FC2ブログ
アクセスランキング

落書きに導かれて秘密のサイトに【体験談】

平日の午後。僕はいつも通り会社を出て、得意先への営業周りをしている。
仕事の話がなくても、顔を出しに行くだけでも仕事。
この地道な作業が、わが社で成績を上げる一番簡単な方法だ。
 
ある程度の成績さえ上げていれば、途中の喫茶店で休憩しようが会社から文句を言われることはない。
こうして会社の外に出て、自分のペースで仕事を出来る今の会社に僕は不満など持っているはずがない。

午後3時。僕は決まって休憩を取る。
毎日喫茶店・・なんてのも正直給料日前には厳しくなるから、天気の良い日なんかは、コンビニでスポーツ新聞でも買って公園でゆっくりなんてのが日課になっている。

「あはははっ 俺も昔こんなのやったな・・」
いつもとは違う公園。座ったベンチには 「ゴミ箱を見ろ」 なんて書いてあった。
こうやっていろんな場所を指示して、最後は「馬鹿が見る」なんて書いてあるのがオチだ。

「今の子供でもこんなことやってるんだな」
なんだか懐かしい気分になった。


家でテレビゲームやネットなどに夢中になってるイメージのある今時の子供達がこうやって公園で、昔の自分達と変わらない遊びをしている。

「どれ・・ここはおじさんが引っかかってやるか」
昔と違い、今の子供達はどんなオチを考えているのか?
まるで自分まで子供に戻ったような、ほのぼのとした気分にさせられる。




ゴミ箱を見ろ・・滑り台の下を見ろ・・トイレのドアを見ろ・・
僕は公園の隅から隅まで歩かされた。

「おいおい・・オチはまだかよ・・」
自分達の時は正直3・4箇所程度で終わらせていた。しかしこれは、それどころでは終わらない。

「マジかよ・・どこまでやってるんだ?この子供達は・・」

普通の人ならここら辺りで諦めているかもしれない。
何故なら次に指定された場所は電車を乗って隣町だったからだ。
大人なら呆れてやめるだろうし、こんなことに夢中になるような小さな子供達ならそんな所まで行かないだろう。
それでも僕は呆れもしなかったし、諦めもしなかった。
ここまでやるんだからどんなオチを用意してるのか?
僕が期待したオチは、本当にそこまで頑張った自分が滑稽に見えるほど馬鹿馬鹿しいオチだ。


「え~と・・次は・・」
僕は落書きに導かれるまま隣町まで来た。
その町は昔、妻が通っていた学校のある町だった。
仕事でも何度か来ている場所。土地勘は十分だったし、目新しさも感じない場所だ。

次に書かれていたのは、駅前にある商店街のゴミ箱の裏だった。
人通りも少ないわけではない。ここでゴミ箱を持ち上げ、ひっくり返すのは相当恥ずかしいが・・。
僕は周りを気にしながらゴミ箱の裏を覗き込むと「ここからの文字をメモしながら続けろ」と書いてあった。
その下は3文字のアルファベット。
僕は仕事で使っている手帳にそのアルファベットをメモした。


それからまた同じように様々な場所に行かされたのだが、3文字のアルファベットは続いていた。
その文字を見つけるたびに僕はメモをしていく。
僕はそこでピンときた。
「なるほど・・今時の子供らしいねぇ」

これを繋げるとアドレスになるのだろう。
それを開いてみると、僕達の時代で言う「馬鹿が見る」なんてオチが待っているはずだ。
オチ自体は見ていないが、この子供達がやらせたいことが見えた今、多少興味は薄くなったが、僕は最後までそのURLを確認した。


仕事から帰ると僕はパソコンに向かった。
昼間確認したあの落書きのオチを確認するためだった。

「先に寝るよ?」
妻が僕にそう言葉をかけてくる。
結婚して2年目。30歳になったばかりの妻は未だに少し子供っぽい。
それは見た目というのではなく、甘え上手な性格がそう見せているのだろう。
まだまだ甘い新婚生活気分を味わえているのは、妻のそんな性格のおかげかもしれない。

「ちょっと遊んでからすぐ行くから、先にベットに入ってていいよ」

当然妻とは頻繁に愛し合う夜が多い。
これで子供が出来れば変わるのだろうが、それはもう少し先の話になるのだろう。


妻が寝室に行った頃、うちの古いパソコンがやっと立ち上がった。
メル友なんてものはいないが、それでも形だけメールを確認してすぐに昼間メモした手帳を取り出す。

「どれどれ・・え~っと・・」
僕は手帳と画面を見比べながら、間違いのように打ち込んでいった。

「よし・・これで・・・」
別に何も期待していない。ただどれだけ滑稽なオチが待っているのか。
僕はそれを確認したいだけだったのに・・。


「ようこそ」
黒い画面にピンクの文字でそう出てきた。

「ん・・なんだ・・これは?」
ただの子供の悪戯を期待していた僕の目に入ったのは予想外のものだった。
「ようこそ」と書かれた下には妻が卒業した高校名が書かれている。
そしてその下に
「卒業生ですか?」
「男子ですか?」
そんな簡単な質問がいくつか並び、最後に
「ここの入り口にアクセス出来るのは一度きりです。お間違えのないようにお願いします」
と書かれていた。

僕は、すべての質問にYESと答えた。もちろん僕が卒業生であるわけがない。
嘘だったのだが、おそらくこう答えることで先に進めるのだろうと予想してだ。
もしここで本当の事を答えて入れなかったら、二度と先に進めないかもしれない。


どういう作りなのか僕もパソコンに詳しいわけではないが、一度きりしかアクセス出来ないというのだ。ここは間違えられない。


すべての質問にYESと答えると、画面は僕の予想した通り次のページに進んだ。

「ようこそ。 男子だけの素敵な同窓会へ」
そんな文字が目に飛び込んでくる。
その下には何年卒業と書かれた文字が並び、クリックすることで開けるようだ。
なんのことはない。男子だけ・・なんて文字が気になったがただの同窓会HPといったところだろう。

「同窓会のページならあんな面倒なことして知らせなくてもいいのに・・」
普通の同窓会HPだったということで、多少がっかりしながらも僕は妻が卒業した年をクリックした。


「へぇ~・・卒業アルバムかな」
妻が卒業した年をクリックすると、何人もの顔写真が出てきた。
卒業アルバムをスキャンしたのだろう。
写りは鮮明というには程遠い。

「そう言えば昔見せてもらったよな・・」
付き合い始めた当初、僕は妻の家に遊びに行った時に卒業アルバムを見せてもらった。
制服を着た初々しい妻。笑顔で写っていたのを覚えている。
「たしかC組とか言ってたかな」


僕はさらにC組と書かれた文字をクリックする。
「あぁ・・やっぱり。卒業アルバムのスキャンだ」
アルバムをなくすなんて人はそう居ないかもしれないが、こういうHPがあると気軽に見れていいものかもしれない。
確かにこうやってアルバムの写真を載せてるなら、公にHPを公表できないこともなんか納得出来た。

「妻は・・」
僕は何人も並んだ生徒達の中から妻を捜す。

「平沢有紀」そう書かれているのが妻だ。もちろん今では苗字が違う。
それでも付き合う前の関係では「平沢さん」と呼んでいた時期もあって懐かしい。
「ん・・でもちょっと待て・・変だぞ?」


僕は画面を見ていて不思議なことに気付いた。それと同時に最初のページで出ていた「男子だけ」の文字が浮かぶ。
その卒業アルバムの写真を載せたページには女性生徒しか載せられてなかったのだ。

「どういうことだ・・・」
僕はマウスを動かし、男子が載せられているページを捜すが見つかる気配すらない。
そうしているうちに、僕は女子生徒達の写真にカーソルを合わせると、さらに進めることに気付いた。
僕は有紀の写真にカーソルを合わせてクリックする・・。


「こ・・こんなことが・・」
クリックすると画面は変わり、妻の写真のアップが出てきた。
それは先ほどのページと同じアルバムをスキャンさせた写真。
しかし驚いたのはそんなことではない。


名前、生年月日、血液型。そんなプロフィールから始まり、学生時代の部活動や体育祭などの成績も書かれている。
それ以上に驚いたのは・・

「まさか・・そう言えば有紀の初体験の相手って確か同級生て・・・」
さらにその下にはもっと僕を驚かせる文字が書かれていたのだ。

「高校2年 16歳 8月9日 処女膜喪失」
詳しい話は有紀からも聞いていない。
しかし確かに16歳と聞いている。
当時付き合っていたクラスメイト。

僕は、その横にさらに「処女膜喪失時の詳細」と書かれた文字を見つけ、この有紀にとって初めての男がこのHPに参加していることを知る。


「処女膜喪失時の詳細」そう書かれた文字をクリックした。
そこに書かれていた内容はまるで妻の大切な初体験を笑い話にしたような馬鹿げたもの。
あまりにも挑発的で、腹立たしいという言葉しか出てこない。
「俺が有紀の処女貰ったぜw」
そんなタイトルだった。


みんな~ 久しぶり。本木だけど覚えてるかな?w
俺と有紀が付き合ってのみんなは知ってたよね?
江良も谷原も確か有紀に惚れてたよな?
え? これ言っちゃまずかったか? 
もう過去の話し出し勘弁しろやw
その代わりお前らが惚れてた有紀が初めて股開いた時の話するからよw


あれは夏休みでさぁ。場所は俺の家。
まあ・・当時の俺も童貞で緊張してたなw
でもその日は絶対やってやろうと思って有紀を呼んだんだよ。
それまでにオッパイ揉んだりくらいはしてたんだけどなぁw
そうそう。有紀のオッパイ意外とあるんだぞ?って言ってもCだったから普通くらい?w
揉んでも下向くだけでよ。「ちょっとくらい喘ぎ声出せよ」なんて思ったり思わなかったりw
ちょっと話がずれてきたな。


私服の有紀を見たことないやつもいるんじゃない?
結構あいつスカートとかも多くてよ。
あの日もスカートだったな。赤いチェックのスカート。
ミニって言ってもいいくらいの短さだったよ。
ひょっとしたら有紀もスカート捲られるの期待してたんじゃねぇの?w


そんな期待されたら当然捲るよな? もう簡単に「えいっ」ってよw
いやぁ~ 良かったねぇ 今でも覚えてるよ ピンクのパンツ。
いや ここはちょっと変態チックにパンティなんて言った方がいい?w
有紀の膝掴んでガバッって開いてよ。
まるでひっくり返ったカエルって感じ?w
丸見えパンティこんにちわぁ~ ってやつだよwww
それでもあいつ大人しくてよ~ 有紀も覚悟してたんじゃないの?


俺も爆発寸前でパンティ剥ぎ取ってさ。
俺が初めて見たマンコだったねぇ え?ピー音入れた方がいい? いいじゃん別にw
有紀のマンコ 有紀のマンコ 有紀のマンコ 有紀のマンコwwww
これだけ言ったら今更ピー音入れても無駄だろう?w
有紀のマンコどんなんだったか知りたいやつぅ~
おっ・・いるねぇ 特に江良と谷原は元気だw


最初見た時はちょっとしたショックだったね。
こんなこと言ってもまじめに付き合ってはいたからなぁ~
まさか有紀にあんなもんが付いてるとはって感じだよw
でも今になってみれば綺麗なマンコだったってのがわかるんだけどな。
マン毛は多くも少なくもなくって感じか。
ビラビラは処女だけあって綺麗に整っててよ。
初めて見るマンコだからじっくり見たいじゃん?
クリトリスってどれだ・・なんて捜してみたりw
皮捲って豆見たいの見つけてさ。薄いピンクってやつ? 今思えば相当綺麗な色だったなぁw
え?マン汁の方はどうだったか?ってw
お前ら~ そんなん普通聞くぅ~?w


しっかり湿ってましたwww(といいつつ答える俺w)
もうあとは突っ込むしかないだろ~
服まで脱がしてる余裕なんてなかったね
あいつもスカート捲れてパンティだけ脱がされてるって格好だったけど俺の方も下だけ全裸って情けない状態w
もうホントやるだけって体勢だよな
童貞君だった当時の俺はどこに入れていいかわからないでよ。
場所探してたら結果的にチンポでワレメなんかいも擦っちゃってなw
もうそれだけで爆発しそうってw
でもそれで満足しないのが男ってものだろ? いや漢ってやつ?w
入り口見つけて突っ込んでやったよ。


有紀の反応か?
特別痛がりもしないって感じでちょっとがっかりな部分もあったよ。
でも痛いことには変わりなかったんだろうなぁ
ちょっとずつ上に逃げようとするんだよ。
そんなの見せられたら逆に興奮しねぇ?
しっかり押さえて奥までグイッだよw
もう有り得ねぇと思ったね・・・
何が?って
マンコの気持ちよさだよ。
ゴムなんか用意してなかったから生ハメでよ。
こんなの10分どころか1分ももたねぇって思ったね。
案の定すぐにドピュッ・・だよ。
さすがに中はやばいだろうって思ってすぐに抜いたけどな。


結果的にマン毛にぶっかけることになってよw
気持ちよかったなぁ~
マンコさせてもらったんだから今でも有紀には感謝だなw
有紀も俺に感謝してるんじゃない? 膜破ってもらってw
まあ 有紀の膜破りはこんな感じかな。 質問あったら答えるよ~


状況の詳細と言うことさえ馬鹿げている。
まるで有紀を知っているクラスメイト達に自慢はなしでもするかのような口調だ。
こんな男に・・そう思う反面、別の心苦しさも生まれてくる。
この文章の書き方に問題があるとしても、内容的には有紀もこの男が好きだったことはわかる。
有紀の甘い青春の一ページには変わりない。


有紀はちゃんと僕以外の男と恋愛をし、身体を許してきたのだ。
僕はその事実を改めて認識させられた。
普通に考えれば当然なのだろうけど・・。
僕はそれ以上見ることなく、パソコンを閉じて有紀の待つベットに向かった。
もちろんこのページをお気に入りに入れることを忘れることなく・・。


あの日から僕は何度もあの同窓会HPを見るようになった。
もちろん有紀が寝静まるのを待って一人でこっそりと見ている。
何度も見て気付いたことだが、このHP内は相当広い。
掲示板からチャット。初日にみたアルバムの写真から載せられた女性達のプロフィールまで。
その中で少し変わった内容のものがあった。


有紀の学校は1クラス40人の4クラス。
1学年約160人だったらしい。
男女比率で言えば半々。約80人ずつと言ったところか・・。
この80人のうち何人の男子生徒達がこのHPに参加しているのか?
僕はそれを知ってしまう。
「ランキングベスト5」


そう書かれた文字をクリックしたのがきっかけだった。
それはこのページに立ち寄った卒業生にアンケートを採って集計されたランキング。
その「ランキングベスト5」と書かれた横に、「参加62人」と書かれていたのだ。
1学年80人。僕にはその62という数字に驚愕するしかなかった。
そしてその62人が、有紀はもちろん他の女子卒業生達が、まるで辱めを受けさせられているかのようなアンケートに平然と答えているのである。
僕はこのランキングの中で有紀の名前を探した。
いくつもあるランキング。


女子生徒も80人程いる。その中のベスト5なのだから有紀の名前がなくても驚くことではない。
いや・・むしろあった方が驚きだ。
そう思っていたのに・・・。
僕のその考えとは裏腹に、有紀の名前はあらゆるところで登場させられる。


「3年間で一番オカズに使った女」
1位 ・・・・ ・・  (15人)
2位 ・・・・ ・・  (12人)
3位 平沢有紀(C組) (11人)
4位 ・・・・ ・・  (9人)
5位 ・・・・ ・・  (4人)


3番目に多く使われてしまっていたということではない。
有紀を常にオカズにしていた男が11人もいるということだ。

「どんなやつらが・・」
どんな顔をして、どんな想像で有紀をオカズにしてきたのか。
確かに僕なんかには釣合わないほど有紀は可愛い方だと思う。
これは、僕が好きになった相手だからという贔屓目もあるだろう。
それでも僕の中では常に有紀が一番であることには変わりない。

僕は不思議とオカズに使われてきた怒りより
「何故一番じゃないんだ・・」
そんな気持ちが湧き上がってきていた。

おかしな話だろう・・・。
僕はこのHPでたくさんの女子生徒達に混じって有紀がオカズに使われるのを喜んでいるのだろうか?
「いや・・そんなはずは・・」
僕は必死に1人でそれを否定するように自分の頭を叩く。
僕はどうしたいのだろうか・・・。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][妻の初体験][乳揉み][生挿入][膣外射精][セックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2016-04-24(Sun) 20:10:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*