FC2ブログ
アクセスランキング

大学病院での検査でビショビショに濡れてしまったOLの体験談

彼氏に胸を揉まれていた時『あれっ、なんかここにシコリがあるよ』と言われ不安になった私は、会社を休んで近くの大学病院に乳癌検診に行くことにした。

受付を済ませた後、上半身の服を脱ぎ検査服に着替える。

ちなみに今日は動きやすい格好がいいだろうと下はズボンを穿いてきた。

長い時間待たされやっと診察室に呼ばれる。

若い男の先生だったら嫌だなと思っていたら、50代の温和な感じの男の先生でちょっと安心。

それより気になるのは先生の後ろに立っている白衣を着た若い男4人だ・・。

私がいぶしかげにしていると先生から説明がある。

「彼等はインターンの学生で実習中です」えっ!?・・実習。

学生達にも胸を触られてしまう?そんな・・恥ずかしい。

でも大学病院とはそういう所、ここまで来て文句は言えない。

先生は淡々と診察を始める。

一通りの問診が終わり、いよいよ検査服を脱ぐことに。

緊張しながら前を開くとポロリと形の良い胸が現れ学生達がハッと息を呑むのが分かる。




彼曰く『ツンと上を向いたいやらしいオッパイ』だ。

その先には少し大きめの乳首。

これまた彼曰く『思わず口に含んで舌で転がしたくなるいやらしい乳首』らしい。

先生に言われた通り腕を上げたり下げたりする度に胸がプルンプルンと揺れる。

学生達の視線がチリチリと胸に刺さり、乳首が硬くなっていく。

私は恥ずかしくてそちらに目を向けることが出来ず、先生のネクタイの結び目の辺りを見詰める。

先生が右の胸を指で満遍無く押してくる。

結構強い力だ、痛い。

今度はガシッと掴み揉んでくる。

いたたたたっ、かなり痛い。

左の胸も同じ事をされ終了。

私は胸が敏感で声が出たりしたらどうしようかと心配していたが、凄く痛くて感じるどころの騒ぎじゃない。

乳首を摘まれた時にビクッと体が反応してしまったけど、すぐ強い力で引っ張られたり、グリグリと抓られて痛みで頭は一杯だ。

先生の手付きも全然いやらくないし、心配する程でも無かったな・・と、余裕でいられたのも此処までだった。

診察台に移っての触診が始まり、仰向けになった私は徐々におかしくなっていった。

さっきまでは座っていたので、顔を上げなければ立っている学生達の顔を見なくて済んだが、今は覗き込む学生達の顔が否でも目に入る。

先生は寝ている私の右側におり、椅子に座って胸を両手で揉んでくる。

それを先生の横に並んだ学生達が食い入るように見ている。

正に目が物を言う、だ。

いやらしいことを考えているのが手に取るように分かる。

舐めるように視線が胸を這い回り、嬲り、犯す。

カッと体が熱くなり神経が昂ってくる。

先生の手付きはさっきと変わらないのに私の感じ方が変わってしまう。

先生に乳首を摘まれ「あ・・っ・・ぅんっ・・」と声が漏れてしまう。

動揺した私は「スミマセン・・乳首弱くて・・」などと余計な事を口走ってしまう。

先生はちょっと手を止め「健康な証拠ですよ、はっはっはっ」と鷹揚に笑い診察を続ける。

更に学生達の目の色が変わる。

先生は気が付か無いのだろうか?学生達のヤリたいオーラを・・私の勘違いじゃ無いと思う。

今にも舌舐めずりしそうな奴、目を瞬かせ落ち着きの無い奴、口を半開きに呼吸を荒くしている奴・・。

学生達の頭の中で私はどんな痴態を取らされていることか・・。

それを想像すると私の呼吸まで荒くなってくる。

痛いのは相変わらずだが、体の奥から快感が這い上りアソコが切なく疼いてくる。

トロリと愛液が出る感触があり、私は堪らず内腿を擦り合わせる。

それに気付いた学生達が『この女感じてるな』といった卑猥な目付きで見ている。

どうしよう・・感じているのが知られた・・恥ずかしい・・。

そして「実習を始めます」と先生の無情の声。

最初に色の白い太った学生がムッチリとした手で触ってくる。

鼻息が荒く明らかに興奮している。

終わった後、白衣のポケットに手を突っ込んで何やら動かしている。

次はいかにも遊んでそうな茶髪の学生で執拗に乳首を弄ってくる。

唇の間からチロチロと舌が見える・・あれは絶対舌で乳首を転がしているところを想像していると思う。

3番目が眼鏡を掛けた優秀そうな学生だ。

下から上に捏ねるように揉んでくる。

眼鏡の奥の目が嗤っている。

最後に医学生には見えない筋肉の発達した学生が実習をしようとした時、看護師が先生に近づき「先生、お電話です」と連れて行ってしまう。

そ、そんな・・!先生はちょっと待っていてくださいと言ってたけど、胸を晒け出したまま横たわっているのは辛い。

どうしたらいいのかと思案していると「もう一度触診させて貰ってもいいですか?」と茶髪が言ってくる。

「えっ・・でも・・」と私がまごまごしている間に茶髪の手が胸に伸びる。

先程の力を込めた触り方では無くソフトタッチだ。

親指と中指で乳首を摘み、人差し指の腹で先端を撫でられる。

「ああっ・・ゃあんっっ!」「大きな声を出すと周りに聞かれてしまいますよ」眼鏡が耳元で囁く。

診察室は大きな部屋を薄い壁で仕切っているだけで物音が筒抜けだ。

現に隣の診察室から話の内容までは分からないが、医師と患者の声が小さく聞こえる。

いやっ、それは困る・・恥ずかしい・・。

もう片方の胸を筋肉が鷲掴みにし強く揉んでくる。

『・・ぁ・ハァハァ・ぅぅ・ハァ・ぐ・っ』私は大きな声が出ないよう歯を食い縛る。

『うわー、たまんねー』『俺、カチカチだよ』『次、早く揉ませろよ』そんな学生の押し殺した声が痺れた頭に入ってくる。

後から思えば激しく抵抗すれば学生達は止めていたのかもしれないが、その時の私は我慢する事しか思い付かなかった。

見張り役だった白豚の『来たぞっ』という声で学生達がさっと離れる。

先生が戻ってきて筋肉の実習が再開しても、私は呆然としたまま横たわっている。

学生の実習が終わり診察室での診察も終わった。

私はノロノロと診察台から降り検査服を着る。

この後エコー検査があり、それが終わったら帰ってもいいらしい。

検査結果が出るのは2週間後で、その時また病院に来るらしい。

私は上の空で先生の話を聞く。

学生達に弄ばれたことがショックで頭が上手く回らない。

フラフラした足取りで診察室を出て検査室に向かう。

どの位待たされたのか、気付いたら名前を呼ばれていたので中に入る。

ドアを閉めると病院内の喧騒が消え、検査室の中は静寂になる。

中央に診察台があり右側に30代の背の高い男が立っている(以後:技師A)

左側にはモニターがあり、その前に40代の地味な男が座っている(以後:技師B)検査技師も男なのか・・今度は学生の実習が無いので少し気が楽だ。

早く終わらせて帰ろう・・カーテンで仕切られた場所があり私はそこで検査服を脱ぐ。

彼等は私の体を見ても平然としているのでホッとする。

プロとして当然だ学生達とは違う。

技師Aが私の右側に座り胸にゼリーを垂らし直接素手で塗ってくる。

えっ?えっ?器具で伸ばさないの?驚く私をよそに技師Aは肉の薄い掌を肌に張り付かせ、丹念にゼリーを伸ばしていく。

『あっ・っん・・』やだ・・凄く気持ちがいい・・また声が漏れちゃう・・。

技師Aは私の体を知り尽くしているかのように感じるポイントを触ってくる。

『ああっ・あっ・あ・んっ・ぅうんっ』「我慢しなくてもいいですよ」何を言われたのか分からない私に技師Aは言葉を続ける。

「敏感な患者さんは女性に限らず男性もよく声を上げます。
我々は慣れてますから構いませんよ」

技師Bを見ると、こちらを見て『そうだ』という感じで頷いている。

よくあることなのか・・構いませんって言われても・・はい、そうですかと出来る訳が・・。

「ぁあああっ・ぃやあっっ!」思ったそばから技師Aの長い指でやさしく乳首を撫でられて、私は我慢出来ず大きな喘ぎ声を上げてしまう。

その一声で箍が外れたのか、誰憚ることなく淫らな声が口から溢れる。

ゼリーを塗り終わった技師Aは器具を滑らせていく。

ヌラヌラと光る胸がいやらしい・・・何かのプレイと錯覚しそう。

何度も胸の上を器具が通る。

私は体を仰け反らせ身悶える。

「あっ、あっ、あっ・あ・ん・んっ・んんっ」検査室は照明が少し暗く密室だ。

私の喘ぎ声が響き渡り濃密な空気が満ちていく。

平気な顔をしているように見える二人の技師が実は興奮しているのが分かる。

ゴクリと喉を鳴らし目を細め、じっと私の姿態を見詰めてくる。

診察室でもそうだったけど、見られることがこんなにも快楽をもたらすなんて・・。

露出狂の気持ちが初めて分かった気がする。

もっと乱れた姿を見せて、彼等の平静ぶった表情を引き剥がしてみたい欲求に駆られる。

自分にそんな性癖が隠されていたとは・・。

エコー検査が終わった。

体にモヤモヤ感と残念な気持ちが残る。

体を起こしモニターの方を見ると、彼等が腕を組んで深刻そうな顔をしている。

なんだろう・・?すっかり忘れていたがこれは乳癌検査だ。

もしや癌が・・?!不安がる私に技師Bが振り向いて言う。

「下腹部も撮ってみましょう」かふくぶ・・予期せぬ言葉だ。

子宮に何か問題でもあるのだろうか?ところで下腹部ってどの辺りまで検査するんだろう?とにかくズボンは脱ぐんだろうなと、カーテンの裏に向かう。

ズボンを脱いでいると技師Aから、「下着も取ってください」と声が掛かる。

慣れとは恐ろしい・・・驚いたのは一瞬で、裸体を晒す快感が蘇り抵抗無く私は全裸になる。

正確には靴下だけ穿いているのでちょっとマヌケな感じがする。

カーテンから出て診察台に向かう。

私の体に彼等の目が注がれる。

私は挑発するように片膝を付き診察台に上る。

股の奥に視線が突き刺さりゾクゾクする。

愛液が太腿を滴り流れていく。

横になった私のお腹に技師Aがゼリーを垂らし、また素手で直塗りしてくる。

くるくると円を描くように撫で伸ばしていく。

お腹から真っ直ぐ下に恥丘までゼリーを塗っていく。

あぁ、数センチ下はクリトリスだ・・。

「ぁあん・ハァ・あ、あん」「両脚を広げて膝を立てて下さい」私は言われた通りの恥ずかしい格好をする。

腰骨の辺りを塗っていた指が太腿の付け根をなぞっていく。

柔らかい内太腿、性器ギリギリの処までゼリーを塗られる。

塗られていない性器が、中から出るゼリーで同じようにヌレヌレになっているのが分かる。

それを技師Aに見られているのかと思うと興奮し、更にドクドクと溢れ診察台のビニールレザーを濡らす。

お尻が自然に動きヌチャッヌチャッといやらしい音をたてる。

下腹部のエコー検査が始まり、ゼリーで光った場所を器具が滑っていく。

何度も敏感なところを撫でられ、太腿がピクピクと動く。

逝きそうで逝けない状態が続き、気が狂いそうになる。

器具が恥丘を撫で回している。

その下のクリトリスに当てて撫でて欲しい・・その下のアソコも・・。

焦らされているようで苦しい。

もうだめぇぇぇ!・我慢の限界っ!!「ハァハァ・それで・ハァ・したを・んっ・さわっ・て・ハァハァ・くださっ・い・・」私は息も絶え絶えに技師Aに頼む。

「それは・・・出来ません。
性器を触ることは禁止になっていますから」
「最近多いんです。猥褻行為で訴えられる検査技師が」

いつの間にか診察台の足元の方に移動していた技師Bが言葉を加える。

「うっ・たえたり・ハァン・なん・かっ・ハァハァ・しま・ハァ・せんっっ」「本当に訴えたりしませんか?このことは黙っていると?」私は苦悶の表情でこくこくと技師Aに頷き「ハァ・だ・だれっ・にもっ・アアン・はなし・ま・せんっっ」と誓う。

技師AとBが大きく頷き合っている。

器具で皮の上からクリトリスを撫で回してくる。

「ああんっ・もっと・もっと・ぁあああっっ」私の体はピンク色に染まり快感に打ち震える。

今ではもう彼らも顔を上気させ目を血走らせ興奮の面持ちだ。

検査室の温度も上がり、淫靡な雰囲気に包まれる。

技師Aは器具を放り出し手で愛撫してくる。

「膣内の検査もしましょう」そう言ってヌチャリと2本の指が入り中を掻き混ぜられる。

伸ばした指と折り曲げた指で、奥と入り口付近を小刻みに動かし責めてくる。

「あっ、あっ、あっ・イクッ、イクッ・ひっ・いくぅぅっ!!」一度逝った後も責め続けられ、何度も手で逝かされる。

技師Bは自分のモノを取り出し私の悶絶する姿を見ながらしごいている。

呻き声を上げながら発射する。

跳んだ精液が私のふくらはぎにかかる。

技師Aもモノを取り出し自分でしごいている。

私はそれを放心状態で眺めている。

やがて技師Aの顔が苦しげに歪み私のお腹に放出する。

徐々に3人の呼吸が治まり、検査室に静寂が戻ってくる。

最初に動き出したのは技師Bで、キッチンペーパーみたいな紙で私の体を拭いてくる。

技師Aもそれに続き、ゼリーや精液、愛液がキレイに拭き取られていく。

技師Aから検査の終了を告げられた私は、ゆっくりと起き上がり服を着、黙って検査室を出て行く。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][乳がん検査][乳揉み][ゼリー][クリトリス][指マン][連続アクメ]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2016-04-06(Wed) 12:10:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*