FC2ブログ
アクセスランキング

同僚と共有することになってしまった愛妻 2【寝取られ体験談】

2階の寝室に行って勝負下着を手に取ると、ゆっくりと1階に下りリビングの陰から中の様子を伺うと、タクヤが既に妻の前にしゃがみ込み、マンコを指で弄っていたんです。

妻は

「あの人が来ちゃうから・・・あぁ~・・・んんっ」

と声を出していたんです。

やがて、タクヤはマンコに顔を近づけてペロッと舐め出しました。

妻は凄く気持ちイイ表情で、声を押し殺していたんです。

そんな所に私が来たので妻は慌てながら

「あなた・・・見ないで・・・タクヤ君もう駄目・・・舐めないで」

「何だタクヤ、我慢出来なかったのか?」

「すいません!でも最高のお汁です」

「そうか、そろそろ逝きそうなんじゃないか?いつもみたいに潮吹いて見せたらどうだ」

「そんな、タクヤ君に見られるなんて・・絶対ダメ」

「じゃ、バイブ用意してくるかな?」

「え!?お願いあれだけは駄目!本当に逝っちゃうわ!」

「ん~タクヤのこれだったら潮吹くかもな」

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-01-16(Mon) 23:10:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

同僚と共有することになってしまった愛妻 1【寝取られ体験談】

去年の8月の話になります。

私は一昨年の秋に再就職して1年を迎えようとしています。

測量という仕事で、外で働く機会が多いんです。

職場は10人程の小さな所で、いつも一緒に動くメンバーは決まっていました。

若手20代の男性2人(タクヤ・リョウ)と50代の男性(雅さん)、それに私(42歳)です。

私には妻(37歳)と息子(17歳)がいますが、息子は高校が遠かった事もあり叔母の家に下宿させて貰っているので、家には妻と2人だけなんです。


その日、私は測量の仕事で遠い山中に向かう事になっていたんです。

若手のタクヤが迎えに来てくれると言うので、家で待っていました。

"ピ~ンポ~ン"

妻が玄関に出迎えてくれ、リビングにタクヤが入って来ました。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-01-16(Mon) 22:10:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

後輩の彼女【寝取り体験談】

俺36才、ユキ25才、ユキは俺の後輩マサアキの彼女。

年末にマサアキが田舎に帰り、大晦日、部屋に一人でいた俺に、ユキがおせち料理を持ってきてくれ、その時に、ユキに手を出してしまい、その後、マサアキが田舎から帰って来てからも、マサアキに隠れて、逢ってはエッチしていた。

ユキとのエッチはどんどんエスカレートして、バイブはもちろん、アナルSEXや縛りもやっていた。

そんなユキに3Pをさせようと、ユキには内緒で後輩のコウジと計画を立てた。

計画はこうだ、俺が縛って拘束したユキとエッチしている時に、コウジが登場するという段取りで、まぁ計画という程の事でもないんだが。

そして3P当日、コウジを俺の部屋の浴室に待機させ、ユキをいつものように部屋に呼んだ。

ユキは部屋に入るなり、

ユキ「こっちに来る前に、マサアキからメールが来て食事に行こうって…」

俺「ふ~ん、でどうしたの」

ユキ「体調悪いから、家で寝てるからって断っちゃた…」

俺「俺とエッチしたいから、彼氏の誘い断るなんて、スケベな女だな」

ユキ「だってそんな風にしたのは、俺さんでしょ!」

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-01-13(Fri) 12:10:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

金に物をいわせて不倫を既成事実にする間男 2【寝取られ体験談】

約束の木曜日
幸いその日はバイトの居酒屋がすごく忙しく、私は妻と先生の事を考える余裕がまったくなかったのですが、お客さんの中に妻と同じ歳くらいの女性と歳の離れた男性を見た時に我にかえり、その日ばかりはポケットに忍ばせていた携帯(勤務中の携帯の所持は店長に禁止されている)の時計を見ると22時を過ぎた所で、二人が食事を済ませ帰るだけならもう終わるはず
止めるなら今しかない!
そう思ったら私は仕事が手につかなくなり、すぐさま店長に体調が悪いと嘘をついて帰らせてもらいました。

居酒屋を出たのが23時くらいで妻に電話をすると、拍子抜けする程明るい妻の声
『もしもーし!お疲れ~バイトどうしたの早いね?帰り?』

『いや、暇だから帰っていいって言われて』

『そっか~こっちは今までご飯食べててこれから近くの居酒屋に行こうって話してたんだよ~』

妻は少し酔っている様でした。
『そうか、何人くらい集まったの?』

『それが~先生ってば私しか誘わなかったんだって!これじゃあ新手のナンパだよね~ウフフ』

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-01-13(Fri) 00:30:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

金に物をいわせて不倫を既成事実にする間男 1【寝取られ体験談】

私は30歳、妻は29歳で娘が2人。結婚9年目の一般的な幸せな家庭でした。
妻は背が高く175センチもありモデルを目指していた頃もありました。胸はペチャンコですがかなりのスレンダー美人です。
私は妻以外の女性を知りません。妻も私が初めてと言っていました。

ですからセックスもかなりノーマルで妻はフェラが嫌いだし私も妻の事を舐めたりはしません。
今さら舐めてくれとか舐めたいなんて言ったら嫌われるのではないかという思いもあります。

回数も月に2~3回で少なめ?です。(友人に話すまでこんなもんだろうと本気で思っていました)
ですから妻の性欲などにもまったく気が付きませんでした。


話は今から半年くらい前にさかのぼります(経験が少ないのでエロい表現はうまくないので我慢してください)

娘が熱をだしたと妻からメールが来た時でした。
いつも行く市内の総合病院の小児科に昼の診察時間から向かうとの事、病院はバスで20分くらいの場所で家からは離れているのですが担当の先生と子供達が相性が良いので気にもとめませんでした。

先生は40代後半でスポーツマンタイプ。色黒で若い頃はモテたであろう独特なオーラがでてる人です。

その日、私は仕事を早く片付けて病院に迎えに行きました。

今思えばこの時に、妻に連絡しておけば何も知らずに済んだのではないかと後悔しています。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-01-12(Thu) 23:10:57】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

年下の彼女をイケメンに寝取られた体験談

俺26歳サラリーマン
彼女19歳大学生
浮気相手30歳飲食店経営

GW前くらいから電話に出なかったりメールの返信が翌日以降になったりと怪しい行動が多くなった。

彼女はビッチではないが見た目は派手で、誘われると断れない性格で、色んなサークルに入ったり飲み会に参加したりで彼氏としてはけっこう心配だった。

俺は仕事が忙しかったので、なかなか会えなかったが、GWは絶対に2人でどこかに泊まりに行きたかったので、色んな計画を立てた。
彼女も楽しみにしている様子だった。

そして俺は個室に露天風呂がある旅館を予約した。
そしてそれを伝えると彼女は
「予定が出来てその日は行けない」
と言い出した。

それを聞いて俺は泣く泣く旅館をキャンセルした。
これでGWに彼女との予定はなくなった。
毎日連絡はしていたが、特に次いつ会うかという話はしなかった。

そして、GWに入り特にする事もなかったのでSNSを覗いていると、気になる呟きがあった。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-01-11(Wed) 23:10:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ドMな彼女を混浴露天風呂でオヤジ達に寝取られた【エロ体験談】

俺も元々Sっ気のある方だったから、まゆみがMだと分かってから、イジメプレイをよくするようになった。

特に野外プレイが好きだったから、ノーパン、ミニスカでコンビニに行ったり(レジでまゆみが清算中ずっとスカートまくって、尻露出)、同じくノーパンミニスカで混みまくりの埼京線に乗ってチカンプレイをしたり、夜の晴海ふ頭ターミナルデッキの隙間で野外ハメしたりした。
 
 
他のカプールを見下ろしながらハメるのは、俺も まゆみも凄く興奮した。

そんで、人目につかない野外プレイを続けた俺は、そろそろ他の刺激が欲しくなってあることを思いついた。

それは、深夜の混浴露天風呂での放置プレイだった。

あらかじめ、男が入ってることを確認して、まゆみを向かわせ、タオルを持たせないで風呂に入る(そのときは手で隠しても良い)。

頃を見計らって、男に話し掛け徐々にカラダを露出する。湯船の縁に腰掛けて、隠してる手をさりげなく どけるとかして、男の反応を見る。

俺は、隠れて観察できる場所があったら そこで見るか、あとで まゆみの報告を聞くか、さりげなく、後でその風呂に入って、なにげなく観察したりした。

俺は少し恥らいながら、基本的には露出しろとだけ指示して、後は まゆみに任せている。まゆみも かなり興奮しながらも、楽しんでいるようで、終わった後(たいてい、まゆみから先に上がる。あたりまえだなw)、クルマでハメるときは、もうぐしょぐしょになっていた。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-01-10(Tue) 22:50:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

先輩にしつこく頼まれてやった嘘のような話【寝取り体験談】

寝盗られ願望と言うのは、AVの世界だけの話だけだと思っていました。

仲良くさせてもらっていて、何度も家にもお邪魔させてもらっている会社の先輩がいました。
家も近いし、綺麗な奥さんにも会えるので、内心家にお邪魔するのを楽しみにしたりもしていました。
今はもう単身赴任で転勤して、近くにはいないのですが…

その先輩と2人で飲んでいる時に、
「お前、俺の女房抱けるか?」と聞かれて、冗談だと思って、
「綺麗だし、全然行けますよ!」と答えると、先輩が真顔になり、
「だったら、一度でいいから、抱いてやってくれ。」と言われました。

その時は完全に冗談と思って、流して終わりましたが、それからも喫煙所に二人になった時や飲みに行った時にもしつこく言われ続け、その間にも家にお邪魔させてもらい、品定めをするような目で奥さんを見るようになってしまっていましたが、理性は保っていました。


半年くらい粘ったのですが、あまりにも先輩がしつこい為に、「一度だけ」と条件を付けました。

手順は、俺と先輩が少し飲んで、先輩の家にいつものようにお邪魔して、そこから3人で飲み、奥さんを酔い潰してから…という流れでした。

先輩と2人で飲んでいる時から、開き直るしかない俺はいくら飲んでも酔えない状態でした。
先輩はそこそこ飲んで、そこからいつものようにお邪魔することになりました。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-01-08(Sun) 15:10:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

大学時代の、よくある王様ゲーム【寝取られ体験談】

えと、もう10年近く前、大学時代の話なんですが…。

当時付き合って3年くらいの彼女がいたんです。
名前は香奈っていう子で、ちょっとちっちゃくて可愛い子でした。

で、その日は彼女のバイト先の友達の家で飲もうってことで一緒にその子の家に行ったんです。
そしたら他にも二人くらい遊びに来てて、結局男二人、女の子三人(俺、彼女含む)で飲むことになったんですよ。

全員バイト先の友達らしくて、女の子たちは俺も面識があったんですが男はしらない奴でした。
最初は普通に飲んでました。
その友達の家は普通のワンルームでベッドが部屋の側面に置いてあって、その横で5人で床に座り込んで飲む感じ。

部屋を提供してくれた子、仮にまゆみとしておきますが、まゆみは何か昔からちょっとえっちぃ感じの子でして、その日も赤いミニスカートはいてキャッキャ言いながら飲むもんだから、たまーにパンツがちらっと見えたりして俺は俺で最初は楽しみながら飲んでたんです。
・・・最初は。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-01-08(Sun) 12:10:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

妻を他人に抱かせた結果…4【寝取られ体験談】

水っぽい放屁のような音が鳴り、股間から白く濁った体液が零れ出す。

「じゃあ二回戦目いきましょうか。いいですよね、キジマさん」

友一は咄嗟のことに、半ば反射的に首を縦に振ってしまった。
妻が雌になる姿を、今までに見たことのない姿を、もっと見たいと、
心の片隅で思っていたのが表に出てしまったのかもしれない。
その体液を滴らせる部分がゆっくりと動いていき、体液に塗れて光りながら猛る黒々とした肉の棒の先に触れた。

あれよあれよと言う間に尻が下ろされていき、その大きなものが肉の裂け目を再び押し拡げながらめり込んでいった。
サトウの膝に乗って友一に向かって脚を開くような形で、二人が再び繋がった。
サトウが腰を遣って突き上げ始めた。酔っ払いでもしたかのような嬌声が上がった。

「あひぃっ、そんなっ、んっ、ゆ、許してぇ……こ、こんなの、ユウくんに、全部、見られちゃうぅっ!」
「見て貰うのに意味があるんですから、いいじゃないですか。ほら、奥さん、まだまだ硬いでしょ。これが軟らかくなるまで気持ち良くしてあげますから、楽しみにしててください」

割り込むタイミングを逃した友一は、どうすることもできなかった。


涙目になって顔を引き攣らせて椅子に座り、妻の体内を貫いているものに比べれば惨めとしか言い様のないものを握り締めることしかできなかった。
目の前では貫かれて乱れる妻の全身が躍っていた。
友一の目には、智香が自ら腰と尻を振っているようにすら見えた。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-01-08(Sun) 00:30:25】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*