FC2ブログ
アクセスランキング

夜の看護学校の教室でセフレに中出し【体験談】

某病院の職員です。
病院に併設されている看護学校で、その昔に井川遥似のセフレと中出し三昧してた頃のことを書きます。

勤めている病院に、渡り廊下で繋がってる看護学校があるんですが、毎日その渡り廊下が病院の夜警氏によって施錠されていました。

ある日、その地下にある病院用の倉庫で調べ物をしていた俺と彼女は、夜の7時頃に病院側へ戻ろうとすると、なんと鍵が早々とをかけられてしまっているではありませんか。

いつもなら、まだ看護学校の教職員がいる時間だったのですが、その日は誰も残っておらず、看護学校に俺たち二人だけ・・・・。

病院側からは鍵がないと入れないけど看護学校側からは内鍵で簡単に出れる構造だったから心配はいらなくて、むしろ周りに誰もいないとなるとすぐにエッチな事を考えてしまう二人。

ちょうど、ありきたりのセックスには飽きて来はじめててちょっと刺激的な場所でもしてみたかったし、2週間位エッチしたなかったので即、校内をエッチの場所を求めて探検開始!

校長室や教務室・図書室・物品倉庫には鍵がかかっていたけど、他はみんな開きっぱなし。


で、最初はお決まりのように教室へ。
暗いながらも、まさか教室でセックスができるなんて二人とも思ってもみなかったから、この際、「何でもやっちゃおう!」って事で、大胆にも教壇の机の上で実習授業形式で彼女にフェラをさせました。




ホンの2時間前まではまだ授業の行われていた教室の真ん前で、
「今日は正しいフェラの仕方を、病院で一番上手い○○(彼女の名前)先生に見せてもらいます。」
みたいなことを俺が言うと、彼女は俺のズボンのファスナーからスルスルとペニスを引っ張り出して、

「はい、みんなよく見て。これがオチンチン。ここが一番敏感なのよ。だから・・・。」と絶品の舌使いでこれ見よがしに強烈フェラ!(本当に病院で彼女が一番上手いかも。)

なんか本当に授業で披露しているみたいで、アブノーマルな雰囲気からか、あっという間に射精してしまいました。
もちろん、ティッシュなんかないからそのまま彼女の口の中へ中出し。

口の中に出した時はいつもほとんど飲んでくれてた程のフェラ好きの彼女のおかげで、口内射精はもう数え切れないほどしてたけど「校内射精」は俺も彼女も初めての体験。
その時も彼女はみんな飲んでました。←看護学生に教えるように。

そのあとは、当然クンニの実演でした。
床に直接寝せるのは彼女がかわいそうだったので、学生の机を4つ繋ぎ合わせてその上にパンティを脱がせた彼女を寝かせると、今度は先程のお返しとばかりクンニの仕方の披露です。

教室の後ろに向かってパックリ脚を開かせて、更に、縦長のオマンコが横長になる程指でビラビラを拡げながら、いつもよりかなりオーバーアクションなペロペロに、彼女はもうメロメロ状態。

もともとセックスの時のアノ声は大きい方だったけど、教室でやる刺激もあってか、俺の
「どこが気持ちいいの?」の問いに、廊下の端まで聞こえたんじゃないかと思う程の大きな声で、

「オマンコが気持ちいいのぉー。」
「オマンコなんて医学用語じゃないよ。」
って俺が言うと、もう自分から指でオマンコを拡げながら、

「クリトリスぅー!」
本当に気持ちいいときは恥ずかしい言葉を大きな声で平気で言っちゃう彼女。(普段はかわいい顔してお澄まししているくせに・・・)

シャワー浴びてない彼女のオマンコの誘うような女の匂いの中、夢中になっていると、彼女が俺のペニスをキュッキュッと握ってきて、いつもの“入れてね”のサイン。

彼女、手を離さずに真っ直ぐに自分の“入れてもらいたい穴 ”へダイレクトにペニスを導いて脚を絡めながら腰を押しつけてきました。

当時はゴムをほとんど使用せずに、避妊法といえば中出し派御用達のマイルーラオンリーだった程、生挿入/中出しは好きだった彼女(もちろん、俺も)。

おまけに、今まで結構危険日にマイルーラ無しで中出ししてきたこともあったけど、元々妊娠しにくい体質なのか、ALLセーフで中出しエッチを楽しむには正に最高のセフレでした。

でも、その時、マイルーラは病院の更衣室ロッカーのポーチの中・・・・。
「今日は避妊無しじゃ、チョット危ないかナー?」と思いながらも、自分から脚全開で甘えてくる彼女に我慢できず、そのまま一気にツルンと彼女の中へ生挿入。

すると、自分からおねだりしておきながら、
「あん、赤ちゃんできちゃうかもよー。」と腰を引いて逃げ腰体制。すかさず、コッチは更に“深入り”
「だめよー。今はあぶないの・・・」でもこれはいつものポーズで、足は開きっぱなし・・・。

「外に出すと、机汚れちゃうよー」と俺。
こう言ってる間にも、入れてもらって喜んでる彼女、俺の胸を押し上げるような仕草も一度きりで、あとは俺の首っ玉にしがみつきながら、
「んもう・・・、じゃあ出していいわョ。」
すかさず、コッチもフルアクセルで突きまくり・・・。

「どこが気持ちいいの?」の2度目の問いに、
「あぁ、膣の中がいいのー!」とあられもない声の彼女。すかさず、
「うっ、○○のこの膣が最高だよー。」(これは本当です!^^)と俺。

まとわりつく彼女のオマンコのヒダヒダは締まりが良くって、だんだん高まってきた射精のうねりに射精寸前に。

どんなに感じていても射精の気配を察知するのが得意な彼女、しまいには
「出していいわよ。中に出して!中に出してェー。」
耳元で甘えるように切なく喘ぎながら腰を押しつけてくる彼女にする中出しの味は絶品でした。v^_^

人間のする本来のセックスというか、女に受胎をさせる時の見本を見せてるようで、彼女の子宮の一番奥に熱い精子を大量に送り込んでやった達成感みたいなものが感じられました。

あとで彼女に聞いた話なんですが、射精の時のドクッ、ドクッの回数いつもよりすごく多めで時間も長めだったそうです。

でも、硬くて不安定な机の上ではやはり落ち着いてSEXができなかったのも事実。
2回目は“ちゃんとしたベッドの中で・・・”っていうことになって簡単に机の位置を直した後に実習室へ移動することに。

不用意に抜くと精液が流れ出てくるので、繋がったまま場所を移動。彼女、俺にハメられてバレリーナのようにつま先立ちながら歩くんだけど、体の中に棒がはさまっているといかにも歩きにくそう・・・。

仕方ないから、そこでいったん抜くと、
「あーん、流れ出てきちゃうー。」と彼女。
アソコを指で押さえながら、片方の手で俺のペニスを握り2階の看護実習室へ。

そこには看護実習用のベッドがいくつか置いてあって、おまけにマットも布団もセットしてあるから、正に好都合。
電気を点けるわけにはいかないから、即、二人でそのベッドの上で全裸になって2回戦目の開始。

仰向けになって大きく脚を開いてる彼女に、1回目の俺の精液を外にお漏らししなかったご褒美として、また一気に生ハメすると、彼女のオマンコの中は最初から「グチュグチュ」とすごい状態。

中では俺のペニスが自分の精液だらけになってなのがよく分かる。
音に興奮して、いつもより激しいピストン運動で彼女を攻めると、
「あぁ、○○○○のチンチンが私の中で暴れてるぅー!」と彼女。

もう仕事のことなんかキレイさっぱり忘れてしまってたので、そのまま射精まで一気に暴れてやりました。
おかげで、2回目も彼女の体の奥深くに中出し。

終わった後、いつものようにキスをおねだりしてくる彼女に、
「洩れないように締めたままにしてごらん」と命ずると、必死になってオマンコをキュッと締め付けてくる。
そのうちすぐに、コッチもムクムク^^。

結局、抜かないまま精液だらけの彼女のオマンコの中へ3度目の中出し。
今度は途中で彼女の膣がピクピクと小刻みに震えているのが最高に気持ちよかったです。
抜く時にはもう大変で、既に外へ溢れ出して来はじめているのが分かりました。

やっとの事で二人とも起きあがり、乱れたベッドの布団を直したあと服を着ようとすると、
「ショーツとストッキング、どこかへ行っちゃった!」と彼女。

で、下半身だけが裸のままの彼女と最初の教室に戻ってると、とんでもないところに飛んでました。

モノは彼女には穿かせずに俺が持ってそのまま看護学校の窓から外に出たんですが、その時、彼女の脚を持ってあげたら大腿部は精液でベットリ!。

病院の明るい所で後で見たら、俺の精液がサンダルを履いた生脚彼女の足首の所まで伝わって来ていたのが分かりました。(因みに彼女の脚は、当時でいえば森高千里や田中美奈子みたいでスッゴク綺麗です!)

それがまた、いやらしい感じで、それを見た途端に中出し願望がムクムク・・・。

いやはや、結局その日は口出し1回+中出し3とウンザリする程楽しんだけど、二人で「離れたくない!」ってことになって、病院を出た後はラブホに直行。
そこでは備え付けのコンドームには目もくれずに、もちろん中出ししました。(1回だけでしたが・・・・^^;)

この看護学校での中出し経験は、後で思い出して話題にすると彼女が真っ赤になって恥ずかしがる程の強烈な経験でした。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][看護学校][セフレ][フェラチオ][クンニ][生挿入][絶頂][中出し][セックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


学校・幼稚園 | 【2016-03-07(Mon) 12:10:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*