FC2ブログ
アクセスランキング

おとなしくて真面目そうな人妻の相談に乗って…2【不倫体験談】

783
>>799
ふむ、んじゃあもうちょっと書こう。

そのまま少し待って、彼女の息が少し落ち着いてきた所を見計らってから

「ずっと浸ってるんじゃないよ。ほら、後始末」とお掃除フェラ強要。
「ぁ、あい…」彼女、なんかろれつが回ってない。トランス状態に近い。上体起こしてこっちにすり寄ってきて「うぁ…」

ん?どうした?「中から…出て…」
そりゃそうだ、がっつり出したし。
「ダメだろ?零したら」「ごめんな…さい…」
「後で再注入ね?」「…はぃ…」「はい、じゃなくて。ちゃんと言葉で言う」「また…入れてください…」「ん、おっけい」

精液こぼれ落ちないように自分の手で押さえさせて、そのままお掃除フェラ。袋の方までたれてたので、全部舐めさせる。

そろそろ綺麗になってきたかな?といった所で「じゃあ、立って」と、股間押さえてる腕の方を、ひっぱる。
当然股間から手が抜けて、精液が少しつたい落ちる。
こら、零すなって言ったのにと、やや鬼畜。


そのまま「このままボトボト落とされても困るから、掻き出す」という感じで、その場で仰向けに寝かせてM字開脚。




自分で膝を下から抱えさせてる状態。ソファにあったクッションを彼女のお尻の下に敷いて、下半身を高く上げる。
赤ちゃんの、おむつ換えの状態と言ったほうがいいか。マンコもアナルも丸見え。かなり恥ずかしそうにしてる。

(クッション敷く時にさりげなーくティッシュも上に敷いて、クッション汚れないようにする)

イヤイヤ言うので「俺が折角入れたのにボトボト零すから、お仕置き。まだ嫌がるともっとひどくするよ」
と言うとおとなしくなったので、ここからおもちゃの様に扱う。

指で掻き出すようにぐちょぐちょいじったり、アナル用のローター(棒付きのピンクローターみたいなのがある)で慣らす。ちゃんとローションつけて。
腸壁傷つけないようにゆっくりめに責めて、この機会にアナルを柔らかく開発。指2、3本が楽に入るまで。
ここでも1、2回イク。

(彼女はイク時に結構痙攣するのでよくわかる。ごめんなさいを連呼したりとか)

十分に柔らかくした後、「中、きれいにしてあるか?」と聞く。
彼女「ごめんなさい、してません…」

前に書いた通り、自分でやるより俺にやってもらう方が感じるらしいので毎回してこない。織り込み済みの会話。
で、そのあと恒例の浣腸での恥辱プレイになる。


散々いじくって精液も掻き出したので、立たせてトイレにつれていく。この時は責めすぎて腰フラフラだったので、途中から抱き上げて連れてった。洋式だったのでタンクか便座に手をつかせて浣腸。

今回は医療用の500mlのやつを使った。まず一本分。入れた時点で恥ずかしくて泣き出す。

や、ほんとに恥ずかしいなら自分でやったほうが…とも思うが、見られた方がいいらしい…どっちだよー。

「でちゃう、でちゃう!見ないで、出ていってください…」
ほんとに出ていった方がいいのかと毎回迷う。
しかし、おれの服の袖をしっかり掴んだまま。ほんとにどっちだよw

「だめ、俺の見てる前で出すの。ほら、うまく全部出さないとベッドでぶちまける事になるよ?」と一応…脅す。

15分程我慢させた後、見てる前でぶりぶり出させる。なんでか知らないが、ここでもイキそうになるらしい。排泄の快感だろうか。

解説すると、今までの全行動は「自分の意志でなく、調教された結果として」っていう、言い方悪いが責任回避ができるから、どっぷり浸れるようだ。
罪悪感が薄まって、恥辱だけに浸れるって事。

2回か3回にわけて浣腸して中をきれいにした後(この時点で足ガクガク)お姫様抱っこでベッドに連れて行く。
ここで少しだけ素に戻って、小さな声で「身体…大丈夫?」と耳元でこっそりつぶやく。

彼女、雰囲気にハマってホワホワなのか、惚けた顔で「ぜんぜん…だいじょうぶ…ですぅ…もっと…ひどくしても…」

全然ですかそうですか。というかもっと陵辱しろですか。 タフだなこの子…
(こっちは1回出した上に、さっきからずっと主導で責めてるから若干気疲れ気味orz)


ベッドに着くといきなり鬼畜。
「んじゃ、もっと虐めてやる」と少し乱暴にベッドに降ろす。

もってきたボンデージテープで縛る。最近は慣れてきたので、後ろ手。一緒にアイマスクもつける。
(ボンデージテープがわからない人は、ぐぐってくれ。緊縛初心者には超おすすめ)

たまに足も縛る事もある。この時は足は自由だった。だんだん準備が出来てくるので、彼女、興奮してきたのか足をもじもじ。

想像力豊か(つかエロいだけかも)な子なので、この時点で股間ドロドロ。さっき中に出した精液も少し残ってるか。

この後、言葉で責めたりアナル開発の続きしたり色々あるが、上記とそんなに変わらないので割愛。

命令して、自分で足開かせて「ん、じゃあさっき零しちゃったんで、もう1回(精液)入れるよ」と、上記の、バックから犯した時と同じく(ここに居ない)旦那に謝らせながら正上位でずぶずぶ犯す。

1回出したせいか私が中々イケないので「いままでいっぱい入れられすぎてゆるくなったか?」と一応虐めておいて、彼女のアナルに、ローターを一つ挿入。スイッチをゆるく入れる。振動が腸側から伝わってきて、とても気持ちいい。

電動のオナホールみたい。彼女も自分がおもちゃにされてる事をわかってるようで、ヒクヒク泣きながら喘ぎまくり。
彼女がイったのを確認したら、こちらもフィニッシュ。もちろん中出し。どくどく。


よく言葉責めというのがあるが、実は俺自身、相手をバカにしたり蔑むような事はほとんど言わない。

「嫁さんがこんなビッチで旦那どう思うかね」とか「こんなのがいいのか?ほんと変態だな」とかは絶対NG。
これで喜ぶ人はあんまりいない。真性ドMは別なんだろうが、そんな子中々いない。大体の子はムカつくか、冷める。

言う事といえば、状況の報告&行動の宣言。
「チンポ入れるぞ」とか「今から流し込むから、ちゃんと受け止めるんだよ」
「アナル、すごく簡単に入るようになったな」というのを淡々と報告する。

状況だけを言って、背徳感や恥ずかしさを感じるのは本人のペースに任せている。

あとは言葉で言わずに、思い出させる手段を周りにちりばめる。旦那といつも寝てるベッドで犯すとか、旦那の衣服や写真を、目の見える所に置いておくとか。犯してる時に、ふと全然関係ない事聞いてみるとか。
腰振りながら「○○○(旦那名前)くん、今日は何の出張?」みたいな。

旦那出張中というのを思い出させて「あの人がお仕事行ってる時に、私こんな事されちゃってる」と自分で想像してもらう。

あと、苦しくてもいいから言い訳をつけさせる。彼女の背徳感に対する言い訳として、いつも俺はこう言ってる。

「こんな関係になったのは俺がそそのかしたから。今、いいように犯されてるのも俺が無理やりレ○○したから。

毎回中出しなのは、中出しフェチな俺が君を孕ませようと思ってるから。アナルがこんなに広がっちゃったのも俺が開発したから。

こんなエッチな肉便器になっちゃったのは、鬼畜な俺が無理やり調教しまくったから。全部俺のせいにしなさい」こんな感じ。


「また…中に…わ、私、また…犯され…犯…」とぶつぶつつぶやいてる彼女に、

「うん、そうだよ。今後はずっと中にしか出さないから」と、中出しした直後のちんこ入れたまんまで言う。

「ずっとって…いつまで…ですか…」って言うから、「孕むまでに決まってる。ちゃんと二人で育てるんだよ」と返す。
(注・しつこく言いますが彼女はピル飲んでます。臨場感の問題です。イメクラです)

えぐえぐ泣いてる彼女に、正常位でちんこ入れたままで覆い被さってキス。
ぐっちょんぐっちょんのキス。彼女、泣きながら嫌がってるのに舌絡めまくり。うーんエロい。
そうこうしてる間に、ちんこが少しずつ回復&精神的にも賢者タイムから回復。

ちんこが使えるまで大きくなったら、またレ○○(ごっこ)開始。覆い被さったままぐちゅぐちゅ犯す。
途中でアイマスクを取る。既に彼女の目がイッちゃってる。別の意味でやばいw
(元々、声を我慢する子なので別に大丈夫なのだが)

「声うるさいから」って口を塞ぐ。
上から両手で彼女の頭を覆うようにする。右手で塞いで、左手で頭を抱え込む感じ。
こんな、彼女の視界全部に俺が見えるような感じで、更にレ○○ちっくにずぷずぷ。身体も体重乗せる。

(もちろん息できるように若干開けてる。体重も全部乗せない。3分の1ぐらい)

彼女「ひっ…ひうっ…ぐぅ…うぅっ」
俺「ほら、犯してほしいなら奥まで入るようにちゃんと足開く」

彼女、けなげに限界まで足を開く。そのまま腰だけ擦りつけるようにゆっくりピストン。
一回中出し済み&擦りつけるように動いてるから音がすごい。グジュ、グジュという感じ。
ちんこ完全回復するまで、虐めるように犯す。


(このままエッチしてもめっちゃ気持ちいいし全然大丈夫なんだが陵辱という設定なので)

「精液ですべり良すぎだからイケないな。もう一つの穴で抜かせてもらう」と変な理由をつけて身体おこして、うまく彼女の身体を裏返す。
この時にさりげなく後ろ手の拘束を解いてあげる。

彼女、足腰フラフラなので「入れられないだろ」とお尻をピシャッ。腰持ち上げて四つん這い。
彼女は四つん這いでこっち見えないので、このスキにローションとり、片手の指に塗る。

「ああ、お尻までたれちゃってるな。ほら、すごいよ泡立ってる。これなら乱暴に入れても大丈夫だな」少し脅かす。

彼女「そんな、そんな…嘘ぉ…」
俺「大丈夫。散々広げたしこんなにどろどろだし」と言いつつすかさずローション塗る。
ちんこ入れたままでローションつけた指でアナルずぶずぶ。イヤイヤ言うのを聞こえないふりして「んじゃ穴変えるよ」


「や、や、ゆっくり…う、うぁ…」「ホラいつもの言葉」「ごっ…ごめんなさいぃぃ!」アナルにチンコ挿入。ずぶずぶ。
(ほんとに乱暴にブチ込むとアレなので)ゆっくり、でも根本まで埋没。ぐーっと腰を押しつける。

俺「念入りに広げたから結構スムーズだね。元に戻らないかもな」と言いつつゆっくりピストン。

(全然ウソですキツキツです。多分一発目だと速攻イってます。良すぎてゆっくりしか動けませんすいません)

彼女「いっ…ひっ…うあっ…」
俺「ガバガバになるまでヤろうな」
彼女「ひっ…いやっ…やぁ…」

2穴同時が好きだったよなと言いつつ、小さめバイブ(オルガスターみたいなやつ。挿入してクリに振動を固定できる)を、マンコに挿入。

ここから彼女イキまくる。あうあう言う。少しお○っこ漏らした。同時責め好きだな…

そろそろしんどそうかな?と思ったら、マンコのバイブを抜いて「さて、こっちも(精液)いれるよ」と本格ピストン。
彼女大泣き。でも腰だけはもっと犯してほしそうに突き出す。エロすぎる…

最後だけは、俺の主導でガンガン突く。(この時に余裕があれば、携帯のカメラを用意)で、中出し。

どくどく出した後、カメラ構えて動画撮りながら、少し乱暴に引き抜く。グポンと音。
精液軽く出ながら(さすがに3回目なのでゴポっとは出ない)少し開きっぱなしになってるアナルを全撮影。

彼女の息が整った後に「ほら、もうこんなに広がった」と、動画を見せて一応虐める。
(もちろん動画は彼女の見てる前で消す)
そして二人とも力尽きて終了。さすがに3回はしんどいわ…


>>793>>794
思い返して書きためていたのを再編集したので、実はもっと長いのよ…倍ぐらい。
かなりはしょって書いた。3回ぶち込む間、色んな事して虐めて、5時間ぐらい経ってる。

読み返してみて、状況だけしか書いてないからそんなにエロくなかったな。もっと文章力欲しい…

この時は、ほぼ2日一緒に居たからまだまだ陵辱プレイ続くんだが、さすがに長すぎて、書いた本人もドン引きなのでやめとく。リクエストがあれば書くわ。静聴サンクス。


797
さすがにお腹いっぱいだろうと思ってたら、まだ見る人がいてくれたかw
スカNGか…結構恥辱寄りに虐めてたからな…どないしょ。
まぁ控えめにいく。

最初に書くが、彼女と俺は既に話し合い済みです。
カウンセラーみたく「今回はこういう感じでいくね」と了承済み。
嫌がる事とか犯罪行為はしてません。よろしく。

さすがに3回中出ししたので、こっちもある程度疲労気味。彼女はガクガク。
最後、結構乱暴にアナル犯したので、若干開き気味。正座して突っ伏してるような状態で、腰が崩れ落ちて力が抜けきってる。

マンコが下向いてるので、さっき中に出した精液がつーっ、つーっと糸引きながら少しずつ落ちてる。

動画を撮りながら、こぼすなって言ったろうがと、命令してお尻を上げさせる…が、力が入らないようなので腰をつかんで持ち上げる。

栓代わりにマンコにローターを入れてスイッチいれた後、アナルの方を指でいじくる。

こぼしたお仕置きという事で、指の本数を少しずつ増やす。3本目の薬指を入れた時点で、彼女また泣く。

「いっ…うあっ…ひぃっ…」
苦しいなら腰引けばいいのだが、けなげに突きだしてくる。突き出すから、ずぶずぶ入る。
人差し指中指薬指を束にして根元近くまで入ったので、結構な太さ。

「ほんとに広がったな。もう戻らんわ」
ひぃひぃ言ってるのを無視してゆっくり出し入れ。精液が中に入ってるのでぐちょぐちょ。膣側の壁を触るとローターの振動がわかる。

指でズボズボ犯してるのを携帯で動画撮影。腰突きだしてる彼女の目の前に出して見せる。

「いぃっ…いやぁ…ぃひぃ…」とか言いながら、アナルいじられながら繰り返し見てる。うーん変態娘。

「こんな精液ぐちゃぐちゃの穴にチンポ入れても面白くないから、一旦洗う」とかなんとか言いがかりつけて、
(一回アナルに生で入れてしまったから、一回洗わないと膣にバイ菌入るので)そのままバスルームへ。


先にチンコを洗わせて、かつお掃除フェラ。一生懸命しゃぶるのが可愛い。
ちんこ綺麗になったら(つか勃ちが戻ってきたら)お風呂の端に捕まらせて膝つかせて、お尻突き出させて指で精液掻き出す。Gスポットぐりぐり。たまにチンコもずぶっと。もてあそぶように犯す。

まんまオナホール扱い。あんまり居ると身体ふやけちゃうので、お互い綺麗に洗ったらさっさと出る。
ちなみにここでは射精せず。弾数もあるしね…

お風呂からでてさっぱりして、余裕がでてきたのかお互い自然と素に戻る。
俺「身体の方、大丈夫?」
彼女「はぁ…きもちよかったです…」

彼女ニコニコ。色んな意味ですごいなこの子…

俺「えと…なんかリクエストとか、してほしい事とかあるかい?」
彼女「うーん…○○○(俺)さん、気を使ってます?いやその、嬉しいんですけどね?」
俺「(君がNGサインを全然出さないから怖いんだよ…)うーん、うまくやれてるかわからなくてね」
彼女「嬉しいですけど、気を使い過ぎです。言葉とかももっと酷い事言ってもらっていいです。不満といえばそこですね~」
俺「いや、でもその、これ以上だと貶めるような感じになるよ?ムカつかないかい?」
彼女「大丈夫です♪もっと酷い事言ってください(にっこり)」
俺「(; ̄Д ̄)…」

書いてるうちに朝になっちまったので、また次回。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][人妻][不倫][調教][フェラチオ][指マン][潮噴き][生挿入][連続絶頂][中出し][セックス][アナルセックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


人妻の浮気 | 【2016-02-23(Tue) 21:10:26】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*