FC2ブログ
アクセスランキング

彼氏とのデートをドタキャンして…【エロ体験談】

年末の仕事納めの翌日28日、夕方から一応彼氏のKと会う約束になってたんだけど親戚のHからゴルフ練習お誘いのコール☆

「ごめ~ん、K。おかんと出かけることになっちゃってぇ…(^人^;)」
と彼氏を断ってHを選択した私(笑)
もちろんゴルフの練習だけで済まないのは知ってて…(=^^=)

で、ゴルフの練習終わって、さて行くのかなって思ったらHが
「これから友達が合流したいって言うからさ、ダーツかビリヤードでも行こうよ。」と言うの。
まぁ帰りは送ってもらわないと足ないし、別に断る理由もなかったのでOKしたわ。

友達の○さんが合流して、まずはビリヤード☆
私が構えて打とうとすると、Hがちょっかい出してくる…
Hは後ろに回り、スカートの中に手を入れて下着越しに私のアソコをツンツン
約束自体が急だったのもあって、私は短めのスカートでブーツに生足…。
構えると結構きわどいとこまで上がるから、普通に手を宛がうとスカート捲らなくてもいい感じになっちゃう…(〃▽〃)あは♪

「もう!Hったら。○さんが見てるでしょ~。やめてよ。」と小声で言うと
「今日はまだだからさ~。そのスタイル欲情しちゃうんだよね~」と全然気にもしない。




友達の○さんは気付かない振りはしてるけど、横目でチラ見してるのは分かってる。
でも何回もHはちょっかい出してきて、私のアソコも濡れ濡れになってきちゃったよ~(>ω<;)
周囲の目もあるし、さすがにビリヤードではそれ以上は無理。
「そろそろビリヤード止めてダーツしようか。」とHが言った。

ここのダーツは、わりとプライベート性が高かった。
サイドテーブルの後ろが私の背よりちょっと低いくらいの壁があって、その上に植物が植わってる。
腰掛けると、後ろからは足首から下しか見えないし、横からも顔くらいしか見えないの。

友達の○さんがダーツをしているのを私がテーブルに肘をついて見ていると、後ろに回ったHが私の下着をちょいとズラすと、おちんちんを入れてきた…

「ちょ!ちょっと…!」

私が慌てるのを制するようにいきなりグイグイとピストン…
もちろん、さすがの○さんも気付くわよねぇ~(>ω<;)

「おいおい…さすがにマズくね??」と○さんは半分笑いながら言うと
「もう終わるから…大丈夫…」とHが言った時、Hのおちんちんが私の中で激しく脈打った…

びゅるっびゅるっ…びゅるっ…びゅるっ…

「ぁあっ…♪」
私は思わず声が出た…自分の奥に熱いのが注がれる感触…

「すぐ終わるように臨界にしてたんだよ~(笑)長いと周りにバレるからな~。」とHが言った。

「っていうかさ~。裕美さん、彼氏いるんでしょ?Hとそういう関係なの?親戚なのに?」
○さんは笑いながらも少し驚いてた。
当たり前よね~親戚だもんねぇ…(^_^;)

私がプレイする番になって、Hがトイレに行った時だった。
「裕美さん…垂れてるよ??」
と○さんが後ろから言ったの。

「えっ!ヤバッ!」と慌てて下がると、○さんが私を引き寄せて
「Hがいいなら、俺もいいでしょ?」と言ったと同時に私の中におちんちんを入れてきたの。

「ちょ、ちょっ…○さん…」
慌てる私に
「大丈夫。俺も臨界にしてる。Hが帰ってくる前に終わるよ。」と言って下半身をグイグイ私に押し付け続けて…

向こうからHが戻ってくるけど、遠いから私たちがまさかエッチしてるとは思ってないみたい。

「ありがとう、裕美さん♪いくよ♪」と○さん。

びゅるっびゅるっ…びゅるっ… ○さんの熱いのが私の中に入ってきた。
さすがに二人分の1発目は多すぎて…力入れても溢れてくる…
私の下着は二人の精液でベチョベチョ…(;´v`A

最初は気付かなかったHも、次に私にちょっかいを出した時に気付いた。

「あ…裕美お前、○のもハメたな??」と言い出した。
「だって仕方ないじゃん…○さんの前であんな事するHが悪いんじゃん。」と私が言うと
「H、お前だって裕美さんに彼氏いるの知っててしてんだろ?」と私をフォローしてくれた。
「まぁ…そうなるかぁ~。」と納得した様子(それで納得するのかぁ~(^▽^;)>゛)

その後が大変だった。Hと○さんが私で勝負。
勝った方が私の中に出せる。勝った時に勃たなかったら負けた方が出せるという変な展開に…
(私全然得しないじゃん…(-_-;)
彼氏のKから何度か電話がかかってきてもお構いなしで二人が入ってくる。

「電話出なよ。心配してんじゃない?」と言いながら私に腰を打ち付ける。
『まだかかりそう?そろそろ帰った方がいいよ?また後で電話しようか?電話欲しい?』
と彼氏Kが心配そうに電話越しで言う…
ちょうど○さんが私の中にいる時だった。

「裕美さん…出すよ…♪」
私は彼氏Kに
「うん…もう少し…うん…欲しい…」
と頷いていると
Hが
「○よ~。裕美、まだまだ俺たちの欲しいって。足りないってさ~」とニヤニヤ。
分かってて言ってる。
まさか彼氏Kも、最中に電話に出てるとは思わないだろ~なぁ~お店の音楽もあるし…

結局、深夜3時半に帰るまで、二人にたっぷり中出しされちゃった…ヾ(>▽<)ゞ
数えてないけど…合わせて10回くらいかなぁ…?結構疲れたぁ~~

お家着いて、彼氏Kに「今帰った。おやすみ~」とだけメールして、そのまま寝ちゃいました。

翌朝、下着もアソコもガビガビ…(;^_^A
すぐにシャワーを浴びて下着も変えたんだけど…出るわ出るわ二人の精液…《;~Д~》

表面がガビガビになって、そのまま漏れずに溜まってたのね、たぶん…
まとめて出るならいいけど、ちょろちょろ小出しでドロッと…下着4回も変えました(^_^;)
ごめんね、彼氏K。

これからもあるけど、ちゃんとピルは飲んでるから…妊娠しないから許してね☆
たまにはKともしてあげるからさ…ねっ♪

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][生挿入][中出し][セックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


女性の浮気 | 【2016-04-11(Mon) 00:30:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*