FC2ブログ
アクセスランキング

高校時代の巨乳同級生とワンナイトラブ【不倫体験談】

社会人になって初の高校の同窓会をやった。

去年の盆休みに同窓会を開き
その準備を一昨年の秋くらいからしてた。

まあ音頭取りのヤツが個人的に各クラス1人くらい声かけて10人で準備し始めたんだが、積極的にやってたのは5人くらいで、その中に俺と、2年のときに同じクラスだった美佐がいた。

当時俺が通っていた高校は県下でも有数の進学校
美佐も弁理士の資格を持っていて、主婦ながら子供が学校に行ってる間は実家の法律事務所を手伝ったりしてるらしい。



ちなみにダンナはフツーのサラリーマンなんだが、毎日通うには少し離れたところに単身赴任中で週末や週中にたまに帰ってくるくらい。

まあ、あとでその旦那の浮気が元で
このスレに書くような事になるんだけど。

会合は初めは月イチで夜7時くらいからファミレスに集まって、1時間くらい話して終了。

ところが自営とか家で嫁がうるさいとかの連中が多くてそんなに遅くなれない。

「たまに出てきたんだからカラオケでも行こうと思ってたのにー」

という美佐を後にしてさっさと解散してた。





漏れも妻子持ちではあるが、そんなに厳しくも無かったので、3、4回目の会合の前に

「美佐が行きたがってるからたまには会議終わりにカラオケ行く?」

と全員にメールしておいた。

このときはまだ美佐とどうこうするとかは全く考えてなかった。


さて、当日。

ファミレスに集まって会議して、
さて、じゃあカラオケに行くか!と言ったものの、参加者は俺と美佐の2人だけ。

じゃあとりあえずと2人でカラオケに行った。

部屋に入ると、美佐はそれまで着ていたコートを脱いだ。
中は胸元の開いた、体のラインが出るピッチリとしたセーターを着てた。

会合では何度か会ってたが、そこで美佐の巨乳と谷間を見て
(そういえば美佐ってエロい体してたんだな)
なんてことを10年以上ぶりに思い出した。

高校生の時から美佐はおっぱいが大きくて目立ってたなぁと。

美佐は、見た目はよく言えば壇れい(壇蜜じゃないぞ)だが、正直顔は普通くらい。

でも体がなんというかムッチリとエロくて学校でも男子生徒の間で人気あってズリネタにされていた。

2人でカラオケに行くと、歌ってる間にもう1人が曲を探すので盛り上がらないままになりがちだが、俺は曲を選びながら美佐のエロいボディを、場を盛り上げるフリをしてガン見してた。

美佐はノリノリの曲ではおっぱいをガンガン揺らしながら歌って、俺もたまには並んで一緒に歌って谷間を堪能してたりしたが、変に肩を組んだり、腰に手を回したりすると警戒されると思い、タッチとかせずに歌っていたが、何となく2時間くらいで盛り上がり切れず終了。


「今日は沢山歌えたから、次の時は飲みに行こう。じゃあね!」

とタクシーに乗って帰っていった。

そして納まりの付かなくなった漏れは夜11時頃に家に帰って、久々に嫁を誘ったが、拒否られたので、ひとりトイレで抜いた。

勿論、人妻になって更に色気の増した美佐をオカズにしてだ。


次は年が明けて1月半ばに会合の予定だったが、妄想が先走っていた俺はあえてその後の飲みの件は誰にもメールしなかった。

というか、その話題に触れないのもまた美佐に逆に警戒されると思って忙しいフリをしてメールを出さなかった。

そして、当日。

いつものファミレスでいつもの様に19時から会議を始めたが、ちょっと俺と音頭取りのヤツとの意見の相違があって、やや険悪な雰囲気に。

そんなことで終わった時には22時を近くになって飲みに行く?と言い出す雰囲気ではなかったが
「遅くなったけど、行く?」と美佐が言い出した。

「俺は全然いいけど、そんなに時間無くない?」

「娘がスキー合宿に行ってるので、今日はオールでも大丈夫で~す」

そう聞いて、俺の気はパッと晴れた。

タクシーで行きつけのバーに。

繁華街から一本裏に入った場所でもう何年も来てるんだが、それなりにオシャレっぽい上に、3軒くらい先のビルの間を抜けるとすぐラブホが並んでるという絶好のロケーション。

過去にもここからお持ち帰りした事もあった。

まずはスパークリングワインを頼んで、2人で乾杯。

「おつかれ~」

「お疲れ~、でも今日のOO(音頭取り)はおかしいよねぇ。
大体アイツは昔から・・・」

ハッキリとモノを言う美佐にそう言われて、俺もまんざらでもない気分だった。

その後、もう1,2杯飲んだところで、美佐が言い始めた。

「実は謙さんに聞いてほしい話があるんだけど」

おっと、人妻からの相談ktkrである。

面倒なのでまとめて書くと

・旦那が赴任先でOLとよろしくやってるっぽい

 髪の毛や持って来る洗濯物の香水とか。

・旦那の事が嫌いではないから、別れる気は今は無い。

・男なら浮気のひとつふたつはまあ甲斐性ってのもわからないでもないが、気が付いてないだろうとナメられてる事には腹が立つ。

・どのくらいの付き合いかも不明。

遊びならいいけど、問いただして、別れると言い出されたら怖い。

で漏れからの質問として

・単身赴任先の部屋で妻子持ちをアピールしてる?

→写真とかすぐに片付けられないくらい置いてあるし、たまに行くとそのままだから判ってるはず。

・相手は誰か判ってる? 

→ 一度事務所に行ったけどそこの事務OL。
旦那は営業所のNo.2で多分いろいろと勝手ができる。

・最近のOLはその辺を割り切ってるからそんなに心配ないのでは?

→とは思うが、相手が本気だったり、旦那が入れ込んでも困る。社内的にもバレたらまずいだろうし。

それより嫁として舐められてる感アリアリでなによりそれが腹が立つ。

そんな話をしながら早いピッチで杯を重ねるうちに、美佐は段々と酔いが回ってきた様だった。

だんだんとろれつが回らなくなって来て、体が揺れて俺にもたれかかって来たりしてきた。

とりあえずチャンスではあるが、俺も一見(いちげん)の女ならまだしも相手も知り合いで、その上既婚というのは初めて

本当に持ち帰っていいのかとか、美佐の実家が法律事務所だとか、スッパリ断られて次から気まずかったりしたらとか、だいたい今から自分がやろうとしてる事は美佐の悩みの原因と同じことなんだから誘いに乗るわけないとか、とにかくいろんな考えが巡ってどうするか迷っていた。

時刻は0時近くになっていた。

それなりに遊んでる会社員ではあるが、朝帰りというのはさすがにマズイ。

逆にいえば3時半くらいまでに帰れば、嫁にも翌朝すこしイヤミを言われるくらいで済む。

そんなスケジュールを考えながら俺は意を決して言ってみた。

「そんなに腹が立つなら美佐も同じようにしてやればいいんじゃない?」

・・・正直、自分でもなんかダメな解決方法だなと思った。

しかし、美佐からの返答は意外なものだった。

「そうかぁ、そういうのもアリなのかもねぇ」

そういうと、机に顔を当てた。

漏れはすぐに勘定を済ませて店を出た。

美佐は多少フラついてはいたが、歩けないほどではなかった。

3軒先のビルの間の細い隙間を通るときに、美佐の手を握ると、その手を美佐も握り返してきた。

これからすることを美佐も受け入れてくれるだろう、
俺はその時に確信した。

金曜の夜のラブホは混んでるものだが、
ラッキーにも1軒に「空室アリ」のネオンが点いていた。

入ってみると、一番安いボロっぽい部屋だったが、すぐにボタンを押してエレベータに乗る。

ドアがしまったところで、
つないでいた手を離して美佐を抱きしめた。

すると美佐もすぐに腕を回して俺を強く抱きしめた。

部屋に入ると、自分のコートを椅子に置き、
美佐のコートも半ば強引に脱がせて椅子に投げてベットに押し倒して、唇をふさいだ。

正直なところ美佐も酒臭かったが、気にせずに舌を入れると美佐も拒否はしなかった。

しっかりと合意が出来てればここでシャワーに行くところだが、相手がいつ態度を翻すか判らないので、とにかく先に進んだほうがいい。

美佐の顔や腕、胸元にキスしながら手早く服を脱がせていった。

美佐の下着は勝負モノっぽくは無かったが、体育の水泳で話題になった時よりもさらに色っぽく、エロくなった姿に、一段と萌えた。

ババシャツを捲り上げるが、脱がしきらずに頭が出たところで腕に巻きつけバンザイの状態にする。

「明るいの・・・恥ずかしい」

美佐の声が聞えたが無視。
下着だけになった巨乳を揉みしだきながら
また美佐の口をふさぐ。

そうしながら今度は手を下に這わせて、美佐の敏感な場所を下着とパンストの間からやや強引に触る。

美佐はビクン!痙攣としたが、気にせずに続けていると布1枚向こうが少し潤って来た。

左手は首の後ろからブラの中を弄りながら、右手首でパンストを膝まで下げ、戻らなくなったところで、今度はパンティの横からもう一度敏感なところに指を這わせた。

じっとりと湿っている秘所をやさしく触りながら、同時にブラのなかの乳首を触る。

時にはバラバラに、時には同じリズムで。

美佐の喘ぎはガマンをしているのかささやくような無声音だったが段々と声が漏れてくる様になった。

だがいきなり触るのを中断して、
ババシャツからブラ、パンティ、パンストを丁寧にすばやく脱がす。

これが高校の頃ズリネタに想像してたボディか。
多少のたるみもエロさを増してる。少し感動して眺めていると

「私だけスッポンポンでずるい」と美佐が言った。

すぐに自分で全部脱いだ。

そして両手で上と下を攻めながら、キスをしたり、うなじや耳に口を動かして感じるポイントを探す。

どうやら首筋から肩の辺りで感じているようだ。

休まず両手を動かしながら敏感なあたりに舌を這わせると、のけぞるように反応するがなんとか強引に舐め続ける。

美佐もこの頃にはハッキリと声を出すようになって
段々と絶頂が近づいている様だった。

「ハァ ハァ ダメ、もう」

そう聞えたので、一旦手の動きを緩やかにして、出来れば気持ちよさを長く持続させたい。

そうは上手く行かないが、美佐もそれが判ったのか自分からも少し動いて気持ちよさを持続させようとする。

賢い女とのセックスはこういうところが楽しいところだ。

すこしそれを続けて、今度はハッキリと判るように段々と動きを激しくする。

美佐もまた俺の動きを判ったのか、感じることに集中し始めた。

「そこ、そこああぁ~ぁぁ・・・」

いきなりビクンビクとのけぞって、美佐は果てた様だった。

オンナが果てたからと言って
ここで一休みしてはいけない。

こちらは臨戦態勢のままだから。

ただいつも一応聞く事にはしています。

「じゃあ、入れるよ、ゴム付けた方がいい?」

でも大抵の返答は(美佐もだが)こう。

「いいけど、外で出してね」

中出しでもおKなんて女は逆に怖くて信用できない。

遠慮なく生で挿入。

充分に濡れているので、簡単にニュルと入った。

でここで息子のスペック紹介。

そんなに長くは無いが、割と太めらしい。
なので経験の少ないオンナや充分に濡れてないと痛がられるが、ベテランにもそれなりに好評。

ただ、奥で当たって感じる相手には物足りないだろう。

「ちょ、ちょ、、ゆっくりとぉ」

美佐もやや驚いたようなので、ゆっくりと前後運動をした。

逆に美佐のおまんこはキツイというよりやわらかい肉がまとわりつく感じで、なかなかの気持ちよさ。

あまり長持ちしないので、きつくてもすぐ果てて申し分けない、となるよりもこのくらいの方が長く楽しめそうだ。

正常位で入れて、再度エロい体を目で堪能。

巨乳が程よく左右に流れて、胸元から一旦くびれてまた尻のあたりでドーン、という感じ。

これは後ろから攻めても楽しめるだろうなぁ、
と思いながら、胸をもみしだく。

動かし方によってはちょっとスレてる感もあるので、あまり長く擦らずに、早めに出すことを決意。

「美佐の中あったかくて気持ちいいよ
俺だったら、毎日でも・・・・するのに….」

女は自分の価値を確かめたいものらしい。

だからヤってる最中にはどんなに気持ちよくて、どんなにヤりたいかを口に出す事にしている。

「あ、いっちゃうよ」

美佐の腕が俺の腰にまとわりついた。

俺はこれをされるとさらに萌えてしまう。

答えるようにさらに激しく動かすと美佐もだんだんとよくなって来たようだった。

「そこぉああぁ~」

俺も出る寸前だったので慌てて抜いて美佐の腹の上に放出した。

自分でも驚くくらい、長く、沢山の精液が出た。

モノを自分でしごいていると、美佐が手を添えてゆっくりとしごき始めた。

するともうひと絞り出たように感じた。

「なんか、こんなに気持ちよく出せたのひさしぶり…..」

そういうと美佐はニコっとして、
さらにゆっくりとモノをしごいてくれた。

ティッシュで出したものを拭い取ると、美佐が言った。

「はああなんか疲れちゃったー」

「じゃあフロでも入る?」

「えっなんか恥ずかしいww」

「まあ今更いいじゃん」

そう言って漏れはベットから出たが、美佐は布団に隠れながら

「私はシャワーでいいから」と言った。

時計を見ると0時50分。

シャワーで30分、でもう一回戦で、それからまたシャワーでタクシー乗れば3時すぎには家に帰れる。

一回出して賢者モードの漏れは時間配分を考えながら先にシャワーに入った。

男のシャワーなんて10分足らず。

タオルを腰に巻いて出てくると美佐は脱ぎ散らかした服を俺の分までそろえて畳んでいたが、気がつくとすぐにシャワールームに行った。

見て判ったが、シャワーのガラスは胸元まで擦りガラスになっていて、時々見える美佐の巨乳のおっぱいがかえってエロさを増していて、すぐに2回戦目を決意した。

シャワーキャップにバスローブで出てきた美佐に、冷蔵庫の無料のミネラルウォーターを渡すと、美佐はその場で一口飲んだ。

歩き出した美和を強引に抱き上げると美佐はちょっと驚いた風で
「ちょっとちょっとこぼれる~」と言ったが、拒絶するような声ではなかったので、そのままベットに運んだ。

「俺にも水くれない?」

そういうと美佐は自分で一口飲んで俺に口移しした。

これが2回戦目の開始のサインだった。

バスローブを剥ぎ取って上に覆いかぶさり、
顔から順番に舌を這わせていく。

両手で首筋や背中をかるく触りながら
さらに敏感なところを探してみてたが、反応はイマイチ。

なのでそっちは早めに切り上げて、
腰、尻、太ももを触って、やや強引に脚を広げさせて美佐の敏感なところに口を当てる。

いきなり舐めては相手もビクつくので
まずは口全体で大陰唇を包み込み、全体をレロレロする。

その後、舌をその中に割って入れさせるがまだ触れずに、その下を充分に濡らしてからようやく舌でチョン、チョンとクリトリスをつつく前戯をする。

その間両手で胸を揉んだり、乳首をつまんだり、転がしたり
とにかく休み無く美佐の体に刺激を与え続ける。

喘ぎ声が無声音から段々と音になってきたら、右手を下に持って行き、まずは中指を第1関節までを中に入れる。

そして口では逆に胸を攻める。

さらに奥まで、そして指を2本に。

口では相変わらず乳首を転がし、
左手で首筋や耳をさわりまくる。

すいません、エロと言うより解説みたいな文章です。

もう一度口を下に這わせて、
クリトリスを舌で攻めながら指2本を出し入れする。

勿論、片手は胸を揉んだり、乳首をつまんだりしながら。

美佐の息遣いも段々と大きく、荒くなってきて、脚を閉じようとするので手を取って、膝の裏を抱えさせて、自分でM字開脚をキープさせるようにさせる。

そしてさらに激しく口と指で責め続けると、いよいよ絶頂も近づいてきたようだった。

今度は構わず攻め続けると
今度は大きな声を出して、美佐は絶頂した。

タオルで口をぬぐって、水を一杯飲む。

そしてもう一度脚を取り、
広げて、もう一度美佐の中へと入った。

今度もさっきと同じようにトロトロで気持ちがいい。

ゆっくりと動かしながら
今度は美佐におおいかぶさりネットリとキスをした。

多少時間はあるだろうと、
今度はゆっくり、ねっとりと攻める。

体位も横にして、自分が倒れて後ろから、そのままひざまづかせてバックから、ベットから足を出させて立ちバックっぽく、そしてもう一度正面にして今度は美佐を上にして、その中でも、美佐は上になると俺の動きにあわせて自分で感じるポイントを探してる様で、なんだかすごく嬉しくなった。

「すごく暖かくて、気持ちいいよ」

「私も、あんん・・・もっとぉ」

正直、多少の演技は双方にあると思う。

好意的に見れば気持ちいいはず、という思い込みというか。

でもそれもすごく嬉しくなった。

正直、もっと気持ちのいいセックスはした事がないではない。

だが、安心できる、盛り上がる相手とのセックスってなかなか出来ない。

俺はこの時明らかに嫁よりも美佐とのセックスに盛り上がりを感じてたと思う。

ただ、動きで判るんだが、ときどき動きが止まると言うか、痛がってる?様な感じがした。

漏れも出したいのと、
そろそろ動くのがしんどくなって来たので

「やっぱり美佐の顔見たいよ」

と言って正面に戻り、ベロチュウしながら腰を動かし続けた。

美佐はまた俺の背中に手を回す。また萌える。

「ああいくよ・・・・」

今度は抜いて、美佐と俺の腹の間にモノを挟んでキスをしながら、、果てた。

2回目だったのでそんなに量は出なかったが気持ちのいい放出だった。

美佐も痛いのか疲れたのか、精液が垂れるのも気にせず、しばらくグッタリとしていた。

だが、俺が上から横になっても美佐とのキスはずっと続いていた。

何分経ったかは判らないが、ふと気がついたので、起きてティッシュを沢山とって出てきたモノを拭いた。

まずは美佐の腹を、そして自分の腹、モノ、その回りと。

すると急に美佐がベットから飛び出してシャワーに行った。

今度は結構な時間シャワーを使っていたと思う。

シャワーキャップにバスタオルで出てきて、ソファに座った。

そしてポツリと言った。

「私は、これで、帰るから。」

女はこれだから安心できない。

いや、浮気はした。ダブル不倫だ。

真剣に付き合おうとは思ってないし、まとわりつかれたらどうしようと思う。

法律家相手に訴えられたら勝ち目は無い。

それに俺も出来れば3時半には帰りたい。

でもついさっきまで体を重ねてた相手には、もう少し未練がましくして欲しいと男だったら誰でも思うだろ?

俺もさっさとシャワーを浴びて、出てくると既に美佐は服を着てドライヤーで湿った髪を乾かしていた。

その後、さっと化粧を直していたが、その間ずっと無言だった。

俺も服を着て、フロントに電話をして清算をすませた。

自分のコートを着て、美佐にもコートを着せると、不意に美佐がいとおしくなって抱きしめた。

美佐も俺をぎゅっと抱きしめながら言った。

「ちょっとヒリヒリした。」

「あ、ごめん。痛くして」

「ううん、でも、ごめんね。それにもう、今日だけだから」

ここまで言われて追いすがると後はストーカーだ。

漏れの気持ちはまだ整理がつかず、美佐に行ったままだったが、それは頭で理解した。

しかし俺は正直に言ってしまった。

「もう、この部屋を出たらそれまでなんて、寂しいよ。」

しばらくの沈黙の後、美佐は言った。

「私も、気持ちよく出来たらいいんだけど、やっぱりこういうのダメだから」

「そうだよな。」

頭ではわかった。

でも気持ちはまだもどっていなかった。

美佐の頭をもう一度なでて、抱きしめた。

でもそれが美佐との最初で最後のセックスだった。

本当に女はサバサバしてる。

俺の方は未練タラタラでまたW不倫できないかなぁと同窓会でも伺うもアッサリと拒否されトホホな気分になった。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][人妻][不倫][ディープキス][巨乳][乳揉み][乳首舐め][クンニ][指マン][生挿入][絶頂][膣外射精][セックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


不倫・浮気 | 【2016-08-28(Sun) 15:10:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*