FC2ブログ
アクセスランキング

転職したい…1【エッチ体験談】

長文になりそうだけど、とりあえず投下。

俺の勤めている会社は、毎年、新年会を温泉で1泊してやる。
今年も1月の中旬に行って、そこでの話。

毎年同じ旅館で代わり映えしない、ただ飲みに行くだけの旅行。
全体で宴会をした後、先輩と俺は同じ営業所の女性達4人の部屋で飲んだ。
トランプくらいしかやることないんだけど、普段トランプなんてやらないから、6人でやると案外楽しい。
お酒を飲みながらなので賭けることにした。
勝った人に男が負けたら千円、女が5百円払うことになった。

何回戦かしたがイマイチ盛り上がりに欠けた。


そこで先輩の提案で、負けたら1枚ずつ脱ぐことに。
「えー!本当に脱ぐの?」
と、女性陣から声もあったが、皆酔っていたためか以外とあっさりOK。

参加者

俺(K)、26歳。奥田民生に似てるとよく言われる。同じ営業所に彼女がいる。
先輩(Iさん)、30歳。下ネタ好き。
見た感じTOKIOの松岡風の中々イイ男なのに今は彼女無し。

女性
S木さん、31歳既婚。子供2人。はっきり物を言うが、カワイク甘えてくる、天然な人。スタイルが良くて若く見える。

T部さん、26歳。俺と同期。泣き虫で甘えん坊。
背は小さめだが胸が大きい。メイドのコスプレ似合いそう。彼氏あり。

Eちゃん、24歳。俺の彼女。松嶋菜々子似(誉め過ぎか!?)。
大人しい感じ。スタイルは普通。

Rちゃん、23歳。胸の無い井上和香と呼ばれている。彼氏なし。
気が強くて負けず嫌い。スタイルは全体的に細い。




余り過激なのは嫌だと言うので最初にルールを決めることにした。
着ている物は男女とも、浴衣、その上に丹前、下着、靴下。

女性ルール
靴下、丹前、ブラ、パンツ、帯と脱いでいき、
最後に浴衣を脱いで後姿のみ披露。
その後は布団の中で全裸で観戦。

男性ルール
靴下、丹前、パンツ、
次は、女性皆に営業所の近所のレストランでランチコース(5千円相当)を奢る、最後に全裸でチンコを見せ、全裸で観戦(手で隠していてもOK)。
男が1枚分少ない変則ルール。
種目はババ抜き、男2人が全裸になったらゲーム終了。

S木さんが、
「Eちゃんの裸見られちゃうよ(笑)」
「Eが負けなきゃいいんだよ。E、頑張れよ!」
「Kちゃんも負けないでね。」
少し不安そうに返事した。
彼女の裸を先輩に見せたくないが、その場の雰囲気に流されゲーム開始。

途中経過(8回戦終了時)先輩、靴下まで脱いだ。
俺、丹前まで。
S木さん、丹前まで。
T部さん、靴下まで。
E、負け無し。
Rちゃん、丹前まで。
次でブラを脱ぐことになるかもしれない!
ゲームに負けたのは!?

俺でした…。
まあ、浴衣を着ているのでパンツ脱ぐくらい何ともない。
立ち上がり、皆の前でボクサーパンツに手をかける。

「あ!見えそうだよ。」
「いいぞ!見せちゃえ!」
盛り上がって来た女性陣から言われたが、大事な部分は見せずに脱げた。

10回戦目、先輩が丹前を脱ぐ。
その次にやっと来た!
Rちゃんが負けた。

「ブラ!ブラ!」
皆のコールに、
「脱げばいいんでしょ!」と、背中のホックを外し、浴衣の胸元に手を入れ、ストラップを肩から外し、片手ずつ抜いた。

全く中が見えない。器用に脱ぐものだ。
ちょっと期待外れ。
(Rちゃんは高校時代水泳部。人前で肌を見せずに、制服から水着に着替えるのが得意だったらしい。)

黄色に黄緑色の刺繍の入ったブラだった。
慌てて自分が座っている布団の中にブラを隠し、
「もう負けないからね!はい、次!」
Rちゃんの胸はAカップあるのかな!?
ブラを外すと、浴衣の胸の部分に膨らみが無い。

続けてS木さんが負けた。俺より年上だが、この人の裸には興味がある。
何と言ってもスタイルがイイ!
とても子供を産んでるとは思えない。

私服もスタイルの良さを生かすような格好が多い。
俺はS木さんの右隣に座っていたので、じっと見ていると、
「あまりじっと見ないでよー。」
そう言いながら、ホックを外し胸元に手を入れた。

酔っているせいか、さっきのRちゃんよりも大胆!
浴衣が乱れて、胸元が開いている。
S木さんの右側から見ていたので、胸のかなり際どい所まで見えた。
俺の彼女はギリギリCカップ。それよりも確実に大きい。
普段目にする胸チラと違い、興奮して勃起しちゃいました。
ワインレッドのブラ。大人の女性を感じさせます。

13回戦目、彼女が靴下を脱いだ。
14回戦目、S木さん。とうとうパンツだ!

「パンツ!パンツ!」
俺と先輩はテンションが上がった。

「もうー、なんで負けるかなー。」
言いながら立ち上がり、お尻をフリフリさせて脱ぐポーズ。
ノリノリです。(笑)

浴衣の上からパンツを下ろそうとしたが下りず。
「脱げないよー。」
と言って、浴衣の合わせ目から手を入れ、左右交互にちょっとずつ下ろしていった。
チラっとだけ、ワインレッドのパンツが見えたよ!
前面はレースだった。ちょっと透けてたような・・・。

脱いだパンツをヒラヒラ回し、
「脱いじゃたよー。」
と、ご機嫌に踊るS木さん。
普段から変わった感じの人ですが、こんな人だったとは・・・。

次は先輩がパンツ脱ぎました。が、興味ありません。

16回戦目。
俺が負けました。ランチの奢りが決定。
計、2万1千円の出費・・・。かなり痛い。
女性陣は大喜び。
「あんたらのチンコ見るより、私達はこっちの方がよっぽどイイよねー?」
と、S木さん。他の3人も頷いていた。

「大体、私達のお尻と、お前達のチンコじゃ釣り合い取れない!」
S木さんが今更言い出す。

(これでゲーム終わりか?)
と思っていたら、
「Iさんはランチじゃなくて、1万円のディナーを奢り!」

S木さんは終わりにしたいんじゃなくて、条件を提示。
「ふざけんなよー!5万もかかるじゃねーか!」

先輩も裸見たいのだろうけど、あまりの金額に反論。
「Iさんは来なくていいから4万。どう?」
先輩も次負けたらディナー決定。悩み処だろう。
S木さんとT部さんが先輩を説得。先輩、シブシブOK。

ルール変更でゲーム再会。17回戦目は彼女が負けた。丹前を脱ぐ。
(もう負けるなよ!)
心の中で祈る。

18回戦目。
祈りも虚しく、彼女が連敗。
ブラを外しました。
俺の方からだと浴衣の合わせが逆になるせいもあるが、中身は全く見えなかった。上手く脱いだと思う。
白のブラだった。

「Eちゃんのイメージぴったり。白イイね!」
先輩に言われ赤くなる彼女。
(あのブラだとパンツはあれか?)
新年会行く前、一緒に買物に行った時買った下着だろう。
パンツは前がレースで、後ろはパンストのようなスケスケなやつ。
(とにかく、これ以上負けるな!)


19回戦目。
先輩が負けた。ディナー決定!
女性陣が大喜びする中、先輩はショボン。
確かに4万は痛い。
これで俺と先輩が負ければゲームは終了。
彼女以外の裸を見られないのは正直残念。
でも彼女の裸は絶対見せたくない。

20回戦目。
S木さんが負け、帯を外した。
体に浴衣を巻きつけるように、合わせ目をぎゅっと閉じた。

「興奮して乳首起ってんじゃない?」
先輩が言うと、
「うるさい!」
と、S木さん。
見ると、浴衣が体に密着してるので、乳首が起ってるのが解る。

21回戦目、開始。
S木さんが俺のカードを引く。
カードを引く時は、手持ちのカードを持つ手で浴衣を押さえるが、引いたカードを手持ちのカードとシャッフルする時、浴衣から両手を離すので、そのたびに胸元がパカパカ開く。
俺はS木さんの胸が気になってしかたない。
(もう少しで乳首まで見える!あとちょっと!)
そんなこと考えながら何回か順番が回った。
S木さんが飲んでいた缶ビールを置き、俺のカードに手を伸ばした後。
キタ?-!!

S木さんの乳首!
影になっていて色は良く解らないが、鉛筆の後ろに付いている消しゴムくらいの乳首。

S木さんの乳首見て、喜んでいたのが罰に当たったのか、この回は彼女が負けてしまった。
先輩は凄く嬉しそう。
彼女は恥ずかしそうに立ち上がり、俺と視線を合わせた。

俺は思わず、
「見えないように、上手く脱げよ。」
そう言ってしまった。

緊張した顔で脱ぎ出すが、中々パンツが下りないようだ。
(時間かけて良いから中身は見せるな!)
とにかく無事に脱いで欲しい。
足首に白いパンツが見えた時にはホッとした。

それにしても疲れた。
脱いでる時間がとても長く感じられた。

先輩は、
「そのスケスケのパンツ履いてるEちゃん見てー!」と、パンツを見れただけでも満足してるようだ。
俺に気を遣わず、単純にゲームを楽しんでいる。


22回戦目。
ホッとしたのもつかの間、とうとうその時はやって来てしまった。
俺が負けました・・・。全裸・・・。
言っておくが、いくら酔ったとは言え脱げる男ではない。
今頃、彼女でもない女性にチンコ晒したことなど1度もない。
顔が強張っているのが自分でも解る。
真面目な顔して脱いだのではシャレにならない。

ここはゲームのノリで脱がなくては・・・。

「脱ーげ!脱ーげ!」
と、彼女以外が囃し立てる。
俺は立ち上がり、モタモタしてると余計脱ぎづらくなるので、
「じゃー脱いじゃうよー!」

無理に明るく答えて一気に帯を解き、浴衣を脱いだ。一瞬頭の中が真っ白になった。

「何、チンコ勃起させてるんだよー!」
「キャー!!」
「以外と小さいんだね。」
そんなことを言われたと思う。
(勃起してたのはS木の乳首がチラチラ見えてたから。
決して露出趣味がある訳じゃない。)


「1番最初に負けた罰。普段通りのお前の包茎チンコを皆に見せてやれ(笑)」
先輩がとんでもないことを言い出す。
俺、平常時は包茎なんです。見栄剥きしてます・・・。

「K君包茎なの!?そう言えば皮余ってるね(笑)」
S木さんは顔を近付けて、ニヤニヤと見ていた。

「それだけは勘弁して下さいよ・・・。」
そう答えるしかなかった。
「私も見たーい!」
(T部お前もか!!)

「皆さーん、見るだけですよ!触ったらKを喜ばすだけですから(笑)」
先輩が言った。
この間、何だか申し訳なくて彼女の顔を見れなかった。

あーでもない、こーでもないと、俺のチンコ批評もやっと終わった。
本当、皆言いたい放題。
勃起は治まりはしなかったが・・・。
屈辱的な時間も終わり、ゲーム再会。
俺は彼女の隣に座り、片手でチンコ隠してビール飲みながら観戦。
あと1回先輩が負ければ、このゲームも終わる。
23回戦目、Rちゃんが負けた。
「パンツ!パンツ!」
彼女さえ負けなければ気楽なものだ。
でも、Rちゃんは堂々と脱ぐが全く隙がない。
はっきり言ってつまらない・・・。
すんなりと脱ぎ終わる。
ブラとお揃いのパンツ。

「アソコの部分が染みになってるぞ(笑)」
先輩がRちゃんをかまう。

「なってません!」
「じゃあ、パンツ見せて見ろよ!」

先輩はRちゃんの隣に座っているのでしつこい。
Rちゃんはパンツをさっと隠し知らん顔。

「私、濡れちゃいました(笑)って言ってみ!」
Rちゃんは無視。

「まあまあ、お2人さん。お酒の席で喧嘩をしちゃーいけねーよ!」
寅さん口調でT部さんが諭す。
かなり酔っ払っているな。
そう言えば、さっきから目が座っているような気が・・・。
「さー、始めましょーや!」
それを合図に、24回戦目突入。

この戦いはT部さんが負けた。
丹前を脱ぐ。

「一緒に浴衣も脱いじゃおーか!?」
丹前と一緒に浴衣の合わせも開き、
「チラ!ウソだよー!」
直ぐに戻したが見えた!

凄い谷間とピンクのブラ。思わず皆で、
「おー!!」
女性陣も感心したようだ。「Tちゃん何カップ?」
先輩が聞くと、
「とっても気持ちイイのE!」
ダメだコイツも壊れた・・・。

背が小さいせいかもっとデカく見える。
「ところでRちゃんは何カップ?(笑)」
S木さんが意地悪そうに聞くと、
「なんでそこで笑うんですか!?」

すかさず先輩が、
「私、気持ちええ、のA??」
首を傾げて疑問形。

「ちゃんとAありますよ!!」
Rちゃんはムキになって答えるが、俺も怪しいと思った。

「後の2人は?」
となり、S木さんはD、彼女もCと答えた。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][泥酔][エロゲーム]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


職場・取引先など | 【2016-03-21(Mon) 20:10:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*