FC2ブログ
アクセスランキング

ナースの私に若くて元気なセフレが出来ました【人妻体験談】

ある大きな病院で9月まで働いていました。結婚して2年になりますが、夜勤も日勤も忙しくて、その時は周りのことはそんなに気にしてませんでした。

24歳の患者さんで私より4歳年下の、ナースの中では結構人気の、かっこいい感じの患者さんがいました。入院してるときはそんなに普通でした。

しかし退院されてから1週間くらいして病院の外で私を待っていました。私はびっくりしたのと、どうして?という思いがあり、その日は誘われたけど断って帰りました。


次の日も待っていました。前の人は違う時間なのになぜ?と思ったけど、シフトのローテーションを覚えていたそうです。

その日はお茶だけと言う約束で彼の車に乗りました。しばらく車の中で話をしてると、封筒を私にくれました。

中を見ると、私の写真が入っていました。それも盗撮みたいに撮ったものばかりでした。

病室での写真ですが、後ろを振り向いて前に屈んで、ナース服から太腿が露わになっていたり、光に当たってナース服から下着が上も下も透けて見えていたり、座り込んだ私を正面から写してて、パンストもあるけどパンティーが見えてる写真が20枚近くありました。




初めは「何これ?」って感じで、怖いのと訳がわからないと思いました。

「○○さんのことこの写真を思い出して1人でしてるんだ、だめかな」と今まで見た事のないようなやらしい顔で運転しながら言いいました。

私はすごく怖かった。この人おかしいと思いました。でも彼が絶対セックスはしないから、僕だけに写真と同じ姿を見せて欲しいと何度も言われ、その顔がかわいそうなくらい悲しそうで、私をどのくらい必要かとずっと話していました。30分くらいそうしていたと思いましす。

すごく怖かったけど、私も冷静になって同意してしまいました。彼はすごくうれしそうな顔をして、ラブホテルに入りました。


部屋に入るとまた私は怖くなって、体が固まる感じで彼の言いなりになっていました。洗濯する為持っていたナース服に着替えてました。着替えてるときは彼は離れて後ろを向いてくれてました。

着替えると彼はカメラを持って私を写しはじめました。私にポーズを注文しながら服を脱いでいました。

彼はパンツだけになり私を写していました。後ろから写されたり、座り込んだり、背伸びをした私の下から写したりされてました。


私は怖さもあったけど、写真を撮られ始めて、彼のパンツの中のおチンチンが大きくなってくるのを見て変な気分になっていました。

ナース服の前のボタンをはずしてとかめくってパンティーを見せてとか、だんだんハードに命令がなってきたとき「もう我慢できないよ、自分でするから気にしないで」と言ってパンツも脱いでおチンチンをしごきはじめました。

私は命令されるポーズをとりながらそれを見ていました。私も濡れてると自覚してました。

すると「パンティーにシミが」と指摘されました。「○○さん、名前は?」「ゆうこ」聞かれて答えると、「ゆうこは俺のをみて興奮してくれたんだね」と言いながら私に触ってきました。

その時の変な状況に拒否できませんでした。ブラをずらせれて乳首を口に含まれると、私の体を反応してしまい、彼の行動を増徴してしましました。

「これがほしいんだろう」おチンチンを目の前にもってこられて、私はそのままフェラチオしました。大きくて硬いおチンチンはいっぱい口の中で暴れている感じでした。

それから私も欲しくなって、彼の言われるまま、ナース服をめくって「ください、オチンチンをおマンコに入れて」と旦那とするときも言わないセリフを言わされて、セックスしてしましました。長さも太さも、あんなに大きいのは初めてでした。

硬さもカチカチで奥を突かれつ感じがすごかった。前の病院をやめて新しい病院に行っても彼とは続いています。写真も撮られています。旦那に悪いのでいつも別れようと思ってますが、写真で脅されています。

私もあのおチンチンが忘れそうにないので、完全に拒否できません。旦那とも週に3回はしていますが、先週は彼と毎日してしまいました。それなのに私の写真を見て毎日1人でしてくれてるそうです。元気なセフレができました。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][ナースと患者][人妻][ディープキス][巨根][フェラチオ][セックス][絶頂][セフレ]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻・熟女 | 【2016-05-05(Thu) 10:10:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*