FC2ブログ
アクセスランキング

クンニ好きの同級生の人妻【不倫体験談】

同級生の人妻キヨミ
ホテルで3回イカせた。

旦那にはキヨミちゃん…クンニしてもらえないみたいで、クンニ好きなキヨミには酷なことだ。

クリトリスもマンコもアナルもたっぷりと舐めて楽しませてもらった。キヨミも楽しんだだろう…

俺のギンギンになったチンポをキヨミの前に差し出した。

「してくれよ!」

キヨミはパンツの上からチンポを扱き始めた。ハアハア興奮している。

「おっきそう! 舐めてもいい?」

キヨミはパンツを脱がしチンポをいとおしく見つめている。

「凄い…こんなになってる」

チンポを軽く握り扱く。亀頭からカリにかけて優しくシゴいてくれる。
舌を出しチンポの先から出てる汁をペロッとしながら、くちには入れずに亀頭やカリ首をペロペロと舌を這わせた。





そのまま竿を入念に舐めてから、適度な圧力でチンポを口に含んだ。

ジュポジュポと音をたててピストンをしながら、口のなかでは舌をたくみに使い亀頭を転がす。

こいつ…かなり旦那に仕込まれてるな… 舌使いが絶妙だぜ…

口の使い方も上手い。ひねりながら角度を変えながらしゃぶる。

もう少しこのままさせたらどうするかな?

俺はわざとハアハアしながら腰をくねらせてみせた。

「気持ちいい?」

「ああ…凄い気持ちいいよ キヨミちゃん…」

キヨミは気を良くしたのか玉を優しく揉み始める。竿を舌に伝いながらも舌使いは忘れない!
玉袋に来るとチロチロと舌を這わせる。右手は竿を扱きながらだ。

上手い…

「キヨミちゃん…もっとして欲しい…」

「うん…いっぱいしてあげるね…」

俺は仰向けになり足を開いた。
キヨミの舌がチンポや玉袋、股の周りをペロペロと這いづり回る。

右手はチンポを扱いたり、左手は玉袋を…可愛い顔して凄いテクニックだ。
旦那に相当仕込まれてるって思うと更に興奮した。

キヨミの腰が俺の手が届く範囲にいつの間にか来ていた

こいつ…わざとらしい…
弄って欲しくてわざとだな…

キヨミのケツを右手で揉みながらマンコを触るとマンコ汁が滴っていた。

「あん…だめ…」

指でクリを弄るとよがりだし、フェラも激しさを増してくる。

「ハアハア… ああん…弄らないで…」

弄って欲しいクセに…

面白がっていじくり回した。
キヨミは腰をくねらせる。

すると我慢出来なくなり俺の顔に股がってきた。

「我慢できない…して」

「キヨミちゃんって?すごいスケベなの?」

「そんなこといわないでよぉ…」

キヨミは俺の顔に股がり、俺はキヨミの上体を起こしてキヨミの両手を後ろにタオルで拘束した。

両手でオッパイを揉みまくり、執拗にクンニをする。時折アナルへ舌を這わせたりした。

俺の得意なやつだ!

「どう? キヨミちゃん?」

「変態みたいですごい興奮するよぉ…ああん… 」

「本当はスケベなんだろ?」

「本当は凄いスケベです…」

キヨミは俺に股がったままお尻をピクピクさせグラインドしてイッてしまった。


ああん~ イクゥ イク!

イクゥ イッちゃう~

あ~!!!!

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][人妻][フェラチオ][クンニ]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻・熟女 | 【2016-08-07(Sun) 23:10:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*