FC2ブログ
アクセスランキング

友達が寝ている側で、彼とこっそりセックスした夜【体験談】

ごく最近の話です。

バイト先で仲良くなった友達の女の子が、うちに泊まりにきました。

私は1Kのコーポに一人暮らしなので、その夜は料理を作り、食べて飲んで、二人ではしゃいでいました。

その夜の10時頃、突然、私の彼氏が連絡もなくやって来たんです。

平日の火曜日の夜で、私も友達も翌日の水曜日は休みだったのですが、彼が来るのは、彼が休みの前夜で、今週は金曜日のはずだったので、びっくりしました。

彼も流通関係なので、休みはマチマチなのです。

「いや、同僚が休みを替わってくれってことになって、急に明日が休みになったんだ。」

「ああ、そうだったんだ。」

友達の方も彼のことは、以前、紹介していたので、既に顔見知りでしたが、彼は「そっか、じゃ、コーヒーだけ飲んで帰るわ。」と言いました。

彼は通勤でも使っている車で来ていたので、お酒を飲むわけにはいきませんでした。

私の友達の女の子は、とてもおおらかな子ですから「いやいやそんなこと言わず、一緒に飲みましょうよ。私に遠慮はいらないから。ゆっくりしてけばいいじゃん、せっかく来たんだし。朝まで盛り上がろう!」と言いました。




それで彼にお酒をつぎ、成り行きで、そのまま彼も飲むことになりました。

友達の方は、強そうだと思ってたら、案外、そうでもなく、午前0時頃には、かなり酔いもまわり、眠そうになっていました。

「じゃ、片付けて、お開きにしよっか」と私は片付けて、友達には私のベッドに寝てもらうことにしました。

飲んでいるため、運転することはできないので、彼も泊まることになりました。

予備のフトンは一組しかないので、それで、彼と寝るしかありませんでした。

友達を寝かせたベッド、座卓、私たちのフトンという形の並びでした。

私はフトンを敷き、彼と一緒に入りました。

友達はすぐにすーすーと心地良さそうな寝息をたてていました。

彼とフトンに入った私に彼が、顔を向け、耳元でヒソヒソ話が始まりました。

(いいだろ?)

(だめよ、だめ。あの子がいるんだし)

(平気、寝てるって)

(だめ、絶対だめだから)

(我慢できないし)

考えてみれば、前の週は、彼の休みに用事が入って会えなかったし、その前の週は私が生理で、できなかったので、私も本心はしたくなっていた時ではありました。

(ね、明日にしよ)

(ええ? 大丈夫、大丈夫だから)

彼は掛布団を上にあげ、二人で中にもぐる形になりました。

彼はキスしてきて、私の体をまさぐり始めました。

(だめだめだめだめ・・・お風呂も入ってないし)

彼は私のバストを揉み、乳首を転がしました。

(だめだめだめ・・・)

フトンを被っているとは言え、座卓の向こうのベッドには友達が寝ているので、気づかれたら大変だと思いました。

でも、もう彼はまったく言うことを聞かない状態で、私の手を取り、彼がパンツから出していたアレを握らせました。

もうフルに大きくなっていて、収まりがつかなくなっていたのがわかりました。

私もそれを握ると、ついシュッシュとしごいてしまいました。

(このまま手でしてあげるから、それで出す?)

彼は何も言わず、またキスしてきて、私の内腿をなぞりました。

私はピクンとなって、無意識に少し股を開き気味にしてしまいました。

すると、彼は指をパンティの上からゆっくりと沈めてきて、いやらしく動きました。

もうパンティの表側まで染み出るほど、ベットリと濡れていました。

(もう・・・あっ、触っちゃだめ・・・)

そして、パンティの中に手が入ってきて、直接、触りはじめました。

彼の指は私の愛液で滑りがよく、感じる部分を攻められました。

(いや、だめだめ・・・)

私は声を殺すのに必死でした。

彼はパンティを強引に剥ぎ取りました。

私はベトついたパンティを丸め、敷きフトンの下に隠しました。

彼は私を背中向きにさせました。

(だめよ・・・だめだめ)

私の背後からバストを揉みながら、私の片足を少し上げさせ、彼は横向きのバックで入ってきました。

(だめだめ・・・だめだめ・・・あ・・・だめ、あっいいっ・・・!)

罪悪感があるのに、なんだか、すごく気持ちが良く、彼のものが入ってくると快感が走りました。

あまり激しくはできないですし、フトンの中でこっそりするには、その体位がベストでした。

私は枕に巻いていたタオルを噛んで声を出さないようにしました。

彼は背後からバストの愛撫を続けながら、ゆっくり腰を動かしていました。

私の方も自然と自分で腰を動かしてしまっていました。

(チラっと見たけど、友達は熟睡してるよ。大丈夫)と彼は小声で囁きました。

それで今度は向き合って、繋がり、抱き合うような体位で続けました。

彼が上に乗ったりすると、どうしてもフトンが盛り上がってしまうので、正面でも背面でも横向きでしかできない状態でしたが、その形がまた、すごく快感でした。

もう掛けフトンを顔まで被っていることはできず、二人共、顔だけは出しました。

(あ、あ、あ、あ、あ、いい・・・)

彼は私の股間を擦りつけるようにして、スローテンポでピストンを続けました。

私もチラ見しましたが、友達は熟睡しているように見えました。

前を向いたり、後ろを向いたり体位を前後しながら、15分ぐらいでものすごく強い快感がやってきました。

正面向きの時でした。

(はぁぁっ!い・・・・いくっ・・・・・うっ!)

私は我慢できずに昇りつめてしまいました。

私のあの中がヒクヒククヒクヒクと動きました。

声に出さないようにしていましたが、どうしてもちょっと声が出てしまい、ものすごい力で彼にしがみついてしまいました。

(あ、俺も・・・!)

ゴムなしだったので、彼は出そうになった時に抜きました。

私はその瞬間、彼のものを手でつかみました。

彼の発射した液体は、私の手の平では当然、収まりきらず、そのあたりに飛び散りました。

あいにく、ティッシュが離れたところにあったので、私が使っていたタオルで拭きました。

二人共、何事もなかったかのように熟睡しました。

そして、休日あけのことでした。

職場の休憩時間にその子と休憩していると、彼女はにやにやしてこう言いました。

「おとといの夜、いいことしてたでしょ。」

「えっ!?」

「チラ見だけど、フトンの中で、盛り上がってたじゃん、ふふっ。」

恥ずかしすぎる言葉でした。

やはり人がいるところではするもんじゃない、つくづくそう思ってしまいました。

「気にすることないって、アハハハハっ!」

友達は私の体を叩いて、豪快に笑いました。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][乳揉み][指マン][生挿入][痙攣][絶頂][射精][セックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2016-03-26(Sat) 12:10:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*