FC2ブログ
アクセスランキング

ワイン好きの未亡人に顔に潮を噴き掛けられた!【エロ体験談】

48歳バツイチ独身・グループ会社代表をしています。

3月6日の事ですが、住んでいる高層マンションの自治会交流会があり、新鮮な海鮮と自然栽培の野菜に合わせたワイン会ということなのでワイン好きの私は参加してみました。

参加者の皆さんの多くはご夫婦で参加され、シングル組みというのは男性は私と高齢の自治会長だけで、女性は高齢の女性が5人と30代・40代の女性が一人ずつでワイン会はスタートしました。

美味しい食材とワインで会話も盛り上がり、皆さんと楽しい時間を過ごしていました。

約1時間30分位過ぎた時に、隣の席となった40代の女性とワイン談義で意気投合し色々とお話をしているとご主人をガンで亡くされ、ご主人の会社を引き継ぎ社長をされ、お子さんは息子さんと娘さんの二人いますが二人とも海外留学されて、このマンションにはお一人で住み、会社と自宅の往復で時々お友達と外食するのが楽しみだと話されていました。


意気投合したこともあり、私の部屋で飲み直さないかとお誘いすると、ニッコリうなずいたので部屋にお連れしました。私の自宅はハウスキーパーの女性が定期的に来ていますので整理整頓されていて、40代女性は「男やもめ」と思っていたらしく、その綺麗さに驚いていました。




1980年代ブルゴーニュのワインをセレクトし、それに合うチーズを用意すると彼女はそのセレクトに感激してくれました。酔いも手伝い段々プライベート部分に立ち入ると、ご主人が亡くなってからは、男性を受け入れない体になったと言い、気持ち的には寂しい日々を送っているというのです。

彼女の顔を覗いたら涙を流していたので、抱きしめてあげるとワイングラスを置き私を抱き返して来ました。

自然とキスを交わし、アイコンタクトで胸を触り、ブラウスのボタンをはずしブラジャーの上からバストをタッチすると、「やさしくして」というのです。

ブラジャーのホックをはずして大きなバストを揉み舌で乳首を転がすと、吐息を漏らして「気持ちいい」を連呼しました。タイトスカートをたくし上げ、パンストの上から股間を触るとすでに潤っている感じが分かりました。

一気にパンストとベージュのパンティーを脱がし、私はパンティーのクロッチ部分をチェックすると、膣から溢れた愛液でマンスジが残されており、陰毛も2本付着してしていました。

彼女にそれを伝えると「恥ずかしい!止めてください」と言いながらも、私の頭を自分の股間に引き寄せたのです。

私は彼女の要望に応えて、オマンコにキスを与えてからクリトリスを丁寧に舌で転がし愛撫すると彼女は久々の刺激だった事もあり、軽く逝きながら最後には失神してしまいました。

服を脱がせて彼女をベッドに運び、しばらくすると目が覚めたので、今度はキスをしてから膣内に指で愛撫を加えると、すでに潤っていた膣内からは大量のラブジュースが溢れ、すぐにエクスタシーに達して逝ってしまいました。

私は今度は膣に右手でピストン運動加え、左手でクリトリスに刺激を与える行為に移ると、大きな声で「何か変になりそう!」と言うのです。私は「我慢しないで逝きなさい」と言うと、「出る!出る!」と言い、クンニをしている私の顔に潮を噴きかけて来のです。

彼女は初めての体験だったらしく、自分が大きな声を出したり、まさか潮を噴くなどとは思いもしていなかった様でした。

私も服を脱ぎ、彼女をバスルームまで連れて行き、シャワーできれいにしてあげ、そこからはバスソープで泡だてて、その泡でバストやオマンコをきれいに洗い、膣もきれいに洗ってあげると勃起しているペニス気づいた彼女は、ひざまずくとペニスを咥えてフェラをし始めたのです。


彼女はご主人以外のペニスを咥えたのは初めてで、私のペニスの大きさに驚いていました。ベッドに場所を移してから、抱き合いキスして、オマンコにクンニをあたえ何度も軽く逝かせてから、ちょっと自慢のペニスを挿入してあげました。

ゆっくりとピストン運動を行い、時間が過ぎると下から腰を突き上げてきて、深い挿入を望んだのでペニスを突き立ててあげると、子宮口にあたったらしく、彼女はアクメに達し逝ってしまいました。

青息吐息で申し訳なかったが私も射精したくなったので、ピストン運動を繰り返し彼女の意思に関係なく、膣内に思いっきり射精してあげると、精液の熱さとペニスの感触で逝ってしまったようです。


落ち着いてから二人でバスルームに行き、体をきれいに洗い私の大きなバスローブを着た彼女とリビングルームに戻り、今度はシャンパンからスタートして朝まで飲み明かしました。

セックスの最中の話をすると彼女は恥ずかしそうにしていましたが、彼女から「あなたが好きになっていい?」との質問があったので、同じマンション内での「ワイン&セックスの会」を二人で続けて行く事になりました。

お互いの電話番号・メルアド・LINEを交換して彼女は誰もいない自宅に朝帰りして来ました。

顔に潮を噴き掛けられた話でした。
今後の展開が楽しみです。彼女からは毎日会いたいとの連絡がありますが、私も平日は忙しくまだ再開は出来ておりません。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][未亡人][フェラチオ][クンニ][クリトリス舐め][潮吹き][生挿入][絶頂][中出し][セックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻・熟女 | 【2016-12-30(Fri) 15:10:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*