FC2ブログ
アクセスランキング

女子大生の部屋で酔って寝ていたら襲われた…1【エロ体験談】

大学入学後すぐのことです。近くのアパートに入居してきた女子大生の部屋で飲み会が開かれるという話で、友人経由でお招きにあずかりました。

私と友人とその他の人がメインで近くに入居してきた人のための飲み会で人数は男4対女4でした。

わくわくしつつも人見知りする性格なのでかなり不安だったのですが対面してびっくり、顔見知りのお姉さんがいたので一瞬で緊張が解けました。

コンビニとかに買い物に行った時に何度かすれ違い軽く会釈して「あんな人が彼女だったらなぁ」とめぞん一刻の五代君ばりに白昼夢にふけることが何度かあった人です。

R子さんは2つ上で身長169cm、体重50キロ台弱、82のBくらいで、昔、NHK高校講座の情報Aに進行役で出ていた元レースクイーンの鈴木史華に似た顔と目を細くしたような感じのお姉さんで、ストライクゾーンど真ん中、一見すると眠そうな感じの細い目で見つめられるとイチコロです。

それでなくとも私より背が高いのにヒールを履いて並ばれると見おろされている感じでそれがまた(・∀・)イイ。自分で言うのも何ですが控えめな性格の私もR子さんににっこりされると(`・ω・´)シャキーンとなり、すぐにうちとけることができ、ほとんど飲めないはずの酒も進みました。


初体験の王様ゲームでベロチュー、乳首舐め、吸い、噛みなどもご馳走になりました。しかしいくら気分がハイになったところで酒の弱さに変りはなく、忍び寄る睡魔に勝てず敢え無くダウン。気持ち悪くなるまで飲む以前に寝ちゃう体質です。




リビングのフロアーに転がって気持ちよく寝てたのですが、針で軽く突かれたようなチクチクした感じが足に走りました。虫刺されだと思ってそのまま寝てたのですが2回、3回と続くのでうざったくなって寝返りをうちました。 

後で聞いたらR子さんは「足の毛で蟻んこ作ったり引き抜いたりして遊んでたらやり過ぎて、起きちゃうかと思って焦った」と大爆笑だった。

のび太君ばりにいつでもどこでもすぐに眠れるのがとりえな私ですから気にせずすぐに熟睡状態に戻りました。

その後どのくらい時間が経ったのか分かりませんが、下半身がポワーっとしてなんとも温かく柔らかい感じの夢を見ました。そのまま放っておくとパンツガビガビコースのあれです。

エッチな夢自体はちょくちょく見るのですが大抵あと一歩というところで目が覚めてしまうものです。ひょっとするとウトウトしてただけで夢じゃなかったのかもしれませんが夢ということにしておきます。

この時も例に漏れず目が覚めてしまったのですが、股間に何かが這いまわっているのを感じました。

というか布超しにチソチソを握られたりつままれたりしている感じです。ヘタレな私は驚きと恐怖のあまり硬直してしまったのですが、体は正直者でより一層(`・ω・´)シャキーンとしてしまったようで 「きゃ~ピクピクしてる~(笑)」などと楽しそうな声がします。

声からするとR子さんと、その部屋主のNさんのようです。状況がさっぱり分からずビビりまくりながらもなんとか、寝返りをうったふりをして横向きになり丸くなろうとしましたがこれが裏目に出ました。

それまでは竿をいじって遊んでいるだけだったのに1人が後ろから蟻の渡りのあたりをサスサス始めました。

布越しであるのは確かなのですが穿いていったはずのGパソとは違った感じで妙にリアルというか生っぽかったです。後で聞いたら股間がきつそうな感じで転がってて可哀相だったので、短パンに着替えさせてくれたそうです。

ヒップも腿もわりとピッチリする感じの薄手ので、ジムとかで女の人が着ているスウェットパンツと同じような奴です。

腿もお尻もぴっちりなのだから当然前はビソビソです。つーか、いつの間にかトランクスを脱がされて直パンになった。

そうしたら交互に握りだして、私の脳内は半分がビビりで残り半分が蛇に絡みつかれてハァハァという感じです。まだ酔いは残っていましたが眠気は吹き飛んでました。

その後も布越しにサスサスしたりパックリしたりハムハムしたり散々弄られましたがそのうち中に手が入ってきて毛に指を絡めながらチソチソの付け根の上の部分をナデナデされました。

こそばゆい感じですがここがこんなに気持ち(・∀・)イイとは知らず悶えずにいるのに必死です。

そのままでもやばそうだったのに何度も握られ先走り液をすくった手で裏筋のあたりをグリグリされました。長さは平均的だと思うのですが、ちょっと太め?とのことできゃーきゃー楽しそうです。

当時の私の性経験ですが1月ほど前に卒業&引越し記念というかむしろお情けでバイト先の先輩と初めて1回したきりです。その際は極度の緊張であまり気持ちよくなくて、30分くらいイカなかったのですが、実はバリバリの早撃ちです。

そんな理由で下唇を噛み親指に爪を立てて必死に堪えようとしましたが敢え無くダウン、借り物のパンツの中にべっとり出してしまいました。たっぷり我慢したせいか脳天をつんざくような物凄い快感で全身ピクピクです。

女子大生のお姉さん2人はきゃーきゃー大騒ぎしながらそれからどうするか首脳会談が始まりましたが、ヘタレな私には飛び起きて両手に花束などという度胸はありませんでした。会談の傍らで日者よろしく転がっているだけです。


お姉さんたちの結論はこれ以上触ると目が覚めてしまうかもしれない。Nさんには彼氏がいる。飲み過ぎで限界ということで玩具にして遊ぶのはお終いということになりました。

ちなみに飲み会自体は既に終っていて転がっていた私を残して皆さんお帰りになっていました。

その頃にはカウパーと精子でベトベトになったパンツが冷え始めて、なんとも不快な感じになっていたのでお姉様方が寝静まるのを待って、トイレで綺麗にしようと待ち構えていました。

まずはNさんは自室に入っていき、R子さんも自分の部屋に入るだろうと思ったら、ブランケットを持ってきてかけてくれました。

後で聞いたらR子さんは「絶好の獲物を目の前にして見逃すはずがないじゃん。」「私、鷹の目みたいになってたよキラーン」として、虎視眈々と狙っていたそうです。

そんな素振りを見せずに部屋の明かりを落しR子さんも続けて、ブランケットの中に入ってきて、なんと背中に密着してきました。プニョプニョした物体が背中に当たる感触がなんとも心地よく、耳に息を吹きかけられるとこれも初体験(・∀・)イイ!心臓バクバクながらもすぐに離れてしまいました。

ヘタレな自分の脳内ではふり返って抱きつけよ( ・∀・)ヤッチャェー、酔ってる女の人にそーう真似しちゃ駄目だよ(;・Д・)イクナイという声が熱い議論を繰り広げていました。

散々玩具にされといて何を馬鹿なと言われそうですし実際馬鹿なんですが、なにぶん経験がほとんどないし耐性もないので真剣に悩んでいました。

などと脳内でやっているうちにいつの間にかすーすーと寝息が聞こえ、どうやらR子さんは眠ってしまわれたようです。ここにきてようやくヘタレな私の中の悪魔君が理性君を土俵際まで追いつめました。

散々やられたからお触りくらいなら罰もあたらないということで、とりあえず体を回転して思い通りのポジションにたどり着けました。

輝度を落としたハロゲンランプのせいか、首筋のあたりが妙に色っぽく見えます。一定のリズムで上下する胸を眺めながら妄想を膨らませつつようやく酔いつぶれてしまったのを確認します。覚悟を決めてあたかも肉まんに触れるかのように胸の膨らみに手を伸ばしました。もちろんシャツ越しです。

フカフカというかプニプニしてて最高に気持ち(・∀・)イイ!丁度てのひらに納まるような感じでモミモミしていましたが反応が無いので調子に乗って乳首へと進出しました。

なんとも柔らかくそれでいてコリっとした感触をしばらく満喫しましたが、ここまで来ると生で触りたくてどうしようもなくなりました。

しかし裾の方から手を入れれば簡単なのに、何を血迷ったのか胸元から手を入れようとします。襟を持ち上げて中を覗き込んだのですがあまりはっきり見えません。

そこでふと上を向き首筋を眺めながら深呼吸をすると、酒臭さに混じって甘酸っぱくえもいわれぬ香りが脳天にズキーンと思ったらいきなり顔を押えられキスされました。

心臓が止まるくらいびっくりして飛び起きてしまったのですが、それを見てゲラゲラ大笑いされました。狸寝入りしていただけで罠にはめられたようです。

R子さんは「あんまり反応がないしくたびれたのでどう料理しようかボーっとしてたら鴨が自分から飛び込んできた」と大爆笑。

豆鉄砲を喰らった鳩のような顔をしてR子さんを見つめていると、続きをしてもOKとのお言葉をいただき下から手を入れて生乳首を堪能させていただきました。その間もR子さんは耳に息をふきかけてきたり甘噛みしてきたりで酒くさかったですが、こんなところが気持ちいいのかと驚きの連続です。

しばらくモミモミツンツンした後でここまでは駄目かもと思いつつ、そろそろとパンツの中に手を伸ばしてみたところ全く抵抗がないので、さっきのお返しに茂みに手を入れ付け根を触り始めた。

私の鼻息は荒くなり、R子さんの息遣いもいくらか早くなったところで「ねえ、したい?しよっか?」と訊かれたのでアホーのように黙って首を縦にカクカクさせました。

そして手を引かれてR子さんの部屋に入ります。化粧の匂いかお香の香りでとろけそうです。ここで首に手をまわしてきてネットリとキスされました。ベロチューは先ほどの王様ゲームで経験済みだったのですが、唾液を飲まされたり吸われるのは初体験です。

立ったままする濃厚なキスで頭がぼーっとしてきた頃にR子さんの手が股間に伸びてきたのですが、びっくりして離れていきました。

「ごめーん、出したままだったね」と笑いながらパンツを下ろしてウェットティッシュで綺麗にしてくれました。

なんか赤ちゃんになって世話をされてるみたいで超恥ずかしかったですが、ひんやりした感じとは別に温かく包んでくれるようなR子さんの手つきが何とも心地よかったです。

綺麗にしながらシコシコこすられちょっと痛かったのですが、いつ頃から起きていたのか尋問されました。


一通り綺麗になったところでパクって咥えられた。脱童貞した時にフェラも経験済みだったのですが、その時の彼女とは桁違いの気持ちよさです。今思えば、彼女もほとんど経験なかったみたいで童貞と処女のガチンコよりはいくらかマシといった程度だったのかもしれません。

逝ったのは夢精だと思ってそこで目が覚めたと嘘をついてみたものの寸止め攻めをくらい、蟻んこのところで一度目が覚めたと白状させられました。

サスサスした時の反応で多分起きていると思ったこと、横を向いた時に親指に爪を立てて我慢してるのを見たことなどを指摘されて、手の平の上で踊らされていて超恥ずかしいです。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


泥酔 | 【2016-11-30(Wed) 21:10:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*