FC2ブログ
アクセスランキング

お気に入りの女の子の喘ぎ声でオナニーした惨めな体験談

20代の頃です。

地元のスナックの行きつけになり、毎晩通ってました。

ママとチーママと30代のホステスさんと3人でしたが、20代の女の子が入店しました。

リカっていう名前だったと思います。

僕は歳が近かったせいか、ついてくれて、たまにアフター行ったりしてました。

彼女は元ヤンで、10代で子どもを産んで、その子の父親とも別れ、今は子どもと2人で暮らしてるそうです。

スナックでも男に媚びる事なく、健気さが好きでした。

冬のある日、雪の中、リカが立っていました。

声をかけると、

「タクシーつかまんなくて」

「乗りなよ」

と僕。

「ラッキー!」

と車に乗り込んできました。




「ありがとう!さっむっ~い!ほら!」

とギアを入れる僕の左手の上から彼女の右手が覆ってきました。

ひんやりと冷たい感触にドキッとし、違う感覚でドキドキしてました。

その夜も当然スナックにいきました。

スナックの近くに、マンションが建つとかで、工事現場の若い人達がくるようになりました。

その中の龍次がリカ目当てに足繁く通って来ました。

歳は21、リカは23です。

龍次は僕のことも慕ってくれて、会えば一緒に飲んでいました。

年末の仕事納めの日、今夜は思い切ってリカを誘おうと気合入れてスナックへいきました。

龍次も仕事納めとかであとから来ましたが、今夜は来て欲しくなかったのにと思いました。

閉店後、3人で居酒屋で飲んでいました。

時間が経つにつれ、リカと龍次の目つきが怪しくなって来ました。

僕はリカを誘いたくて、ウズウズしています。

「オレのホテルの部屋へいきましょう」

と龍次が提案してきました。

のこのこついていく僕に不機嫌そうなリカの目が気になりましたが、酔っぱらってたし、なによりエッチできるかもという期待でいっぱいでした。

部屋で飲んでいると眠くなり、僕は寝てしまいました。

リカの声がしました。

「寝た?寝た?」

「大丈夫!寝たみたい」

「こいつ、空気読めよ!、リカとやる気まんまんだぜ!チ○ポたってるし!」

「ヤダッ~こんなヤツ、キモいよ~大キライ!」

“えっ誰のこと?おれッ!?”

動揺していた。

「龍次ィィィ~それより、はやくうゥゥゥ~」

リカの甘える声。すぐさま、キスの粘着音がした。

「あっ、あっ、あっハウッフッ~ン」

リカの喘ぎ声無意識にオナっていた。

「龍次ィィ~いれてえェェ~」

「ハウッオワッアァァァ~ンイイぃぃぃ~」

「大きな声出すなよ!起きるぞ!」

「だって、だってェェェ~、龍次のおっきくて、硬くてアアッ~」

起きてた。

程なく2人で逝ったらしく、リカが僕の顔を覗き込んできて目が合った!

「ヤダッ、起きてる、聞いててオナってるよ!サイテー」

龍次も起きてきて、布団を剥がれる。下半身丸出し。

「アンタ、サイテー」

「リカちゃん、オレもお願い!」

リカの前にチ○ポを晒す。

ウケ狙いだったのに、もう通用しない。

ウ○コかゲロをみたような顔をしたかと思うと、腹に思い切り蹴りが入った。

「ゲボッ!」

龍次に馬乗りされて、ボゴボゴにされた。

咥えタバコで笑うリカ。

“ヤバイ、殺される”

最後の力をふりしぼって、強靭な体の龍次をはねのけ、そこらの物を抱えて、部屋を飛び出た。

ドアが閉まる瞬間の

「オナニーして寝ろ!」

という、リカの声がした。

雪の中、どうやってアパートまで帰ったか記憶がない。

半裸で何度も転び帰った。

よく警察に通報されなかったとおもう。

朝、体中が痛かった。

アザだらけで立てなかった。

リカとイイことしようと思って財布にいれていた10万は小銭しか無くなっていた。

結局、正月は一歩も外へ出ませんでした。

だんだん、心と体も正気を取り戻し、出社しました。

そのスナックへは、それから一度も行っていません。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][オナニー]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2016-07-31(Sun) 20:10:33】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*