(え??一緒に??)と思ったら違いましたw

先輩「先に入って来なよ」

先輩からそう言われたので、ある計画が頭に浮かびました。

「じゃあお先に」と、着替えを持たずにすぐに風呂場に行きました。
速攻全裸になったところでまずは、計画その1。

俺「先輩すみませ~ん。タオルはどれ使えばいいんですか?」

まだ風呂場に行って1分も経たないうちに呼んだので、私がもう脱いでるとは思ってなかったのでしょう。
先輩は普通に来てドアを開けました。

先輩「キャッ!ごめんなさい」

先輩は全開にしたドアを少し閉め、その陰に隠れて、「そこのピンクのタオルで」と。
私は股間を手で隠しつつ後ろ向きになり、「どれですか」と言うと、先輩は入ってきて渡してくれました。
渡してもらう時に私は隠してた手で受け取りました。
明らかに半勃起のチンコを見られました。
心の中でガッツポーズをしている自分がいました。

普段から簡単な着替えを優子の部屋に置いてあるのですが、風呂場には持って来てません。
風呂から出ると、「ありがとうございましたぁ~」と言って、タオルを腰に巻いてリビングを通りました。

先輩はリビングのソファーに座っています。
優子の部屋に入り、リビングからの死角に行きます。
下着を選びます。
トランクスもいいんですが、ここはボクサーパンツをチョイス。

ここから鏡の登場です。
あらかじめ動かすタイミングが無かったので、ここは映るように自分で移動。
色々話しかけながらタオルを取りました。
実際に見えてるかはその時点でわかりませんでしたが、見られてると思いながら着替えました。

途中、興奮でほぼフル勃起にもなりました。
ボクサーパンツからは形クッキリです。
そうこうしてるうちに先輩はお風呂に行きました。
その間、色々考えました。

(飲んでる間、間近に見てもらうにはどうしたらいいか?)

計画その2。
着替えのズボンが無い事にしてTシャツにボクサーパンツだけでいようという結論になりました。
不自然すぎるのでタオルを腰に巻いておきました。
さっきの先輩の位置に座り優子の部屋の鏡を見ると・・・またまたガッツポーズですw

先輩が出てきました。
上気してるほんのり赤い顔は私のチンコのせいか、シャワーのせいか。
先輩はタンクトップとTシャツの重ね着に短パン。

俺「下着はあったんですけど、短パンが無くて」

先輩「あらら・・・私のじゃ入んないもんねw」

俺「とりあえず失礼じゃなければ、これでいいですかね?」

先輩「全然いいよぉ」

てな感じで飲み始めました。
近くで見ると・・・重ね着とはいえ、先輩ノーブラです。

俺「優子には忘れ物取ってすぐ出てもう家、ってメールしときました」

先輩「そうだね。余計な心配しちゃうかもだしね」

<続く>

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][マッサージ][乳揉み][手マン][フェラチオ][クンニ][生挿入][連続絶頂][失神][セックス]
関連記事

⇒職場の女性とエッチしたい!と思ったことはありませんか? by カメキチ






エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

不倫・浮気 | 【2017-02-28(Tue) 22:10:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*