FC2ブログ
アクセスランキング

彼女の部屋で見つけたDVDの中身…1【寝取られ体験談】

今日の昼彼女の部屋に1人でマターリしてました。

暇なんで彼女の少女漫画をぱらぱらと見てた所パナソニックの小さいDVD?RWがポロリと出てきた。

なんだこれ?と思いDVDプレイヤーに入れてみると再生ができない。


パソコンを彼女は持ってないので速攻自分の家に帰りPCで再生してみると彼女と知らない男のハメ撮り動画が30分入ってた。


内容はまず彼女と知らない男がディープキスがいきなり写されており髪型から最近のものと判明

彼女はもうすでに真裸にされており男も真裸、そして撮影される彼女は嫌がりながらも男は撮影を続けていた。

まずマンコのドアップで指を2本いれ激しく動かしている。

時折その中に入れている指を大きく開き中を映そうとしていた。


すると男はちんぽ舐めてと彼女に言い、彼女はいつも俺にしてるようにちんぽを舐め始めた。

男は今誰のちんぽ舐めてますかぁ?とか、おいしいですかぁ?とか質問し彼女は舐めながら頷く。




彼女の名前は瑞貴、男の名前はたつやと彼女が呼んでいる。

ちなみに瑞貴は年齢が20歳、顔はかわいいほうだと思う。

販売系の仕事をしているのだがよく携帯番号を聞かれ困ると言っているから・・

瑞貴は顔をアップで映され、たつやのちんこを舐めながら、恥ずかしいから取らないでよと微笑みながら言っていた。


たつやはカメラを机に置き69をしようと言った。

瑞貴はカメラを意識してか絶対いやだ!と言う。

しかしたつやは無理やり足を持ち69の体制へ・・

瑞貴も抵抗していたがまんこを舐め始められると抵抗を諦めたのか、たつやのちんこを舐め始めた。


たつやは言葉攻めが好きらしく

「今日はすごい濡れてるけどなんで?」とか言っている。彼女もそれに対して何か言ってるみたいだが聞き取れない


たつやは体勢を変え、瑞貴の足を掴み大きく広げさせ、机に置いてあるカメラに向かってまんこがよく見えるように撮っている。

俺は画面越しに自分の彼女が他の男と映ってるのを怒りと興奮が混ざりながら見ていた。


たつやは瑞貴に自分でまんこよく見えるように広げろよと命令する。瑞貴はためらいながらも恥ずかしそうな顔をしながら両手を使って広げて見せていた。


たつやはまた指マンをはじめ、潮を吹かせようと激しく動かし瑞貴の喘ぎ声が段々聞こえるようになってきた。

2分弱位したころから瑞貴のまんこからは大量の潮が噴出し、たつやはそれを見て「すげーすげー」と言いながら笑っている。

たつやはカメラを再度手に持ち「入れてほしい?」と聞き、瑞貴は頷いた。


初めはゆっくりとちんこを近づけつつ瑞貴のまんこに入れようとするが、わざと入れないで焦らしてる。

瑞貴に「ちんこ入れてください」って言ってよと、たつやが言うと瑞貴はためらいもなく「たつやの入れてください」と言った・・

たつやは「よくできました」と満足そうな声で言っていた。


入れた瞬間大きな声が瑞貴から漏れ、手に持っているカメラが大きく揺れている。

たつやは「気持ちいい?」と何回も聞き、激しく腰を動かしながら自分の指を瑞貴に舐めさせている


その指舐めさせた指をクリトリスに持って行き、入れながら触っている様子(映像がずれており見にくい)

体勢を変え瑞貴は四つんばいにさせられバックに切り変わる。

瑞貴はバックに弱く更に声が大きく漏れる。

たつやは右手にカメラ・左手は瑞貴のお尻を叩きながら突き上げていた所でビデオが終わりました。



明日瑞貴と話し合いをします。

別れようと思いますが、恥ずかしながらそのビデオがかなり興奮してしまい何回も抜いてしまいました。



彼女の部屋で話し合う事になり話をしました。

彼女には話す内容は言ってなかったのですが、DVDが見つかった事は推測できたらしく、部屋に行ったときにはあからさまにおとなしい表情で待っていました。


まずDVDを机に置きどういうこと?と聞くと、瑞貴は無言のまま言葉をしゃべりません。

何分たっても無言のままなのでこっちから更に切り出し、いつからなんだ?と聞くと、4ヶ月前くらいから体の関係があったとの事でした。

どうやって知り合ったかを聞くと、よく来る店のお客で飲みに行こうと誘われ、瑞貴の友達と4人で飲みに行ったのが始まりとの事でした。


カメラに撮られたのは3回あるとの事で、DVDをもっている理由は撮らせるかわりに瑞貴が保管して、たつやには持たせないのを約束したかららしいです。

俺は瑞貴がやられているDVDを見てからはそれを見てオナニーばっかりしており、俺は残り2枚が正直な所見たくて仕方ありませんでした。

その残りのDVDを出せと言いましたが瑞貴は応じません。


何回かそのやり取りをしたのですが瑞貴は応じず仕方なく話を変えました。

今までしてきた事を全部話せと言うと瑞貴は、話せば別れないの?と聞いてきたので、わかんないけど正直に話さないと今ここで別れようと言いました。


瑞貴は本当のところはわかりませんが別れたくないと言います。

もう連絡を絶対とらないので許してほしい、たつやの携帯のアドレスも番号も消したとの事(あっちから連絡あれば意味ないじゃんと心で思いつつ)

僕はもう無理だから別れようと言いました。


同じような経験をされた人はわかってもらえると思いますが、自分の彼女が他の男に弄ばれている動画を目の当たりにすると、憎悪と同じくらい興奮と彼女に対する気持ちが大きくなります。

むかついて仕方ないのですが、情けない事に見る前より瑞貴の事ばかり考えていました。そしてその動画を見てしまうと他のDVDが見たくて仕方なくなるのです。


俺の怒鳴り続け、瑞貴に文句を言い続け、瑞貴は黙ったまま泣いてました。

瑞貴が言う言葉と言えば連絡を絶対取らない・もう会わない。

瑞貴は何が何でも3人での話し合いを避けたいように見えました。


実際俺も3人で話し合いなんかしたくありませんでした。

しかし俺は瑞貴にお前の言う事は信用できないし、どんなことされて来たかもわからないので、DVDを出すか、たつやを呼べと言いました。

瑞貴は泣きながら考えさせてと言ったのでいったん帰りました。


玄関で靴を履くときに机に置いたDVDを持ち帰るのを忘れたのですが、今更取りにいけるわけもなく、失敗したと思いつつトボトボ帰ってきました。

瑞貴は朝におはよう 起きてる?といつもの目覚ましメールと、寝るときにおやすみなさいと言うメールの2通だけは連絡して来てました。

俺はもちろん返信はしません。

そして昨日部屋に来てという連絡がありました。


たつやが部屋に居たらどうしようと心臓がドクドクしながら部屋を開けると、瑞貴が一人正座して座ってました。

内心ホッとしながら瑞貴に話しかけました。

どうするか考えたのかと聞くと、考えたけどたつやと3人で話したくない。もう絶対会わないから、そしてDVDは見てほしくないと言ってきました。

そんな瑞貴の都合のいい事ばかり聞けるかと当然俺は怒り、本気で別れ話をしました。

あまりの瑞貴の身勝手さに本当にどうでもよくなり話していると、瑞貴にもそれが伝わったのかDVDを出すと小さな声で言いました。


棚の上から持ってきたのは2枚のDVD-RW、それを見た俺は心の中でテンションがあがり、正直早く帰って見たくなりました。

しかしすぐ帰るわけにも行かないので、たつやとどんな事をしてたかを瑞貴の口から聞きたくて、質問攻めばかりしてました。

俺はその2枚が見てないDVDだと勝手に勘違いしてたのですが、瑞貴から話を聞いてると、どうも俺が見つけたDVDと新しいDVDの2枚が目の前にある様子


あと一枚はどうした?と聞くと「なくした」と小さな声で言う。

2年半も付き合っているので瑞貴が嘘を言ってるのはすぐにわかりました(浮気を全く見抜けなかった俺が言うのもなんですが)

理由は多分絶対見られたくない内容が入っており隠そうとした事。

俺はこの期に及んでまだ嘘つくのか!と怒り、さよならと言い玄関に向かうと、瑞貴は「待って!」といいDVDを見る前に別れるか別れないかを教えてほしい、そしたらもう一枚出すとの事。


どうせ別れるなら見せたくないと言う瑞貴に腹が立ちつつも、瑞貴がこの状況になってるにもかかわらず隠したがるもう一枚のDVD、見たくて仕方ないんですが、それを見てしまってから普通に瑞貴と付き合っていく自信もない。

しかし瑞貴の気持ちは大きい、一瞬で色々考えましたが(あっちが悪いんだから見てから付き合えそうになかったら別れよう)と思い、別れない約束をしました。俺も最低だとわかってます。


そして3枚のDVDを俺は持って帰りました。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][浮気][ハメ撮り][フェラチオ][アナル舐め][シックスナイン][指マン][潮噴き][生挿入][連続絶頂][口内射精][セックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


寝取り・寝取られ | 【2016-05-23(Mon) 20:10:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*