FC2ブログ
アクセスランキング

思い出の喫茶店【エロ体験談】

私が20代半ばから後半にかけて、もう20年以上前のバブルの頃の話ですが、私の住んでいたアパートの近所に、ミクロネシアという喫茶店がありました。

そこのマスターは30代後半の身長が150cm台の小柄な男性で、客の女子大生2人組にチイパッパと呼ばれていました。

可愛い女子大生にお近づきになろうと、何故マスターをチイパッパと呼んでるのか由来を尋ねたら、案の定小さいパパから来ていました。ちょっと失礼だなと思いました。

私は、その可愛い女子大生の一人と親しくなりましたが、身体の関係にはなかなか至らず、じれったい思いをしていました。そんな時、私が転勤族と知ったマスターに、閉店後に来るよう誘いを受けました。


夜9時頃、ミクロネシアを尋ねると女子大生2人組も来ていました。2階に行くよう促されてついていくと、シャワーとトイレ室の奥にベッドルームがあって、キングサイズのベッドが置いてありました。

「キミは、メグミちゃんがお気に入りのようだね。秘密を守れるなら、この町にいる間楽しませてあげるよ。」

すると、キャーキャー言いながら女子大生はシャワーを浴びてバスタオルを巻いて戻ってきました。





私とマスターもシャワーを浴びて戻ると、メグミちゃんが、
「ねえ、今日は私が彼のお相手するの?」
というと、マスターが私を見て、
「まずは俺とマリちゃんが先にするよ。まあ、見ていなさい。」

パッとバスタオルを投げ捨てると、長さはそんなに長くないものの、太さが5xmはあろうかというイチモツが飛び出しました。しかも、カリの段差が強烈でキノコみたいでした。

マリちゃんとマスターが入り乱れてのフェラとクンニをし始めました。マリちゃんのアソコは綺麗でしたが若干ラビアが伸びていました。

やがて、マスターの極太がメリメリとマリちゃんのアソコにめり込んでいきました。マリちゃんもマスター並に小柄なので、見た目のアンバランスさはありませんでしたが、マスターのイチモツが出入りするたび、マリちゃんのアソコが引きずり出されるようにベロンベロンとめくれて、とても卑猥でした。

マリちゃんは半狂乱状態で、最後は白目を剥いてイキました。私は、
「メグミちゃん、俺、あんなふうには出来ないよ。」
「いいわよ。あんなの見せられて、放っておかれるほうが酷いわよ。」

メグミちゃんはもう既にびしょ濡れで、私のイチモツをパクッと咥えて、
「太くないけど、マスターより長いかもね。」
と言い終わらないうちに私に馬乗りになって腰を振り始めました。

メグミちゃんのアソコはラビアの伸びは少ないけれど、茶色に変色していました。可愛い女子大生だと思っていましたが、メグミちゃんは相当のスキモノでした。

ミクロネシアの2階にお世話になったのは僅か半年で私は転勤して、次の町で出会ったメグミちゃんに似た女性と結婚し、その後あちこち転々としていました。


14年前、日本でワールドカップがあった年にミクロネシアのある町に出張した際、久しぶりに訪ねました。50歳くらいになっていたマスターは私を見るなりニッコリ微笑んで、
「おーい、お客さんだよ。」
と奥に声をかけました。

すると、30代半ばくらいの小柄な女性が出てきました。それはマリちゃんでした。

「あーら、お珍しいお客さんね。」

マリちゃんは、大学を卒業した後、マスターのイチモツが忘れられずに舞い戻り、押しかけ女房したそうです。

照れ笑いのマスターを冷やかしながら、当時流行りだしていた写メ付きの携帯電話で妻の写真を見せると、
「おや、メグミちゃんにソックリだね。メグミちゃん、どうしてるかな?」
と言って微笑みました。

約1時間お邪魔して、
「また、出張したら寄らせてもらいます。」
と言って帰りました。
しかし、その後はずっとその機会がありませんでした。

先日14年ぶりに尋ねる機会があったのですが、ミクロネシアはありませんでした。マスターも還暦を迎えていますから閉めたのかもしれません。

建物はあの頃のままで、イタリアンの店になっていました。凄く寂しくて、来なければよかったと思いました。

少し歩いて振り返り、ミクロネシアのチイパッパと呟いてみました。帰りの電車の窓に映る自分のアラフィフ顔を見て、ミクロネシアのチイパッパは遠い昔なんだと自覚しました。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][女子大生][フェラチオ][生挿入][セックス]
関連記事

⇒職場の女性とエッチしたい!と思ったことはありませんか? by カメキチ






エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

いろいろなシチュエーション | 【2017-01-10(Tue) 14:12:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*