FC2ブログ
アクセスランキング

どうしてくれよう 2【寝取られ体験談】

二度とこの家には入れてやらん。
そうは思っても、女房は合鍵を持っている。
(実家に帰らせて頂きます。養育費はいりません。その代わり、優には一生会わせません)
俺は男らしく手紙をテーブルに叩きつけて、実家に帰ってやった。

「帰ってきて。私が悪かったです」


女房はハゲ親父と泊まるのをやめて帰って来たんだ。
少し嬉しい。
息子を預けて急いで帰ると、女房だけでなく女房の両親も来ていた。

「話は聞いた。どうか許してやってもらえないだろうか?」


あの威張り腐った父が土下座している。

「離婚だけは許してあげて」


あの気の強い母が涙を流している。

「あなたに誤解を与えてしまうような事をして、本当に悪かったと反省しています」


女房も泣いて反省・・・・・・・いや、この期に及んでも誤解だと言っている。





「何が誤解だ!先々週抱かれたのも知っているし、温泉にまで行っておいて誤解だと!それに相手は、奥さんにばれなければ未だに続いていたかも知れない元不倫相手だろ!」

「元不倫相手?」


母は知らなかったようだ。

「元不倫相手????」
?が多いところを見ると、父はもっと知らなかったようだ。


「親として恥ずかしい。どうしてばれるような不倫をした!」

叱り方が、何か違うような気がする。
さてはお前も不倫経験者だな。


母も同じ事を思ったようで、横目で父を睨んでいた。
その後、両親は外に出ると、言い争いをしながら帰って行ったのは言うまでも無い。


「忘れられないと書いてあったが、今でもあのハゲ親父が好きなのか?俺に抱かれながら、ハゲ親父を思い出していたのか?」
「違う。私はあなたが好き。久し振りだったから、あんな事を書いてしまったけれど、今はあなたが好き」


「今更機嫌をとろうとしても遅い」
「本当です。確かに昔は彼が好きでした。でも今はあなただけ」



「それならハゲ親父とセックスがしたいだけで、俺を裏切った事になるじゃないか」
「はい。つい昔を思い出してしまって、エッチしたくなってしまいました」


はっきり言うなよ。
心までは、ハゲ親父に盗られなかった事を喜んで良いのか、身体がハゲ親父を求めてしまった事を悲しんで良いのか分からないじゃないか。


女房は立ち上がると、俺の目をじっと見ながらミニスカートの裾を徐々に上げる。
するとそこに現れたのは、俺が大好きな黒いヒモパンだった。

「ごめんね。今夜は何でもするから許して」
こんな事を言われては、俺の変態の血が騒ぐ。

「それなら・・・・・・・・・」


いや、今回は許す訳にはいかない。
このヒモパンは、あのハゲ親父のために穿いて行った物だから。



これは美人でナイスバディーな妻をもった夫の宿命か。

「今からハゲ親父に電話して、どう責任をとるのか聞け。その答えが納得出来なければ、刺し違えてでも徹底的に追い込んでやる」


泣きながら電話した女房は、意外な答えを口にする。

「彼は慰謝料として、百万払うから許して欲しいと言っていました」


離婚しなくても金がもらえるのか?
それにしても一回抱いて百万とは。
女房が電話したから、格好をつけて見栄を張りやがったな。
それなら100回抱けば一億払う気か?
少し納得出来ない事があった俺は、女房の携帯からハゲ親父に電話した。


「ご主人!すみませんでした」
「女房を抱いた上に旅行まで行って、全て金で済まそうと言うのか?女房は元部下だそうだから、明日会社にお邪魔する。その後自宅にも」


今後、女房とは会わない事と、慰謝料百五十万で話がついた。
抱いたのが一回と未遂が一回だから、やっとこれで計算が合う。
次は女房の番だ。



「どうやって責任をとる!」
「二度と会いません。今後一切連絡もしないから許して」


「それでは俺が傷付いただけで、紀子はハゲ親父と再会するまでの生活と何も変わらない。こんなに俺を苦しめておいて、何の罰も受けないで済ませる気か!」
「あなたに彼女が出来ても・・・・あなたが浮気しても何も言いませんから、どうか許して下さい」


これも駄目だ。
もてない俺には、そんな気持ちのいい事は起こりそうにない。

「それと、今後あなたの言う事には一切逆らいません。あなたの言う事なら何でもします。一生懸命償って、良い奥さんになりますから許して下さい」


良い奥さんになることよりも、何でもしますという言葉に反応した。
下半身が。


勿論、離婚は脅しで、こんな女房でも惚れていては許すしかない。
しかし、どのように許せばいい?
女房はあのハゲ親父に、週一で抱かれていたとして月4回。
いや、生理があるから月3回として年36回。
付き合っていたのは3年だから、108回は抱かれている。
それが一回増えて109回になっただけだ。



結婚前と結婚後では違うが、許すにはそう自分に言い聞かせるしかない。
しかし、今後の事を考えれば、罰は与えておかなければ。


俺はハゲ親父からの慰謝料を当てにして、アダルトショップに行って車のトランクが一杯になるほど色々買い込んで帰ると、先ずはその中からセーラー服を渡した。

「こんな短いスカートは校則違反だ。下着も調べてやるから、先生の顔を跨いでみろ」


女房は寝転んだ俺の顔を跨いだ。

「何だ、この下着は!高校生がこんな厭らしい下着を穿いて来ても良いと思っているのか!」


「先生許して・・・・・紀子恥ずかしいです」
「駄目だ。罰としてお仕置きしてやるから、先生がいいと言うまで、そのままの格好でいるんだ」


俺は下からローターを当ててやった。

「先生許して・・・・・紀子立っていられない」



しかし、役に成り切っていたのは女房だけで、俺は教師の役には成り切れず、途中から変態親父の役になってしまったからやめた。

「これを穿いて、下にはこれを着けろ。下着は穿くなよ」


合皮製の身体に張り付く黒い超ミニスカートと、装着型のローターを渡す。

「コンビニに行くぞ」
「許して下さい。これでは見えてしまいます」


「うるさい!何でもすると言っただろ!」

家から遠く離れたコンビニに着くとスイッチを入れ、眠ってしまった息子もいたので、俺は車の中から時々携帯で指示を出しながら見ていたが、結局この罰は失敗に終わった。

「どうして勝手にトイレに入った!」


「ごめんなさい。我慢出来なくて・・・・・・」
生理現象は仕方ないか。

「凄く感じてしまって、気がついたらトイレに・・・・・」
生理現象ではなかった。


「コンビニのトイレで逝ったのか?」

俺は罰を与えていたはずなのに、逆に女房を喜ばせてしまった。
この時、俺は、女房に性的な事で罰を与えるのは無理だと思った。



どうしてくれよう。


「今日から俺は、溜まったら他の女に処理してもらってくる。
あんなハゲ親父に抱かれた、汚れた紀子とは一生セックスしない事に決めた。
紀子はそれでも俺と暮らしたいか?
俺にしてもらえないからといって、当然浮気は許さない。
無理だと思うなら今の内に出て行け。
勿論、優はおいて」


これほどセックスが好きな女房には、セックスしてもらえない事が最大の罰だろう。

「エッチしてもらえなくても、私はあなたといたいです。どの様な事も我慢しますから、今迄通り3人で暮らしたい」

俺も我慢して、しばらく女房の様子を見ようと思ったが、女房は昼間オナニーでもして解消しているのか、俺の方が先に我慢出来なくなる。


「今夜は女の所に寄ってくる。文句はないな」
「はい」


「はい?俺が他の女を抱いても悔しくないのか?」
「悔しいです。でも私は何も言える立場じゃないから」



偉そうに言ったが、俺にただでセックスさせてくれる相手などいるはずも無く、周りの目を気にしながら何度も通り過ぎた後、人通りが途絶えたところでヘルスに飛び込んだ。

しかし、入ってみて更に落ち込む。
なぜならドキドキしながら苦労して入ったのに、ヘルスのお姉ちゃんよりも女房の方が美人でオッパイも大きく、オチンチンの扱いも遥かに上手かったからだ。


これはハゲ親父に厳しく指導された成果なのか、それとも天性のものなのか。
どちらにしても、これで俺も女房を裏切ったのだから、もう無駄使いはやめよう。


「今日からは紀子に処理させる。処理させると言っても俺が紀子を触ってやる事もないし、オチンチンを入れてやる事もない」
「はい」


女房は償いのつもりか今まで以上に一生懸命で、プロ以上のテクニックで責められた俺は呆気なく逝かされてしまう。
しかし、女房は攻撃の手を・・・いや、口撃の口を緩めず、頬張りながら片手でタマタマも責め始めたが、もう一方の手は自分のお股にもっていった。


「触っているのか?」
「一生触ってもらえなくても我慢します。二度と浮気もしませんから、自分で触るのは許して」



欲求不満で浮気されるのは嫌なので、オナニーぐらいは許してやろうと思っていると、一度逝ってしまった女房は跨ってきた。


「こら!入れるのは禁止したはずだ!」
「入れないからいいでしょ?お願い」

見ると確かに入れようとしているのでは無く、器用に腰を使ってオマンコをオチンチンに擦り付けていた。
結局、俺が出すまでに女房も二度逝って、これではセックスしているのと変わらない。



今までの様に、女房も気持ちいいだろうかと、気を使うこと無く、何もしないで、
ただ横になっていてしてもらうのは意外と楽で、気に入ってしまった俺は、毎晩のようにさせたが、女房も自分の指だけでは寂しいだろうと、優しい俺はローターを与えてやった。


すると、女房は俺に奉仕している間に、自分も何度か逝くようになったが、やはり最後の締めは俺に跨ってきて、オマンコをオチンチンに擦り付けながら激しく腰を使う。
そんな女房に変化があったのは、それから一ヶ月ほど経った頃だった。



「今日はローターを使わないのか?」
「今日はいいの。毎回私も気持ち良くなっていては償いにならないから。一生懸命するから、今日はあなただけ気持ち良くなって」


おかしい。
女房に限って、我慢出来るはずが無い。
そう言えば、今日は馬鹿親が息子を遊園地に連れて行って、昼間は女房一人だった。
息子がいなかったので、羽目を外してオナニーをし過ぎたのか?
まさか、またハゲ親父と?
いや、昼間2回電話を入れたが、2回とも女房は出た。
それに会う約束をしようと思っても携帯は取り上げてあるし、パソコンも使えないようにした。
電話も履歴をとると脅してあるから、連絡のとりようがない。


いや待てよ。
買い物途中に公衆電話を使えば。


少し不安になった俺は、前回浮気した時には新しい下着を買ってきていたのを思い出し、次の休みに女房が買い物に行くのを待って調べると、見た事もないヒモパンが数枚出てきた。
それも子供部屋の箪笥から。

温泉に行った日は、確か黒いヒモパンを穿いていた。
これはハゲ親父のために買ったに違いない。
きっとハゲ親父は、異常にヒモパンが好きなんだ。
そして、その下には消印のない、以前女房が勤めていた会社の封筒が。
それにしても、メールもそうだったが何故こんな物を残しておきたがる?


(紀子と再会して、久し振りに紀子を抱いて分かったが、やはり私は紀子と離れられない。
ご主人には悪いが、この感情をどうにも抑えられない。
今後は、この携帯でメールして欲しい。
紀子が嫌ならこの携帯を私宛で会社に送り返してくれ。
紀子に触れたい。紀子が欲しい。)



携帯を送ってきていて、俺が取り上げている他にもう一台持っている?
卑怯な。
携帯は一人一台だと法律で決めろ。
この調子だと、おそらくメールは消さずに保存してあるだろうから、何としても携帯が見たい。


また抱かれたのか?
それともこれから抱かれるのか?
どうか送り返していてくれ。


スーパーから帰って来た、女房の持っているバッグが気になる。
手紙の事を言って強引に取り上げて調べても良いが、
もしも他の所に隠してあった場合、送り返したと嘘をつかれそうだ。


眠れない俺は夜中にベッドを抜け出して、女房のバッグの中は勿論のこと、家中探し回ったが出てこない。
送り返してくれたのか?
それなら何故ヒモパンが。
こんな気持ちで女房とやっていけるだろうか。
しかし、息子だけは手放したくない。


偉そうな事を言っていたが息子には母親が必要で、幼い息子を俺が育てるのは無理だろう。
女房と離婚すると言う事は、息子まで手放す事になるかも知れない。
いや、正直になろう。



息子に託けているが、俺は女房も手放したくない。
息子には母親が必要だが、俺にも女房が必要なのだ。
息子の寝顔を見ると涙が溢れて力が抜け、眠っている息子の足元に両手をついてしまった。
すると左手に硬い物が当たる。
こんな所に。


(受け取ってくれてありがとう。あれからご主人とはどうだ?私の紀子がご主人に抱かれていると思うと苦しい)


(主人には抱かれていません。以前部長に教えられたおフェラや素股で、主人を満足させるだけで抱いてはくれません。私とは一生セックスしないと)


(それでいいのか?それで紀子は我慢出来るのか?目を閉じて想像してごらん。温かいチンポが中に入ってきて、オマンコが押し広げられる感覚を。会おう。私が可哀想な紀子のオマンコを、押し広げて慰めてあげるから)


(それは無理です。私はこの暮らしを捨てたくない)



(このまま一生我慢して暮らすのか?我慢していてはいつか壊れる。どこかで息抜きをしないと)


(昼間何回か主人が電話を掛けてくるし、息子の優もいるから会うのは無理です)


(本当にそれで良いのか?もう一度目を閉じて想像してごらん。嫌というほど嬲られてヌルヌルになったオマンコに、硬く反り返ったチンポがヌルッと入ってくる感触を)


女房は負けた。
ヌルッと入ってくる感触に負けた。
そして、息子を遊園地に連れて行って欲しいと両親に頼み、事もあろうに自宅にハゲ親父を迎え入れる。
電話を掛けた時、女房が電話に出られたはずだ。


(久し振りのチンポはどうだった?聞くまでもないか。長い付き合いだが、あんなに乱れた紀子は初めて見た)



(恥ずかしいから言わないで)


(今度は来週の火曜日でどうだ?子供はまたご両親に預かってもらえ)


(もう無理です。こんな事は終わりにしたいの。今の生活を壊したくない。これ以上主人に嫌われたくない)


良くぞ言った。
まだ夫婦を続けられるチャンスはあるぞ。


(私が愛しているのは紀子だけで、妻には愛情は無い。
しかし、愛情はなくても情はあるから、私も妻を捨てられない。
ご主人と別れて私の所に来いとは言えないから、強制は出来ないが、紀子は一生セックス無しで我慢出来るのか?
ご主人にはセックスどころか、触ってももらえないのだろ?
時々会って、その部分は私で解消した方が、夫婦も上手くいくのではないのか?
私と会えば嫌と言うほど触ってやるぞ。
溢れたお汁を全て吸ってやるぞ。
散々嬲られてグッショリ濡れたオマンコに、チンポがヌルッと入って来た感触はどうだった?)



(来週で最後にして下さい)


女房はまた負けた。
ヌルッと入ってくる感触にまた負けた。


『続・来週も女房が浮気します』



どうしてくれよう。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][美人妻][浮気][淫乱][フェラチオ][生挿入][セックス][絶頂][中出し]
関連記事

⇒職場の女性とエッチしたい!と思ったことはありませんか? by カメキチ






エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

寝取り・寝取られ | 【2016-12-24(Sat) 22:10:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*