FC2ブログ
アクセスランキング

真面目な妻がどのように変貌するか見てみたい…【寝取られ体験談】

私は41歳で妻は35歳。ごく普通の夫婦です。

妻はまじめで人当たりもよく近所でも人気者のようです。

色白でスタイルもなかなかのもので、風呂上りの姿などを見ると、今でもぞくっとするものを持っています。

私にはもったいないほどの自慢の妻です。

ただ、私の方はそうでもないのですが、なんとなく夫婦関係の方は、ややマンネリ気味でうまくいっていませんでした。妻は淡白な方です。

しかし、私のほうは40歳手前の頃からでしょうか、なぜか無性に妻を誰かに抱かせて見たい。

他の男性と交わって、もっとみだらな女になって欲しいという不思議な思いが増してきていました。

変に思われるかも分かりませんが、”他の男に抱かれ、まじめな妻がどのように変貌するか”を本当に見てみたいという思いに駆られて仕方なかったのです。



もちろん、そんな思いは決してまじめな妻には言えません。

ただ一人、想像と空想の中で私は楽しんでいたのです。しかし、その思いはつのるばかりでした。

我慢できず、いつしか私は、夜の営みの時、妻が興奮して来た時にいろいろな卑猥な言葉を言わせることから始めていたのでした。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-08-16(Wed) 22:10:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

年下の美人すぎる嫁を元カレに…

僕にとっては完璧で、ルックスも性格も100点満点と思っていた嫁の美月。山本美月そっくりの、日本人離れした美しすぎるルックスは、僕ではとても釣り合いが取れないと思うほどでした。

そして、偶然知り合った美月の元カレ前田さん。僕のつまらない好奇心と、嫉妬心、虚栄心で、2人を引き合わせてしまいました。

あっという間に、以前の熱量を取り戻してしまった2人。その上、美月は気持ちを秘めていただけで、ずっと前田さんの事を想い続けていたことがわかってしまいました……。


僕は、美月から別れを切り出されることを覚悟しました。

でも美月は、僕と前田さんとの間で揺れ動く気持ちに、とんでもないケリの付け方を選びました。
受精しやすい3日間、毎日前田さんと子作りをして、妊娠したら僕の元から離れ、前田さんと一緒になる……妊娠しなかったら、今まで通り僕と暮らす。

人生を、そんなギャンブルみたいなことに任せるなんて、どうかしていると思います。でも、それくらいしなければ決められないという事なのかもしれません。


美月は、昨日前田さんと数回中出しセックスをしました。もしかしたら、すでに手遅れなのかもしれません。
本当ならば、全て知っていることを告白し、美月に思いとどまってもらうようにお願いをする……もしくは、美月をしかりつけて止める。手段はいくらでもあると思います。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-08-15(Tue) 21:10:44】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

寝取られ願望がある夫婦と居酒屋で…【寝取り体験談】

寝とられ願望のある旦那さんと
その奥さん3人で居酒屋に飲みに行きました。

事前に、旦那さんからこんな話を聞いてありました。
・嫁はエッチにはあまり興味がない
・嫁がいやがらなければ、なにしてもいい
・合図を送ってくれたら、5分程度トイレに行く

場所は居酒屋。堀ごたつ式の個室で、奥さんの横に俺が座る形になりました。
はじめはビールで乾杯し楽しく会話、少ししたら下ネタとか奥さんの胸を誉めたりしてました。

その時、奥さんもブラのチラ見せとか結構乗り気だったため、30分位したら肩や尻をさりげなくさわり始めてみました。

嫌がる様子もなかったので、大胆に首筋を舌先でなぞってみました。
奥さんは、ビックリした様子ですが、怒ってる表情ではありません。また普通に5分程度会話し、旦那さんに合図を送り退出してもらいました。

旦那さんが居なくなった後、奥さんから旦那に怒られるから、大胆には触らないでと言われました。俺は構わず、「今は旦那さん居ないから」と服の中に手を入れ、胸を揉みしだきます。

抵抗する様子は全くないので、悪のりして、胸丸出しにし乳首舐めてみたら舐めやすい体勢になってくれました。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-08-14(Mon) 12:10:26】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

学生時代の友人に妻を寝取られ調教されてしまった【エロ体験談】

私達家族(祐次52歳・由佳45歳・娘19歳)はどこにでもいる普通の幸せな家族でした。

娘は大学進学と同時に通学のため一人暮らしになっていました。

妻・由佳は専業主婦で、155センチ・86・60・88のスタイルに対して可愛い感じの顔だちです。



新婚以来の二人だけの暮らしになって、夜の生活も妻と楽しもうと思うのですが、毎日、会社からの帰りが10時過ぎになり、週末も仕事の疲れが溜まって2~3ヶ月に一度がいいとこです。

妻とのセックスは時間も短く、挿入して私が逝って終わりのセックスですが、妻は処女で私と結婚し、セックスはこんなものだと思っていたそうです。

そんな、妻が淫乱な人妻になってしまったのは、私の性癖を悪友に教えられたのが原因です。

私の学生時代の友人Tに偶然、通勤の電車で出会ったのが事の始まりでした。
卒業以来でしたが、お互い気付いてほんの数分の会話と名刺交換をしました。

会社に着いて仕事の準備をしていると早速、Tから電話があり後日の再会の約束をしたのです。

数日後、二人は居酒屋で再会を祝して飲み、お互いの仕事話や家族の話で盛り上がりました。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-08-11(Fri) 00:30:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

彼氏の見てる前でセックスして全身を痙攣させてイキました

彼氏とデートしている時に、偶然会社の後輩ミキとミキの男友達のタケ君と会い、流れで彼氏のウチで4人で飲む事になりました。

タケ君とは初対面だったんですが、爽やかで格好良くて、笑顔が可愛いのにオレについてこいタイプで凄く好印象でした。

話しているうちにミキとタケ君がセフレの関係だと分かり、酔ったミキがタケ君との事をリアルに話すんです。

それを聞いて彼氏は勃起させて、ミキを舐め回すよぅな目で見ていると、それに気付いたミキは

「ミキはタケのだからダメですよぉ♪」

なんて言いながらタケ君にキスをし始めたんです。

タケ君も面白がって私たちがいるのにイチャイチャ始めちゃって…。

それを見ていた彼氏が興奮して私に詰め寄ってきたんですが、2人の前だったから拒否していると、ミキは既に上半身裸でおっぱいを攻められ、普通に声も出して感じています。

私が拒否しても強く出られない気の弱い彼氏は、ミキとタケ君の絡みを正座しながら血走った目で見ていました。

ミキ達もだんだんエスカレートしてきて、私達の目の前でタケ君がミキのオマンコを口と手で責めており、ミキは何回もイッてしまっていました。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-08-09(Wed) 22:10:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

隣に越して来た清楚な美人妻と略奪婚【寝取り】

最初の方はエロ描写が少ないのでご了承ください。

今から2年ぐらい前の話。
当時、俺は35歳で、父親が亡くなったり、長年付き合ってた彼女と別れたりと不幸が続き、気持ちも折れたので15年以上働いた会社も辞めてしまった。

親父の遺産もあったし、退職金や失業保険もあるので、1年ぐらい遊んで暮らそうかな~と思って、大型バイクの免許を取ったり料理教室に通ったりと失業生活を満喫してた。


その頃の俺は賃貸のマンションに住んでたんだが、隣の部屋に新婚夫婦が引っ越してきた。

若い夫婦で、旦那は草食系で真面目な感じで、奥さんは比嘉愛未にそっくりのスラリとした清楚系美人だった。
今どき珍しく引っ越しの挨拶にも来てくれて非常に好感が高かった。

それ以降、会うと挨拶をして、奥さん(愛未)とは世間話もする様になった。
愛未は、とても感じのいい奥さんだった。

ある日、料理教室に行くと愛未がいた。

愛未「あっ!◯◯さん、何でいるんですか?」

驚きながら話し掛けてきて、正直に現状を話すと、「そうなんですか~、素敵ですね」と微笑んでくれた。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-08-06(Sun) 21:10:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

海開きの花火大会での出来事【寝取られ体験談】

2年前の話になります。
地元の恒例行事に海開き花火大会があります。
数時間で1万発もの花火が大空いっぱいに開花するんです。
海辺には、数万人の人が集まり露店も多く出ているので、大変な賑わいをみせます。

私達は、その込み合いから逃げる様に、穴場を見つけ陣取っていました。
その日の夕方、妻は薄い藍色の浴衣に身を纏い髪を束ねた姿は、久々にドキッとする位女性らしさを醸し出していました。
(妻25歳、165cm/50kg/88・60・91 顔も結構可愛いいと思います)


妻とは、幼馴染で物心ついた頃から一緒にいて、中学卒業と同時に交際を開始し、7年後に結婚し、この花火は何度一緒に見た事か・・・。

歩いて30分!ようやく現地に到着し、シートを敷き花火が上がるのを待つ事にしました。
穴場と言っても、多くの人がいましたし、露店も数店出ていて食べ物や飲み物を購入し、夕食を兼ねて食べ始めていました。

”パンパン”始まる合図の花火が上がり、会場もザワザワとし始めました。
”ヒュ~ン・ド~ン”大きな花火が頭上で開き、今にも落ちて来そうな感じがしました。
皆、呆気に取られ、少しして”凄~い・・大きかったね”などと話しているのが聞えました。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-08-02(Wed) 23:10:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

社長の別れた奥さんの代わりに妻が…3【寝取られ体験談】

翌日仕事が終ると、私の足は自然と楠木の会社に向かっていた。
すると、みんな帰ったはずの工場に明かりが点いていて、先日話をした年配の男が一人で裁断をしている。

「誰かと思ったら、あんたか。どうだった?駄目だっただろ?」

私は先日少し話しただけなのに、何故かこの無骨な男に親近感を抱いていて、騙していた事を謝ってから優子の夫である事を告げた。

すると男の態度が急に変わって、仕事をやめて後片付けを始める。

「一緒にご飯でも食べに行きませんか?」
「俺は仕事が終ってから、飯の前に一杯やるのが唯一の楽しみだから、外で飯は食わない。
車で来ていて飲めないからな」
そう言って車のドアを開けたが、急に振り返って私を睨んだ。

「何を知りたくて俺に近付いたのかは知らんが、俺は何も言わないよ。仮にもここで世話になっている身だからな」

そう言って車に乗り込んだが、エンジンは掛けずにドアを開けたまま、独り言の様に呟いた。

「慰安旅行の酒は不味かった。この不況にあのケチが慰安旅行に連れて行ってやると言い出したから、珍しい事もあるものだと楽しみにしていたが、得意先を2人も連れて来て、何でもあいつら中心だ。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-07-29(Sat) 23:10:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

社長の別れた奥さんの代わりに妻が…2【寝取られ体験談】

月曜日の朝、妻は仕事を辞めてくると約束して私と一緒に家を出たが、胸騒ぎがしたので昼休みに家に電話してみると妻は出ない。

心配で仕事どころでは無い私は、体調不良を理由に会社を飛び出し、社長の家に向かうと悪い予感は的中し、妻の車が止まっていた。

「あなた!・・・・・・・・」
「何をしている!それに、その格好は何だ!」

妻はこの前とは違うミニスカートを穿いていて、大きな網目の黒いタイツが目を惹く。

「私が着いてすぐに得意先の方がお見えになっていたので、その話は後でと言われて、お茶を出したり食事の用意をしたりして手伝っていました・・・・・・・・・お客さんが帰られたら、きちんと話しますから」

「一昨日で辞める約束だっただろ!信用出来ないから、俺が話す」
「ちゃんと私が」

その時騒ぎを聞き付けて、痩せていて背の高い男が出てきた。

「どうしました?」
「主人が・・・・・・・」

私はなぜか社長の事を、太っていて脂ぎった厳つい男だと思い込んでいたが、実際は歳を感じさせない、スマートで優しい顔をした男だった。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-07-29(Sat) 22:10:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

社長の別れた奥さんの代わりに妻が…1【寝取られ体験談】

私はあるサークルで妻と知り合った。
妻は凄い美人と言う訳でも無く、特に目立つ存在では無かったが、笑顔が可愛くて清潔感があり、いつも皆よりも一歩下がって微笑んでいる様な大人しい性格に惹かれて交際を申し込んだ。

妻は既に29歳だったが、いざ付き合ってみると半年経ってもキスすら許さず、どこか性的に問題があるのかとさえ思った事もある。

その問題が、過去に酷い性的虐待を受けたか、以前付き合っていた男に暴力的なセックスを強いられて、精神的に受け付けない様になっているとすれば上手くやって行く自信など無かったが、妻に惚れてしまっていた私は更に半年付き合ってから結婚した。


すると意外にも初夜では拒む事無くスムーズに終わり、妻が処女だった事にも安心して今まで拒んでいた理由を聞くと、信じられない事に

「結婚して、子供が欲しいからという目的があれば良いけれど、そうではなくて、ただ本能を曝け出すだけの行為は、恥ずかしくて出来なかった」と言う。

その後も私が誘えば拒否する事も無く、子供もすぐに出来たのだが、何年経っても妻はあくまでも受身で何もせず、私が覆い被さる体位以外は嫌がって受け付けない。

そのような妻は、他人からもセックスとは無縁に見えるらしく、家で友人達と飲んだ時に

「子供が一人いるという事は、優子さんも、最低でも一回はセックスをした事になるよな」とからかわれたほどだ。

続きを読む・・・

寝取り・寝取られ | 【2017-07-29(Sat) 21:10:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*