FC2ブログ
アクセスランキング

彼女が王様ゲームで見せた本性 4【寝取られ体験談】

美夏:「ハァハァ、何これ、すごいよ、ハァハァ、何でこんなに気持ちイイの、ハァハァ、旨すぎだよ、ハァハァ、こんなの初めてだもん、ハァハァ、何これオ○ッコ?」

ゴリ:「そうだろ?これが潮吹きで、これが本当のセックスだからさー、彼氏とのセックスは忘れろ、な?」

美夏:「うん、ハァハァ、忘れる、ハァハァ、てゆーか忘れちゃうよ、ハァハァ、激し過ぎだもんすごい気持ちイイもん」

ゴリ:「だから、俺の女になれば毎日してやるよ」

美夏:「ホントに?じゃあなる!あははっ、いいの?彼氏だよ?うれしー」

この前までは、「ゴリさんは毛深いから嫌い」と言っていた美夏は、今、ゴリさんの彼女になる事を喜んでいました。

美夏:「じゃあ、今日から彼氏だから、美夏を好きにしていいよ!」

ゴリ:「おーし、いいねーその感じ、じゃあ、今日は生ハメ中出しな!」

美夏:「えーーー、うそー、やばいよー、ホントに?」

ゴリ:「今日は記念日だろ?それとも付合うの止める?」

美夏:「えーやだやだ、分かった、いいよ、でもできたらどうするの?」

ゴリ:「うるせーなそんな簡単にできねーよ、出来たら結婚すんだろ」

美夏:「きゃあーー、うそー超うれしー、じゃあいいよ、いっぱいして!」




僕は自分の耳を疑いました。
僕の時はコンドームを付けないとしなかったのに、ゴリさんには中出しオッケーなんです。
しかも結婚すると言われて喜んでいるんです。

ゴリ:「じゃあ入れる前に、今まで可哀相なセックスしかしてない美夏にスーパーテクで、死ぬ程イカせてやるわ」

美夏:「ホント?うれしー」

と言って、ゴリさんはク○ニをし始めました。

美夏:「いやん、あん、はぁん、あん、舐められるのイイ、すごいイイ、あん、やあああ、そこ、そこイイ、何で、何で分かるの?、すごいイイ、あああ、いい、ああああ、いいよ、気持ちイイ、すごい、あん、あん、ハァハァ、何で知ってるの、いい、ああ、イク、あっ、イク、イク、イッちゃう、ああああ、いやあああ」

そして、続けて、舐めながら指を入れて、掻き混ぜ始めました。

美夏:「だめえええ、イッたのに、今イッたのにいいいいい、いい、気持ちイイ、旨すぎだよおおいい、すごいイイ、あんあん、あああ、おかしくなる、あん、あん、あああ、またイク、またイク、すぐイッちゃう、いい、イク、イク、イクうううううううう」

何と二回も続けてイッてしまいましたが、ゴリさんはやめません。
さっきみたいに、激しく指で掻き混ぜて始めました。
また、すぐに水を混ぜる様な音が響き渡りました。

「ブチュブチュブチュブチュ」

美夏:「あああああ、またコレ、すごいのコレ、すごいの、気持ちイイ、あああ、うそ、気持ちイイ、ああああああ、いやああああ、うそうそ、すごいイイ、やだ、すぐイク、おかしいよすぐイッちゃう、イク、イク、またイク、イクううううううううう」

「ブチュブチュブチュブチュ、ビュッ、ブシャ」
まるで、水溜まりに手を入れて、激しく掻き混ぜて、辺りを水浸しにした様な音がしました。

ゴリ:「どうだ美夏、俺の女で良かったろ」

美夏:「うん、ハァハァ、良かった、ハァハァすごい、すごいよ、ずっと彼氏だよ、ねぇ約束してハァハァ、ずっとしてよ、ハァハァ、すごい、もう離れられないよ・・・」

ゴリ:「美夏、チ○ポ欲しいか?」

美夏:「うん、欲しい」

ゴリ:「おい、ちゃんとチ○ポだろ?」

美夏:「はい・・・チ○ポ入れて下さい」

ゴリ:「何処に」

美夏:「ここ」

ゴリ:「おい、ふざけんな、付合うのやめんぞ、どこだよ」

美夏:「怒らないで・・・やだ、ごめんなさい・・・おマ○コに・・・入れて下さい・・・」

ゴリ:「しょうがねーな」

あの強気な美夏が、謝りながら挿入を催促しています。
しかも、チ○ポとかおマ○コなんて僕は美夏から聞いた事がありません。
そして、ゴリさんは巨根を美夏にぶち込んだ様でした。

美夏:「うはぁ、うぐっ、ハァハァ、ふーふー、うはぁ、あん、ああ、いやあああああああああ、すごいよ、いや、待って、まって、ああああ、ダメ、ああ、イク、イク、ああイク、あんイクイク、あああああ、いやあああああ」

美夏は入れてすぐに、あっさりイッてしまいました。
こんなに美夏が感じ易く、イキ易い体質だったとは全然知りませんでした。

僕はもっと近くでハッキリ見たいと思って、ジリジリ近付いて、ゆっくりと顔を出してベッドの方を覗くと、丁度、観葉植物があって、向こうからは見えにくい状況でしたので、二人の姿を確認する事が出来ました。

ベッドの周りはスタンド照明で明るくて、美夏の体もゴリさんの剛毛も良く見えました。
ゴリさんは正常位でイカせると「美夏上になれ」と言って騎乗位をさせました。


美夏は騎乗位なんかもちろん出来るはず無いのですが、ゴリさんに嫌われない様に、必死でやり始めました。
こっちからは、真後ろから見ているので、美夏のマ○コに巨根が入って行くのが良く分かります。

美夏は必死で腰を動かしていますが、最初はぎこちなく、「ちゃんとやれよ」とゴリさんに怒られていました。

ゴリさんは時々、物の様に、美夏のお尻を「パァーン、パチン」と叩いていましたが、美夏は嬉しそうに「それ気持ちイイかも」と言っていました。

ゴリさんは、美夏の動が下手なので、自分から突き上げ始めました。

美夏:「ああ、いやあああ、やっぱ、すごい、あああ、すごいおっきい、おっきいよ、ああ、あんやぁ、ハァハァ、こわれるー、あん、あん、ああああ」

ゴリ:「どうだ彼氏とどっちが好きだ」

美夏:「ああ、全然こっち、だめー、これじゃなきゃダメ、あん、あん、気持ちイイよ、すごい、あん、あん、ねぇまた、またイク、すぐイッちょうよ、どうしよ、あん、あん、ああああいい、おっきいのイイ、イク、イク、あんイク、いやあああああああ」

美夏は、またすぐにイッてしまい、ゴリさんの上に倒れ込んで、激しく舌を絡めてキスをして、ゆっくり自分で腰を動かしている。

体は痙攣しながら、お尻が時々「ビクンッ」と動く。
時々見えるゴリさんの巨根は、ヨーグルトを塗り付けた様に、真っ白なマ○汁でまみれていた。

<続く>

続きを読む時に便利です→

・他の体験談も探してみる⇒ FC2 Blog Ranking



[体験告白][エッチ][女子大生][巨乳][王様ゲーム][巨根][パイズリ][クンニ][寝取られ][指マン][潮噴き][フェラチオ][生挿入][連続絶頂][イキまくり][中出し][セックス]
関連記事



エッチな体験談


Fc2Blog Ranking禁断の体験

人気アダルトブログ☆新着情報


寝取り・寝取られ | 【2016-02-07(Sun) 23:10:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*