FC2ブログ
アクセスランキング

危ないトレーニングジム 1【堕ちた人妻】

「あぁ、鎌田さん。今日はゴメンナサイね。朝早くからこんなこと頼んじゃって・・・」
いつものトレーナーが頭に手を置き、ペコッと頭を下げる。

「いえ・・・、こちらこそお世話になっています。気にしないでください」
そんな低姿勢のトレーナーに、笑顔で応える未央。

「こちらが撮影に協力してくださる方ですか?」
声のする方を見ると、見た事の無い男性が入り口から入ってくる姿が見えた。

「あ、中村さん。こちらが協力してくださる鎌田未央さんです」
トレーナーの紹介を受け、未央の前へと歩を進める中村と呼ばれた男。
未央の前まで来ると、手をすっと差し出し握手を求める。

「始めまして、鎌田さん。中村です。このジムとは縁がありまして・・・。私も出演を頼まれたんです」
ニコッとさわやかに笑いながら差し出す手に、未央も思わずつられ、笑顔で手を差し出す。

「は、はい。始めまして。鎌田といいます。今日はよろしくお願いします」
「いや~、美男美女とはよく言ったものだ。二人ともとても栄えますよ!」
嬉しそうに話すトレーナーに中村が言葉を返す。

「いやあ。でも鎌田さんはとても綺麗な方で・・・誰も僕なんて見ないですよ。」
「えっ!?そ、そんな・・・私なんて・・・」
未央は真顔で誉められ思わず照れてしまう。




「ははは!お互い謙虚ですねぇ。はっはっは!」
大声で笑うトレーナーにつられるように、中村と未央も顔を見合わせて笑みをこぼした。
壁の大きな鏡の反対側の時計が9時になった。普段と違って今日は夕方5時までジムは休み。トレーナーと中村、そして未央がジムを独占している。


「さあ、それじゃそろそろ準備にかかりましょうか」
トレーナーの言葉に頷く二人。

「じゃあ鎌田さん。まずはいつものウェアーに着替えてください。慣れた格好で体をほぐしましょう」

中村の言葉にハイと返事をし、未央は更衣室へと消えていった。
”楽しく撮影出来そうで良かった。中村さんも優しそうだし・・・一安心、かな”
更衣室でいつものレオタード姿へと着替える未央。
”イケメンで・・・背も高くて、綺麗って言われちゃった・・・ふふ”

その頃二人の男は別室でモニターを見つめていた。
「どうです?美人でしょう?彼女はウチのジムの主婦の中でNo1ですよ」
「あぁ・・・顔立ちもスタイルもバツグンだ。胸も凄い。あれだけ大きいのに全然垂れてない。」

更衣室に取り付けられたカメラは、着替えをする未央の姿を鮮明に映し出していた。
生まれたままの姿を見られているとも知らない未央は、いつもの様に着替えを進めていく。

「ま、じっくりいくさ。時間はたっぷりあるから。」
スクッと立ち上がる中村、遅れてトレーナーも立ち上がる。

「さぁ、それじゃいつものエクササイズから始めましょうか。」
中村の言葉に従い、二人で通常のエクササイズで体をほぐしていく。
しかし未央の動きはいつもより固い。

「どうしたんですか?鎌田さん。なんだか動きが固いですが。」
中村が優しく未央を気遣う。

「い、いえ。カメラを向けられるのは初めてなので緊張してしまって。」
未央の目線の先には、三脚にセットされたビデオカメラがある。

「まだ撮っていませんよ。調整しているだけです。初めからカメラがあったほうが慣れるでしょ?」
トレーナーの言葉に納得し、未央はエクササイズを続ける。


十数分後・・・
「よし、このくらいで良いでしょう。鎌田さん。そろそろ撮影の準備に取り掛かりましょう」
カメラにも慣れ、すっかり体のほぐれた未央は、気持ちのいい汗をかいていた。

「それじゃ鎌田さん。これに着替えてきてください。ちょっと値が張りましたが頑張ってみました」
「は、はい。それじゃ着替えてきます」
トレーナーから紙袋を受け取ると、未央は再び更衣室へ向かった。

未央は着ていたレオタードを脱ぎ、軽くシャワーを浴びて汗を流す。
”どんなレオタードかな・・・?えっ!?こ、これって・・・”

渡された薄いグレーのレオタードを見て、未央は思わず絶句した。
いつも未央はTシャツをレオタードの上に着ているので、胸のパットを準備していない。
しかもハイレグで、重ね着できるTバックの下着も持ってきていない。
”ど、どうしよう。こんなの着たら・・・見えちゃう?”

”でも、せっかく買ってもらったのだから、上からTシャツは着れないわ。”
覚悟を決め、ゆっくりと着替えを始める。
着替えを終え鏡の前で自分の姿をチェックする。アンダーの薄い未央は、無駄毛のはみ出る心配は無い。

”でも。こ、こんな格好、胸の形がこんなに・・・”
心なしか小さめな感じのするレオタード。ピッチリとしたレオタードの上から、バストの形がはっきりと見える。
”でも撮影の為には仕方無いわ。うん、エクササイズするだけなんだから大丈夫。”
自分に言い聞かせて未央は二人の元へと戻っていった。

「あ、着替え終わったんですね。よかった、グレーで身体がシャープにみえますよ。それじゃ始めましょうか。ここに立ってください」

中村の言われる位置に立ち、いよいよ撮影が始まり、いつものようなエクササイズが続けられていった。

”やっぱり大丈夫ね・・・。二人ともレオタードの事なんて気にしてないわ・・・”
すっかり安心しきった未央は中村の指示にしたがい、順調に撮影を続けていく。

”い、いつもより動きが激しいかな。胸が動いちゃう。”

パットの入っていない胸は、プルンプルンと揺れ動く。
乳首がレオタードにすれ、微妙な感覚を未央に与えていく。
”あっ乳首が・・・・。だめ、立ってきちゃう。”

刺激を与えられた乳首は少しずつ隆起し、パットの無いレオタードを押し上げ始める。
そんな未央を気にせず、中村は変わらずエクササイズを続け、トレーナーは撮影を続けている。

”だ、ダメ。みんな真剣にやってるんだから。しっかりしなくちゃ!”
少しずつ湧き上がってくる感覚を押さえつつ、必死に中村の指示どおりに動く。

「次は前屈を行います。後ろを向いて足を大きく開いてください。そのままグーっと体を前に倒します」

指示どおり足を開き前屈を行うと、足の間からカメラで撮影しているトレーナーの姿が見える。
”お尻とアソコ・・・見られちゃってる!?だ、だめよ、そんなことないわ。しっかりしなくちゃ!”

カメラにお尻を突き出すように前屈を繰り返す。
薄手の布一枚の秘部は、汗に濡れしっかりとその形を現していた。
そして、未央の体のほてりは少しずつ、だが確実に大きくなってきていた。

”おぉ、あそこがバッチリ見えるぞ。乳首もしっかり立ってきてる。そろそろ効果が出てきたか?”
カメラを覗きながら、未央の胸やアソコをズームで拡大しながらトレーナーは心の中で呟く。

そう、ハイレグのセクシーレオタードには、アソコに白い粉がふりかけてあった。
モチロンそんな事など知らない未央は、二人に迷惑をかけまいと必死で演技を続けている。

「横向きに寝転がって肘をついて状態を起こします。足を伸ばし片足を大きく上下します」
未央は中村の言葉にゆっくりと従う。

既に乳首ははっきりと分かるほどに隆起して、動く度にその先端から刺激が未央の体を駆け巡る。
言葉どおりに横になり、そのスラッとした片足を上げると、パカッと未央の中心が足の間から顔を覗かせる。
未央からみて真下の位置でトレーナーがカメラを動かす理由など考える余裕など無かった。

「ハイ上げて~、下げて~。ハイ上げて~、そのまま止めて~。」
カメラにアソコを見せつける様に足を大きくあげる未央は、まるで中村の操り人形であった。

”あぁアソコが・・。食い込んじゃう。体があ、あつい。”
激しく足を上下する度、レオタードが食い込み刺激が強くなる。
「はぁ、はぁ、ん。はぁは、あっ」
動くたび、胸やアソコから湧き上がってくる感覚に思わず吐息が漏れてしまう。
”あぁ。だ、だめ。濡れてきちゃう。私・・・こんな所で。”

「ハイ!エクササイズはこれで終了です」
「あ、はい・・・。ありがとう・・・ございます」

本格的に感じてしまうまえに終わってホッとする未央だったが、心の何処かで物足りなさを感じていた。
未央は無意識で、太ももをスリスリとすりあわせ、レオタードの食い込んだアソコを刺激していた。

「あ、あのー。これで終了、でしょうか?」
中村とトレーナーは顔を見合わせると、小さく頷く。

「鎌田さん、出来ればトレーニング機器の紹介にも付き合っていただけないでしょうか?」
トレーナーはまたしても申し訳なさそうに頭を下げ、未央に新たなお願いをする。
トレーナーと中村の真剣な眼差しに、未央はその申し入れを断れなかった。

「は、はい。いいですよ。私でよければ。」
「良かった~!鎌田さんのような美人に紹介していただければ、宣伝効果間違いなし!さっ、こっちです!」
トレーナーはそう言うと、奥の部屋へと未央を招き入れる。
指示に従い部屋へと向かう未央の後ろをついてゆく二人。
プルプルと左右に揺れる形のいいヒップを眺めながら、未央と共に部屋に入っていく。

「始めはこれです。鎌田さん、ここに座ってください」
トレーナーに促されトレーニング機器に座ると、早速撮影が始まる。

「これは上半身を鍛えるマシンです。このように・・・」
指示されるまま機器を動かす未央だったが、中村の行動に思わず声をあげてしまう。

「この機器は、特に後背筋とこの辺りの筋肉に・・・」
中村は機器の効果を話しながら、未央の脇あたりに触れたのだ。

「きゃっ!」
声をあげ思わず声をあげ手を離すと、ガシャーンと音を立て機器が軋んだ。

「うわっ!危ないですよ、ビデオを見る人に分かりやすいように説明しているんですから。お願いしますよ」
少し怒ったような表情を見せる中村に、申し訳なさそうに謝る未央。

「ご、ごめんなさい・・・」
二人は「全く・・・」とでも言いたげな困った表情を浮かべたが、撮影の続きを行うのだった。

「この機器は、特にこの辺りの大胸筋に作用します」
中村の手が未央の体をスーっと撫でるように動く。

「ん・・・んくっ・・・んんっ・・・」
その微妙なタッチに、思わず身をよじるが、必死にこらえる未央。

「更に女性の方にはバストアップの効果も期待できます」
そう言いながら、未央のバストの下を撫でるように動かすと、柔らかい乳房がタプタプと揺れた。

「あっ!・・・んんん・・・」
未央は唇をかみ締め声を我慢する。
機器を握り締める手がプルプルと震えていた。

「さて、次の機器の紹介に入りましょう。ささ、鎌田さん。ここに座ってください。ここに足首を入れて・・・」

フラフラと立ち上がる未央を支えるように、トレーナーは次の機器に未央を座らせる。
バネの力で左右に広げられた足を閉じる事によって筋力アップをさせる機器のようだった。

「この機器は下半身、特に太もも部分のシェイプアップに効果があります」
先ほどと同じように機器の説明を始める中村。
そこ言葉に従い、足を閉じまた広げ、また閉じ・・・と繰り返す未央。
しかし先ほどのエクササイズと同じようにパックリ足を開くと、レオタードがアソコにグッと食い込む。

”あぁ。また食い込んじゃう。しかも二人の目の前で。で、でも、やらなくっちゃ”
目を閉じて、必死で運動を続ける未央に、またしても中村の手が伸びる。

「この機器は、特にこの辺りの内転筋に・・・」
そう言いながら、中村は未央の内股に手を触れる。

「ああぁっ!」
先ほどよりもひときわ高い声をあげると、バネの力に負け未央の足は左右にパックリと開いてしまう。
しかし先ほどと違い今度は注意することなく、中村は説明を続け、トレーナーは撮影を続けた。

「この内股は女性にとっては脂肪が付きやすい個所です。でもこの機器でトレーニングすれば大丈夫!」
中村は熱弁を振るいながら未央の内股を摩りつづける。
付け根から膝へ、膝から付け根へと静かにスーっと手を動かすたび、未央の体がビクビクと震える。

「あっ、んんっ!あぁ、んくっ。」
ガバッと開かれたアソコにレオタードが激しく食い込む。
”あぁ、触られてる。私、感じちゃってる。?中村さんは一生懸命やってるのに・・・。私は・・・。”
心の中で葛藤する未央だが、中村の優しいタッチで与えられる静かな快感の波に、少しづつ揺られてしまう。

開かれた足の中心で、レオタードを飲み込んだアソコがヒクヒクと蠢く。
汗なのか愛液なのかは分からないが、その中心はしっとりと湿り気を帯びていた。

「あぁ。んあっ・・・あん・・・んくっ・・・あっ・・・」
足を開きっぱなしにしたまま、中村の手の動きに合わせて甘い吐息を漏らす。

未央はすでに中村の説明が終了している事など、全く気付いていなかった。
中村とトレーナーはまたも顔を見合わせると、中村は手を離しスッと立ち上がった。

「鎌田さん。次は新しい機器のして欲しいのですが、お願いできますか?」
トレーナーは更に次の依頼をしてきたのだが、未央にその依頼内容をまともに考える余裕は無かった。

「は、はい・・・。」
未央は新しい機器に仰向けに座らされ腰にシートベルトをつけ、足を装置にセットしベルトで固定された。
”足で押し出す機器みたいね。”
朦朧とする意識の中で未央が考えたとおり、足の力でペダルを押し出す機器であった。
しかし、通常の機器ではありえないほど足を開いている事など、今の未央に理解は出来なかった。

「それでは、ストッパー外しますね」
先ほどと同様、トレーナーがストッパーを外すとペダルがゆっくりと両足を押し上げる。

「あっ・・・」
「ん?どうしました?鎌田さん?」
怪訝そうな顔で問い掛けるトレーナーに、首を振り応える未央。

”真ん中の棒が・・・アソコにピッタリとあたっていてる・・・”
見ると、両足が固定されているペダルの間に直径2cmほどの丸いプラスティックの棒が付いており、その先端がちょうどM字開脚された未央のアソコに触れるか触れないかの位置で止まっていたのだ。

”一瞬触れたからビックリしちゃった”
「それじゃ、始めてみてください」
中村に促されると、グッと足に力を入れペダルを押し出す。
足を限界まで伸してから力を抜くと、ペダルがスーっと足を押し返してくる。
そしてペダルが一番上まで上がった瞬間、

「あぁっ」
またしても先ほどの棒が未央のアソコをチョンと突付いたのだ。
”触れただけなのに、声が出ちゃう。”
エクササイズに始まり今まで、散々快感の波に晒されてきた未央は、少しの刺激にも敏感になっていた。

「ささっ、続けてみてください」
トレーナーが急かすように言うと、未央はゆっくりペダルを押し出す。
グッと伸ばし力を抜き、ペダルが戻る。
それを繰り返すたびに、「あっ」「んんっ」と妖艶な声が漏れる。
そんな未央にまたしてもトレーナーが静かに近寄るのだった。

機器の後ろに立ち、何かのツマミを少しだけ回すトレーナー。
そんなトレーナーの事など知らない未央は、グッと足を伸ばし、スッと力を抜く。
スーっとペダルが戻ってきたその時、先ほどまでとは少し違う声が部屋中に響き渡った。

「ああぁっ!」
先ほどよりも強く、棒が未央のアソコを刺激したのだ。
”さっきより、強い・・・あぁ・・・だめぇ・・・”
トレーナーが回したツマミは、ペダルの戻る位置を変更するスイッチだったのだ。
先ほどより1cmほど上まで戻るペダルの中心は、未央のアソコにググッと押し付けられていた。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[エッチ][人妻][エクササイズ]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2016-05-16(Mon) 23:10:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*