FC2ブログ
アクセスランキング

40のおっさんの俺が女子大生3人とホテルに行った【体験談】

40才のあつかましい親父です。

酒飲めないけど、バーを経営してる後輩の金の相談を聞いてるうちに、大学生の男×3女×3の合コンに巻き込まれてしまいました。

最初はひたすら観察に撤しました。

男A=システム手帳片手のウンチク君
男B=やたらとスネたりひがんで気をひきたい甘えた君
男C=おっとりした聞き役(こういうのが一番イイ目してそう)

女D=茶髪美人スタイル極上ちょっとズルそう
女E=一番幼く顔ロリ美人好奇心の塊
女F=爆乳超エロ顔いじめられキャラ
(ちょっと頭弱そうもちろんこいつに照準を合わします)


最初からバランス取れてなくて女のコ達はなげやりで、退屈しのぎにやたらと爆乳Fちゃんをいじめます。

アホ男達もフォローするどころか一緒になってFいじめしてます。
これはなかなか良い展開だとひたすらFちゃん擁護に撤しました。

ちょっとやぼったいFちゃんの性格をやたらとホメ殺して、みんなが攻撃する欠点をいちいち

「そこがおっさんからすると最高に可愛い!」って
持ち前のソフトかつ若者をねじ伏せる話術でFの劣等感を優越感に変えようと努力しました。

今、思い出してもこの女のコ達の組み合わせは最高で、爆乳Fの魅力に気付かない若者5人はオレにとっては奇跡的な場面でした。




ほんの一時間くらいでFちゃんはオレにべったりと離れないようになってました。

2時間ほどでお開きになり、次行きたがる男のコ達を軽く威嚇して女のコ達を送って行く事にして車に乗せました。

説明が後先になりましたが、女DEとも見た目はイケてますが田舎者で、男経験も1人2人しかないこともこの時点でプロファイル済みです。

おまけに男のコ達の質が悪かったので、小金持ってそうでイイ車乗ってる厚顔オヤジに少なからず悪い印象はなかったみたいです。

家はと聞くと高速で1時間半ぐらいかかるとこから来てます。
しかも終電ギリギリ。

なんとかDEを終電に乗せようとするんですがDが渋ります。

アイドル並のルックスを持つプライドと、めったにない都会での夜遊びが不完全燃焼なんだと読みました。

親が厳しいロリ美人Eだけ電車に乗せようと駅までの道中に
「旅の窓口」の当日予約で超割安のシティホテルセミスイート予約実行です。

駅について女のコ達がお互いの家に電話して親に怒られながらお泊りの口実作りしてるのを半ボッキで聞いてると、とうとうロリ美人Eまでが泊まる事になりました。

この時点ではオレはまだホテルとってくれた親切なオヤジでしかありません。
Fはイケると思ってましたが今日イク自信はなかったです。

ホテルにチェックインすると初めての広い部屋にみんな大はしゃぎで、夜景を見たりベッドで飛び回ってゴキゲンで、スケベオヤジに対する警戒心はほとんど消えてました。

オレがおとなしいのに気付いた3人が怒ってると勘違いして気使って機嫌とりにきました。なんと素直なコ達でしょう。

これに便乗して疲れて眠いふりしたら爆乳Fが
「一緒に泊まったら~ハート!」

作戦大大成功を確信しました。
そうと決まれば3人は早速お風呂の順番を決めてます。

3人一緒に入るというので
「淋しいから誰か残ってよ。」

F「そしたら私残る!」
出来すぎやん!

DEが二人で風呂入るので
「サービスして、見えるとこで脱いでくれへん?」

と厚かましさ取り戻してしつこく頼んだら、酒の勢いも手伝ってか恥ずかしそうに脱ぎだしました。

素直な田舎のコばんざーい!Dは綺麗な花柄ブラとなぜか真っ赤なパンツ、日サロ焼けしたすべすべ肌。

Eはピンクのブラとなぜか黒パン。
下腹がぷくっと出た正真正銘ロリ体系に真っ白肌。

ゆっくり堪能してから本命Fの髪の毛なでながらキス。

やっと辿り着いた爆乳は予想以上の張りと感度でちょっとサワサワしただけで目がイッてます。

お腹もちょっとぽっちゃりだけど乳首サワってするだけで身体全体がびくびくって反応します。

ここで3人の容姿をもう一回整理します。

Dは見るからにイケイケでホントに身体も綺麗。
ただ、喋ると田舎っぽいんです。

Eは1番タイプなんです。ロリで可愛い系なんだけど目が好奇心の塊でエロく光ってて、チンチンをじぃーっと見ながら嬉しそうに舐めるタイプで、SEXにタブーがないタイプです。

今夜の本命Fは男が待ちわびる、頭ヨワくて身体最高にエロくて尽くすMタイプです。

DEと交替でFと二人で風呂入ってソープごっこしながら結構長く入ってました。
その間にDEが一旦寝てくれないかなって思ったからです。

見られながら始める根性がなかったです。
Fは下の毛も15本ぐらいしか無くほとんどパイパンで無味無臭。

なんとか一回イカそうと乳首レロレロしながらGスポとクリ同時攻撃したけど、びっくんびっくんするわりにイキそうな様子がないです。

案の定イッたことないそうです。

のぼせたのと興奮で心臓ばくばくしてきたので、命の危険感じて休憩しながらフェラたのんだらこれがまたなんと。。

しっかりしたストロークと力強い舌使い!ベロが生きてる。
おまけに太ももに爆乳押しつけてゆするから年甲斐もなく暴発寸前。

自分のお尻つねったりこめかみのあたりの髪の毛引っ張ったりして気をまぎらわせました。

イクわけにはいかん!親が死んでもイクわけにはいかん!
抜群にうまいフェラやけど悲しいかな緩急の付け方が甘い!

イカセどころがまだわかってない単調さに救われて風呂からあがりました。

イキどころもわかってないから泥沼の体力消耗セックスになりそうな嫌な予感がしてきたときにオレのなかの悪魔が方向転換を命じた。

泥沼セックスは中年にとっては命取りです。
DEに見せつけて反応楽しもう!

ベッドに入ってもう一回丁寧なキスから始めてクリ舐めながら、手伸ばして乳首コリコリしてびっくんびっくんさせてたら新しい発見!

ほんのり赤く染まった顔がたまらんエロいんです。

潤んでイッちゃってる目、友達に聞かれたくなくて口に手を当てながらも漏れる可愛い声、無理に手をどけてやると、喘ぐたびに舌がいやらしく出たり入ったりするんです。

腰のびっくんびっくんも最高潮になってきてます。

挿入するにあたって頭のなかでご先祖の墓掃除をイメージトレーニングしながらなるべくエロい顔みないようにと決めたのに、先っちょが入っただけで腕と背中に爪たててきます。

気持ち良くてどうしたらいいのかわからずにとまどって目がいやらしく泳いでるの見てオレのS悪魔がまたよみがえってきました。

冷静に観察してるとロリEは爆睡中だけどイケイケDはこちらが気になってる様子です。

わざと気持ち良い声だしてDの好奇心グリグリにしながら、ずーっと観察しました。

Eの向こう側に寝てるから隠れてるつもりでもEの寝息しか聞こえません。
一旦抜いてベッドの縁に座ってFを床にひざまずかせてフェラしてもらいます。

Fの従順さに感謝しながらDの方向いてます。
自然、FはDに背中向けてる状態です。とうとうDと目が合いました。

最高に冷たい、感情のない能面のような表情つくって手招きしました。

いままでの優しいオッサンの顔捨てて、汚い野良猫呼ぶように威圧的な手招きです。Dは目をそらしました。

もう一回目が合って手招きして目をそらされました。

3回目に目が合ったときDの目はイケイケではなく、何かに屈伏した情けない目でした。

少し優しく手招きしたらとうとうベッドから起き上がりました。
ゆっくりゆっくりノソノソと動くDにFの横に座るように手で指示しました。

髪の毛なでて手をとって指をからめました。
Fが気付いてびっくりしてたけどDはFに恥ずかしそうにニッと微笑んで「Sさん(オレ)に呼ばれたン。」

Fの反応が心配でしたがなんかこの時は変な自信というか、開き直ってたのか失敗は全然考えませんでした。

案の定Fはあほっぽく
「ってか恥ずいんちゃうーん!こんなんええのん?ええのん?」
ってオレに聞いてくるぐらいです。

この時やっとDに優しく微笑んで
「どっちがウマいん?」と手をチンチンに誘導しました。

迷ってるフリしてますが友達に対するポーズです。

Fがあほっぽく「いやーん。いやーん。」ってへらへら笑うのがうざったいけど我慢して手の甲でほっぺをなでなでしました。

なかなか踏切りつかないDにちょっとイライラして、Fに見本見せるように言いました。

「いやーん。見本ってなによぉー。いやーん。ハムツ!」

Fのあほさ加減が最高に愛しいです。
そんなんやからいっつもいじめられキャラなんですね。

頃合いを見てDにチェンジさせると
「えぇーー。えへへ。。パクッ」こいつもあほややっぱり。

ちょっとガックリして、おまけにあんまりうまくなくて、ダブルでガックリしたけどチンチンはカチカチのままです。

ヘタクソですがその分顔がいいので舐める表情楽しみました。

ときおりFの目気にしながらも一生懸命フェラするDが愛しくなって、念願のWフェラあきらめてベッドに寝かせて襲い掛かってしまいました。

すべすべDカップおっぱい舐めながら早速濡れ具合チェックすると、大きめのスプーンですくえるぐらいあふれてました。

DもFもクリ小さくてあまり開発されてなく、どっちかというと中がいいみたいです。

もっといろいろ楽しみたかったけど興奮してすぐに挿入してしまいました。
中が結構ガバガバなのか濡れすぎなのかあまり良くなかったです。

おかげで余裕もって美人のあえぎ顔観察できました。
単調で小さめのあえぎ声聞きながら確認するとDもイッたことないそうです。

ときどき思い出したようにFの爆乳にちょっかい出しながら、ここまできたらEでイキたい!できればEの口でってずーっと考えてました。

いくら酔ってても慣れないホテルのベッドで、横で友達がハァハァしてたら気付いてるんじゃないかな。

もし気付いてなくても若いから1時間も寝れば充分やろって勝手な考えで、叩き起こそうか迷ってたらとうとうEが起きた。

布団を深くかぶって目だけ出して見開いてます。
目から下が見えないから表情が読み取れないけど、なんとか状況を把握しつつあるみたいです。

おもむろにFにむかって
「なにそれぇーお前らエロ過ぎぃーなにそれぇーありえへんしぃー」

F「Eちゃんもこっち来る?」
E「だまれブタ!」

口悪いのね。。

オレ「こっちおいでぇや!」
E「いいです。無理です。」ホッ!オレには敬語です。

場の空気がちょっと悪くなってFが眠いって言い出したんでDから抜いてDFを風呂に入らせました。

この時点でオレは誰もイカせてないなーなんて考えながら

「ほんまはEちゃんが一番タイプやねん。この際やからヤラせて!」
E「無理です、ほんまに」

オレ「内緒で小遣いあげるから」
E「いくら?」

食い付いた。

財布からとりあえず二万だして「バレんように早く隠して。」
Eは半ケツ見せながら嬉しそうに財布にお金しまってから、ピョンとこっちに入ってきました。

なんだかさっきより緊張しながらEにキスしたら目をぱっちり見開いて、しかも情熱的に舌をからめてきます。

小振りな真っ白おっぱい責めてたら激しい口呼吸になってきたけど、やっぱり目を見開いて責められてる部分をじーっと見てます。

レロレロしながらパンツまで下りてくと、首を起こして舐められてる部分を注視してます。

見て興奮するタイプなんでしょうか?こういうのもMになるんでしょうか?
黒パン脱がすとなかなかの剛毛、濡れはまぁまぁでした。

少し濃いメの毛を掻き分けてクリ舐めると結構反応良いんです。
DFともクリの感度がいまいちやったので嬉しかったです。

指マンしながら上に戻ると顔が上気して目がウルウル、しかも相変わらず見開いてます。

フェラはあんまりうまくないけど手でタマをサワサワしたり、根元をコネコネしてきます。

吸う力が弱いので唾がだらだらたれてきて、オレのお尻まで冷たくなってきました。

途中DFが一緒に風呂から戻ってきた。
さすがにバツが悪いのかEは布団かぶって隠れました。

DFはニヤニヤしながら隣のベッドに入って友達の話とか明日の事とか普通に喋ってました。

二人を呼んで4Pも考えたのですが、慣れないからどうも集中できないしソロソロちゃんとイキたかったので、そのままEに挿入していろんな体位でちょっとずつ攻めました。

「イカへんの?イッたことない?」
E「もう二回イッた。」

ほーー。最後に念願のフェラでイカせてもらいました。

口に出されるのは初めてらしく最初のひとしずくが出たとき身体がおもいっきりビクッーってしてました。

見開いた目を激しくパチパチさせてます。

いっぱい興奮して普段より長く頑張ったのでイッたあとはすごく脱力、満足して隣のDFのクスクス話し声を遠くで聞きながら眠りに落ちました。

Eは友達のベッドに戻るのが恥ずかしいのか、オレの腕枕で同時ぐらいに寝たみたいです。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][女子大生][乳揉み][乳首舐め][フェラチオ][指マン][生挿入][絶頂][セックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


いろいろなシチュエーション | 【2016-03-05(Sat) 12:10:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*