FC2ブログ
アクセスランキング

お仕置きされて、イってしまうドMな私 2【エロ体験談】

『だいじょうぶ?』
ともさんの顔が目の前にいきなり現れた。

急に我に帰って、逃げるように急いでベッドの枕元へ・・・ティッシュをゲット。
『ああ、俺ふいてあげるから』
「いえ、いいんです!いいんです!」
『○○さん』
「はい」
振り向いてすぐにあったともさんの顔。


優しくキス・・・はいいけど、イったばっかりで唇も超敏感。
それで一人でビクッって『あは!まだビクビクしてるねw』
何も言えず、照れ笑い。
『こういうのは素直に、男にやらせるの。ほら、立ってみ』
言うことを聞いて、ベッドを降りて立つ。



スカートを自分でめくって・・・あれ・・・これもまた恥ずかしいんですけど・・・
無言でおなかを綺麗にしてくれる、ともさん。
『よし、綺麗になった・・・』
と言って、何かに気付いたのか、足元から顔に向かって、いきなり凝視。


「あ、ありがとござ・・・」スカートを下ろそうとした。すると、
『ちょっとまって、そのまま』
「え?やですよう、恥ずかしいのに」
『いいから。いい子にしてて』
「うう・・・」優しい笑顔で意地悪なこと言う。こればっかり・・・。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2017-09-14(Thu) 00:30:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

お仕置きされて、イってしまうドMな私 1【エロ体験談】

私は、ちょっと田舎から大阪に出てきて一人暮らし中。


衝撃的なほどに見た目はドS、中身はドMです。


私の紹介。。身長159、体重50。
今まで付き合った男性の人数は両手で納まるくらい。


その歴代の彼氏に必ず言われた言葉は、真性ギャッパー。
ツンデレだけどスイッチが切れた途端に猫になっちゃう。


昔から目が悪くて、眼鏡&コンタクトを愛用してる。
数年前からの眼鏡マイブームで、いろんな眼鏡を買ってしまい、今一番のお気に入りは赤い縁の賢そうな眼鏡。


愛用しすぎてちょっと歪んでる・・・。

ある時、東京に仕事で出ることがあって、東京に住む友達に連絡してみた。
「今日飲み会あるんだよう~・・・あ、そうだ!○○もくれば?」
正直あんまり乗り気じゃなかった・・・何故なら気を使ってしまうし。



あと切れ長の目と、眼鏡のせいで第一印象が悪い。
そうやって、第一印象を悪くするのが趣味かと言わんばかりに!


でも東京の夜が寂しすぎて行っちゃったんですよね~。

女の子3人に、男性が5人という飲み会。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2017-09-13(Wed) 23:10:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

スキー場で男漁り【エッチ体験談】

先週の木曜日から今日まで、遊び仲間の理紗と、いけてる女二人で3泊4日、志賀高原に行ってきました。
理紗24歳、私が25歳、遊び盛りってわけです。

もちろんスキーがメインだけど、メインディッシュだけで満足する私たちではありません。
土曜日、一日スキー・スクールに入って、それぞれにコーチからフォームチェックを受けました。

私たちの泊まっていたホテルにスキースクールも入っているので、夕食時には端っこの方でコーチたちが食事をしています。

一足早く食事を終えた私たちは、それぞれを指導してくれたコーチのところへ行って、バー・ラウンジで4人で飲みたいと誘ったのです。

私についたコーチは40歳ほどの逞しい人で、オフもスキーに関係しているんだって。

理紗のコーチはまだ大学生、といっても23歳って言ってたから留年してるのかな。

バーで4人だけで飲んでいると、だんだん話がエロくなってきた。
お嬢さんたちは彼氏と一緒にスキーしないんですか、なんて聞かれたから、どの彼氏とスキーに来たら良いのか迷っちゃったから理紗と来たの、てな感じのときはまだ序の口。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2017-09-11(Mon) 00:30:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

フェラ嫌いだけど中出しを求める可愛い女の子とのエッチ体験談

私の誕生日に友人と呑みの約束

「たまにゃあ野郎二人きりで呑むのもよし」

とそれはそれで楽しみにしていました。

しかしこの日のことを覚えていてくれた彼は

「女の子一人をセッティングしたよ」との嬉しいメール

なんでも職業XX(すいません言えない)見た目竹内XX(限界)

まじか!??

呑み屋行く前から暴走気味

女の子の都合で呑み屋集合は10時

迎えに行く車に乗りながら目はどこ見てんだかわからん状態

そして女の子を自宅前の暗がりで発見して車に乗り込む。

こんばんわーと挨拶する。

か・かわいい・・

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2017-08-11(Fri) 22:10:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

19歳の瑞々しい女の子に言葉責め 3【エッチ体験談】

「うっ」胸を反らせて目を閉じるK子。悩ましさが倍加する。
K子の内部はどろどろにとけきっていて、まるで火口のような熱さだ。
適度な狭さも、くくっとくる締め付けもちょうどいいのだ。

「ほうら、入ったぞ。どうだ、気持ちいいか? K子の大好きなおちんちんだぞ」
そう言いながら、いきなり小刻みピストンをおみまいしてやる。白い裸体が腰の動きに合わせて波うつ。

「あああああん、気持ちいいぃぃぃぃぃ」
「どこが? どこが気持ちいいんだ?」
「オ、オマンコが、気持ちいいぃぃぃぃぃ」
「このいやらしいオマンコがか? ならこうしてあげよう」

私はK子の両足首を抱えて高く持ち上げた。つま先が天井を差すように。
そして結合部分を鑑賞しながら、ズンズンとバズーカ砲ピストンに切りかえる。
速度はゆっくりだが、深々と貫くことができるので私は好きだ。
また相手の反応を見ながら言葉を繰り出せるのもこの体位のメリットだ。

「それっ、オマンコめっ、このグチュグチュオマンコめっ」
ズーンズーンという感じで、腰を打ちつける。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2017-07-12(Wed) 23:10:35】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

19歳の瑞々しい女の子に言葉責め 2【エッチ体験談】

結局、思惑どおり室内灯をMAXにしてコトを開始した。
掛け具の中でそっとK子のバスタオルを取り、唇を重ねる。
しばらく互いの舌をからめるようにして吸引し合う。
ほのかな石鹸の匂いが鼻孔をくすぐってくる。額や瞼、頬、顎先まで次々とキスの雨を注ぐ。

「ん、んん」キスだけで身をよじるようにして反応するK子。なかなか感度良好だ。

掛け具をまくりあげていよいよ蛍光燈の元に裸体を明らかにする。
19才の身体はミルクを練ったように白い光沢をとき放っている。
乳房はやや小ぶりだが、ウエストのあたりはキュッと絞り込まれていて、ヒップにかけてのまろやかなラインがなんともセクシーだ。

「きれいだよ、K子」「あん、恥ずかしい……」

私は舌を、耳から首筋、肩、脇腹へと移動させ、小高い乳丘を手で愛撫しつつ、
その頂きにあるグミのような突起を口に含んだ。
丁寧に舌先で転がしたり、チュパッチュパッと、わざと音をたてて吸ってみる。

「あっ、あっ、あーーーん」

K子は更にやるせない喘ぎ声を放つ。
左右の乳首を交互に吸い尽くした私は、肋骨に沿って下べりに進む。
ヘソの穴をひと舐めし、少なめの陰毛をゆっくりと味わう。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2017-07-12(Wed) 22:10:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

19歳の瑞々しい女の子に言葉責め 1【エッチ体験談】

夕暮れの渋谷駅。午後7時。K子からの携帯が鳴る。
「今どこにいるの?」
「ハチ公前の公衆電話」
「わかった。すぐに行くよ」

そこにいたのは、肩までのセミロングが美しい、目元パッチリの女の子だった。
私のレベルで70点。合格ラインの子だ。内心ほくそ笑みながら、軽く居酒屋へ腹ごしらえへ。

酒を飲みながらHな話題を切り出すも、K子はケラケラ笑って受け流す。
「俺ね、実はHな小説を書くのが趣味なんだ」
「へぇー、どんなの?」
「こんなの」
A4にワープロで印刷した5枚ほどの自作短編小説を手渡す。

「うわっ、面白ーい。いつも持ち歩いてるの?」
「女の子と会う時はね。ま、読んでみてよ」

私はビールをあけながら、食い入るように読みふけるK子を見つめていた。
すると2枚めに進んだところで表情が変わってきた。

「うわー、すごーい」と顔はニコニコしているのだが、瞳が心なしか潤ってきているのだ。
小説は2枚めから本格的な前戯とバイブ責めが始まるのを作者の私は当然ながら知っている。

そして3枚めを読むあたりから顔が火照りだしたのか、片手を頬に当てるようになった。
照れ隠しの笑顔さえ、もはやどこかに置き忘れてしまっている。
(あの辺は、男が女に卑猥な言葉を要求しながら挿入をじらしている部分だ)

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2017-07-12(Wed) 21:10:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

10代の美人揃いの合コンでのエロ体験談

一ヶ月にも及ぶ研修も終わり あとは帰るだけになったある日、大学時代の友人と連絡を取り一緒に飲む約束になった。
○○駅で待ち合わせ、しかしメールが、、、仕事で1時間遅れる。困った。

地理もわからないので持参した読みかけの本を読んでると、、、、
「待った?○○さん!!」知らない女性に声かけられた。

確かに名前はあってるけれど見たこともない女性だったので無視してると
「私よ、マユミ。○○さんでしょ?」、、、、、、さて困った。
どうしようと思ってると5mほど離れた同じような服装の俺の1.5倍は重そうな奴が
「マユミさん、僕が○○です」と、、、、

人違いか、ほっとけと思い無視して本を読み続けてると5分後また同じ女性が来て横に座る。

「ねえ、一緒に遊ばない?名前なんて言うの?」
「、、、、、さっきの男はどうした?」
「タイプじゃないので別れた。あなたの方が好みなの。一緒にあそぼ!」

んーとりあえず時間つぶしと割り切っていろいろ話する。
この後飲み会なんだというと、じゃあ合コンしよということになり友人に了承メールを打つと即OKとのこと。

女にもう一人呼んでもらおうとメールと打ってもらうと2人追加になってしまい2:3の合コンになってしまった。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2017-07-12(Wed) 13:27:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ハワイの夕方の海で日本人女性の釣り鐘型のおっぱいを揉んだ体験談

エッチな体験ができたら良いなあと感じている人は多いのではないでしょうか。

特に忙しくてピリピリした職場での毎日のお仕事と、家へ帰ってからの毎日何も変わりがない生活で刺激が感じられない人も多いと思います。そういった人ならば尚更、エッチな体験で刺激を感じたいと思っているはずです。

ただし、そんなエッチな体験も最近ではなかなかできるわけがないと決めつけて人が多いようです。

その背景には最近のギャルと昔との違いがあります。
ギャルも昔のように積極的ではないというイメージを持っている人がとにかく多いのです。

草食男子が増えたことや、ボーイズラブなど個人で楽しめるコンテンツが充実したことが影響して、ギャルもそこまでエッチなことを求めなくなっているということです。

特に最近ではスマホでも簡単にボーイズラブなど自分の性欲が満たされるようなコンテンツがたくさんあります。ギャルの方もエッチなことをしたいと考えている状況でなければ、私達もエッチな体験などできるわけがないということです。

ただし、ここまで述べてきたことももちろん事実ではありません。そのように考えている人が多いという傾向があるだけです。そのためエッチな体験を諦める必要は全くありません。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2017-07-11(Tue) 23:10:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

淫乱な私の体験談

こないだちょっとエッチな気分になったのでアダルト映画を見に行った。
上映開始から少し時間がたってたみたいだけど、平日だったせいかお客さんはまばら。
私は周りに誰も座っていない席に座った。

私は22歳、今彼氏はいなくて、毎日さみしい思いをして過ごしているいる淫乱OLです。
胸はDカップで、長髪細身タイプです。
顔はAKBの柏木由紀って子に似てるっていわれます。
たぶん、お世辞だと思うけど。。。

よく一人でエッチな映画館に女一人でいくな~と思われるかもしれませんが、私はエッチは事にはすごく興味があって、短大生の頃からたまに行ったりしてました。


話に戻りますね。
見始めてどのくらいたったのか分からないけど、隣に人が座る気配がした。
他の席もたくさん空いてるのにわざわざ隣に来るのか、と思っていると、後ろから急に腕が伸びてきた。

真後ろの席にもいつの間にか人が座ってたみたい。

驚いたけど、こういう所は痴○が出ると聞いてたし、それを少し期待してたようなとこもあったので、私は黙って痴○さんの好きなようにさせた。

後ろからの手はいきなり私の両方の胸を服の上から揉み始めた。
隣に座ったおじさんは正面を向いたまま私の膝にそっと手を置き、遠慮がちに太ももをさすってる。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2017-06-16(Fri) 00:30:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*