FC2ブログ
アクセスランキング

パブで付いた綺麗な中国人に中出ししまくったエッチ体験談

最近、外国人の居るパブに行くのが好きでよく通っています。
金髪の人から東洋人までさまざまで、なかなか楽しいものです。

先々週の金曜日のこと。
お店に行くと、中国人の子が私に付いてくれました。
お店に行ったのは、飲み会の3次会で、ベロベロに酔っていたため、ロレツが回らない状態でしたw

でもその中国人の女の子は、片言の日本語で169cmの26歳だと言っていたことは覚えています。
顔もなかなか綺麗な顔立ちで、女子十二楽坊のメンバーのような綺麗な人で、とにかく褒めちぎりました。
「かわいいね、素敵だよ」とか。

本当に綺麗な人だったので、褒めちぎっても、自分自身全然抵抗はありませんでした。
でも、あまりにも酔っていたため、名前も覚えていなく、何を話したかも覚えていませんでした。


先週、また飲みに行く機会があり、先週付いてくれた女の子の名前も顔もはっきり覚えていなかったために、フリーで入ることにしました。
席に着き、女性を待っていると、何と先週私に付いてくれた中国人の彼女でした。
ここには、相当な人数の女性が働いているため、本当に偶然でした。

続きを読む・・・

飲み屋の女 | 【2017-07-15(Sat) 22:10:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ひたすらクンニでイカせています【エロ体験談】

キャバクラで知り合った子の舐め犬になってます。いつも指名してる子と、こうゆう関係になったのは、1年前ぐらいから。一番最初のキッカケは、店に遊びに行って、アフターした時だった。

店の近くのカラオケに行って、そこでDVDをあげる話になっていて、好きなの見て選べばいいし家来る?と言うと、最初は迷っていたけど来ることになった。

この時はヤラシイ考えは無く、単純にDVDをあげるのが目的なだけで、彼女にもその無垢さ(w)が伝わったのか、来る気になってくれたのだと思う。

僕は、大体一度観た物はほぼ観ないので、箱に適当に入れていた。家に着いて、彼女がDVDを選んでいたんだが、箱の中にはエロDVDも一緒に入れてたのを忘れてたのだ。

完全に気付いてるはずだけど、彼女は何も言わなかったのが気まずかった。とりあえずDVDを選び終えたので、紙袋に入れてあげた。

その後のことはノープランだったから、家に来た目的は果たしたし、どうする、帰る?』と聞くと、少し考えて『何か軽く食べたい』と彼女は言った。

キモイかもしれないが、僕は年中かき氷を食べるから、かき氷機を持っていた。それを話すと彼女が食いついたので、2人でかき氷を作って食べた。

かき氷を食べてる時に、『Kくん(僕)もエッチなビデオとか観るんだね~w』と言われた。『いや、ごめんw一緒に入れてたの忘れてたんだよw』と言うと、『どうゆうのが好きなの?』と聞いてきた。

続きを読む・・・

飲み屋の女 | 【2017-07-02(Sun) 21:10:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

久しぶりにキャバ嬢とやりました【SEX体験談】

昨日仕事の帰りに友人とキャバクラに行った。
そこで22歳のちょっと優香似の子が付いた。
友人は何時もの子を指名していたので私はこの子を場内で指名した。

1時間ほど話していたら時間で友人と延長した。
お酒も入り話がエッチな方へ!!
彼女は友達とこの店に入り今までお水経験は無しらしい。


「最近エッチしてる?」と聞いたら
「え~~してないよ~もう2ヶ月ぐらい」
「じゃあオナニーだけだね」
「うん」
「おもちゃとか使うの?」
「ローターだけ使う!」
「じゃあ最近のオナニーは何時?」
「ちょこっとだけならさっき店のトイレで」
「えっ!!さっき居なくなったときに?」と聞いたら
「そうだよーだから今はノーパンだよ!」
「え!!そうなの触らせて」
「だめ!!」
「残念」

エッチな話をしていたら時間になり会計を待っていたら携帯アドを聞いてきたので教え、この後の予定を聞いてきたので
この後はカラオケに行くよと答えて店を出た。

続きを読む・・・

飲み屋の女 | 【2017-06-29(Thu) 00:30:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

銀座の若き上海人ママとがっつり中出しセックス

彼女の名は○仙という。
出会いは6~7年ほど前か・・・
それは六本木の大箱高級クラブだった。
当時彼女はAG院大法学部に籍をおく27歳の中国人留学生、出身は上海。
スレンダーな少年系の美人で、100名ほどいる他のホステスと比べると、その容姿容貌は、断然際立つ女だった。

店の客はみな彼女を、モデルで女優の「小雪」に極似しているいい女と噂していた。



後日私も他のホステスから教えられ、その体型や顔立ちが誰かに似ている、だが誰か思いつかない、そんな疑問に、まさしくの回答を得たのだった。
当時「小雪」はまだまだ駆け出しで知名度は今よりもずっと低かったからだ。

私はファニーな顔立の女性には、元来とても弱いのだが、少年系には触手を伸ばした経験はなかった。

その○仙が私の席に付いた際、突然頼まれたのが大学の一般教養、英語授業のテスト、つまり英文法の宿題試験の代理解答だった・・・

上海で彼女が受けた義務教育では、英語教育はとても貧弱で、英語がとても苦手だと理解したのは、もっとずっと後日のことだった。

アメリカの大学院に席をおいた私にとってはあまりに容易な問題だったのだが、そんなこんなで仲良くなり、いわゆるアフターで、何度も食事を一緒した後、帰り際に自然と唇を数度合わせていたが、それ以上の関係には進まなかった。

彼女が勤めていた六本木のクラブには私を顧客とするボーイッシュな美人がおり、○仙と私の関係に神経質だったこともあり、2、3年は稀に会うような、そんな関係だった。

続きを読む・・・

飲み屋の女 | 【2017-06-10(Sat) 21:10:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

キャバでバイトしてた時、アフターでカラオケ行ってクンニされた

キャバでバイトしてた時お客に「いくら払えば手マンさせてくれる?」と言われた。
その時は「やだ~何言ってんの、もうw」と言ったけど、24くらいでかっこいい人だから内心手マンくらいでお金もらえるならとちょっと思った。

それからしはらく経ってその事忘れた頃にアフターでその人とカラオケ行った。
最初は普通に唄ってたんだけど段々酔ってきてベタベタ触ってきた。

「も~何やってるのぉw」と拒否りながらもお客さんだからあんまり冷たくして店に来なくなるのもマズいから強くは言えなかった。
そしたらキャミまくってブラの中に手入れてきた。

「え~ダメだよぉ」と言ったけどその人かなり興奮して「だって可愛いんだもん」てキスしてきた。

「お金払うから手マンさせてよ。お願い」と言われ、手マンだけだしかっこいいからいいかなと思いつつも、させてお店の別の女の子に話されたら困るって気持ちで
「ん~ダメだよぉ。店員さんに見られちゃうよw」と断わりました。

「2万払うからさ。誰にも言わないし」と財布から2万出しテーブルに置き、胸を触ってない方の手をスカートの中に入れ太ももを触ってきました。
それからまたキスをして首筋を舐めてきました。
ちょっと私も興奮して感じてきちゃいました。

続きを読む・・・

飲み屋の女 | 【2017-04-16(Sun) 13:10:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

出張先で友人と行った飲屋のバツイチ女性とのセックス体験談

広島への出張に行ったとき、広島在住の知人と呑みに行く店が流川(広島の飲屋街)にあった。

その店に春頃から働き始めた「ひろみ」という女の子がいたのだが、この子が不思議な魅力を持っていた。

特別美人というわけでもないのだが、学生時代バレーボールをしていたとのことで背も高く、キャリアウーマン風で胸も大きく、スタイルは良かった。

その日も話が盛り上がり、店が終わった後で、食事に行く約束をした。
知人は店を出ると、早々に引き上げたので、ちょうど良く二人きりになれた。
二人で食事&お酒で、お互いの生い立ちや過去の恋愛の事など話をしていた。

彼女は、実は×1で、年齢も最初は28歳と言っていたが34歳で・・・などなど。
そんな話をしていたら、もう3時近くになっていて、お互い明日も仕事が朝からあるので、とりあえず帰ることにした。

タクシーを拾うのに歩いていたら、ひろみから
「良かったら、部屋に泊めて貰えない?明日の勤務、結構早いから・・・」と言ってきた。

こっちとしては、断る理由もないので即OK!

すぐに俺の宿泊ホテルに向かった。

続きを読む・・・

飲み屋の女 | 【2017-04-05(Wed) 22:10:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

飲み屋で知り合ったお客さんとカップル喫茶に行ってしまった体験談

かなり前になりますが、家庭の事情でお金が必要になり、夜のバイトをすることにしたんです。

夜のバイトといっても風俗ではなく、ラウンジ系の飲み屋で週に3回だけ働いていた時に知り合ったお客さんとちょっとエッチな関係になったことがあります。


ただ、ラブホに行く関係ではなく、ちょっと刺激的な体験もして今思い出してもドキドキします。

ラウンジでバイトしてた時は結婚していましたが、旦那とは長いことセックスレスでちょっと欲求不満も溜まっていたんですね。それでお店に遊びに来ている常連さんと最初は食事や飲みに行く関係で時々お店の外でも会っていたんです。

そのお客さんは既婚者の歯科医師で私より5つ上の男性です。奥さんとは長いことセックスレスで秘密で付き合わないと口説かれていたんですが、最初はお客さんなので適当に断っていました。


でもある日、旦那と大喧嘩しちゃってストレスが溜まっていたし、ラブホに誘われた時はいいかな~て感じで、それから関係が始まったんです。

続きを読む・・・

飲み屋の女 | 【2017-02-11(Sat) 13:10:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

お客さんの前でイカされてしまったキャバ嬢のエロい体験談

私は21歳で名前はカナと言います。
18の時からキャバクラで働いてました。
お店のオーナーとみんなには内緒で付き合っていて 結婚も考えていました。

彼氏がお店のオーナーなので私だけ遅刻が許されたり 売上がNo.1だったのもあって私は態度がでかくなってしまい ボーイをアゴで使ったりもして毎日良い気分で仕事してました。

先日のある土曜日、もう日付が変わって日曜日の深夜になった頃 明らかにカタギの人とは違う雰囲気の人たちが 四人でお店に来てオーナーと厨房で何か大きな声で話してました。

そのあと四人は一番奥のボックス席に入りました。
私はオーナーに厨房に呼ばれて

「カナ、あいつらの席につかないで今日はもうタクシーで帰って」
「俺、あいつらに金借りてて今日が期限なんだけど用意できなくてよ。」
「他の席にオールチェックかけてみんなあそこにつけるから。」
「あいつら払えないなら好きにさせろやって言うから。お前は今すぐ帰って」

私は「わかったよ。気を付けてや。」って言うとカバンを持ってドアから出ようとしました。
でもトイレに入っていたあの中の一人に見つかってしまい。

「おー姉ちゃんどこ行くんや?俺らのとこ来いや。」
って無理やりつれて行かれてしまいました。

続きを読む・・・

飲み屋の女 | 【2017-01-20(Fri) 00:30:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

母と同じ年の熟女と…2【熟女体験談】

その後も定期的に愛し合っていたある日、俺の18歳の誕生日だったので仕事は休みを取り、やはり朝からYさんと会い、午前中に二回した。

昼食は近くにある喫茶店で食べ、そこで二人だけのささやかな誕生会をした。

気持ちだけで十分だったのにYさんはわざわざ誕生日プレゼントを用意してくれていた。

しかも高価な腕時計。

嬉しかったけどちょっぴり申し訳ない気持ちになった。

「今日は特別な日だから特別な所に行こっか。」

とYさんに言われ、Yさんの車であるホテルへと向かった。

予め部屋を予約していたらしく、Yさんは受付でルームキーを受け取り、二人で手を繋ぎながら部屋へと向かった。

中に入った瞬間、俺は我慢出来ずにYさんに抱き付き、ディープキスをした。

「やん、ダメ…ベッドでしようよ。」

Yさんはそう言ったが抑制がきかなくなっていた俺はその場で服を脱ぎ捨て、勢いよくパンツを剥ぎ取った。

すると既にビンビンになって反り返っていた肉棒がロケットパンチのようにバイン、と飛び出した。

続きを読む・・・

飲み屋の女 | 【2017-01-19(Thu) 22:10:41】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

母と同じ年の熟女と…1【熟女体験談】

18歳の時、母と同じ歳の熟女と関係を持った。

その頃、諸事情により高校を中退して通信制高校に編入し、夜は居酒屋でバイトをしていた。

その居酒屋にしょっちゅう飲みに来ていた当時45歳の細身で綺麗な熟女Y(近くのスナックに勤務)と話をしているうちに仲良くなり、ある日そのYさんに誘われて勤務時間終了後に他の店に二人で飲みに行った。

お互いに酔った勢いもあり、次第に手を握りあったり肩を寄せあったりと恋人同士のように密着するようになっていった。

Yさんは実年齢よりも若く見え、とても綺麗な方だったので年齢差はあったがこのような展開になって自分は満更でもなかった。

するとYさんはトロンとした艶っぽい目で俺を見つめ、ゆっくりと唇にキスをしてきた。

その瞬間俺の股間は熱くなり、一気に勃起した。俺の股間をさすり、それに気付いたYさんは笑顔で「私の家に行こっか。」と耳元で囁いた。

すぐにタクシーでYさんの家へ向かい、家に入った瞬間に抱き合い、激しくディープキスを交わした。


そして二人は絡み合いながら服を脱ぎ捨てていった。

続きを読む・・・

飲み屋の女 | 【2017-01-19(Thu) 21:10:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*