FC2ブログ
アクセスランキング

すぐにトキめいちゃう私は車の中で初対面の男の人とでも・・2

前カレにしか触られた事がなかった私は、いつもとは違う愛撫に股間が濡れてくるのが分かりました。それを悟られないように腰を少しずらすと、かえって彼に触りやすくなってしまったようで、だんだん大胆になってきました。


脚を軽く開かれ、クリトリスはもちろん膣口までもが彼の手の中にあり、窮屈な車内で自由に動けないとはいえ、私を悪戯するには十分な体勢でした。その時、彼が私の手を引き、自らの股間に宛てがったのです。


前カレで経験済みだった私は彼のおちんちんを上からとそっと擦って刺激します。彼はベルトとファスナーを緩め、さらに私の手を下着の中に導きます。


乱暴にされて処女膜を破られるのだけは避けたかったので、仕方なくカチカチに勃起した男性器を握ってあげました。前カレと比べると少し細くてちょっと可愛い感じ・・・なんて思いましたが、すでにおちんちんの先からは透明な液が出ていました。


私にも少し余裕が出来、親指と人差し指と中指の三本で、先っぽから出た液体でヌルヌルしているおちんちんをリズミカルにしごいてあげました。「上手だね・・・、いつもしているの?」そう囁かれ、恥ずかしくて私は大きく首を振りました。


前カレに教えられたようにしただけなのですが、いつも手と口で射精するまで刺激していたのですから、きっと上手だったのかもしれません。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2018-07-11(Wed) 00:30:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

すぐにトキめいちゃう私は車の中で初対面の男の人とでも・・1

高校を卒業して専門学校に通い始めた1年の夏、中学の時の女友達に誘われて飲み会に行った時のことです。その友達とは久しぶりに会い、男性2人とは初対面でした。


私はあまり飲まなかったけど他の人は結構酔っていました。飲み会は深夜まで続き、閉店も近くそろそろ帰ることになりました。


男性の車で送ってもらうことになり、男性が運転、助手席に私の友人。私ともう一人の友人は後部座席へ。


その間に男性が1人割り込んで座りました。その時の私の恰好は、ノースリーブの白いミニのワンピースで、座るとかなり太腿が露出するので一瞬戸惑いましたが、その男性の向こう側には友人が座っていたので、下着が見えないように気を付けていれば大丈夫かなって思いました。


でも出発してすぐに、男性の手が背後から私の肩を抱き締めてきました。その男性は、お店で飲んでいる時から私に好意的でしたので、(私に気があるのかな?)と思い、うなじや耳たぶへの愛撫をされるがままにしていました。


そして1分も経たないうちに、その手が唇へ来ました。指で口の中を触られ、何度も出し入れされました。


まるで彼のおちんちんが私の口を犯すように・・・。その後、背後から手を回し、ワンピースの脇から手を入れられ、最初はブラの上から当時Cカップの胸を触られました。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2018-07-11(Wed) 00:30:28】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

オーストラリアで出会った巨乳の日本人エロ娘

俺がオーストラリアを一人旅行をしてた時、同じような旅人が泊まる素泊まりの相部屋ホテルがあって、そこには各国の人がいて、日本人の女の子と仲良くなった。
俺は特に次の予定も決めてなかったから連泊した。


3日くらい経った日にその子と酒を買ってきて、団らんルームみたいなとこで飲みながらお互いの話で盛り上がった。
ノリのいい子で何でも話す。
そのうちにセックスの話になり、酒も手伝って話が盛り上がる。

時刻は0時を過ぎてたので俺たち2人しかその部屋にはいない。
何となく冗談で、「なかなか巨乳だよね。ちょっと触らせてよ」って言ったらすんなりOK。
最初は服の上からだけだったけど、もちろんエスカレート。
推定Eはある見事な乳。
ついにはブラも外して生揉み。


しばらく揉んでたら、その子、さすがに息が少し荒くなってきたんだよね。
で、俺もだんだんと激しく揉んだり乳首刺激してたら、今度は何とその子の右手が俺の股間に。
意外と積極的でビックリしたけど、ズボンの上から擦ってくる。
しかも痛くない程度に上手に擦ってるし。

調子に乗った俺は片手はオッパイを揉みつつ、もう一方の手をだんだんと背中やお腹、腰周りといったように針路は南へ。
ここでも全く抵抗はなかった。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2018-06-29(Fri) 12:10:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

出会って3時間後には生挿入!

8月のはじめ頃、仕事も一段落したので、休暇をもらって気ままな一人旅をした。

5日間の旅の4日目に、思い立って朋友のいる街に立ち寄った。
折しもちょうどお祭りの日ということで快く迎えられ、夕方頃から飲み始め、暗くなる頃にはかなり回っていたような気がする。

で、男2人で飲んでても仕方がないということで、朋友Aが女友達に連絡を取ったわけ。
1時間くらい経ったところでアポゲット!!
彼女らが待つ居酒屋に向かう。


到着したが、自分はそのメンバー初顔なので自己紹介しつつ飲み直していた。
そん中の1人が、やたらオイラに対して食いつきがいい。
周りの「まただよ・・・」ってな空気の中で、その娘に対していい雰囲気でなんとなく話してた。


そして時間が過ぎお開きになった。
オイラはホテル暮らしなので方向は反対だ。
ってなところで、さっき交換したばかりのアドからメールが・・・。


『一人でさびしーねー』

『さびしーからでーとせーへん』

酔っぱらいなのでひらがな。
直後に自分の携帯電話が夜の静かな街で鳴り響く。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2018-06-26(Tue) 10:10:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

先輩がお膳立てしてくれた女の子は臭マンだった

俺が就職して、一から育ててくれた先輩(男)が実家の家業を継ぐことになった。
仕事でもプライベートでも世話になった先輩。
実家は遠い。
もう会うことがないかもしれない。

俺は先頭に立って、会社のとは別に仲間内の送別会を計画した。
先輩にその話をすると、「じゃあ合コンをセッティングしてくれよ。大人数の合コンがいいなぁ、最後くらい言うこと聞いてくれるよな」と。

その日集まったのは、男は会社の先輩、後輩、同期連中15人、女は俺の後輩の友達と、その友達と、そのまた友達などなど合わせて14人。
こんだけ集めるのには本当に苦労した。
合コンというより、出会い系のパーティー並の大人数。

でもその甲斐あって合コンは大盛り上がりで先輩も楽しそうだ。
内心良かったとホッとしていた。

「おい、I(俺)、最高に楽しいよ。今夜はありがとな」と先輩。

続けて、「よーし!2次会行こうぜみんな!カラオケカラオケ!!」ってことで、何台かの車に分乗して、みんなで向かった。
俺は幹事だったので精算をし、酔い潰れている後輩をタクシーに乗せるまで店にいた。
そして自分も向かおうとして店を出ると・・・。

「Iさん、カラオケ行きますよね、私トイレ行ってたら乗り損ねちゃって」

「えーっと・・・君は・・・」

全員自己紹介したのだが名前が出てこない。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2018-06-23(Sat) 23:10:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

飲み会で知り合ったメンヘラ女に顔射して欲しいとお願いされた

約1年前に僕は彼女と出会った。

僕の名は「俺」にし、彼女の名前は「A」として今後の話は展開します。


俺は冬のある日に先輩から飲み会の誘いがあった。

どうやらバイト先の仲間たちと飲んでいるようだ。


まったく先輩の仲間たちと面識のない僕は1度断った話だったが、半強制的に参加させられることになり、行きにくかった俺は時間を遅らせて(遅刻)して飲み会が開かれている居酒屋へ向かった。


飲み会の居酒屋は個室で、最初から飲んでいる人たちは半分出来上がっていた。

(どんだけハイペースで飲んだんだろう・・・)


居酒屋には俺を含めて男が3名、女性は2名。

合コンですか??と言わんばかりの雰囲気・・・そこにAがいた。


外見は普通(可もなく不可もなくといった感じ)性格は明るく、かなりの天然。


話を聞く感じでは、昔から真面目で高校も進学校、大学も良い大学を卒業して、現在はさらなる勉強をするため他の大学校へ・・・といった勉強大好き真面目さんだった。(俺とは大違い)

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2018-06-15(Fri) 17:50:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

引きこもりの腐女子でHな同人誌で生計を立てる私のエッチ体験

半引きこもりの腐女子で、エッチな同人誌活動で生計を立ています。

この前夜食と新刊のレディコミを買いに夜中にコンビニに行きました。

家から歩いて2分くらいのコンビニだったので、ノーブラでノーパンにスカートと薄手のニットに薄いジャケットを羽織って行きました。

3時ぐらいの深夜のコンビニで店内は誰にもいませんでした。

店の中は店員と私しかいなくて、私はレディコミを探しながら、同人誌のネタに使えそうなエロ本を読んでいました。

結構長いこと読んでいましたが、店員さんが私の後ろで品出しらしきものを始めました。

気にせずに本を読んでいましたが、ネタ探しに読んでいたエロ本に、私のアソコはだんだん濡れてきてしまいました。

すると、店員さんが私の後ろから、

「いつもそんなの読んでるの?」と言ってきました。

ちょっとびっくりして

「え?」

と言うと

「エッチなんだね?」

といわれてしまい、恥ずかしくなり帰ろうとしました。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2018-06-08(Fri) 16:10:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

キャンプでセフレが出来た話【エロ体験談】

先週、年に5回ほど行くキャンプに行って来た。
知り合いのオヤジが山持ってて、低い山で地図にも山名なんて載ってない様な山。俺とそのオヤジは「太郎山」と呼んでた。

曾おじいちゃんが太郎だったからと言う単純な理由だったからなんだが。殆ど崩れかけでアスファルトなんて贅沢品みたいな林道の終点に行くと広い広場みたいな所に出る。

そのオヤジが昔バンガロー作ろうと切り開いたが水道、ガスとか引くのに金かかるから断念した土地。車が何回も切り返ししてやっとUターン出来る位の場所。

オレはいつもそこを借りてテントとタープ張ってストレス解消!と言いつつ酒飲みに来る素人キャンパー。実際夜空綺麗だし、必要以上の機材とか寝具とか持ち込んで二泊位してから帰る。


沢があって水関係は心配なし。もう五年も続けてるけど、1回も人に会わなかった。まぁそれが良くて来てたんだけど最近その太郎山の裏にハイキングコースが新設されていて萎え萎え。でも離れてるし、コースは太郎山より離れてるし人は来ないと思ってた。

昼過ぎから降り始めた雨は止まず、タープもテントもあまり水滴のかからない大きな木の下に張りなおし、汗と雨でビチャビチャどーせ濡れてるしと思い、沢へ降りて行き水浴びしているとジャバジャバと沢の淵を上ってくる奴らが見える。


河川監視員とか漁協の人かな?オヤジは来る訳ないしとおもって居るとだんだんとシルエットがはっきりして来る。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2018-05-19(Sat) 22:10:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

見知らぬ不細工なデブの口の中にぶちまけたった【体験談】

昨夜、彼女と飲み屋をハシゴし、酔っ払った状態で電車に乗ったのは失敗した。


気が付くと終点で、既に最終電車も出た後だった。


タクシーで自宅までは約12000円くらいか。


タクシーの運転手の勧めで、中間地点の駅で降ろしてもらい、安いチェーンのビジネスホテルに泊まる事にした。


駅前で降ろしてもらい、ラーメン屋に入ろうとしたが、すでに閉店。


面倒になってロータリーの花壇に腰を下ろして、ボーっとしてた。


さて、どうしよっか…。


予約もしていないし…。


なんだか人恋しいし…。


ふと気がつくと、駅側の段差に腰掛けている女性を発見。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2018-05-18(Fri) 01:30:32】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

友人の結婚式後、友人から女を紹介されて…【SEX体験談】

4、5年位前、県外に大学時代の友人の結婚式に行ったんだ。
第1回?のWBCの頃だった。

仕事は連休が取りやすい夜勤の仕事で、5連休くらいだったかな?けど披露宴当日は朝の7時まで夜勤。疲れてたなあ。

普通に披露宴が終わって、予約してくれたホテルの部屋(何故かツイン)で宿泊したんだけどもう一人、宿泊者が・・

これで女が泊まってりゃ、それでいいんだけど、新郎との共通の友人っていうか、新郎とは中・高・大と一緒。オレとは大学での友人。

そいつが「オレも明日休みだから、ツインだったら泊まっていい?」って。普通にOKして、次の日の朝になったんだけど、オレ「5連休だけど、彼女もいないから地元帰ってもヒマだし、することないんだよな」

友人A「そうかあ、じゃあこの女行ってみるか?」と携帯を取り出して電話をしだす。

友人A「胸もでかいし割と可愛いぞ。電話しといてやるから、後は自分で頑張れよ。まあオレもやってるけどな。」と、女に電話をしオレの事を話し出す友人。

かなりドキドキしたなあ。その友人を自宅まで送り、帰りの高速上で早速、電話する。

オレ「もしもし、初めまして」
女「は~い、もしもし」(テンション低)テンション低いのに、ちょっとひるんだが、どうせ旅の恥は掻き捨てだし、テンション高めに挑んだ。

続きを読む・・・

会ったばかりの人と | 【2018-05-16(Wed) 21:10:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

Copyright © 秘密のH体験談告白 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*