FC2ブログ
アクセスランキング

セックスが大好きなセフレの人妻【エロ体験談】

セフレの人妻と、彼女の家の数件隣の重機置場でしました。

彼女の近所の人たちが行き交うのを見ながら立ちバックで突きまくってやりました。彼女は必死に声が出そうになるのを我慢しながら足首まで垂れるくらいマン汁を流して喜んでました。

余り嬉しそうなので親指をアナルに差し込んでやりました。すると一層マンコが締まります。

タイミングを合わせてチンポと親指を2つの穴に突き立ててやるとビクッと痙攣してイキました。起っていられないらしく自分のマン汁でシミになったコンクリートの上に座り込みました。

無理やり起たすとコンクリートにはマン拓がw汚れたマンコを彼女のパンティーで拭いてやりノーパンで帰しました。

勿論そのパンティーは没収。彼女が帰った後、通りからよく見えるようにマン汁でヌルヌルの股布を表にして重機に掛けてきました。
旦那が見つけたら楽しいなぁw



続いて同じセフレの人妻の話です。仮にkとします。

kはとにかくセックスが大好きで、旦那と子供を送り出したら俺にメールを寄こします。




すると俺は近所の目を盗みながら彼女の家へ。目的は勿論セックス。俺にとっては単なる肉便器なので俺もやることしか逢う目的はありません。

玄関に入り、出迎えたkといきなりdキス。玄関先でベルトを緩めながらキスをしたまま居間へ。カーテンは開けっ放しのままkの服を脱がします。

たまに最中に宅急便が荷物を届けに来るけどチャイムを押す前にセックスしてるところを窓から見て帰って行きますw今度、俺が来てないときに来たら視姦して楽しむことでしょうw

kとは彼女が子供を迎えに行くまでの4時間程の間、セックス三昧です。多いときは土日以外は毎日します。

一度玄関でクンニをしてたら旦那が早退で帰ってきて焦りました。スカートだったのでばれずに済みましたw
kとは野外は沢山しているのでまたアップします。


kとは子供の幼稚園の父兄同士でもあります。
夏の幼稚園の親子合宿の時は父兄がみんなで呑んでる横の駐車場で嵌めまくりました。

みんなの笑い声が聞こえるすぐ横の駐車場は夜間は電気が消えているので真っ暗です。kをまずは全裸にして大きな胸を吸いまくります。

次は他の父兄の車のボンネットの上に仰向けに寝かしてま○こを舐めまくってやりました。グチョグチョになったま○こを指マンで責めてやります。

kは潮を噴いて喜びます。その後は俺のち○ぽを丁寧にしゃぶらせます。kがち○ぽを欲しがるので入れてやります。ボンネットに手をつかしてバックから突きまくります。

川の流れの音とみんなの笑い声に混じってkの喘ぎ声が。。。散々突き立てた後、その日寝るスウェットの背中にかけてやりましたw

ティッシュが無かったので彼女のパンティーでち○ぽを綺麗に拭いて河にポイwノーパンにジャージでま○この縦筋くっきりで飲み会の場に帰しました。

しばらくしてジェスチャーで脚を開くように命令すると股間は勿論ぐっしょりでしたw


kとのある日のカーセックスの時の話です。
その日、無性に嵌めたくなった俺はkに今から出てこられないかとメールを入れました。

俺はもぉファスナーを下ろしてち○ぽを出してしごいているのを見て「ここでするの?」と聞いてきました。口に咥えたまま「ひぃれぇふぇふぉしぃひぃ(入れて欲しい)」と哀願してきたので「脱げよ。全裸になれ。」と命令しました。

「え?見えちゃうよ。こんなに車が出入りしてるのに!せめて下だけに。。。」

「いいじゃん。見せてやれよwお前がこんなにセックスが好きで好きで、毎日ちんぽが無いと生きていけないど淫乱だってw」

「いや!そんな事知ってるのはあなただけなのに!旦那だって知らないのに。。。」

「いいから脱げよ。ち○ぽ要らないの?脱がないのなら他の女呼ぶから帰れよ。」と言ってやると、「。。。分かりました。脱ぐからおち○ぽ下さい」と脱ぎはじめました。全裸になったご褒美にクンニで軽く、イかしてやると潮を吹いてシートを汚しました。

「車汚すなよwお前のいやらしい汁でグショグショじゃん」
「本当にお前はスケベだなぁw旦那にもして貰ったことあるのか?」等と、なじってやると今度はドロドロのマン汁を垂れ流してます。

車はs.u.vなので後部座席でのプレイなので意外といろいろな体位を楽しめるので、まずは俺が仰向けになって上に跨らせて腰を振らせます。入った瞬間からビクッと身体を震わせ、イッたようですwしばらく俺のち○ぽをぎゅ~っと締めたまま動きません。いや、動けませんw

「何やってんの?早く腰振れよ!」
下からガンガン突いてやります。巨乳がたぷんたぷん揺れてよがっています。もぉ大喜びwお構いなしに突きまくってやると倒れ込んできました。

今度は四つんばいにし、バックから。左手で胸を、右手はアナルに。人差し指、中指、薬指の3本をマン汁を絡めてねじ込んでやりました。いっそうま○こが締まります。

「おぉ!いいぞ!凄い締まりだ!そんなにアナル、嬉しいのか?」

「嫌、嫌!抜いて~!!お尻は嫌~!」

「だ、だめ~。。。またイっちゃう~!!あ~~~~!!」そう言って後部座席から運転席、助手席の間に上半身を出すような格好にし、再びバックから。上半身の自由が効かないkは必死で顔を隠そうとしています。

「ばぁかw顔隠してもそのでかい胸丸出しでどぉすんだよw」
いよいよ俺もイきそうになってきたので、「何処に出そうか?このまま中か?」と言うと、「駄目~!危ないから、中には出さないで~」と言うので、ま○こから抜いたち○ぽを黙ってアナルにねじ込みました。

「なんだwまたう○ち貯めてるのか?丁度いいじゃんwww」
「浣腸液中に出してやるからwネバネバだけどねw」
そのまま身動きの取れないkのアナルに出し入れし思いっきり中だししてやりました。

「いいか?ちゃんと締めてろよ。」
そういってち○ぽを抜いてkを起こしてやります。

「今日はパンツ履いて良いぞwそのままパンツ履いて俺のザーメンこぼさないようにな。」そう言ってしゃぶらせます。

「綺麗になった?どぉ?自分のう○ち穴に入ってたち○ぽの味は?」そぉいってkを帰しました。
その夜旦那にせがまれたらしいけど断ったそうですw

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][人妻][セフレ][クンニ][フェラチオ][生挿入][絶頂][アナルセックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


セフレ | 【2016-06-18(Sat) 12:10:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*