FC2ブログ
アクセスランキング

おばさんの私が大学生とセックス【熟女不倫体験談】

私は47歳です、主人は45歳、昔働いていた会社の後輩でした。
昔はとってもHな人で、あんまり男性経験が無かった私は、色々な事を教え込まれましたが、40代になってから仕事も忙しく、疲れたという事が多く、ここ数年は全くのセックスレスです。

寂しくなった私はエロ動画サイトの動画を見ながら、マッサージ機を使って慰めることが多くなっていました。でも、結局一人でするのは終わった後がスゴク寂しいんです。

かといって浮気をしようにも50近いオバサンにチャンスもなく、出会い系も怖かったので踏み込めませんでした。


そんな私にチャンスが来たのは、友人と一緒に行ったボランティアツアーです。お金を払って東北にボランティアに行くというものですが、色々な年齢層の方が集っていて、ただの旅ではないので食事の時にも交流が盛んに行われました。

その時、知り合った方たちとはメール交換をしたり、FBで交流したり、世代も地域も違う方々との出会いの場となりました。そこで出会った方たちとまた別のツアーに行ったり・・


そんな中で出会ったのが大学生のKくんです。Kくんは、背も高くシュッとしているタイプで、私たち仲間の間では「向井理似」ということになっています。本人は嫌がっていますが・・




彼はとっても真面目な子で、将来の話を熱く語るタイプ。世間知らずではありますが、とっても可愛い男の子です。ボランティアの時も一生懸命で、オバサングループには大人気でした。でも、その反面、実はとってもHが大好きな子でした。


大学が夏休みになったばかりの頃、彼からメールきました。近くに来てるからご飯を食べませんか、というものでした。すでに何度もあっていて、お互いの住んでいる町などもしっていたので気軽にOKをし、お昼御飯に行きました。

2人っきりで会うのは初めてだったので、彼を独り占めしている気分でご飯の後も、我が家の近所を案内したり、下町でちょっとした観光地でもあるので、久しぶりのデート気分に浮かれていました。映画を見たいと言うので、2人で映画館にも行きました。

主人以外の男性と映画をみるのもはじめてで、勝手にドキドキしてました。


その映画館でのことです。映画に夢中になっていたら・・彼から手を握られました。ビックリして引っ込めようとしたらもっと強く握られました。すると、体が固まってしまった私の耳元で彼が「このあとしませんか?」言いいました。心臓がぎゅ~っとなりました。もう抵抗できませんでした。


その後の事は、ぼんやりしていて、後から断片的に思い出してはほてってしまいます。映画の結末はほぼ覚えていません。

「終わったから行きましょ」と言われ、私は何にも言えずに彼に手を引っ張られるまま、、タクシーに乗せられました。タクシーの中では、彼はずっと私の手をさすっていまた。

それだけでゾクゾクしてしまって、ほてってしまっていたようです。ホテルのエレベーターでキスを求められました。すこし怯えていた私でしたが、それをキッカケに頭がはじけてしまいました。過呼吸になるぐらい、夢中になって彼の唇をもとめてしまいました。部屋に入ると、彼に言われるまま、ジーパンを脱ぎました。

すると、彼は全裸になりました。若くて締まったからだ、すでに、あそこは大きくなっていました。こんな男の子に今からおかされるのかと思うと、興奮がピークになっていたかと思います。彼は、何もしなくていいからというと、下着の上から私のアソコに触れました。

すると、私はビクンと反応し、それだけで大きな声を上げ、恥ずかしくてしゃがんでしまいました。そのまま動けなくなった私を、彼はベッドまで持ち上げ、転がすと私の下着を脱がせ、いきなり挿入しました。


あっという間の出来事でした。本当にそこからはスゴク、とんでもなく気持ちが良かった事しか覚えていません。

冷静になったとき、時計を見たらすでに夜の7時過ぎ、ビックリして飛び起きて、たいして別れも言わず、お金だけ渡して逃げるように家に帰りました。

主人はいつも9時ぐらいに帰宅るので、それまでシャワーを浴びて、着ていた服を洗濯し痕跡を消しました。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][人妻][熟女][不倫][セックス][絶頂]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻の浮気 | 【2016-06-17(Fri) 20:10:13】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]
コメント
歳食ってからの不倫って、
夢中になる主婦多かった。
2016-06-18 土  20:59:19 |  URL | 鉄三 #X.Av9vec [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*