FC2ブログ
アクセスランキング

エレベータから自分の部屋までが近くて遠い【不倫体験談】

オイラの話を一つ。
マンションには、カミサンの友人(新婚 子供無し)が二つ隣のマンションで住んでいて、良く家に遊びにきたりしている。

しかし、先月旦那が単身赴任となり寂しいのか週末は殆ど家にきて、過ごしている。


昨日、カミサンが隣の子を呼んでパーティしよう!と誘ったらしく
(彼氏を連れてきて良いよ!と言ったみたいだが数カ月前に別れた)一人で部屋に来た。

メンツはカミサン 友人 女子大生 そしてオイラ。
誰一人これから始まる出来事を知らずに、宴が始まった。

ちなみに家のカミサンは女優の純名里沙似で29歳、カミサンの友人は強いて言えば、少しおとなしくした藤原紀香で27歳、隣の女子大生は20歳だが、顔は真鍋かをりに似ている。


カミサンが作った料理を食べながら、会話も弾んできた。ちなみにオイラは話に参加してもリアクションを取るのが精一杯で、女同士の会話の聞き役に徹し2Lの部屋をキッチンとリビングの往復をするだけ。女性軍のパワーに圧倒されっぱなし。





まあ、話の内容はこのスレッドに書いているからわかると思うが、下ネタになって、オイラとカミサンは週何回、時間 体位とか道具の使用とかそんな話。

カミサンの友人が突っ込み役で、家のカミサンは照れながらも酔いも手伝って、あからさまに話す。

オイラがそうかなぁ そうだっけ?とボケに徹した。

女子大生はそんな三人を興味津々で見ていた。


女子大生が突然、「○○さん※オイラの事 寝室が私のリビングの隣だから、夜の奥さんのあの声が聞こえてきますよ」
と言ってきた。

どうやら彼女の部屋の1Lは丁度ベッドの枕の位置が彼女のソファのところらしい。

もちろん、オイラは隣の女子大生に聞こえるよう、あえて計算してベッドを配置したのはいうまでもない。

「そうなんだぁ じゃあ気をつけるね。今度から」

妻は照れてしまい下を向いたきり。傍で友人がニヤニヤと笑っている。


友人が今度は「昨日はどうだったの?」と女子大生に聞いてきた。
彼女曰く、「昨日は凄かったです。11時からずっと奥さんのHな声が聞こえて~多分凄く感じていたんですよ!ねっ」といたずらっぽく話した。

そしたら、カミサンがこう切り返してきた。

「○○ちゃん ※女子大生の名前 こそ、その前の木曜の9時位にHしてたんでしょ!」
「彼氏居ないって良いっているけど、本当はいるんでしょ!!」


そう、木曜日の相手はオイラ。妻は知る由もない。
きっかけは、休日に偶然街で女子大生とばったり会い、次第に仲良くなり、関係を結んだ。

彼女は自分達夫婦のH声を聞きながらオナニーしているとのこと。
不倫している罪悪感もないし、割り切りのSEX。

ちなみに水曜はカミサンの友人を抱いていた。

仕事の帰りが遅いと妻は文句を言うけれど、エレベーターから自分のマンションの部屋までが近いようで遠い。ただそれだけの話。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][人妻][女性大生][不倫][セックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


不倫・浮気 | 【2016-08-08(Mon) 14:10:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*