FC2ブログ
アクセスランキング

同じマンションの奥さんが…1【風俗体験談】

5月某日の出来事を書かせて頂きます。
都内に勤務する中堅サラリーマンです。都内山手線沿線にある某駅の近くにある中堅商社に勤務しています。

某日通勤途中の電車の中で同じマンションに住む30代後半の美人で評判の奥さんを見掛けました。声を掛けずに何処まで行くのか見守っていたら、何と同じ駅で降りるではありませんか!

あとをつけると驚きました。個室ソープ(本番なし)に入って行くではありませんか。

店の前で掃除をしていた店員さんに源氏名を聞き、一旦会社へ行き、急用が出来て外出する旨を伝えてその個室ソープに行き、「葵」さんを指名して入浴料の4,000円を払い、待合室で待つこと5分でボーイさん呼ばれて廊下に出るといつもより濃い目の化粧をした葵さんがいて、私を見てびっくりしたようでした。

しかしながら私から気を利かして「お部屋はどちら?」というと、葵さんは「こちらになりますとエレベーターに乗り込むのでした。

エレベーター内には監視カメラもあるので親しいふりはせず互いに無言でしたが、部屋に入ると葵さんはまず最初に「これ秘密にしてください」というのです。

私は「誰にも言いませんよ!私が個室ソープで遊んでいるということをバラす事になるんですよ!」と言うと、「ありがとうございます」と言い、服を脱がせてくれました。




私が「サービスしてくれるの?」と聞くと、「一応お仕事なのでやります。」と言うので、ダラしない仮性包茎のペニスをさらけ出して、本名を呼んでしまうと「それは禁止!葵と呼んで下さい。」と言われました。

私は耳元で「短小・包茎・早漏チンポなので、宜しくお願いします。」と言うと、葵さんは笑いながらスケベ椅子に座るようにいうと、湯舟からお湯を汲み、掛け湯をしてから手に石鹸をつけて泡立て包茎のチンポの皮を剥いて洗ってくれ、そしてアナルも洗ってもらいました。

湯船に入ると歯ブラシを渡され歯磨きをしてお口をきれいにして浸かっている間に、葵さんは下半身を脱ぎ、ブラをはずして上のユニホームだけになり、歯を磨きオマンコを洗うのでした。

湯舟から出るとタオルを持った葵さんに拭いてもらい、ベッドに腰掛けて飲みものを聞かれ烏龍茶というと、内線電話をするとボーイさんが烏龍茶を運んで来てくれました。

時間が無いので話ししてる暇はありません。そこで葵さんに延長してというと、「ごめんさい、これから予約が立て続けに入っているの!」と言い、バスタオルを解きチンポを咥えるのでした。

すると大きくなり、葵さんは「貴方嘘つきね!何が短小よ!こんなに大きくして!」言われてしまいました。

葵さんのオマンコが舐めたいと言うと跨いでくれて69のスタイルになり、クリトリスを舐め、膣口が少し濡れているのを確認し、指で膣内に刺激を与えると、葵さんが「やはり貴方遊びなれているわね!」と言い、私を逝かせる前に自分で軽く逝くのでした。

「●●さんこれ以上やられたら仕事にならないから」と言い、口と手で一気にスパートして私のチンポをフル勃起させて大量の精液を口中に出させるのでした。

私は気持ち良かったのはもちろんですが、葵さんのきれいなオマンコに挿入したくなり、耳元で「オマンコに入れたいから、夕方待ち合わせしない?」と聞くと、葵さんはOKのサインがあり、電話番号を交換して乗り換え駅で待ち合わせをすることになりました。

シャワーで身体を洗ってくれ、拭いている時に、ペニスを咥えてくれて「これ楽しみだわ!」と言いニコッとしました。身支度を整えて葵さんにサービス料5,000円を渡して夕方の待ち合わせ時間まで仕事をしました。


何故働いているのかの理由や、ファッションホテルでの様子、お互いの環境は次回でお話させて下さい。



2  美味い@浮気妻
早く続きお願いします



3  中堅サラリーマン
美味い@浮気妻さん、リクエストありがとうございます。

夕方乗り換え駅のコンコースで待ち合わせをし、彼女は約束の時間に10分遅れでやって来ました。

まずは自己紹介をしますね!私は42歳バツイチ独身、彼女は38歳旦那と中3男子の3人暮らしで分譲マンションに住んでいます。

彼女が何故あの店に勤めているかというと、旦那の会社が不振で給与が減って住宅ローンの返済が大変なのと、息子の高校進学でお金が掛かるらしく、一応事務で会社勤めをしているということになっているらしいのです。

ですからきちんとしたスーツ姿でパンプス履いていたんだす。私は20代後半で離婚してからは、女遍歴はあるものの独身生活は貫き通していた。住民からは優雅な独身貴族と思われていて彼女の話だと私のファンの奥さん達がいるらしいです。

私から彼女に出ようとアイコンタクトを送ると、頷いて着いて来ました。某歓楽街を少し離れた場所にファッションホテル街があり、彼女(以後マキと呼びます。)はあまり夜遅くに帰宅は許されないのでお互いの目的達成の為に、部屋に入るなりすぐに服を脱ぎ始め、手をつないでバスルームに直行しました。

抱き合いキスして入浴し、温まってから昼間サービスしてもらったので、逆に私がマキの身体を洗ってあげ、オマンコに手技と舌技で愛撫を加えると、一気に登りつめて軽く潮を吹きました。

マキは私の仮性包茎のペニスを握り、これが「大きくなるのよね!」と言い、お口に入れてフェラ口撃するのでした。

するとみるみるうちに大きくなり、私はマキをバスタブに腰掛けさせ、正常位で挿入すると、マキは「やはりデカイはこのチンポ!」と言い、昼間から挿入されることを想像しながらオマンコを濡らしていたというのです。

マキは「それ位にしてベッドで思いっきり逝かせて」と言うのでベッドに場所を移しました。

喉を潤してから、どちらともなくキスして、昼間のお返しに私がマキに奉仕してあげると形の良い乳首は勃起し、オマンコを入念に舐め廻してから、クリトリスに舌で愛撫を加えると嗚咽を漏らし始め、膣に指を入れて内壁を探るとところどころで反応するマキがいました。

そしてGスポットにあたると感じたらしく仰け反るのでした。舌でのクンニと指でのGスポット攻撃に耐えていたマキも遂には我慢が出来ずに、聖水を放水するでした。

マキは放〇は初体験らしく、仕事で何本も咥えてもこんなに感じることはなかったと言って、挿入して欲しいと言ってきました。

私はまずは正常位で挿入して、ゆっくりピストンを繰り返すとマキは「膣が広がる!大きい」と言い深い挿入を要望するので、グイと腰を押し出すと子宮口に当たったらしく一発で逝っちゃいました。そして尿道から温かいものが溢れ出て来ました。


インターバルを置いてからは正常位・バック・騎乗位・松葉崩し等を行い、何度か軽く逝かせながら最後のフィニッシュは「正常位でお願い」というので、正常位でペニスを出し入れし、クリトリスにも刺激を与えると「逝く!逝く!逝く!」と言うので、私もピストンを早め、中出ししても良いか聞くと「出して!」と言うので、思いっきり中出しさせていただきました。

マキは海老反りで逝き、ペニスを抜いたオマンコからは大量の精液が流れ出て来て、私がきれいにしてあげていると、マキは「こんな気持ちいいSEXしたの、初めて!」と言い、抱きついてきてキスしてきました。


マキは実は以前から私に興味があったらしく、マンション管理組合の会合で一緒になってから気になっていたというのです。

もちろん私もマキの事は気になっていて「君の干してあるパンティーを見て、オマンコを想像してオナニーしていた」というと、「本当に!貴方以外なら変態って言うかも知れないけれど、あなたならうれしい」と言うのです。

この関係を内緒にすることと、彼女が指名が欲しい場合は通う事を約束させられました。帰りの電車で一緒になったことにして同じマンションに帰り、マンション内には防犯カメラから見えない場所があり、そこでキスしてからエレベーターに乗り込み、「おやすみなさい」と言ってマキが先にエレベーターを降りたのでした。

美人のマキのオマンコは最高でした。近々また逢う予定です!



4  個室ソープファン
個室ソープファンで仕事さぼってはお気に入りのおばさんを指名しては、いつも延長コースで楽しんでいます。おばちゃんは元々理容師さんで、詳細は聞いていないが借金返済の為にこの個室ソープで働き出したと聞いてます。

私は時々このおばさんにヘアカットをお願いして、襟足も剃ってもらい、69の態勢でオマンコを舐めて口中に射精します。

そしてこのおばちゃんは客とは、オッパイとオマンコは自由にさせるけどキスは絶対に許さないと言っていますが、私にはキスを許しています。今度仕事上がりで食事に行く約束しているので、その後がどうなるのか楽しみにしています。中堅サラリーマンさんの様になれたらいいなあと思います。



5  定年退職者
私も現役サラリーマン時代は営業で外回りしていて、特に夏場など汗でYシャツがビショビショになった時など、ソープで汗を流したものです。

当時、五反田にあった○竹というソープランドに沖縄出身のお姉ちゃんがいて、入店間もない頃に出逢い、あまりの剛毛に驚いた事を覚えています。アナル周辺までビッシリ生えていて、パンティーが毛で盛り上がっていたことも良く覚えています。

初対面で失礼だったが「オマンコが良く見えないから、毛を揃えてあげようか?」と言うと、え?という顔をして「前のお客さんにも言われた」と言い、「どうしたらいいの?」と聞くので「挟みでカットし、カミソリで剃れる処は剃り、カットした毛が相手に痛くないように毛先を線香で焼くんだよ!」というと、大変だね!と言うので、「やってあげようか」と言うと、「本当にお願い出来るの?」聞くので、「いいよ」と言い、早番だったので仕事終わりに近場の喫茶店で待ち合わせして、私から自己紹介すると、彼女も差し障りがいない程度の自己紹介をして、安売りスーパーでハサミと線香を買い、コンビニでビールやドリンク・弁当を購入してラブホテルに行きました。

ビールで乾杯して、弁当食べてから、彼女は裸になり入浴しました。そして私も裸になりハサミを持ってバスルームへ行き、彼女を立たせマン毛をハサミでカットし整えてから、ホテルに備え付けのT字カミソリで剃ってあげ、特にアナル周辺はきれいに全部剃ってあげ、性器周辺も大陰唇に被らないように短く剃ってあげました。

剃ってみて分かったのですが、意外にきれいなピンク色の膣壁で大陰唇も黒ずんではいませんでした。

ちょっと悪戯して膣に指を入れると、膣内は淫水であふれてトロトロ状態になっていて、「ダメよ!濡れているんだから~~」と言い、「あなたのチンポしゃぶらして!」と言い、フェラしてくれたのです。

当然ながらフル勃起してしまい、彼女も入れて欲しいというので、バックから挿入させてもらいました。膣の温もりが感じられ、何とも言えない気持ち良さに、彼女の膣内で射精してしまったのです。

すぐに抜いてシャワーで膣洗浄をして精液を掻き出すように洗い流しました。彼女に謝りましたが気にしないでと言われ恐縮し、チンポもお辞儀していました。

その後は、椅子でM字開脚してから、再度きれいに剃りあげて、カットした陰毛を線香で焼き揃えて、彼女が納得するまで整えてあげました。手鏡で彼女は自分のマンコを見て「きれいになってる」と言い、喜んでくれました。

再度乾杯してからは、色々な話をして、彼女が「もう一度出来る?」聞くので「大丈夫だよ!」と答えると、フェラで大きくしてくれて、バスタブに一緒に行き、身体を流してきれいにしてから、ベッドでオマンコをクンニしてから挿入して何度も彼女を逝かせて、大丈夫だと言うので、膣内に二回目の射精をしたのです。

彼女は陰毛が揃えられた所為か、クリトリスが擦れるのがよく分かり、逝ってしまったと言っていました。

それから、彼女とは定期的に逢っては陰毛を揃えてあげる為にお店に通い、彼女の希望があれば一緒に飲みに行った後に、セックスする間柄になって5年間関係が続きましたが、彼女の両親が高齢となり面倒をみなきゃいけないというので、沖縄に帰って行きました。それからは音信不通になりました。
私にとっては良い思い出になりました。



6  のぞき人
色んな方がいるんですね!

私は上野広小路のお店に通っていましたが、当時30代前半だったお姉さんに頼み込んで、陰毛を3本もらいお守りにしました。妻には内緒でお守り袋に入れています。

皆さんの体験談お聞かせ下さいな!今は金もなく個室ソープにも風俗にも行けず、妻のオマンコで処理しています。(笑)

<続く>

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


風俗・デリヘル | 【2016-12-05(Mon) 21:10:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*