FC2ブログ
アクセスランキング

彼のパンツの上からアレをかじるのが大好きです

みなさん、こんにちは。

私は理系の大学院を卒業後、某メーカーで研究職をしています。

黒縁メガネに白衣姿ですが、他の研究員の女性とは違い、所内でも白衣の下のスカートは短めで、ハイヒールを履いています。

身長は168センチなので、ヒールを履くとけっこう背が高くなり、すらりとまっすぐ伸びた自慢の脚をパンストで包んでいます。

研究職の男性は、一見、地味で生真面目なタイプが多いのですが、変態のような感じの人も多く、心の中で何を妄想しているかわからない印象があります。

私も変態なので、相性はいいかもしれませんが、今、つきあっている人はまったく業界の違う、総合商社に勤務している人です。

彼はエネルギー部門なので、私の研究とも関連はありません。

私が、自分でも変態かなと感じたのは中学の時でした。

中学は普通の公立中学でしたが、あれは中学2年の時でした。

夏の体育の水泳の授業は、男子、女子はそれぞれの担当の体育の先生の指導を受けますが、同じプールで授業は行われるわけです。

その時、男子の海水パンツの股間のふくらみを見た時、背中に何か走るものがありました。




中1の時までは、同級生の男子は子供に見えたものでしたが、中2になると、男っぽくなる男子も多く、股間のふくらみのモッコリ度も違ってきて、それを見ると私は水着の中で蜂蜜が出てしまうようになりました。

ヤンキー系や、ギャル系のちょっとスレた女子は、たいてい水泳はサボって、プールサイドで見学ですが、そんな子たちが、「あいつのはデカい」とか、「あいつは右よりだ」なんて言ってるのが耳に入ってきたものです。

更衣室で水着を脱ぐと、股間部分の内側がヌルっとした液でベトついて糸を引いていて、その都度、家で洗ったものです。

私も中2と言えば、オナニー真っ盛りの年頃でしたから、特に好みの男子の股間を目に焼き付けて、夜、寝る前に激しくオナニーしたものでした。

それ以来、男性の股間のふくらみフェチのようになってしまいました。

高校は私立の名門女子高に入ったので、男子のそんな姿を見ることはできず、残念でしたが、その分、勉強に没頭できました。

数学、化学、物理の偏差値は、医学部でも狙えるほどの高偏差値でした。

ちなみに、高校時代のオナニーの頻度は、週に3回ぐらいでしたので、いたって淡泊なものでした。

そして、大学に入ってから付き合ったのが、変態の塊のような人だったので、その人に調教されたというとちょっとおおげさですが、私の変態度にも磨きがかかりました。

それから年月がたち、今の彼氏と知り合ったのは、まだ数か月前のことですが、この彼と初めてセックスしてからしばらくは、おしとやかなフリをしていましたが、ここ最近は私も本性をさらけ出し、パンツの上から彼の股間を貪ってしまいます。

身長182センチ、アレは16センチで、ごくスタンダードですが、カリ部分が張っていて形のいいアレです。

彼はトランクスやボクサータイプのブリーフは一切、穿かず、AV男優が穿くようなかっこいいビキニタイプなので、私はたまらず、パンツの上から舐めるだけでなく、「かじって」しまうんです。

わかりますか?

ガブッ!とかじるんです。

もちろん、歯を立てたりはしませんが、パンツの上からふくんだり舐めまわしてしまいます。

そして、パンツを剥ぎ取り、本体が出てくると、竿だけでなく、袋も舐め回し、肛門まで舐めてしまいます。

竿を口に入れている時は、このままずっと舐め続けていたいほどです。

特に亀頭の先の尿道が大好きで、そこを舌先でチロチロとつつくのがたまりません。

お返しに彼も私の股間を同じぐらい舐めてくれますが、私はどちらかと言うと、舐めてあげる方が舐められるより好きです。

職場では寡黙な私ですが、行為の最中は、別人のような声を出してしまいます。

恥ずかしい体位ほど興奮してしまい、ホテルの鏡に映しだされる、毛深くて、ちょっとグロテスクな私の性器に彼のものが刺さっているのを見るだけで、イキそうになるほど興奮してしまいます。

最後は彼が発射した後のアレもまた咥え、残留精子を絞り取るのも好きです。

一見、清純タイプ、淑女タイプにかぎって、本性は私のように変態だったりしますので、男性方、お気をつけください。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][変態][フェラチオ][玉舐め][アナル舐め][セックス][絶頂][お掃除フェラ]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


恋人・妻との体験 | 【2016-03-19(Sat) 10:10:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*