FC2ブログ
アクセスランキング

職場の35歳バツイチ子持ちの女性【体験談】

私の職場に35歳バツイチ・子持ちの美雪という綺麗な女性が居ます。
見た目は20代に見えるし、胸は大きくありませんが、スリムなモデル体型なのが制服の上からも分かります。

バツイチ同士、打ち解けるのも早く、お互いに気があったので食事や飲みに行くようになりました。


ある日、今日は娘が実家に行ってるから良かったら私のマンションに来ませんか?と、誘ってもらい、彼女は少し残業になるからとマンションの合い鍵を渡してもらいました。

彼女のマンションの前までは何度も送っているので場所は分かるのですが、マンションに呼んでもらい、しかも2人っきり・・・
今夜は抱けるのか(笑)等と、淡い期待をしながら、マンションに行きました。


鍵を開けて中に入ると綺麗に整頓されていて、彼女のいつもの香りがする素敵な部屋でした。

ベランダに洗濯物が干してあり、中にしまってあげると、洗濯物の中には彼女の下着が♪

大人らしい黒のレースの下着でした。
ブラを手にとると、B65の表示が・・・Cはあるとおもったのですが(^_^;)




しばらくすると、彼女から電話があり、あと10分ぐらいで帰るというので、洗濯物を物干しに戻し、彼女を驚かしたくて部屋の電気を消してベッドの下に隠れました。

しばらくすると、玄関の鍵が開いて、彼女が帰って来ました。

あれ~○○さん出掛けちゃったの~?と私を探しているので、ベッドから出ようとしたら、玄関の鍵の開く音が・・・

○○さん?と彼女の声が玄関でしたと思ったら、誰??何で鍵を持ってるの??出てって!助けて~と彼女が悲鳴を上げてました。

ベッドルールに逃げて入って来た脚が見え、その後ろから、二人の男の脚が見えました。

一人の男が彼女を羽交い締めにして、もう一人が手足を縛っています。

あなたは、美雪さんだよな?
あんたの別れた旦那が借金返済出来ないって言って、代わりにって事で別れた女房のマンションの場所と鍵をくれたんだよ。

何回か若い奴が見張りに来てみたけど、娘がいたから帰ってたんだけど、今朝あんたが娘と話してるのを見張りの奴が聞いてて、あの女はマジでいい女ですよって言うから来てみたら、あんたマジで最高だよ!

身体はどうか分からないけど、今夜は楽しみながら撮影してやるよと、ビデオをちらつかせてました。

美雪は、ベッドの床の上で目隠しをされて寝かされています。

そこに男がハサミを持ち出し、美雪のシャツを切り始め、ブラだけにされました。

こりゃ小さいオッパイだな(笑)
と、笑いながら今度はズボンを切り出しパンティー一枚にされました。

ブラもパンティーもピンクで前側がレースになってるものでした。

美雪は、泣き叫んでますが、彼等はおかまいなしに、美雪の身体を触ったり舐めたり匂いを嗅いだりしてます。

そろそろ乳首みたいなぁ~と言いブラを切ると、小さいながらも綺麗な形の胸と子持ちとは思えない小さなピンクの乳首が見えました。
大興奮の男は、胸を揉み乳首を舐めていました。
乳首も固くなり始めた頃に、カメラを撮ってるやつが突然、


兄貴~!こいつ濡れてますよ♪
パンティーにシミが超~出来てますと言い出しました。

それを聞いた男は美雪のパンティーのクロッチの部分を捲りあげて、アソコを確認して、すげー濡れてるよ!ほらっ!と指に美雪の愛液をつけてカメラに映るようにみせてます。

パンティーも切っちゃいましょうと言いながらハサミで切り、少なめな陰毛と美雪のアソコはカメラに写されてしまいました。

正直、私はビックリしてしまい出る事が出来なかったのですが、これ以上はと思いベッドの下から出ようとすると、玄関の開く音が・・・

彼らの仲間が1人増えました。

全裸の美雪をみるなり、やっぱり最高でしたね兄貴~
身体もいいじゃないですか♪と、いいながら美雪のアソコを見て、すっげぇ~濡れてるし大人ってかんじのマ○コですね!
楽しみだぁ~


あれっ?そういえば、男の靴が三足ありましたが、あと一人は誰ですか?
と、兄貴分二人に言うと、

誰か居るのか??
言われてみれば、こいつの買い物の量は一人分の食料や酒じゃないな!
男連れ込んでやがるな!探せ~と叫び、部屋中を探し始めました・・・

ピンチです(^_^;)

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][バツイチ]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


職場・取引先など | 【2016-02-18(Thu) 20:10:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*