FC2ブログ
アクセスランキング

ある訪問販売をしている24歳営業の人妻体験談

私はある訪問販売をしている24歳です。
大学卒業して半年して、この会社の求人を見つけて入社しましたが、それから、3か月の研修を受けて、実践の訪問販売するまで、まさか大人のおもちゃの会社とは気づきませんでした。


3ヶ月間は、社会人のマナー・営業の基本を教え込まれ、会社にはよく通販の電話はかかっていたので結構いい会社だなと思いましたが、なんせ社員は社長、部長、事務の人2人、営業3人の小さな会社です。


最初は、恥ずかしさもありましたが、自分の生活もあるのでやるだけやってみるかと頑張ってはや1年半になります。

今年に入ってからなんとなくコツをつかみ始めたのと同時に、たまに人妻とやれるといういいこともあるので、最近は団地に行くのが楽しみですね。

最近は普通に話だけでもと玄関に入れてくれる奥さんが増えたので、チャンスは結構ありますよ。

玄関に入るとばれないように背中越しに鍵をかけてから、話にはいります。最初は嫌がったりしますが玄関に入っただけでこっちのものですからね。




半分ぐらいの奥さんは、見てびっくりしますが、バイブの音を聞くと体が反応するのか、ちょっと顔を赤くして、でも・といいます。

そういう奥さんは100%やれます。

それから使い方とか、バイブの種類の説明やそれぞれの違いを言いますが、特別に奥さんにだけある物をと言って奥さんの手を私の股間に持っていくと、たまにスケベな奥さんは、これはいくらですかという奥さんがいます。

私は、安いバイブとこのマンションの奥さん3人紹介してくれたら・・奥さんのもですよ、というとたまにOKな奥さんがいます。

そうやって奥さんを玄関でやったり、ある時は、たまたまいったところが奥さんが何人か集まってて、どうにか強引に玄関で奥さんとやっていると、奥の部屋から1人の奥さんがどうしたのと玄関に来て、

「えっ、うそっ、何やってるの、」と言いますが、そのとき犯ってる奥さんは感じまくってるし、もう1人の奥さんは、「あなた、ちょっと」言うと私は、デカマラを自慢げに奥さんもどうですか?
見ての通り、この奥さん、逝きましたよ。僕のはまだ、硬いからどうです?というと

私は・・と言いながらちょっと気になるみたいで、奥さんの手を取って、「ほら、これが、欲しいんじゃ」

「私はそんな、、でも、」
「奥さんも大きいのは嫌いじゃ、、、ないよね」というと「でも、、」
それから強引にバックで奥さんを頂いて、奥さんが逝ったら、奥さん2人を交互にやってたら、また、奥から「奥さん、奥さんどうしたの、もうビデオ終わっちゃったわよ」と1人出てきた。

私たちの光景を見て「ちょっと」と奥の部屋にいった。すると、奥の部屋から3人奥さんがどういうことなのといいながら出てきた。

私は、構わず2人を立ちバックと手マンで3Pを3人に見せつけるように激しくやったら2人の奥さんは「ちょっと」こっちに来なさいと言って、もう一人は玄関の奥さんを介抱していて、私は、2人の奥さんについて行って部屋に入るなり鍵を閉め、そして、奥の部屋でも強引に2人の奥さんを頂きました。


2時間はやったかな?2人ともぐったりしていて、鍵をあけると、3人の奥さんが

「ウソでしょ、2人も、やられ、たの」「あなた、なんてことを」

1人だけやっていない奥さんが私に言うと、私は「4人に聞いてみたら」というと4人とも目がトロンとしてて
「奥さんも彼に抱かれて、だって、彼の、デカマラ、奥さんも好きっていってたデカマラよ」

「ほら、私のデカマラはいいみたいですよ、奥さんもどうですぅ」
と言ってこの奥さんも強引に頂きました。

結局、5人の奥さんたちを強引にヤッタにもかかわらず、今では3日に1回のペースで6Pをしています。

最近、3P、4Pと何人もの奥さんたちを頂きました。
この仕事はおいしい仕事ですね。
仕事中にやれるんですからね。
バイブさえ売れば・・・あとは奥さんたちをどう頂くか・・
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻・熟女 | 【2016-11-19(Sat) 14:10:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*