FC2ブログ
アクセスランキング

甘い体臭で美脚の27歳義姉と…3【寝取り体験談】

昨晩の俺はどうかしていた。
兄貴と義姉と俺の3人で、韓国か朝鮮のまつたけのすき焼きをつついていたんだが。
兄貴と義姉はテーブルに向かい合わせ。俺は義姉の隣。

めし食いながら義姉のスカートの上から太ももをさわりまくった。
義姉は必死で平静をよそおいながら、鍋に野菜を入れていた。
兄貴は全く気づかない。
俺はテーブルの下で義姉のスカートもまくり中に手を入れまさぐった。
昔みたイタリア映画のようなことをやりたかったんやけど、パンティには触れたがずりさげるなんて事はとても無理だった。

兄貴は出張帰りで疲れていたのか先に寝るわなと言って食事後まもなく二階の寝室へ上がっていった。
俺は洗い物をする義姉の後ろから義姉をむぎゅっと抱き締めた。
甘い大人の女の香り。
義姉は兄貴とは最近ご無沙汰ぎみなのかも知れないが、俺の愛撫に感じながら、無言で快感をこらえながら、流し台に掴まっていた。

俺は義姉のスカートをまくりあげ、小さな水色のパンティを一気に膝まで下ろした。
かたちのキレイな尻。
ボリュームはあるのに弛んでおらず、キュッと引き締まっている。
俺はさっそくプーマのスポーツウェアのズボンをずりさげ、肉棒を掴みだし義姉の後背部から挿入を試みた。




しかし、パンティがじゃまをして太ももが十分広がらない。
俺は義姉のパンティをさらに脱がせ、足首から取り去った。
そして流し台に前傾してつかまらせ、脚をさらに左右に広げさせて、背後から義姉の中に突き立てた。
義姉はもう十分に濡れていて、立ったままの姿勢でもスムーズに結合できた。

義姉は必死で声を上げまいとこらえている。
何度も何度も義姉の膣内への挿入を繰り返した。
そのあと、俺の部屋に来てくれと頼んだが義姉はとうとう来てはくれなかった。

・・・

兄貴からの電話をうけた俺は義姉に、今夜は徹マンだって、と伝え、いきなり義姉をソファーにおし倒した。
だめよ、お風呂もはいってへんのに、と義姉は抵抗したが、俺は構わず、ブラウスを脱がせ、あっという間にブラを外し上半身を裸にした。

義姉との深いキス。義姉は最高に甘えた鼻声でリズミカルな喘ぎ声をあげる。
義姉の舌の表と裏の感触を楽しみながら甘いキスを続けながら、形の良いバストの下から乳首にかけての一帯を優しくなであげる。
あぁん、と義姉の一番敏感な乳首を二本の指ではさんでもて遊ぶ。
急速に勃起する乳首を優しく舌先で転がす。

義姉の乳首は見た目が美しいだけではなく、とても敏感だ。
固く勃起すると鉛筆のようにツンと尖る。
乳首の舌から上へとしたでなめ回すと、義姉の喘ぎ声はますます高くなる。
日常的なリビングのソファーで義理の弟に犯される義姉。
憐れむべきは女の性。

ムッチリと肉付いた太ももからきれいな形の膝が露出している。
短い目のスカートの裾を俺は捲りあげた。
ムンムンした女の色香を感じさせる淡い紫のパンティを義姉は身に着けていた。こんもり盛り上がったおまんこの中心部にはくっきりとした一本の筋かあらわに浮かび上がり、しかもうっすらとした愛液のシミが滲んでいる。

俺はその割れ目の筋に指をあて、少し中へ押し込んだ。
義姉はくぐもった悲鳴をあげ、白い喉をのけぞらせる。
割れ目への愛撫を続けながら、再び義姉にキス。

姉さんのこと、何でこんなに好きになったんやろう、そうつぶやくと、いつも義姉はあかんのよ、こんなこと、といいながらも、より激しく舌を絡めてくる。
義姉の甘い唾液を吸い尽くそうとする俺。

俺は半裸状態の義姉を抱き上げ自分の部屋へ。
義姉のパンティを静かに脱がせる。
顔を近づけると、ダメ、シャワー浴びさせて、と逃れようとしたので、抑えつけでんぐり返しをした。
きれいなおまんこが少し内部を露出させ濡れそぼっている。
義姉にとっては苦しい体位だが、動くことはできない。

俺はすべすべした太ももの裏側からまず舌を這わせる。
そして、中心部の花園へ近づけるが、あえてそこはなめず、そけい部へと舐め続ける。

義姉の茂みは上品に整っているが、それに対比してぱっくりと割れたおまんこの割れ目は、無防備に俺の鼻先に露出している。
俺はそこに舌を深く差し入れた。
女羊のようなひきつった喘ぎ声がますます激しくなり、愛液が内股にまで少し溢れている。
僅かな尿の匂いと、義姉のおんなの体臭が鼻に入るが、俺は少ししょっぱくて甘い義姉の愛液を舌ですくい上げる。

いゃーん。
俺の舌先が会陰部から姉のかわいい尻の蕾に移ろうとした時、義姉は太ももをばたつかせ抵抗した。
俺はさらに抑えつけ義姉のアヌスに舌先を入れた。

義姉の膝をさらに開脚するとおまんこがぱっくりと開く。
花びらに色素の沈着がないので、性体験のない少女のようなヴァギナを俺は舌先でこねまわす。
義姉はもう遠慮なく声をあげはじめた。

義姉を正常位に戻した。
胸から腹部にかけて激しく波打っている。
義姉の贅肉の無い美しい腹部から、上品な漆黒の茂みにかけてのボディラインに舌を這わせる。
ウエストのくびれに手をかけ膝の後ろから太ももを持ち上げ、V字型の状態で義姉の茂みに顔をうずめるエッチな俺。

チロチロと舌先で包皮の中に埋もれているピンクの真珠のようなクリトリスを露出させる。
義姉は上体をのけぞらせながらも、俺のあたまを抑え、快感の波が押し寄せるのを迎えている。

お・ね・が・い、いじめんといて。もう、入れて・・・
義姉がせつなく甘い鼻声で俺の肉棒をせがむ。
義姉のクリトリスは乳首と同様に次第に勃起するかのようにわずかに体積を増す。
義姉は惜しげもなく愛液を流し続けているのが、シーツにまで滴り落ちている。

哀願する義姉。
しかし俺は挿入せずさらにクリトリスをなめ続ける。
イっちゃいそうよ、もうダメ、といった義姉はびくんびくんと肩を震わせた途端に両脚をピーンと伸ばし、激しく痙攣した。


姉さん、いっちゃったん?
意地悪く尋ねる俺にこっくりと素直に頷く姉が可愛く、義姉の愛液にまみれた唇のままで、義姉と再び激しいキス。
義姉は両手を俺の背中にきつく巻きつけ、お願いだから入れて、と潤んだ瞳で重ねて俺に哀願する。
最大限に勃起した肉棒を、ようやく義姉の濡れた割れ目に押し付け、ベニスの半分位まで挿入しては腰を引く。

何でやの、もっとぉ。義姉は激しく喘ぎながら俺の腰にしなやかな美しい脚を巻き付け俺の腰を引きつけようとする。
しかし俺はあくまで義姉の膣内の途中に雁首をひっかけ、深くまで挿入せず入り口を行ったり来たり。
半狂乱になって、たわわな腰をふりながら俺の肉棒をより深くまで誘おうとする義姉。

俺の灼熱の肉棒の先端部は、赤黒く光っている。
その先を義姉のクリトリスに押し付け、包皮をめくりあげようとすると、義姉は女学生のような黄色い叫び声をあげ、益々クリトリスを自ら押し付けてくる。

俺はいきなり義姉の膣内深くに肉棒を突き立てた。
くくーっ、と義姉の低い喘ぎ声に伴い、眉間には深い苦悶のシワが刻まれる。
義姉の形の良い乳房をもみながら、乳首を指ではさみ、抜き差しを繰り返す。

義姉の膣内の無数の襞が俺の肉棒に絡みつく。
そしてベニスの先端部の雁首が膣から離れようとする瞬間に義姉のヴァギナは俺の肉棒を離さまいとして、ギュッとしめつける。

しかし、溢れんばかりの義姉の愛液のおかげでピストン運動はとてもスムーズだ。
次第に俺にも発射の瞬間が近づいてきた、義姉も二度目のオルガを迎えつつある。

俺はその時、突然、腰の動きをとめた。
せがむかのように、くねくねと腰を前後に振り続ける義姉。
俺は優しく義姉の額にかかった前髪を左右にわけ、挿入したままの状態で義姉にキスをした。

うっとりとした表情で俺を見つめる義姉。
姉さんのおまんこって最高や。

ばかネ。
義姉は少し口をとがらせ俺をなじる。
その表情がたまらなく愛しく思えた俺は再び義姉にキスをせがむ。

ハァーっと深い息を吐いた義姉の口に俺は息を送り込む。
うぷっと苦しい表情ながらも俺のするままに身を任せる義姉。

俺はまた腰を動かしピストン運動を再開した。
すぐに甘い喘ぎ声で感応しはじめる義姉。
2人の呼吸と体はぴったりと合わさり、完全なまでに馴染んでしまった。

こんどは姉さん上になってくれへん?
俺の要望に素直に応えてくれた義姉は、仰向けに寝た俺の上にまたがって、右手をベッドにつき、左手で勃起した俺の肉棒を自分のピンクに濡れた割れ目へと導こうとする。

義姉のふくよかなおっぱいを俺は手のひらの中に収めもみ上げる。
あぁん、いいー
スゴく感じちゃう、前髪を振りながら義姉は俺の腹部でリズミカルに上下運動をする。
ゴリゴリと俺の雁首が義姉の膣の内壁をこすりあげる。

いゃーんまたいっちゃう、ねぇ、イってもええのん?
だめやで姉さん、イったらあかんよ、
そんなぁ、もうムリょ、義姉は激しく腰を使いながらも、俺がセーブするので、困惑している。

急にばーんと前かがみになったかと思うと義姉の体内がヒクツいてからんできた。
同時に、いや、いってしまうーと義姉は叫び、義姉の熟れた膣は俺の肉棒を締め付けたまま、何度も痙攣し、義姉は三度目の絶頂を迎えた。


俺も爆発寸前だが必死にクールダウンを試みた。
たわわな胸を俺の胸にひっつけて俺にしがみつく義姉。
27才の女体が次第に俺の好みによって飼い慣らされていく。しかし、兄の妻という切ない現実は変わらない。

ピアノ芸術で感性を磨いた義姉だが、セックスの感性も抜群だ。
161センチの肢体は長身ではないが、つくべきところにやわらかく肉付いた義姉のしっとりとした体が俺の体の上にあずけられている。

姉さん、こんなことばっかりしとってええんやろか?
ええはずないでしょ、でも私、もう引き返せない。
○○さんが好きよ。
だって義姉さん、きょうだいやのに。
今さら何いうてるのん。

俺の反省の弁をかき消すかのように義姉は再び俺の唇を押し開きキスをせがむ。
ねっとりと執拗なキス。
俺の肉棒を義姉の下半身はくわえたまま義姉の執拗なキスが続く。
吐く息が甘く切ない。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][義姉]清楚[巨乳][美人][寝取り][ディープキス][指マン][クンニ][クリトリス舐め][巨根][生挿入][連続絶頂][痙攣][中出し][セックス][アナル舐め]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


寝取り・寝取られ | 【2016-02-29(Mon) 23:10:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*