FC2ブログ
アクセスランキング

妻が行っていたところは出会いカフェだった【人妻体験談】

妻とは結婚して10年、お互いに45歳になり、子供も生まれて何不自由なく暮らしていました。

ただ、この2年ほどセックスについてはご無沙汰になり、妻にも拒否されることが続いていました。いまでも妻の行動が信じられません。

妻は、オッパイがでかく太ももムチムチで男好きのする体ですので、いまでもHはしたいのですがさてくれません。

数ヶ月前から、平日の昼に妻が実家に用事があったり、外出することが増えてきました。

ある日、仕事途中に自宅に帰ると、ちょうど妻が出かけるところでした。そのときの服装が普段ははかないミニスカートに体のラインが強調された格好で化粧をバッチリきめているので、なにかあると思い、声をかけずに尾行をしてみたのです。

今となれば、見なきゃよかったと後悔してます。
妻が行ったところは、出会いカフェと呼ばれるところでした。

私もそのような場所は行ったことがないので呆然としていましたが、とにかくどんなところか調べてみようと思い、ネットで見てみると個室になっていて、見ず知らずの男性とそこで出会うところだったのです。

そこでは、妻の顔から下の写真も載っていて、ミニスカから下着を見せながらお色気ムンムンの人妻 来店中と書かれています。

私は、すぐにはその店に行く勇気がありませんでした。ただ、妻がどんなことをしているのか、そこで出会った男とHしているだろうかと考えただけで股間が熱くなってしまい、その日は妻の顔をまともに見れません。
いつもどおりでしたが・・・




次の日、思い切って客としていくことにしました。
その日は、妻がいないことを確認して個室に入っていったところ、10分ほどして40代ぐらいの女性が私の部屋に・・・

そこはお酒もあるらしく、その女性とお酒を飲みながらそれとなく会話していると、徐々に私の太ももや股間を撫でてきたのです。

私「いつもこんなことするの?」
女「だって、いつもほかの部屋の人なんか部屋に入ったらすぐ口説いてきたり、私のことを裸にしようとするのよ」

ショックでした。妻も個室に入って見ず知らずの男に裸をさらしたりしているのか。

女「さっきなんか、いきなりビンビンのちんぽ出してきて、手で触れとかしゃぶれって言われちゃった。でも、私みたいな40過ぎの女でも興奮してくれていると感じちゃうの」 

私の妻(45才)がそんなことをしているとは・・・

私「僕もなんだか勃ってきちゃったよ」

下半身丸出しにすると、私の乳首を弄びながらチンポをしごき、私もおま○こを弄りました。

そして、「ほんとはこんなところでは隣に気づかれちゃうから嫌だけど…」と言いながらも、ちんぽをおま○こに入れてきたのです。

2時間後、私は女との出来事よりも妻のお店での行動にさらに嫉妬心と違う感情が沸き起こっていました。
妻と、あの部屋でどこかの男が私しか知らない体を蹂躪している。チンポを見せられて、どんなことをしているのか?

あの女の私への行動を見れば、それは1つしかない。室内ではいろいろなタイプの男が、あの手この手で女を口説いたり、あわよくばその場で妻を蹂躪しているんだろう。感度のいいおっぱいを舐められたり、おま○こを丸出しにして人妻なのにだんな以外の男に跨っているのだろう。
そう考えただけで、自分のものが今まで以上に勃起してきているのです。

その後、私は中毒のようにあのお店に通っています。
隣の男の部屋に妻がくることを期待して、そしてそのときにのために隣の声が聞こえるようにボイスレコーダーを隠したりしながら・・・

部屋は、天井が開いているので、鏡を使うと中が見えますし、声も駄々漏れなので

いつか、妻の男への奉仕する姿を見てみたい、妻が自慢のオッパイを使ってパイずりしたり、乳首をつままれながら子供を産んだおま○こに指を何本も弄られながら、ちんぽをせがむ姿を見てみたい。

あの狭い部屋で自分が上になって、腰をふりながら絶頂を迎えるのだろう。ほかの女の話では、バイブやローター持参の男もいるらしい。

その後、私は妻の下着を毎日チェックするようになりました。黒い下着の真ん中に、どろどろしたものがついているとチンポをこすらずにはいられません。
今日、妻は昼から出かける予定です。
そしていつか、妻に個室で会える日を夢見て・・・


その後の妻について書きます。

前述の出会いカフェでの出来事を機に、私もその店でいろんな女性と出会いました。その日もたまたま懇意になった人妻と個室で話してると、隣に聞き覚えのある声が・・・(とうとう妻が隣の部屋に入った)

私も同室の人妻と盛り上がっていたのですが、

私「ちょっと隣の人がどんな会話してるか、聞いてみようよ」といったところ、
人妻「K子さんかー、さっき待合室一緒だったんだけど、あの子も結婚してるよ。どんな会話してるか興味あるー」とのこと。

ここの個室の天井は開放されているので、耳をすませば声が聞こえ、手鏡などでのぞくこともできるのです。(意外と、みんな自分たちのことでいっぱいなのか、のぞきには興味ないようです)

私は持参のスタンド型の鏡を壁から少し離し、セットしました。結構見えます。隣の男は妻にお酒を注文して、一 緒に乾杯しようとしてました。

妻「お昼からお酒飲んじゃって 私主婦しているのにね・・・」
男「K子さんきれいですね。ご主人と結婚して何年?お子さんは?ここに来たきっかけは?」

男は初めて妻に会ったらしく、矢継ぎ早に質問していました。そして妻は結婚して不満はないけど、刺激のない日常のなか 友達の同級生がこの店に来ているのを知り紹介されたこと、いろんなタイプの人と会えるのが新鮮で楽しいと話していました。

男「K子さん、酔って顔が真っ赤ですよ。上着脱いじゃえば?」
妻「普段、飲み慣れてないから体が火照ってきちゃった。やらしい目で見ないで」
男「谷間がすごい。やっぱりオッパイ大きいですね、ご主人とはご無沙汰?」
妻「いやん聞かないで、男の人ってみんなオッパイ好きなんですか?」

だんだん隣の声が無言になってきました。服の衣擦れやカチャカチャした音が・・・

妻「初めて会ったばかりだし、もぉー」
男「わぁ、いやらしいオッパイ。乳首が勃ってるじゃん、舐めちゃうよ?」
妻「だめ、やめて・・・」
男「ほら見て、こんなになってるよ。僕のちんぽどう?」
妻「無言・・・・・・・・・・・・・」

私は何をやってるかを鏡で気づかれないように隣室をのぞいていました。妻はブラをはずされ、乳首をもてあそばれながらちんぽを横目で確認していました。そして、手がちんぽを握りさすり始めて・・・・

妻「固い、、なんかピクピク動いてる・・いやらしいなぁー」
男「ご主人以外のちんぽを見るのはどんな気分?」
妻「形がいろいろあるんだね、、あぁ先っぽからなんか出てるぅ、、なんか興奮しちゃうかも・・・・」
男「え?興奮してるの?」
妻「ちがうちがう・・そういう意味じゃなっくって・・・」

あせって否定してますが、妻はじっとちんぽと男の顔をうかがいながら、媚びたような顔をしたのを見逃しませんでした。男の気持ちよさそうな顔をみて、妻は軽く目を閉じ、誘うような顔をしたのですから・・・

男は次第にミニスカートの足を広げ始めました。妻のスカートの中をのぞきながらパンティーのクロッチ部分を弄くったり、太ももの内側をさすった り、感触を楽しんでるようです。

そして、妻を立たせてお尻側からミニスカをまくって、大きな尻を見ながら触りまくってます。妻もまんざらではない様子で男に身をまかせています。

男「オマ○コがあついよ、ストッキングを脱いじゃおう、下着が汚れちゃうよ?」  
妻「これ以上はダメ、手で触ってあげるから・・・」

そんなことを小声で押し問答してたのですが、妻は最後はストッキングを脱いでしまいました。そして、パンティーの横からついに男の指がオマ○コへ・・・

妻は、ソファーでこれ以上ないほど足をM字に広げ、オマ○コがぱっくり割れている体勢にさせられ・・・

男「入り口だけでなく全部がヌルヌルしてるよ?感じてたんじゃん、指がすんなり入っちゃった」
妻「あぁ、私すごいことしてる・・こんなにあそこが濡れるなんて・・なんてことしてるのぉ。わたしわたし・・」

どのくらでしょうか?妻は男の右手でオマ○コとクリを弄られ、オッパイを吸ったり舐めまわされたりされていると、急にがくがくと震えだし身悶えたかと思うと急に足をピンと伸ばし、逝ってしまいました。

男「人妻さんだけにすごいエロいよ、逝くときオマ○コの中がぎゅうっと締まって痙攣してた、欲求不満なんでしょ?」

妻は動かない。
そして妻が数分後、急に起きたかとおもうと男の半勃ちのちんぽを握りました。そして口に含んだのです。

男「おぉー、気持ちいいーー!急にどうしたんだい?」

妻は何も答えません。そしてまさかの出来事が・・・・・スカートをたくし上げるとお酒を一口飲み、パンティーを脱いだかとおもうと男に跨ったのです。
男がうれしそうなのがしゃくにさわります。妻を自分のものにできる・・・女を狂わせてやった・・・そう確信したのでしょう。ソファーに浅く座りなおして、妻が入れやすいようにしてます。

妻はずっとちんぽの固さを確かめるように根元を持ち、男の顔を見ながら腰を落としてしまいました。

男「ちんぽが入ってるのがよく見える、でかくてやらしい尻だ・・」と言うと、妻が歯をくいしばりながら一言、

妻「逝くときは、言って・・・中出しはダメだからね・・・」
男「ゴムあるよ、つける?」
妻「いい、逝くときは口でしてあげる」

男は満足そうに妻のオッパイをいじりだしました。妻は大きなお尻を上下に振りながら男のちんぽを生で受け入れてます。
時折男が体位を変える旨を伝えても許さず、自分で尻を振っています。

そしてちんぽを奥まで受け入れた後、クリを男のちんぽの根元にこすりつけるようにしてがくがくと震えながら逝って しまったのです。

妻の「クリに・・クリにぃぃーあぁーあたってるぅー」と言いながら・・・
数分後、我にかえったかのように妻はちんぽを引き抜き、男をソファーの奥に座らせました。

妻が今までないような顔でちんぽをウェットティッシュで拭き、フェラを始めました。男の乳首を舐めたりタマを舐めたり今まで私にしたことないようなテクニックです。

それは夫にするような義務ではなく本当に気持ちよくさせてくれたちんぽに対してのお礼のような、そして、好みのちんぽに出会えたことによる、男との今後について期待しているかのように見えました。

男はフェラになってしまい残念そうでしたが、思ったより気持ちよかったのでしょう。最後は妻の頭をかかえながら発射してしまいました。
妻が気恥ずかしそうにティッシュで口の精子を拭っています。

結局、私はお店でトラブルにならないように妻の行為をやめさせられない、ただ隣で鏡越しに見ていることしかできない寝取られ夫でした。

「すごかったね隣」という同室の人妻の声が、はるか遠くに聞こえているようでした。

隣の男は大満足だったようで、妻がトイレに行き、帰ってきた後もいちゃいちゃしているようです。

妻「下着、履き替えてきた。いやん、スカートめくらないで・・」
男「今度は黒だね、セクシーだよ。こんないやらしい人と会えて最高だったよ、今度外で会おうよ。ゆっくりいっぱい逝かせるから。メールは?いつ会える?」と口説いてます。

妻「メールはダメ、携帯を教えてくれたら連絡するかも・・・非通知で・・ここに来たとき私をみつけて、主婦だから月に2~3回ぐらいしか来ないかもしれないけど」

男は、携帯番号を教えて2人は名残惜しそうに退出しました。妻以外の人もいるのですが、今日は満足したのでしょう。

私は自分の部屋にいる女性に退出してもらい、この後妻が私の個室に入ることを期待しましたが、他の女性が来るだけでその日は来ませんでした。

帰り際、妻に連絡してみましたが、出ず30分後に「今電車の中です、買い物して帰ります」とだけ・・・
いまもあの店で、他の男に・・・・

このゆううつな日々は、続くのだろうか?
私は自分の下着が、べとべとになっているのを感じながら帰宅したのです。

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][人妻][浮気][寝取られ][出会い喫茶][乳揉み][乳首舐め][フェラチオ][生挿入][騎乗位][絶頂]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻・熟女 | 【2016-02-24(Wed) 15:10:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*